アーマード・コア ヴァーディクトデイ単語

アーマードコアヴァーディクトデイ
3.2千文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

アーマード・コア ヴァーディクトデイとは、フロム・ソフトウェア開発のメカカスタマイズアクション&リアルタイムストラテジーゲーム
2013年9月26日PlayStation3 / Xbox360マルチラットフォームで発売。

公式略称『ACVD』検索タグも『ACVDexit_nicovideo』が最も多く用いられている。

概要

アーマードコアシリーズの最新作。前作「アーマード・コアⅤ」の続編にあたる。

前作の領地戦に代わってワールドモードが新たに登場。プレイヤーチームに所属する点は前作と同様だが、チームが三大勢のどれかに属し、他勢と戦うこととなる。

旧作に存在したがⅤには存在しなかった武器腕・シールド復活し、既存カテゴリーにも多くのパーツが追加されている。

引継ぎ

前作ACVパーツ、エンブレムやアセン、DLCなどは引継ぎ可

ただし引継ぎができるのはVD初回起動時のみ。ここでNoを選択すると原則引き継ぎが出来なくなるので注意。
セーブデータサーバー側に保存されるため、例え本体からデータ削除しても引き継ぎなおすことはできない。逆に言えば、HDDの破損等でセーブデータが消えてもサーバーから復旧されるので安心。
ACVの追加ガレージやリペイントパーツ等、一部DLCは後から導入することができる。

ストーリーモード

ミッション総数は60。10のメインミッション、50のサブミッションで構成される。

全てのミッションCo-opが可UNAC(後述)をミッションに連れて行くこともできる。

難易度は前作と較すると全体的に高め。
初心者ミグラント養成動画などでの情報収集をお勧めする。

ハードコアモード

ストーリーミッションを、様々な制約を付けてプレイするモード

プレイ開始時に専用のセーブデータが作られ、クリア状況、所持パーツ、所持などがリセットされた状態から始まる。
また一切のオンライン要素が使用できない(Co-op含む)。

単純にダメージが増えるだけのものから、修理費・弾薬費が増するものまで様々。
また、全ての条件において残機が設定されており、残機くなるとゲームオーバー。最初からやり直しになる。

ワールドモード

前作の領地戦に相当する部分。三つの勢(シリウスヴェニデEGF)のいずれかに所属し、他勢との戦闘を行う。

世界は7つのエリア分割され、それぞれが8つのステージを持つ(つまり総ステージ数は56)。
このステージを攻撃し陥落させることで先に進み、最終的にエリアの本拠地であるタワーを陥落させることが的。全てのタワーを失った勢敗北となり、生き残った勢が勝者となる。(所属勢敗北すると、防衛側で出撃はできなくなるが侵攻側で出撃することは可

出撃条件を設定後にマッチングが開始されるが、今作では出撃条件はあくまで希望であり、出撃条件に合った相手がいない場合は条件を緩和してマッチングする。防衛希望でも、侵攻として出撃することがある。それでもマッチングしない場合は同勢との模擬戦や、NPC戦となる。これは前作の問題点だったマッチングにかかる時間を可な限り短縮するためである。
またチームの対戦成績もマッチングに加味されるため、較的実の似通ったチーム同士がマッチングされる模様。

戦況はWeb上のACVD-LINKexitにてリアルタイム認可

通常出撃

敵対勢戦闘を行った場合、勝敗に応じて戦闘を行ったエリア耐久値が増減する。

また勝利によって後述の特別出撃に使うポイントが貯まる。

特別出撃

通常出撃により、ポイントを一定値まで蓄積すると行える。

通常出撃との違いは、勝利時のエリア耐久値の増減が大きいこと(事前情報だと通常出撃の100倍くらい)。

そのため防衛側の地はプレイヤーの持つカスタム領地のうちどれかから選択される。

また、稀に未確認兵器戦が発生する。

カスタム領地

プレイヤーにひとつずつ勢から貸し出される領地。

前作と同じく、台などを設置して強化できる。

武器性能変化

前作の武器成長システム良したもの。前作との大きな違いは以下の5点。

  1. ・連射・命中の3カテゴリに、任意にポイントを割り振る方式になった。(前作では3系統6種類の傾向から1つ選ぶ方式だった。)
  2. 変化にランダム要素はく、同じ武器で同じ振り方をすれば性は同一になる。(前作では、同じ傾向を選んで   もランダムに性が変化していた。)
  3. 購入時に性変化が終わったものを取得出来るようになった。(前作では、武器購入後に成長させる必要があった)
  4. 購入時に割り振ったポイントが、購入後に分かるようになった。
  5. オフラインでも性変化させることが可。(前作では、オンラインでのみ性変化が可だった)

武器腕

従来シリーズに登場し、前作でくなった武器腕が今作では形を変えて登場する。

従来の武器腕は腕の先が武器になったものであったが、近作の武器腕は腕部そのものが武器に変形するというもの。これは近作のハンガーシステムにより、背部武器が存在しない為である。                             その為、従来と異なり手持ち武器を保持する腕が存在する。

通常武器、腕部と異なる部分は以下のとおり。

  1. 本来なら構えの発生する強武器でも、構えずに使用出来る。
  2. 肩部パーツ及びオーバードウェポンを搭載できない。
  3. 使用時に手持ち武器は格納されるため、他の武器と併用して弱点を補う、などといったことは出来ない。
  4. キャノン武器パージすること武器腕側に変更可

使用時の変形は、前作のオーバードウェポンに勝るとも劣らない、浪漫溢れるものである。

UNAC(ユーナック)

今作で使用可AIシステム

正式名称はUNmanned Armored Coreで、ACのことをす。

パーツの組み換えやAI思考のカスタマイズが可で、様々な特徴を持つUNACを作成可になっている。
更に、ゲーム通貨を支払ったり、ワールドモード戦闘記録した作戦ファイルを利用することでUNACの機を拡すれば、より高度なカスタマイズができる。

また、オペレーターとして出撃する際は他メンバーを全てUNACで構成可な他、戦闘中UNACの思考パターンを強制変更することが可

カメラマンモード

前作で不評だった、AC撃墜後のパイロット(通称おっさんモードに撮が追加される。これにより戦闘の様子をカメラに収めることができる。
した画像は報道組織VoW提供するニュースという形で、他のプレイヤー開することも可ゲーム中およびACVD-LINKから閲覧ができる。

また撃墜後、パイロットモードを中断し、他のプレイヤーACカメラ視点を移すことも可

DLC

前作と同じく、ACガレージCOMボイス、特殊パイロットシルエットなどが販売される。
ACVDLCもそのまま利用できる。

またカスタムUNACプレイヤーごとにひとつしか所持できないが、DLCで販売されるUNACで拡である。

また、今作ではストーリーミッションBGMと演出を、特別仕様に変更する、ストーリーを楽しみたいプレイヤー向きDLCも発売されている。収録されているBGMの中には、サントラ未収録のものや、今までのシリーズBGMアレンジ曲などが多い。

関連動画






関連商品

機体フィギュアビジュアルパーツブックオリジナルサウンドトラックが付属するコレクターエディション

プロモーション曲ほか2曲収録のCD

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%A2%20%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%A4
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーマード・コア ヴァーディクトデイ

6023 ななしのよっしん
2022/05/02(月) 14:00:03 ID: 57QiufZmeV
ACVの装甲に関しては特に形状と設定が顕著よね
属性特性がはっきりしていて
KE(Kinetic Energy)=実弾兵器
CE(Chemical Energy)=化学反応兵器HEAT弾成形炸薬弾
TE(Thermal Energy)=熱エネルギー弾(熱で溶かす)
棲み分け
KEフレームは弾丸弾けばいいから鉄板装甲、CEフレームはモンロー/ノイマン効果対策のった戦車のような装甲(間装甲や爆発反応装甲)、TEフレームは冷却ユニットや貯タンク内蔵し肥大化、丸みを帯びさせて表面積を広げての効率的な熱放射をするための形状になってる

その設定を重量にまで持ち出してしまった結果TE>CE>KEの順で重量が大きくなって、脚部特色=重量がそのまま装甲耐性に現れちゃってる
6024 ななしのよっしん
2022/05/02(月) 18:28:15 ID: jCaeTvKSwv
>>6023
TEフレームの曲面装甲にはそういう理由があったのか…。ためになりました!

ACVやる前は「化学エネルギー属性や腐食ガス等の武器もありそう」「熱エネルギー属性火炎放射器みたいなネタ武器復活するかな?」と思ってました…。
6025 ななしのよっしん
2022/05/22(日) 00:31:53 ID: 2kpniYuXJL
>>6022 >>6022
そういう所は分かってるけど
タンクなんかばってるのにTE盛り盛りだからあれがいいなら他の脚も…って思ったもんでな
6026 ななしのよっしん
2022/05/25(水) 23:12:16 ID: hzR2H+vPuR
重量ごとの防御属性棲み分けって一応理由付けがあったのか
でもERAって軽いわりに化学弾頭に対する防御を稼げるから、どのクラスACでも貼らない理由がないはずなんだよな
あと装甲の実厚で防御を稼ぐならそれこそ重量級が一番有利なはずでもあり、やっぱりV世界の防御属性の割り振りはなんかゲーム的でチグハグな感が否めない
TEはともかく、KEとCEプレイしてる間ずっと違和感あったわ(その爆発反応装甲ACにも貼らせてくれ)
6027 ななしのよっしん
2022/05/26(木) 00:15:39 ID: jCaeTvKSwv
>>6026
そこはほら、現実世界とは異なる技術が発達したと理矢理解釈すれば…。でもCE防御パーツの消費ENが高めなのはなんとなく理解できる、特殊装甲多めだし。

(対人環境壊れるだろうけど)オトキャ武器腕やレルキ武器腕が欲しかった。スナキャ武器腕とかいう扱いづらいパーツを2種類も開発した財団は変態企業の鑑。
6028 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 08:48:40 ID: 57QiufZmeV
結局はゲーム内での特徴付けの域は出ないからね
ACV時点ではAC関連パーツはOWみたいな特殊なもの以外は全部発掘品だから売り手も使い手も技術に関する知識は低いだろうし
数も限られてるからAC乗りは限られたエリートなのよね
ACVDタワー出てきてやっと生産できるようになってUNACみたいなの量産できるようになったしな
6029 ななしのよっしん
2022/07/29(金) 20:06:51 ID: Fugv6a/6gx
ここの内容が思い出じゃなくていまだにちゃんとゲーム内容話してて引いた
すごい
6030 ななしのよっしん
2022/08/03(水) 00:34:00 ID: hzR2H+vPuR
クオリティの低さやゲームデザイン根本的な欠陥で死んだ、しかしアクションとしての面味は今でも色褪せていない、そんなゲーム墓場よ…(自分も未だにサテライト練習してる人がいるとは思わなかったが)
6031 ななしのよっしん
2022/08/05(金) 15:44:14 ID: 57QiufZmeV
別にクオリティが低くもなかったし、ゲームデザイン根本的に悪かったかと言えばそうでもないと思うけどな
致命的だったのは、ACV時のネットワーク周りの不備(ブリーフィングオンライン)や、領地防衛時のOW特攻戦術だったと思う
ゲームバランスに限っても、悪い部類なんだがあくまでオンライン対戦ゲー化したってのが大きくて、過去作にべたら幾分かマシだし
ACVACVDの時点で見限ってる人は多かった
解体戦争とか、番外乱闘も色々あったけどね
6032 ななしのよっしん
2022/09/29(木) 23:35:26 ID: 2kpniYuXJL
VDってほんのり4とかと繋がってたりするけどコアTAMAKAZURA系統ってGAや有澤の重パーツ辺りがルーツだったりするのかな