鈴木央 単語

19件

スズキナカバ

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

鈴木央とは、日本漫画家である。

概要

1977年昭和52年2月8日福島県須賀にて生まれる。

1994年に、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の例新人漫画賞で『Revenge』で佳作を受賞し漫画家デビュー

1998年週刊少年ジャンプで『ライジングインパクト』を連載開始。しかしながら、翌年に打ち切られ終わった…と思いきや、読者の反が大きかったらしく、打ち切られてから3ヵ後に復活するという週刊少年ジャンプ史上異例の出来事が起きた。その後『ライジングインパクト』は2002年まで連載された。同年、週刊少年ジャンプにて『Ultra red』が連載、翌年に打ち切られた。そして『Ultra red』の最終回に「Bye bye jump」の文字ばせ週刊少年ジャンプから去った。>2004年平成16年)、ウルトラジャンプにてファンタジー漫画と君の間に』を連載。

翌年、2005年週刊少年サンデーに移籍。フィギュアスケート漫画ブリザードアクセル』を2年ほど連載。2007年話の脱線から生じた金剛番長』を2年ちょい程連載した。

金剛番長』終了後、週刊少年チャンピオンに移籍。『ちぐはぐラバーズ』を短期連載。

さらにその後、週刊少年マガジンに移籍。読み切り『七つの大罪』を掲載し、2012年10月10日より『七つの大罪』の連載がスタートアニメ化されるなどのヒット作となる。こうして鈴木は、4大週刊少年誌に連載作品を持った稀有な漫画家となった。

既婚者である。妻は幼馴染アシスタントの「峰さん(仮)」。結婚した報告の際、(仮)→()になっている。

ライジングインパクト』以降の作品にちょくちょくライパクのキャラ主人公ウェインなど)がモブとして出てくる。

金剛番長』を連載している最中、週刊少年サンデー公式サイトにある「まんがBACK STAGE」を欠かさず更新していた。ちなみに現在その「まんがBack stage」のページ削除されているため見ることができなくなっている。(インターネットアーカイブでは閲覧可

作品一覧

連載作品

読み切り作品

関連動画

外部リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP