今注目のニュース
「ツンデレ」風味のビールって何なの... 設定が難解すぎる群馬の地ビールが話題に
「手品先輩」第3話先行カット公開 和服を着たりまた出産したり
もし「同性愛」と「異性愛」が逆だったら? 概念を逆転させた漫画が考えさせられる

ファンタシースターII単語

ファンタシースターツー

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ファンタシースターⅡ 還らざる時の終わりに(Phantasy Star II: At the End of the Restoration)とは、1989年セガから発売されたRPGである。
ファンタシースターシリーズの第2作で、前作から1000年後のアルゴル太陽系舞台

概要

前作同様、セガマークⅢ/マスターシステムリリース予定だったが、その後メガドライブに変更して発売された。
これによりグラフィックレベルが大きく向上し、豊富なアニメーションを見せる敵キャラクター、味方の攻撃グラフィックの追加など、当時としては画期的な内容だった。

科学機械文明の発達した世界舞台であり、サイバーパンクな雰囲気を随所に漂わせている。
たとえば戦闘不能になると町で回復できるが、クローンラボでクローンとしてするという、どこぞのコンピュータ様が支配する完璧で幸福な社会を彷彿とさせる仕様そしてあながち間違いではない。

ストーリーは暗い展開が多く、特に中盤では頭を抱える事必至の悲劇が発生。
更に終盤では物語相が明かされ、黒幕の正体が判明。そこから起こる衝撃のラストは、今でもファンとなっている。

ダンジョンが広い事、敵とのエンカウント率が高い事も手伝い、戦闘難易度シリーズ中でも高い。
しかしそれらの問題点を置いても当時出色の出来であり、後のファンタシースターシリーズの方向性を定めた名作としてり継がれている。

その後1998年セガサターンから「ファンタシースターコレクション」、2008年PlayStation2から「ファンタシースター コンプリートコレクション」に1・3・4と共に収録、リリースされている。コレクションにはオリジナル版の他、システムグラフィックなどを一新したリメイク版「ファンタシースター generation:2」が収録されている。
その他、Wiiバーチャルコンソール2008年から配信。PS2版も2014年からゲームアーカイブスで配信されている。

また、外伝「ファンタシースターII テキストアドベンチャー」がメガモデム(メガドライブを利用した通信モデム)のソフトゲーム図書館」でリリース。登場人物達の物語られており、こちらも上記のコレクションに収録されている。

あらすじ

前作から1000年後の世界
恒星アルゴルを中心としたアルゴル太陽系は巨大コンピューターマザーブレイン」により管理され、環境は大きく一変。アルゴルの人々はマザーブレインによる統治の下、かつてない繁栄を極め、争いのない豊かな暮らしを送っていた。

第二惑星モタビアの首都・パセオで働く政府エージェント・ユーシスは、たびたびおぞましい魔物少女が戦う夢に悩まされていた。
そんなある日、ユーシスは政府総督に呼び出され、近年発生しているバイオモンスターの調任務につく事となる。バイオハザードによる人的被害が発生しているにも関わらず、何故かマザーブレインは解決策を提示する事もなく沈黙を守っていた。

ユーシスに命を救われ、となったネイ。バイオモンスター人間細胞を掛け合わせて生まれた彼女はユーシスの事を慕っており、ついていくと言って聞かない。
やむを得ず彼女を連れ、バイオシステムに赴くユーシス。しかしこの小さな事件が、後にアルゴル太陽系全体を大きく揺るがす事になろうとは、この時も思わなかった。

登場人物

パーティーメンバー

ユーシス
モタビア州政府で働くエージェント。幼い頃に事故で両親を亡くし、涯孤独の身。
人々に迫されているネイを救い出し、現在として育てている。
物語開始前から、頻繁に悪夢に悩まされていたが……
原理不明のテクニックグランツ」「メギド」が使用できるの体質。を手に戦う。
前作「ファンタシースター」の主人公アリサの子孫である事が後に判明する。
ネイセカンド
ユーシスの義妹エルフ耳レオタード姿の美少女
「ネイ」とは「人間にして人間にあらず」という、強い否定の意味を持つ言葉。
バイオモンスター人間の遺伝子を掛け合わせて生まれた存在。短い時間で急成長しており、実年齢は何と1歳。人々に迫されて殺されかけた所をユーシスに助けられており、彼の事を強く慕っている。性格は大変けなげで心優しい。
クロー(鉤)と回復系のテクニックを使って戦う。
物語の中盤、自分のオリジナル「ネイ・ファースト」を止める為に戦う。しかし返り討ちに会い、クローンラボでも再生できない程のダメージを負って死亡してしまう。この悲劇は回避不可能だが、バグを使うと生存させる事が可。またリメイク版では2周以降、生存ルートが追加されている。
ルドガー・シュタイナー
バイオモンスターの退治で生計を立てるハンター。かつては軍人だったが、3年前にバイオモンスターに妻と子を殺され、ハンター転職した。バイオモンスターの事件を追うユーシスに協を申し出て、仲間に加わる。
こわもてのオジサンだが、気は優しい。銃器プロで、戦闘でもを操って戦う。
モデル俳優ルトガー・ハウアー。
アンヌ・サガ
新人の医者で、回復系のテクニックメンバーサポートする。メスを武器に戦うが、肉弾戦はあまり得意ではない。バイオモンスターによる被害拡大を見かね、これを止めるために仲間に加わる。
献身的な性格で、人を助けるのに自分が犠牲になる事も厭わない。
清楚癒し系女性」をしたキャラクターで、モデルは『を訪ねて三千里』のフィオリーナ・ペッピーノ。
ヒューイリーン
生態系の研究者の青年。元はモタビア大学出身で知的好奇心が強く、幼い頃から動物植物に親しんでいた。バイオモンスターによって生態系が破壊され、動物植物が殺される事を憂いている。
バイオモンスターに特効のテクニックを使用。何気に彼女持ちのリア充だったりする。
アーミア・アミルスキー
ハンターの中でも悪質な者を狩る「カウンタハンター」。つきブーメランのスライサーを武器とする。各地で有名になっていくユーシスの噂を聞きつけ、仲間に加わる。
幼い頃から孤独な生を送っており、見かけは怖いお姉さん。しかし本来は心優しい性格。
年上のしっかりした女性」をしたキャラクターで、モデル女優ナスターシャキンスキー
カインズ・ジ・アン
ジャンク屋の青年機械いじりが好きでエンジニアすが、何故か触る機械をことごとく破壊してしまう。その為ひねくれて不良になったが、もともと正義感が強く、バイオハザードを止める為にユーシスの仲間になる。実はネイに片思いをしていた。
その才(?)を生かし、機械に特効のテクニックを使用可
ルカ・レビニア
のシルカ」を名乗る泥棒。「何者にもとらわれない」と標榜するクールな性格。正義平和といった物事には興味がなく、刺めて仲間に加わる。
実はモタビア首都・パセオの大富豪、レビニア嬢。
Lv10以上でパーティーに加えた状態で店に入ると、ふとした時にいなくなり、その後帰ってきた彼女の持ち物が増えている。また、ある便利アイテム彼女がいないと入手できない。

その他

ラム
生まれたばかりのネイを迫し、殺そうとしていたおっさん。とある事情から悪事を繰り返している。
と共に序盤のトラウマイベントを担う。
ティム
ラム。悪党に誘拐され、囚われていたところのをユーシスに救出された。人々のを避ける為にフードで顔を隠し、ダラムの元に連れてこられるが……
が悪党に脅迫され、自分の身代を作る為に強盗殺人を行っていた事を知り、行を止める為に自ら命を差し出した。を殺してしまったダラムは嘆き、ユーシス一行のの前で自害してしまう。
タイラー
宇宙海賊マザーブレインに何から何まで管理されている現状に嫌気がさし、現在の稼業についた。
海賊船「ランディール号」を操り、ユーシス達に手を貸す事となる。
前作「ファンタシースター」の登場人物、タイロンの子孫。その後、彼の名前と宇宙船は「千年紀の終りに」に再登場する。
ルツ
前作「ファンタシースター」に登場したキャラクター。1・2・4を通じて登場する、物語キーマン。
エスパーしか使えなかった「マジック」を体系化し、一般人でも扱える科学技術「テクニック」を完成、広く普及させた。その後は第三惑星デゾリスにおいて、永き眠りについている。
物語の後半、ある理由から追われる身となったユーシス達の前で覚醒。元を倒す手助けをする。

ネイ・ファースト
ネイのオリジナル
かつて動物人間をかけ合わせる実験で誕生したものの、失敗作として処分されそうになった。そのため命を弄ぶ人間しく憎み、バイオモンスターを量産し、人々を襲わせていた。
バイオハザードを引き起こした本人として、またネイを殺したとしてユーシス達に倒されたが、実はネイ・ファースト死ねばそこから分化した「善性」であるネイも死ぬさだめにあった。
ダークファルス
前作「ファンタシースター」のラスボス
シリーズ恒例の巨悪。1000年前にアリサ達に倒されて封印されていたが、人々の悪しき心につけ込み、千年周期で復活を繰り返す。
今作では「パンドラの箱」に封印されており、「宝箱開けたらラスボスだった」というネタ扱いされることしばしば。次作「時の継承者」でも同じ事になっているが、こちらは純にフツーの宝箱である為、輪をかけてネタにされる。
マザーブレイン
アルゴル太陽系を統括管理する巨大コンピューター
・気の操作を行い、モタビアとデゾリス環境を変えて人が住める惑星に変え、かつてない繁栄をもたらした。
しかしその一方、アルゴル太陽系の人々はマザーブレインに一切を管理される事に頼り切り、自堕落な生活を選んで飼い慣らされるようになっていった。厳しい統制が行われる現状を憂う者も少なくないが、下手に逆らえば政府からをつけられ、反逆者として追われる身となる。
物語中盤以降、ユーシス一行を反逆者として指名手配したが、最終的に破壊される。これに加えて人工衛星墜落したのをきっかけに、第一惑星パルマ爆発アルゴル太陽系の全人口の90が失われるという結果に終わった。その後の末は「千年紀の終りに」でられる。
?????
全ての元凶
最終版でユーシス一行の前に姿を現す。

 

 

注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

その正体は地球人の末裔。数は数人にも及ぶ。

かつては高度な文明を誇っていたが、「心の中の悪魔ダークファルスを抑えきれなかった結果、憎悪の連鎖によって増長。遂には自らの手で地球を滅ぼすという愚挙を犯した。
地球人の大半は滅亡したものの、僅かな生き残り達が宇宙を続ける中、アルゴル太陽系を発見。しかし災いを知らぬアルゴルの人々を妬み、友好ではなく侵略を選ぶ。その為にマザーブレインを作り、1000年をかけてアルゴル太陽系を支配、乗っ取ろうとした。

高度な文明を誇る自分達に勝てる訳もないとするが、そこにルツのによって仲間たちが転送されてくる。一同はそれぞれの怒りを露わにしつつ、臆する事なく地球人たちにりかかっていく。

ルドガー
するものを失う事の悲しみをお前たちにも味あわせてやる!」

アン
「あなたたちの瞳にとまどいと憐れみが浮かんでいるのが見える。私はあなたたちの行いを決して許さない!」

カインズ
ちきしょーっ!!たちの…たちのアルゴルをめちゃくちゃにしやがってー!!」

ルカ
「私は運命の奴隷にはならないわ!未来は自分の手で切り開いて見せる!!」

ヒューイ
お前たちは生きていくことの醜さを見せつけてくれた。けれどたちは命の美しさを決して忘れない!!」

アーミア
「滅びゆく者は滅びよ!これが私のあんたたちへのせめてもの手向けの言葉よ!!」

還らざる時の終わりに
彼らは一体
何を見るのだろうか……

その他

本作はメガドライブ初期のソフトとして発売されている。
この為発売日は絶対死守と決められ、前作からわずか半年というハードスケジュール制作されたそうな。そりゃこんな陰惨な話にもならぁな。

ヒロインであるネイの人気は非常に高く、その後のシリーズにおいても彼女の系譜は続いた。
時の継承者」では、異形の存在として迫されたアンドロイドミューTYPE-S2が登場。
最強の武器の封印を解く「武器にして武器にあらず」を意味するなる言葉が「ネイ」である。
千年紀の終りに」では、ネイの実験データから創造されたニューマンファルが登場。後のPSOシリーズにおいて種族「ニューマン」が確立されるきっかけとなっている。
また、萩原一至漫画BASTARD!! -暗黒の破壊神-』に登場する「雷帝アーシェス・ネイのモデルにもなっている。現在でもその人気は根強く、PSO以降でも「Nei」という名のニューマンを作ったプレイヤーは少なくない。

エンディング後の主人公たちの運命についてはプレイヤーの想像に任されていたが、近年「主人公たちの勝利で幕を閉じた」事が公式で発表された。よかったね。
また、全員がある形で「千年紀の終りに」に登場している。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP