今注目のニュース
「まどマギ」声優・悠木碧が作詞した「バナナチョモランマの乱」がカオスすぎる
「口だけ達者な野党、まるで税金ドロボー」会社員の不満に佐藤優が答える
『超次元ゲイム ネプテューヌ』アニメ全12話の無料一挙放送、7月19日(金)19時より放送開始

超時空世紀オーガス02単語

チョウジクウセイキオーガスツー

掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

超時空世紀オーガス02とは、J.C.STAFF制作ロボットアニメである。

概要

 元々テレビアニメとして1983年に放送されていた「超時空世紀オーガス」の続編であり、放送終了から10年後にOVAリリースされた作品。
 監督は前作の放送時の制作会社アートランドスタッフだった高山(通称:仙人)が務め、彼の得意とするリアル戦争の描き方により、ただ単に人が死ぬだけでなく、権闘争による殺、軍人だけでなく子供や一般市民等のを持たない人達の死といった陰惨なシーンもふんだんに描かれている。

 音楽を担当したヒカシューによる劇中曲の出来はとても良いが、OPテーマの「不思議をみつめて」とEDテーマの「ブラックボックス」がヒカシューボーカル巻上一による独特な歌い方の為、この2曲が注されがちである。(因みに5話と6話の音楽担当が変わったのは、契約トラブルで勝手に担当を外された、と言われている。尚、5、6話の音楽担当であるトルステン・ラッシュ氏も当時のヒカシューメンバーであった。)

 第1話の時点で、前作に登場していたロボットであるオーガス軌道エレベータ、ムーのロボット兵士らしき物の描写はあったものの、その後暫くは前作との繋がりがどうなっているのかハッキリと出て来ずに物語は進むが、後半にその全てが明らかになる。

 

 

ストーリー

 どことも知れぬ世界中世ヨーロッパの匂いが漂うこの世界はリヴリア王とザーフレンとの二大大微妙バランスによって成り立っていた。
 しかし約200年前から突如、この世界科学技術をかにロボット兵器が地中や中から発掘されはじめた。
 このロボット兵器アーマーの出現によりザーフレンとリヴリアの対立が深まり、小競り合いが頻発し、一触即発の危機的状態に陥っていた。
 そんな中、ザーフレン、リヴリアは近い将来に勃発されるであろう有事の際に戦略的優位に立つため、アーマーの発掘に狂奔していた。

登場人物

の老人 堀之紀
 ザーフレン軍のアーマーに襲われたリーンナタルマを、のアーマーを使って助けた老人。何故かナタルマを連れて行こうとしたが、リーンによって阻止され、その後敵の追撃を受け、撤退してしまう。
 その後、リーンがリヴリア軍に捕えられたナタルマを救出しに行き、深手を負ってしまった際に再び現れ、のアーマーを使いリーンナタルマを救出して逃走。その際に何故か至近距離で撃たれたにも関わらず気だった。
(ネタバレ注意)
 その正体は、前作に登場したムーのロボット戦士大尉」である。大尉は前作の最終決戦の際、傷つきながらも何とか生き延びており、時間をかけて体を修復していた。前作のラストで、とオルソンが時空振動弾を使い、バラバラになった時の修復を行った際、その修復が全なものではかった為、幾つかの世界がまた何処か別の時に飛ばされてしまい、大尉の居た軌道エレベータ付近の土地や数多くのアーマーやロボット兵士も主人公リーン達のいる世界に飛ばされてしまった。その後大尉は壊れた体を修理し、時空振動弾を再設計し、オーガスを設計し、亜空間を転移する際に自分と同じ世界に飛ばされたミムジィの子孫探しを開始。そしてナタルマを見つけ出し彼女を使い、壊れた時璧に戻そうとする。

 

登場する兵器

オーガス
(ネタバレ注意)
 大尉がオーガス02の世界に漂着し、軌道エレベータの中で100年かけて建造したアーマー。
 劇中のアーマーの中では飛びぬけて高性で、ビーム兵器ミサイル6発という武装ながらリボーを圧倒した。
 劇中で一変形が可なアーマーであり、人、飛行形態、そして一だけガウォーク形態も登場した。

関連動画

関連商品

 

関連項目

掲示板

  • 21ななしのよっしん

    2017/05/27(土) 22:33:37 ID: mzee7FsQbb

    事中フォントが所々で違うんだけど、統一できないの?

  • 22ななしのよっしん

    2018/11/16(金) 05:06:52 ID: RLDNUDgc7x

    >>20
    参戦したって別になんの名誉にもならないしな
    必要のない優劣をつけて偉くもないのに見下すようながほざいてるゲームなんて

  • 23ななしのよっしん

    2019/01/28(月) 11:30:46 ID: m2tcTnhgXq

    地味だけどずっと心に残る名作だなぁ。
    マニングも作ならヒロイックな軍人に描かれそうだけどしょーもない腹黒いところもある人に書かれてて良い。
    ただペリオンリボーの操作方法や仕組みについて、さも起動が初めてではいような感じで熟知してる部分はちょっと理がある気がする。触手が刺さって生体融合した時点で普通人間ノーリターンだと思うのだが。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP