アーマード・コア ラストレイヴン単語

アーマードコアラストレイヴン

アーマード・コア ラストレイヴンとは、フロム・ソフトウェアから発売されたPlayStation2ロボットアクションゲームである。
通称『ACLRexit_nicovideo』。タグ検索時も同様。ただしシリーズファンの間では『LR』のみで通用する。

キャッチコピーは、PS2版では「もが、生きるために戦っている。」というもの。
後に発売されたPSP版では「最後の傭兵(ラストレイヴン)となるものは、誰だ」となっている。

概要

アーマード・コアシリーズ第10作(ただし、ほぼシミュレーションゲームであったために外伝的扱いを受けている『アーマード・コア フォーミュラフロント』も含めると第11作)。PS2向けに発売された最後の作品である。

ゲームプレイでは前々作『アーマード・コア ネクサス』(以下、『NX』)で導入された新操作や新システムがより洗練され、ストーリー面ではアーマード・コア3(以下、『AC3』)から続く物語完結を描いており、まさにシリーズの総決算的作品といえる作品(次作『アーマード・コア4』以降は、世界観や操作方法が根本から見直されリニューアルされた)。 

NX』で、その大味すぎる調整でレイヴン達を慄かせた「熱暴走」の要素などが、大幅に良されたほか、各部位に耐久度が設定され、これによって性劣化が起こる「部位破壊」の導入によってさらに戦略性が増した。また、マルチエンディングなど『NX』で期待されたものの導入されなかった要素が追加され、パーツ数も大幅に増加しており、全体として『NX』をブラッシュアップした正統進化版となったと言ってよい。

しかし、シリーズでも特に高い難易度と、パーツバランスの劣悪さで悪評も高い。
パーツ数自体は多いのだが、そのせいでいわゆる「産廃パーツが少なからず生まれている。また、「部位破壊」導入の結果、脆すぎて足の速さが殺された「フロー」と、鈍すぎてほかのパーツを危険にすことになった「タンク」の2つは、カテゴリーそのものがほぼオワコンと化してしまった。
また、この大味さはまるごと対戦にも反映されてしまっていたため、対戦バランスも悪かった。前作『アーマード・コア ナインブレイカー』が良調整だったこともあって、今作での対戦はさっぱり盛り上がらなかった。

移植版

2010年には『アーマード・コア ラストレイヴン ポータブル』のタイトルPSP移植された。
こちらは、『ACLRP』と略されることが多い。 

操作方法は、『AC3』や『アーマード・コア3 サイレントライン』のPSP移植版と同様であるが、キーコンフィグが可である。

PS2版を忠実に再現した良好な移植作だが、ボタン数の都合上操作性が低下しているにも関わらず、難易度パーツ調整も忠実なままであったため、難易度はかなり高い。また、キーコンフィグで操作方法を調整しても、「パージ」=「パーツ切り離し」に使用するコマンドは変更できないため、設定によってはパージが出来ない。今作はパージの重要性が高いため、PS2版を遊んだレイヴンからはこの点で評価が低い。
ただし、敵AI弱体化しているため、相対的に難易度PS2版と同等かそれ以下となっているというもある。ストーリーモードも、一切ペナルティしでコンティニューできるようになったため、クリアが容易になっている。
 

ちなみに、『アーマード・コア5(当時)』に使用できるプロダクトコードが封入されていたが、当初2011年に発売されるはずだった同作が、詳しい告知もなしに長期にわたって延期されたため、結局このコードは使わずじまいになるのではないかと危惧するもあった。
最終的に、『アーマード・コアV』となって同作は1年越しに発売され、かなり間隔は開いたものの、事、このコードを用いたキャンペーンが行われた(シリーズおなじみ「月光」のオリジナルバージョンが入手できると言うものだった)。 

世界観・ストーリー

NXで起こった企業同士による「資」を巡る騒乱の果て──
旧世代の遺産が人類にもたらしたのは繁栄などではなかった。

旧世代の遺産の起動により飛来した数の兵器のために地上は壊滅的な打撃を受けることになる。
その出現と同じく兵器は唐突に姿を消した。かつて世界を支配していた企業を失い、各地で物資を巡る争いが頻発する。 破壊と混乱の中で疲弊した企業側は、単独での支配権の確立は困難だと判断、自らの権益の守るため連合統治機構「アライアンス」を設立。

それから半年、アライアンスが徐々にその機を発揮し始め、世界に新しい秩序が生まれようとした矢先、兵器襲来後行方不明となって いたジャック・O率いる武装勢バーテックス」がアライアンス打倒の明を発信。ジャックは「レイヴンによる新たなる秩序の創出」という理想を掲げ、自らの本拠地「サークシティ」の所在明らかにし、きのこっている全てのレイヴンに集結を呼びかけ、さらに大胆なことに自ら決戦となる襲撃日時を予告。

アライアンスジャックに同調する全てのレイヴンに賞を懸け、バーテックスの切り崩しに計る。ジャックもまた自らの敵に回ったレイヴンに同様の措置を取ると 表明しこれによりレイヴン達はお互いの賞を狙い突を繰り返した。2大勢争いは拮抗し、そして熾を極めていく、バーテックスの予告したアライアンス 襲撃決行まで24時間、残りのレイヴン22人。

果たしてこの戦いの果てにあるものとは?
そして主人公この先生きのこることが出来るのだろうか……。

プレイヤーの選択によりストーリーは分岐し、最終的に六種類の結末を迎えることになる。

今作はNX』の直接的続編である。
NX』からわずかに半年ほどしかすぎていない時代が舞台となっており、引き続き登場する用や組織・人物が非常に多く、シリーズの中でも、続編として前作との関わりが特に深い作品である。
そのため、『NX』をやっていると世界観などの把握が容易になるが、ストーリー自体はそこまで深く繋がってはいないので、この作品からプレイしても問題は
むしろ、どれも個性的な登場人物と、優位を得るべく戦う二組織の対立状態と言う較的わかりやすい世界情勢のおかげで、従来作よりも妄想フロム脳の必要性が低いわかりやすい展開になっており、世界観に入り込めるという点に関しては新規プレーヤーにも勧められるストーリーである。 

シリーズを通して見ても、24時間というタイムリミットの中で戦うという短時間のストーリー二である。
また、過去の作品では、歴史伝記のように、世界情勢を主人公という傭兵が傍観するような展開であったが、本作では主人公を含めた個人の物語焦点が当たっており、過酷な世界を生きるレイヴン達のドラマティックな生き様が描かれる。
撃破された場合、また最初の時間からやり直すことになる(一応コンティニューできないわけでもないが)。 

主人公の行動が情勢に影を及ぼすため、ミッションをこなすごとに、世界情勢が刻一刻と変化していく。
最終的には、どの勢に加担したかなどの条件によって、6つのエンディングに分岐する。シリーズマルチエンディングを本格的に導入したのは2度である(最初に導入したのは初代『アーマード・コア』。この後、『アーマード・コア フォーアンサー』などにも導入される)。

AC戦(いわいる中ボス戦)が非常に多い、機体の速度に対し作戦領域が小さい、シリーズ恒例のローディング後の弾薬補給・AP回復がい、という仕様のおかげで、ストーリーモード難易度シリーズを誇る。
アーマード・コア2 アナザーエイジ』と並び、シリーズ初心者には決してお勧めできない。

特に、中枢進入におけるジナイーダ(通称ラスジナ)、パルヴァライザー最終形態の鬼畜っぷりはシリーズであり、あのナインボールセラフと並ぶ程である。
それでも「高難易度上等!はこれから始めるぜ!」と言ってのける剛毅な新米レイヴンには、一番最初の3つのミッションのうち、最も報酬の高い「管理局強行偵察」というミッションを選ぶことを強く推奨する。

登場人物

主人公
ストーリー開始時、22人だけ存在するレイヴンのうちの1人。
シリーズでも人物設定が希薄な部類に入り、いったいいつからレイヴンとして活動しているのか、どのような過去を持つのか、そもそもどんな人物なのか、一切不明。 
ジャック・Oの総攻撃宣言を受け、タイムリミットまでの24時間に渡り、ぶっ続けでいくつもの過酷なミッションに身を投じる人。彼も、彼をぶっ続けでサポートするシーラも、彼のACを幾度も修理してベストコンディションに持っていく修理担当者も、凄まじい体の持ちであると言えよう。
その行動如何で、アライアンスバーテックスのパワーバランスが変化する。アライアンスの下で秩序維持のために動くレイヴンとなるのか、バーテックスに参加して新たな秩序を作るために暴れるレイヴンとなるのか、それとも悦の何かになるのか、は、プレイヤー次第である。 
ジャック・O / 搭乗ACフォックスアイ (CV:津田健次郎
NX』から引き続き出演。称は弱王
今作の鍵を握る人物。武装勢バーテックスを結成し、その裏で自らの的のために暗躍する。物語の裏で糸を引く策謀であり、曲者ぞろいのレイヴンたちをめ上げるカリスマである。
彼の機“フォックスアイ”は重量級+高火力。しかし、あまりに設計が破綻しているほか、主人公と戦うときにはだいたいコンディションが悪いため(高濃度ECMにより攻撃頻度が非常に少なかったり、瀕死だったりする、容易に背後を取れる。
ゆえに「弱王(じゃく・おう)」と呼ばれている。
」という異名の理由については、この文字の項を参照しても良いが、実際にプレイしてみれば一発でわかる。
物語内での魅もさることながら、いちいち台詞回しや行動がホモネタっぽいため、シリーズ内でも屈人気を誇るホモネタキャラである。大百科内にも記事が出来るほどである。彼の称の由来などもっと彼のことを知りたい人はそっちの方も参照してほしい→ジャック・O
エヴァンジェ / 搭乗ACオラクルCV:桐本琢也
NX』からの続投。称は「隊長」。強化人間
アライアンスの戦術部隊の官として活動している。「実は確かだがそれ以上に自信過剰」という評価が劇中でなされているが、その評価通り、自身を「ドミナント戦闘センスがある者)」と信じて疑わない怖い性格。若々しかった前作とは打って変わって、落ち着いた感じが増しているが、根本的には相変わらず野望に燃える熱血といったところ。
ルートにより立ち位置がかなり変わる人物。かませ犬だったり、ライバルだったりと何かと忙しい。
彼の機“オラクル”は中量二脚のバランスの良い機体構成。左手ドミナントソードこと「MOONLIGHT」がトレードマーク強化人間であるため、肩に装備したリニアキャノンを地問わず連発するという強な戦法が可であり、重量級機体以外は被弾する度に硬直して間合いの導権を奪われてしまう。
ただし、左手ブレードを装備しているため、射撃戦における間的な火力は決して高くなく、間合いを維持して冷静に射撃攻撃を重ねれば勝利である。
とあるルートの最終ミッションで何故か強さの秘密である肩リニアを両肩グレネードに変更し、弱体化してしまう。しかし、そのミッションでの彼の行動に感動し、その背中に惚れたレイヴンも多い。
ジナイーダ / 搭乗ACファシネイター (CV:浅野まゆみ
最近になって活動を開始した(写真付きプロフィールが存在しない)レイヴン女性
特定に荷担しないレイヴンの中では、最高レベルの戦と言われている実バーテックスとアライアンスの争いには興味がなく、「俺より強い奴に会いに行く」を地で行く女傑。NEW GAME時に暴れまわっているのも彼女
レイヴンを倒すミッションを多く遂行していると、彼女の方から接触してくる。
彼女機“ファシネイター”は射撃重視のバランス中量二脚。通常武装時は武装は右手マシンガンなので低火力気味であり、そこまでの強敵ではない。しかし、決戦武装時の彼女は最1年フライングしたネクストACであり、圧倒的な量の弾幕と立体的な機動の前では、趣味だけで作った機体で策のまま勝つのは不可能である。その強さはシリーズ内のボスでもトップクラスであり、今作の難易度を引き上げた要因であり、プレイヤーの心を最も多く折った敵の1人と言ってよい。
その姿が確認できる数少ないレイヴンであり、NEWGAME時のムービー内でACを降りてくるのが見られる。ただし顔は映らず、首より下のみ。パイロットスーツを着ていることを加味しても明らかぺったんこであり、一部では「マナイータ」という不名誉なあだ名をここからつけられている。
エンブレムである裸婦の瓶がナイスバディなこともあって、フロム脳患者の間ではコンプレックス説が後を……(このコメント三度はありません)
シーラ・コードウェル (CV:深見梨加
主人公個人と専属契約している今作のオペレーター。
任務旋組織や企業などに所属していたり、正体がAIだったりした歴代のオペレーターとは違い、歴代オペ子べかなりフレンドリー。砕けた口調と性格の持ちで、個人契約ゆえに報酬にとてもうるさい。雇いに報酬の増額の交渉をしたり、歩合制のミッションでは報酬の上乗せをめてきたり、いわゆる守銭奴。実際、予期せずレイヴンを倒し、賞が入ったりすると凄く喜んでくれる。
主人公契約する前は、旧ミラージュ社の情報伝達班に所属し、若くして同班の責任者として活躍していたらしく、オペレーターとしては情報伝達もまめで、そのは非常に優れている。
なんやかんや主人公のことはとても心配してくれている。
その他の登場人物
赤字バーテックス、字はアライアンス所属、黒字独立NXから登場している人物には(続)を付記

主な登場兵器

AMIDA
NXからの続投、AC界のマスコットキャラクター
そのボディライン触手、複眼、どれをとっても可らしく、レイヴンたちの荒んだ心を癒すのに一役買っている。
LRでは新たにを飛ぶ個体も現れ、数多のレイヴンの心を鷲掴みにした。
基本的にミッションでは集団で出現し群がってくる。レイヴンモテモテである。
そのあまりのくるしさに見惚れて融けてしまわないように注意が必要だ!
残念なことに4系に入ってからはめっきり出番がなくなってしまった。
何、きっと次回作でトーラスあたりがやってくれるさ。
レビヤたん
緊急発進レビヤたん!こちらもNXからの続投。
シリーズ恒例の”あんなもの”レビヤたんはシーラにこんなもの呼ばわりされている。NXでは格納施設ののほうに座っているだけだったが、LRでとうとうを手に入れた。
こちらもレイヴンたち人気の的であり、ある意味AMIDAライバルである。
とあるミッションでは計3体のレビヤたんと戯れることが出来る。

関連動画

結構な数のプレイ動画がそしてネタMAD投稿されている。


パーツ購入縛りミッション攻略するシリーズ。この作品でレイヴン入門するプレーヤーにとってミッション選択方針は参考になるだろう。 

←数あるアーマード・コア音声MADルーツ

←(ネタバレ注意)このように難易度に苦悩した者も多い。

 

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%A2%20%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーマード・コア ラストレイヴン

413 ななしのよっしん
2017/08/22(火) 20:25:11 ID: YMzudXwGJe
PS2最後の作品にしてはなんか盛り上がりに欠けるのがなんか引っかかったな
音楽地味だし、ステージも狭い上に殺風景なところばかりだし、たったの24時間だし、濃い紹介文のついたアリーナの面々は居ないし…
パルヴァライザーの存在を除けばAC世界日常編っていう感じ

後年にPSPで3とSLリメイクされたのでプレイしてみたらよっぽどミッションバラエティ豊かで、演出もドラマチックでびっくりしたぐらい。LRのあの作は何を意図したものなんだろうか
414 ななしのよっしん
2017/09/07(木) 00:33:49 ID: oGXb9JoaNb
そのパルの不気味さと最後のレイヴンという荒さの世界観を現した感じだと思うわ。
音楽的な盛り上がりのさはそうだが、キャラの濃さと展開と難易度にはシリーズの盛り上がりがある。

3とSLシリーズ音楽と演出だからな
しかしそれを生かし切れてない難易度というか、ミッション難易度のチグハグ感がなぁ。
音楽素晴らしいだけに特に惜しい作品だと思ってるわ。
SLにLR並のミッション難易度バランスが欲しかった。
415 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 15:26:20 ID: MxdVRzsc1I
キャラクター物語ヒロイックで評判も良い(よね?)し、後のシリーズに大きな影を残した程だったと思うけど、確かに追い詰められてる感はあまり感じなかったな。
時間経過で徐々に補給やアセン変更に制限が掛かるとか、MOAでアリーナを使ってやったような特定ミッションタイムラインになると何か機が制限されるみたいな仕掛けがあれば良かったのかもね。バランス調整が難しいだろうけど。
後は、バッドエンドルートに入ったり、残りのレイヴンが減るごとに敵の質と量が絶望的になるとか。
416 ななしのよっしん
2017/10/22(日) 11:03:30 ID: 0L/IYpBHZH
明らか理のある24時間ていう設定はTWENTY FOURの影としか思えなかったんだけどなあ。
24って当時日本でもヤケに流行ってなかった?あれ観たスタッフがああいうリアルタイムな連続ドラマ感のあるシナリオ企画したという話なんじゃないかと

417 ななしのよっしん
2017/12/09(土) 12:46:22 ID: ruQMqgfyZ6
シリーズで一番好き
418 ななしのよっしん
2019/06/20(木) 17:46:32 ID: mnrMGTiVfT
とりあえずクリしたけどクソゲーと言わざるを得んわ
何をしててもストレス溜まるだけの産廃

一番酷いのは敵のAIリプレイカメラワーク
強い強いと言われるラスジナも隊長も、一定のリズムで跳ねながらみたいに突っ込んでくるだけの馬鹿AI
正攻法だろうが逆旋回だろうがネタプレイだろうが、に勝っても嬉しくもなんともないわ。
リプレイは何故か全然自機を映してくれないクソカメラ
なんで被弾してる方ばかり映すの?麗に動いてる方映せよ馬鹿なの?ミサイル視点とかいらんわ。衝撃武器食らってる側のコックピット視点とか意味不明馬鹿なの?
終始バカCPUの機体ばっかり映すよね。なの?
マップは狭いわパーツの大半は(対戦で)使いものにならねーわインターフェースゴミだわ…テストプレイしたんかこれ?
つかプレイヤーパーツ自粛してようやくまともなゲームになるとか馬鹿なの?
なにやってもストレス溜まるだけのクソゲーコンプしたから粉砕してやる
419 ななしのよっしん
2019/09/08(日) 04:58:47 ID: Y2M3/BVtMo
突っ込むところその程度ならお里が知れる
420 ななしのよっしん
2019/09/08(日) 05:23:43 ID: 1NrRdCFMU1
まあグチグチ言ってないでフロムのツイにリプしてディスクを割る動画を送るなりした方が留飲下がるよね
自分で好き好んで楽しくもないことを延々続けておいて八つ当たりされてもねぇ
421 ななしのよっしん
2019/09/08(日) 05:24:35 ID: tyb9Ev86kF
クリする程にめっちゃ気に入ってんじゃねーか
422 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 20:46:09 ID: bU3PWa8zQw
パーツバランスが悪いのは慣例だし、部位破壊のバランスマップの狭さ以外は文句なしにシリーズトップだと思う

急上昇ワード

2019/10/17(木)11時更新