いがらしみきお 単語

24件

イガラシミキオ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

いがらしみきおとは、日本漫画家である。

代表作は『ネ暗トピア』『ぼのぼの』『忍ペンまん丸』『かむろばへ』『の木(作画担当)』。

概要

単行本の著者略歴にある通り、のお告げで漫画家を志したとのこと。その後、24歳でデビューキッカケは当時原稿の持ち込みに行ったが編集部にもおらず、仕方なく置いて行ったら漫画が掲載されていた、という逸話がある。

かつては過ギャグや奇想外な内容が評価され、人気を博していた。現在は多少作は変わったものの、予測不能シュールな点などのコンセプトに大きな変化はない。

多忙期は24本の連載を抱えていたが、父親の死をきっかけに一時休筆する。復帰後始めた『ぼのぼの』が現在にも知られるようにヒットし、漫画家いがらしみきおにとっての一番の著名作となる。

なお、今でこそ動物漫画で有名だが、かつては人間を中心とした漫画で大ブレイクしていた。
よって氏のどの漫画を知っているかで世代がわかってしまう。

ちなみに『ぼのぼの』の映画には何らかの形で携わっている。ぼのぼののおとうさんもやったことがある。

関連動画

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP