今注目のニュース
学校の設備で改善すべきだと思う所1位「トイレ」 医師の約8割「医学的見地から温水洗浄便座の設置が必要」
想像以上に「ゴリラ」に見える「カラス」が世界で話題に!
表情を読み取る「AIお姉さん」が画面から話しかけてくる

赤塚不二夫単語

アカツカフジオ

掲示板をみる(109)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

赤塚不二夫とは、日本を代表するギャグ漫画家である。

概要

バカボンパパ日本漫画界において、特にギャグ漫画の分野で革新的な作品を数多く発表したことで知られる伝説の人物。「漫画神様手塚治虫に対して、「ギャグ神様」「ギャグ漫画王様」と呼ばれた。
ストーリー漫画の大手塚ギャグ漫画の大塚を据える表現は、集英社催する新人賞の「手塚賞」「塚賞」で未だに残っている。

また、漫画家が本業でありながらも積極的にマスコミに露出して笑いの表現を追求した。このため芸界にも広い人脈を持ち、ジャンルの分け隔たりもなく面いことを探し続けた。
その中から福岡在住の面素人だったタモリに惚れ込み、芸デビューへのレールを敷くなどその才を世に知らしめるバックアップを行った。

ギャグ漫画家としての功績の他に、『ひみつのアッコちゃん』で、それまで「魔法からの来訪者が大暴れする」が流だった魔法少女ジャンルに「普通女の子具を用いることで魔法を使えるようになる」というスタイルを成立させ、現代にまで影を与えている。

代表作に『おそ松くん』『天才バカボン』『ひみつのアッコちゃん』『タモリ』など。 

「これでいいのだ!」

年表

1935年9月14日満州国で生まれる。戸籍は新潟

1947年に手塚治虫ロストワールドに感銘を受け、漫画の執筆を始める。

1953年に上

1956年、『えて』にて単行本デビュー。のち、東京都豊島区トキワ荘へ。

1961年トキワ荘を出る。(結婚のため)

1962年、「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」で大ブレイク

1964年小学館漫画賞受賞。

1967年、「天才バカボン」発表。

1975年タモリを居させ、芸界にデビューさせる。

1980年過ぎ、アルコール依存症となる。

1997年日本漫画家協会賞文部大臣賞受賞。

1998年綬褒章受勲。

2002年4月内出血により作家活動休止。

2003年青梅赤塚不二夫会館設立。

2004年、意識不明のまま植物人間状態に。

2008年8月2日16時55分、肺炎により死去。享年74歳。(満72歳)

交友関係など

関連動画

トキワ荘など

追悼動画

その他

作品

ほか。最近では「家庭教師のトライ」のCMや設置広告で、講師の顔に塚作品の落書きをするという演出が見られた。

「私もあなたの数多くの作品の一つです」

(赤塚不二夫葬儀でのタモリの弔辞より)

関連チャンネル

関連項目

掲示板

  • 107ななしのよっしん

    2018/07/28(土) 20:25:32 ID: dvx9J+dN1E

    亡くなったの割と最近だと感じてたが
    TVで見ていた「バカボンパパよりバカパパ」で検索してたら
    もう没後10年なのか・・・

  • 108ななしのよっしん

    2018/10/06(土) 15:13:34 ID: LIDtFzgagr

    この人の漫画の凄い所は、マジキチなのに話の筋は通ってること

  • 109ななしのよっしん

    2018/12/06(木) 15:17:02 ID: LA5zQkj6si

    自身のドラマ化といい嘘松くんといい最近も話題に欠かないわな

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP