曽山一寿 単語

22件

ソヤマカズトシ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

曽山一寿とは、日本漫画家である。

概要

東京都出身。

2000年に『ぼくのおじいちゃん』で第47回小学館新人コミック大賞児童部門佳作を受賞。
2001年にその受賞作を『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』として月刊コロコロコミックにて連載開始。何度か題を経て現在も連載を続けている。

他の連載作品に『探偵少年ゲマン』『わざぼー』『みかくにん ゆーほーくん』『神たま』がある。

世間的にはうんこばっか描いている漫画家として知られている。

エピソード

  • 28歳でうんこを漏らした。
  • 将来のは「ラーメン屋の屋台」だった。
  • その辺に落ちてた輪ゴムで遊んでたら、いつのまにか30分経ってた。
  • 忍者忍者体験をした際、ちょっと高いところから落ちて足を痛めたところを外国人ガキ爆笑された。
  • 初めてのサイン会で「ベイブレードビットチップにじーさんを描いて欲しい」と言われ応じた。
    その後「サインは?」と聞くと「いらねー!」と言われた。
  • サインくれ」と238個書かれたファンレターを送ったファンに対し、サイン入り色を238枚送りつけた。
    それを漫画ネタにした結果、「サインくれ」とだけ書かれたファンレターが大量に届いた。
  • 『じーさん』のアニメ収録現場に来た際、監督から「何か面いこと言ってください」と言われたので「もみもみ拳法くらえーっ!!!」と叫んだ。
  • 担当編集のフカミとの打合せで漫画の構想を話したところ、「かわいそうな人を見る」で見られた。
  • 担当編集の今村との打合せで「じーさんがアリの巣になるってのはどぉ?」と提案され、「この人は疲れている」と思った。

関連動画

 

外部リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP