デスピサロ単語

デスピサロ

掲示板をみる(1,422)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

デスピサロとは、ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスターDQ4ラスボスを務める。この項では魔族青年としての「ピサロ」についても述べる。

概要

原版・リメイク版共通の設定

魔族の王。人類の根絶やしと、魔族による世界征服論んでいる。人間界にデスパレス、魔界にデスキャッスルという二つの居を持つ。

優れた統率戦闘を備えた魔族の若きカリスマで、部下たちからは絶大な支持を得ている。

「人類の根絶やし」を掲げている通り、人間に強い敵愾心を持っている。その反面、異種族に対しては友好的で、故郷のロザリーヒルの住人たちからは一様に慕われているほか、エルフ少女「ロザリー」を人間の手から守り、情を注いでいた。

元々はロザリーヒルに住む「ピサロ」という名の魔族青年だった。この頃に、ルビーを流すという理由から人間に追われていたロザリーを保護する。その後、二人は相思相愛の関係となり、ロザリーヒル穏な時を過ごす。だがある日、ピサロ人間を根絶やしにする野心を抱き、デスピサロと名を変え出奔した。

魔族の王となってからもロザリーを想い続け、人が立ち入れぬに住まわせて、信頼できる部下(ピサロナイト)に護衛させていた。ロザリーに対して人間を根絶やしにすること、間もなく世界は裁きの炎に焼かれることを告げるが、ロザリーはながらにそれを止めようとした。

地中に封印されている地獄の帝王エスターク」の復活を待ち望み、復活のには居に招き入れようと考えていた。そして、エスタークを倒す事ができる者(天空の血をひく勇者)の存在が予言されていたため、居場所を探すべく各地を探索する。
まず、イムルにをつけ、部下(ピサロのてさき)に子供をさらわせ、勇者であるか否かを状させるが、ライアンの介入により失敗に終わる。次にエンドール武術大会に出場し探りを入れるが、途中棄権する。最終的に勇者を育てる山奥の村を発見。大軍を送り込んで皆殺しにした。しかし、シンシアの策(モシャスを唱えて勇者の身代わりとなった)にはまり、勇者を取り逃がしてしまう。

その後、アッテムト人間の手によりエスターク殿が掘り起こされた報を聞きつけ、現地に赴く。しかし、時すでに遅く、エスターク勇者たちによって倒されていた。この時になってようやく勇者が生きていた事に気付くが、ロザリーが人間たちにより危機されている報を受けて、その場を後にする。

ロザリーは人間たちになぶり殺され、ついに命を落としてしまう。ロザリーの最期を看取ったデスピサロは怒りに奮え、己の身を引き換えにしてでも人間を根絶やしにする決意をする(実はこの事件はエビルプリーストの仕組んだものだったが、デスピサロはその事実を知らなかった)。

そして、かねてより研究を重ねていた「進化の秘法」を自らに施し、デスキャッスルのさらに、山の頂上にて勇者を待ち受ける。そこには記憶を失い、人間を滅ぼす衝動にとり憑かれ、化け物となり果てたデスピサロの姿があった。

このように、歴代魔王の中では異例のドラマ性を持ち、他の魔王とは一線を画している。

最終ボスとして

進化の秘法ので、一定ダメージを与えると戦闘中に形態変化を繰り返す。戦闘中に形態が変わるボスは、DQではデスピサロが初めてである。また、最多の変身回数を誇る。
これはFC版のプログラムの都合上HP1024以上に設定できず、それでもタフさを演出するための苦の策だが、
各形態が別のモンスターとして扱われるため学習AIで戦わせるFC版ではこの意味でも苦戦させられる。
クリフト=ザラキ魔人イメージを定着させた功労者の一人であることは間違いないだろう。

  • 第1形態
    本作以外でよく見かけるエスタークと同じ姿で、ひたすら大を振りまわして攻撃してくる。2回攻撃
  • 第2形態
    片腕をり飛ばされた姿。攻撃回数が1回に減り、攻撃も落ちているがリメイク版では片腕に全てのを込めたからかむしろ上がっている。
  • 第3形態
    両腕をり飛ばした姿。攻撃減し、呪文ブレスで攻撃してくる。
  • 第4形態
    さらに頭部を叩き潰すと、今度はが怪しくうごめき、部に顔が現れる。この形態でもな攻撃手段は呪文ブレスだが、自分を強化したり、瞑想によって体回復することもある。
  • 第5形態
    さらに強になった両腕が生えてくる。再び打撃攻撃をし、確実に2回行動をし始める。
  • 第6形態
    腕が巨大化したのに合わせ、支える両脚をより強なものに進化させる。攻撃がさらにアップし、リメイク版では更に炎も強なものしか吐かないように。
  • 第7形態
    頭部を再生させ、巨大なを生やすことで最終形態となる。自らにマホカンタを掛けて相手の呪文化すると同時に、しい炎やく息といった最大級の威を持つブレスと、2回攻撃導かれし者たちを攻め立てる。 なお、モンスターシリーズといった自身がゲストとして参戦する作品では、すべてこの形態で登場する。デスピサロ最終形態

キャラクターとしての特徴

善悪両面の魔王

それまでの魔王は、世界を脅かす悪の徴であり、その役割を逸脱することはなかった。
前作のラスボスであるゾーマ全なる悪として描かれ、人類が打倒すべき最悪の敵として位置づけられている。それにべて、デスピサロは善と悪の両面をもった異色の魔王である。

また、ドラクエ4勇者を支える脇役たちに緻密なキャラクター性と独自のエピソードが付加されているが、これはデスピサロも同じで、丁寧な描かれ方をしている。
この事から、デスピサロはそれまでの悪の典像を脱却した、しい魔王であるといえる。

デスピサロ最大の特徴として全悪でないことが挙げられる。
確かに彼は、勇者の故郷を滅ぼし、勇者にとってかけがえのない人々を殺している。「人類の根絶やし」を掲げていることも、彼が人類とは相いれない存在であることを端的に示している。

その一方で、デスピサロは魔物のみならず異種族からも慕われている。
そして、人間に狙われていたエルフ少女「ロザリー」を助け、衣食住を与え、最終的に愛し合うようになっている。この事実は、彼が単なる悪役ではなく、善良な一面を兼ねた存在である事を表している。

勇者とデスピサロは共に人間魔族を代表する若き勇者であり、敵勢によってエルフ人を殺され、そのを討つ為に戦う、という点で一致している。このため、勇者とデスピサロはコインの裏表のような関係であると考えられることもある。

悲劇の魔王か否か

するロザリーを欲深な人間たちに殺され、その怒りから「進化の秘法」を用いて化け物に成り果て、最期は導かれし者たちに倒されるというデスピサロの末路は「同情できる」として話題に挙がる事が多い。

しかし、彼は勇者の故郷を滅ぼし、家族幼馴染シンシアを殺したである。よって、プレイヤー人間側)から見れば、同情するのは難しいといえる。

さらにこの事件を手引きしていたのは部下のエビルプリーストであった。つまり、相は内ゲバで、首謀者は同じ魔族だったことになる。このため、彼が人間を恨むのは筋違いとの見方もできる(実行犯は人間で、本人は相を知らなかったが)。

理由についても「魔族の王としてめさせようとした」というもので、ロザリーへの惚気ぶりが原因であったことを匂わせている。(原作エビルプリーストに不審感を与え、それによってロザリーを死なせてしまったとも取れるため、自業自得であるとの見方もある。

また、ロザリーの弔いの為に人間を皆殺しにしようとしたと考えるプレイヤーも時折見られるが、彼はロザリーの死の以前から、人間を根絶やしにする事を決意しており、これは誤りである。

デスピサロの人間観

多くの魔王は「人間恐怖支配」と「人間界の征」を的としており、人間に対する考え方も「支配されるべき畜のような存在」という例がどである。
それに対して、デスピサロは「人間を根絶やしにする事」を的としており、支配する事を考えていない。また、人間を「裁かれるべき存在」「愚かな存在」と強く見ており、その根底には人間的な悪感情が見え隠れしている。

デスピサロは人間を根絶やしにしたいほど憎んでいるが、その理由ははっきりしていない。
リメイク版ではロザリーを救うために人間を殺しており、その際に「欲深い人間エルフ狩りに余ったのでな」とっている。

ピサロとロザリー

ロザリーヒルでロザリーと同居生活を送り、その後、 魔族の王に収まったという経緯がある。そのためか、彼は魔族の王であるにも関わらず、ロザリーを中心に物事を考え、行動している節がある。
「ロザリーをに匿い臣下に守らせている」ことや、「エスターク殿導かれし者たちと対面し、始末する機会を得たにも関わらず、ロザリー危機の報を受けてその場を後にしている」ことからも明である。また、二人の関係は部下たちの間ではよく知られていた。

このロザリー第一の姿勢は、部下たちからはある程度許容されていたものの、エビルプリーストのように快く思わない者もいた。結果として、エビルプリーストによるロザリー暗殺事件を招く事となった。(原作

なお、デスピサロはロザリーを助けた事について「エルフだからロザリーを助けたわけではない。」とっている。(リメイク版)

その他

歴代魔王べるとアグレッシブ行動的。
自ら頭に立って揮する事が多いほか、に迷った詩人に扮して山奥の村に潜入したこともある。
原作ではめかされる程度、リメイク版では明確に描写された)

だがそのために本拠地を留守にしている事が多く、それがエビルプリーストをのさばらせる原因となったのではないか、と推測されることもある。

全悪ではなく、かつ似たような経緯を持つラスボスとしてドラクエ9エルギオスがいる。

リメイク版

後に発売されたリメイク版では、シナリオに一部変更が加えられている。ネタバレ部分は反転

これらの追加要素に関しては、ピサロが救われてうれしい」という肯定意見と、「何故シンシアでなくロザリーを生き返らせるのか」「自らの行為の謝罪も見せぬままのピサロを許し仲間にするのはおかしい」といった否定意見とがあり、賛否両論となっている。

小説版

小説版では、その設定に大幅な加筆アレンジが加えられている。久美沙織節全開。

魔族帝王ナルゴスの孫として生を享けた、魔族の皇子である。美しい庸なニュイイを支える形で、ニュイイであるヘイゲン、その子ミアソフとの確執を深めていく。
エルフの王をナルゴスが滅ぼした際、生き残った王女ロザリーを見出し、周囲から隠す形で手元で育てながら、やがて人としてするようになる。しかしそれがミアソフの姦計によりナルゴスに知れた為、記憶とを奪われ、一人の青年として地上に追放されてしまう。
地上ではロザリーやホビット達と穏やかな暮らしを送る傍ら、ロザリーの献身的なにより、少しずつを取り戻してゆく。一方魔界では臨終を迎えたナルゴスが、ピサロを追放した黒幕の存在に気づき、息を引き取る直前にピサロの記憶を復活させた。

帝王亡き後、ニュイイとヘイゲンの内戦に介入。黒幕の謀略でミアソフ子が自滅し、ニュイイが新たな帝王となったが、魔物達がに王として崇めるのは他ならぬピサロだった。
地上に満ちる人間絶滅標とし、地獄の帝王エスタークを復活させ、その障となる勇者を始末せんと立ち回った。しかし黒幕の陰謀によってエスタークの破壊を許したばかりか、人間に攫われたロザリーを失った慟哭ニュイイに伝わって死に結びつき、崩落するアッテムトで配下の大半を失うという、絶望的な遇に立たされる。
何もかもを失った身を「進化の秘法」によって怪物化させ、魔界の最勇者達を迎え撃つが、偶然が積み重なって進化の秘法は失敗。の敵=黒幕たるエビルプリーストを討ち果たした勇者一行によりとどめを刺されるが、滅びる間際に愛したロザリーの霊と再会。子供のように泣きじゃくりながら、の中へ消えていった。

その他の作品

CDシアター版のピサロ声優池田秀一氏、ロザリーの声優潘恵子氏である。これなんてシャアとララァ?

ドラゴンクエスト9』では、他の魔王と共に宝の地図ゲストボスとして登場している。形態変化はせず、最初から最終形態。く息に加え、マヒャデドスや甘い息、ザキ・ザラキなどを使用と、様々な形態の戦術を折衷している。氷技を多用するのに何故か氷が弱点なので反射してしまおう。

ドラゴンクエストモンスターズシリーズでは配合で生み出すことが出来る。上位種にサイコピサロがおり、エスタークとデスピサロを合わせたような異様なデザインである。また、「すべてを思い出したピサロの姿」という、後のリメイク矛盾するような設定も相まって、ファンからは黒歴史扱いを受ける事に。その後、しばらく登場の機会はなかったが、DQM2リメイク版でまさかの再登場。デザインはやや新しくなり、四の巨大モンスター+狭間の闇の王の使者として、主人公たちと戦うなど、ストーリー上でも強い存在感を放っている。なお、リメイク版では「記憶を取り戻した」という設定はなくなり、正当進化系として設定がめられている。

Vジャンプ漫画ではピサロ女性バージョンである魔界の女剣士クイーンピサロ」が存在する。元々ピサロデザインは容姿端麗なものだった為、違和感のないものに仕上がっている。ちなみに巨乳

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』では、プレイヤーキャラクターとして登場。無料配信のDLCコンテンツ魔剣バトル』をクリアする事で仲間になる。CV小野大輔リメイク版での銀髪青年の姿で登場し、両手を扱う。さらにデスピサロに変身してビームをはなつ必殺技も使用可

関連動画

関連商品

関連コミュニティ 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1420ななしのよっしん

    2021/07/04(日) 14:17:42 ID: 5nBl61AsRf

    間違えた
    そこまで美化されなかったりだ

  • 1421ななしのよっしん

    2021/07/18(日) 16:33:47 ID: +X7n4dBhsT

    なんというかアナベル・ガトーとかと同じで、まだまだ義や信念さえあれば虐殺に崇高さを感じ取られていた時代だったからこそ生まれたキャラクターなんだろうなって思った
    リメイクによって掘り返された化石のように時代遅れのキャラクターになってしまっただけで

  • 1422削除しました

    削除しました ID: 0Vlc477jk9

    削除しました

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/29(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/29(木) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP