桶狭間の戦い単語

オケハザマノタタカイ

桶狭間の戦いとは、永三年五月1560年6月)に尾狭間付近で起こった戦いである。

概要

戦国時代の、そして織田信長の数々の戦いの中でも、最も有名な物のひとつであろう。

をほぼ統一したばかりの織田信長と、駿河・遠江・三河を手中に収める今川義元による戦い。数では今川軍が圧倒的に勝っていたが、信長は僅かな兵を率いて強襲を仕掛けることに成功し、義元をはじめ多くの重臣を戦死させた。

この勝利織田信長の躍進のきっかけとなり、徳川家康の自立、甲相駿三国同盟の崩壊など数多くの影を及ぼす事になる。戦国時代の大きな分岐点であった。

河越夜戦」「厳島の戦い」と並ぶ日本三大奇襲のひとつとされる。

前史

織田と今川

駿河を本拠とする今川氏と、尾を本拠とする斯波氏は、東海地方覇権を巡って応仁の乱の頃から度々争っていた。やがて斯波氏に代わって織田氏が尾の実権を握ったが、対立構図は続いていた。だが1520年頃には遠江が今川の手に落ちた。

その中間に位置する三河では平氏が勢を一時拡大したが、松平清康松平広忠の相次ぐ暗殺で弱体化。今川義元は広忠の子・竹千代松平元康、のちの徳川家康)を人質として平氏を配下に収め、三河にまで支配を拡げた。

今川と幾度となく戦いを交えた織田信秀信長)は1551年に病死する。跡を継いだ信長はまだ当時17歳と若く、織田一族内の対立も多く抱えていた。また尾東部(三河付近)では、山口教継の鳴海を始め、沓掛大高などが今川方に寝返ってしまう。

織田信長の尾張統一

信長斎藤道三の援軍を借り、尾東部では数少ない味方だった水野信元を救援して村木砦を攻略するなど、今川の拡大に抵抗する。だが局地的な勝利は挙げられたが、今川との圧倒的な戦差は埋められずにいた。

しかも三が1556年に息子斎藤義龍と対立して戦死してしまい、美濃斎藤氏は信長の敵に回ってしまった。織田信勝斎藤義龍と通じて謀反を起こすなど、信長は窮地に追い込まれるが何とか鎮圧。これと前後して、本家筋にあたる大和(清織田)の織田信友、伊勢岩倉織田)の織田信賢を排除した。

守護・斯波義銀の支持(という名の傀儡化)の下で信長は尾を統一していく・・・と言いたいところだが、先述したように東部(知多半島など)は水野氏以外は多くが今川方になびいており、あくまで「斯波・織田中を統一」止まりだった。斎藤義龍ら周辺諸は敵だらけ、織田はそれ以上の身動きがとれない状況から抜け出せずにいた。

今川義元の勢力拡大

信長が尾内の統一の為に駆け回っていた時期、今川義元は拡大した領の安定に務めていた。

特に1554年、甲斐武田信玄相模北条氏康甲相駿三国同盟を結んだことで後顧の憂いがくなったのは大きかった。また元した松平元康には姪・瀬名(築山御前)をがせて一門に組み込む。更に1558年、息子今川氏真督を譲ると、以降は駿河・遠江の支配は氏に任せ、義元自身は三河支配に専念するようになった。もちろんその線の先にあるのは、尾である。

ちなみに、義元と武田信玄が三同盟で手を組んだ一方で、信玄と信長美濃を巡る思惑から徐々に接近している(義元が死んだ後は本格化する)。

桶狭間直前の情勢地図


ざっくりとした当時の情勢図。織田方、今川方、×印が狭間である。
地図では見切れているが、北の美濃では斎藤義龍が反織田を掲げており、西にあたる北伊勢でも服部氏などの土が敵対中。このままなら、織田今川に押し込まれていくであろう事は大方の予想するところだった。

開戦

1560年5月、領基盤を整えつつ更なる西進を今川義元は、総勢数万[1]とされる軍勢を率いて尾へと進軍した。その最終的は諸説あるが、ともかく尾を支配していた織田信長こうとしていた事は間違いないだろう。

織田軍は兵で大幅に劣り、しかも外交面でも孤立援という絶望的な状況にあった。一方の今川軍は駿河・遠江・三河を押さえ、尾方面にも協者を得ており、戦・外交両面で圧倒的優勢を誇っていた。

進軍の時点で織田は敗色濃厚であり、織田方の武将の中にも曖昧な態度で桶狭間の戦いに参戦しなかった勢・人物も多かった。

こうして桶狭間の戦いが幕を開けた。織田軍の兵は最大5千、対する今川軍は最大5万と伝わる。戦いの規模や内容は諸説あるが、ある程度通説に従う形で記述する。

織田軍のな武将 今川軍のな武将
織田信長
織田戦国覇者、のち下人
佐久間信盛
織田の重臣
森可成
織田重臣。森長可の実
織田秀敏
織田重臣、一門。鷲砦守備
佐久間盛重
織田重臣。丸根砦守備
佐々成政
織田臣。実佐々政次も従軍
毛利良勝
織田臣。信長衆。
服部一忠
織田臣。信長衆。
河尻秀隆
織田臣。
良之
織田臣。前田利家の実
千秋季忠
熱田神宮大宮信長に協
今川義元
今川前当一の取り
松井宗信
今川重臣。遠江二俣
岡部元信
今川重臣。尾鳴海
朝比奈泰朝
今川重臣。鷲砦を攻撃
松平元康
義元婿。のち徳川家康。丸根砦攻撃
三浦義就
今川重臣。尾寺防備
井伊直盛
今川重臣。遠江井
殿長持
今川重臣。義元婿大高救援
原氏徳
今川臣、一門
近藤
今川臣。もとは織田臣だが離反
元宗
今川臣、一門


※ 赤字は同合戦戦死者

前哨戦

5月17日
まず義元は沓掛に入る。当時、大高の周辺には織田が築いた砦がいくつか存在し、補給線が分断されて半ば孤立状態にあった。このため義元は、朝比奈泰朝らに鷲砦を、松平元康らに丸根砦を攻撃するように命ずる。また元康に対しては大高への救援(兵糧搬入)も命じている。元康の軍勢には、本多忠勝酒井忠次ら後に徳を支えることになる重臣たちの姿もあった。

一方の織田今川の大軍来襲の報に対し、籠か出かで揉めたとされる。籠しようにも四面楚歌で援軍は期待できず、出しようにも圧倒的な兵差。結局信長の命で、織田軍本隊は清で待機する事になった。

5月18日
今川軍は予定通り大高の救援と両砦攻撃を実行。砦は翌日まで防戦したが陥落し、鷲砦の織田秀敏、丸根砦の佐久間盛重の両将が戦死した。松平元康らはそのまま大高に入る。

敦盛

5月19日未明。
砦が攻撃を受けたとの報を受けた織田信長は、ここで突如出を命じる。「人生五十年~」で有名な幸若舞敦盛を舞った後、具足を身につけ、佐良之ら供回り5騎のみを連れて清から駆け出した。

信長はまず熱田神宮に向かい、戦勝を祈願した。続いて佐久間信盛の守る善照寺砦(鳴海付近)へと入る。この頃までには遅れて出発した臣たちも次々合流し、3000ほどの兵が集まった。だがこの頃、両砦の陥落と宿将たちの死が伝わった。

桶狭間

正午頃、信長は善照寺砦の信盛に兵500ほどを預け、残る2500ほどの軍勢を率いて出発した。同じ頃、義元も軍を進めた。『信長公記』によれば、おけはざま山に本を構えたとされている。総勢数万とされる今川軍だが、既に大高救援などにも兵が割かれており、また遠征作戦である以上、全員戦闘要員という訳でもない。兵の差は当初よりは縮まっていたと考えられている。

更に同じ頃、中島砦付近で織田軍と今川軍の衝突があった。織田軍はわずか300程度で、佐々政次(隼人)、千秋季忠(四郎)の2人が率いていたが、今川軍の猛攻の前に討死した。信長本隊の進軍を聞いての奇襲作戦と思われるが、本隊との足並みはわなかった。すこぶる順調な戦線に義元も気分を良くしたといわれる。

だが13時ごろ、突然ともいわれる)があたりを覆った。これにより視界不良となり、信長本隊は地形の助けもあって一時的に今川軍の補足から逃れた、とされている。(※ここで回したのか直進したのかは見解が分かれる)

そしてこの後、織田軍は今川軍を、それも義元率いる本隊を強襲した。この時の兵数は織田軍が2000ほど、今川軍が6000ほどとされる。信長も自ら下して戦い、加えて信長が手にかけて育てたの精鋭たち(のちの衣衆・衣衆)は士気も戦闘も高く、逆に思いもよらないところから攻撃された今川軍は徐々に崩れていく。そして遂に、服部一忠(小平太)、毛利良勝(新介)らの奮戦で今川義元は討ち取られた今川の重臣たちも数多くが戦死。また義元のであった「宗三左文字信長のものとなった。

戦後

今川方として大高にいた松平元康は、伯父水野信元(織田方)から義元戦死の報を知らされる。元康たちはそのままの本拠地であった三河・岡崎へと移り、逃走していた今川の代官に代わって三河支配を開始した。元康はしばらくは今川の配下として振舞うが、やがて然と反旗を翻して独立織田信長と清同盟を結ぶことになる。のちに下泰を築き上げた徳川家康の船出であった。

大高・沓掛まもなく織田の手に落ちた。だが鳴海だけは岡部元信が頑強に抵抗し、最終的に交渉によって、義元の首と引き換えにを明け渡す事になった。元信はこの後も高天神の戦いで討死するまで、20年以上織田との戦いに身を投じることになる。

織田家

織田信長にとっては起死回生と言える勝利であった。今川義元という東の巨人が倒れた事で運が向いたか、翌年には美濃斎藤義龍も病死。これを受けて三河の(徳)と同盟を結び、隣美濃の制圧へと乗り出していく。戦国大名としての飛躍を遂げ、天下統一事業へと繋がっていくのである。

なお織田臣の中でも去就を曖昧にしていた者がちらほらいたが、中でも右往左往した丹羽氏勝は後年、林秀貞らと同時に追放処分にされてしまっている。

今川家

義元を始めとした重鎮を一斉に失い、今川軍も領もここから大混乱に陥ることになる。

今川氏真が名実ともに跡を継ぎ、寿桂尼(義元の)の補佐を受けながら立て直しに努めることになるが、西三河はやがて松平元康徳川家康)によって制圧されてしまう。

遠江は井伊直盛などが討死し、井の井氏、引の飯尾氏らが不穏な動きを見せ始め「遠州錯乱と呼ばれる大混乱時代に突入する。

また今川の弱体化は三同盟の揺らぎに繋がった。この事も影して、北条上杉謙信関東遠征に苦しまされる。

そして武田信玄は方針をめるようになり、1568年、遂に同盟を破棄して今川へと攻め入る。息子武田義信はこの間にの死を遂げた。この頃には寿桂尼も既に亡く、1569年、戦国大名としての今川氏は滅亡する事になる。

だが今川氏真自身は、妻の実家北条を、後に徳川家康らを頼る形で戦国時代を生き延び、高家旗本として今川の命脈を江戸時代に繋げることに成功している。

すこぶる知名度の高い桶狭間の戦いであるが、同時にも多い。

義元の進軍の目的は?

軍記物などで長らく「上的に軍を進めたとされ、そうした説話が広まったが、流石に現実的ではないというのが最近の見解である。いきなり軍事作戦で上するには、流石に障が多すぎる。

それ以前の義元の堅実な領拡大のやり方から見ても、西三河~東尾の支配権を盤石にするための遠征ではないかと思われる。織田に対する圧の強化であるとともに、上手くいけば伊勢湾の制権も奪える。

少なくとも、大高など東尾織田の砦で包囲された状況にあったので、その事態を打開する事が第一的だったのだろう(そこまでは成功しているのだが…)。

桶狭間の戦場はどこ?

信長公記に書かれた「おけはざま山」や、信長記の「田楽狭間」といった地名が有名だが、実際の場所の全な特定には至っていない。周辺には丘や地が多く存在していて、大軍での行動が制限される・奇襲作戦に向いている地形であったのは確かであり、信長は上手く地の利を得たと言える。

奇襲作戦か?

狭間と言えば、に紛れて敵本隊を回し、鮮やかな奇襲作戦を決めたというイメージが強い。

ところが「信長公記」では奇襲に関する記述が全くない。こちらによれば、連戦で疲弊しているであろう今川軍を、精鋭で撃ち破るというのが信長の考えだったようだ。

何にしろ、毛利良勝らを始めとしたたちは、信長の尾統一戦の中でも最前線で活躍し続けた御自慢の精鋭集団であり、数で劣る織田軍にとっての最大の武器が最高の形で機したようである。

勲功第一・簗田政綱(出羽守)

狭間の奇襲作戦を提案したのは、地元の土・簗田政綱だったと言われる。このため、義元の首をとった毛利良勝を差し置いて、彼が勲功第一とされたとする話が伝わっている。実際、沓掛は彼に与えられたようだ。

ただ、一次史料にはこの辺の話を明するようなものがなく、後世の創作の可性もある。

○○の桶狭間

この戦いが後世広く伝わった事で、「狭間」は起死回生の勝利の代名詞となり、類似の戦いに対しても「○○狭間」のような異名がつけられたりしている。

ちなみにテレビアニメ戦姫絶唱シンフォギアには恋の桶狭間という曲が登場する。詳細は当該項目を参照。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *文献によってさまざまで、5万、4万5千、2万5千など。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A1%B6%E7%8B%AD%E9%96%93%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桶狭間の戦い

9 ななしのよっしん
2017/06/14(水) 11:08:34 ID: +6ePxyhifl
織田軍が今川前衛部隊を攻め崩して追撃、その先に義元の輿を発見した時には義元は現場からすでに逃走
すぐに逃げた義元の戦術眼と決断と行動もっと評価されるべき
今川旗本衆は退却時も団結して組織行動で織田軍に立ち向かい、数十人単位ごとに踏み止まり生還不可能殿軍を引き受けて、太田一が絶賛した奮闘振り

その彼らが義元が討死した後はバラバラになって湿地帯に追い込まれて信長の小姓たちに手柄首獲られるばかりだったというのが辛い
10 ななしのよっしん
2017/06/15(木) 13:59:03 ID: bIXRRNSe+6
>>9
これが逆に本寺では、信忠たちが逃げずに踏みとどまって壮絶に死んじゃうのがなあ・・・歴史の皮としか言いようがない・・・
11 ななしのよっしん
2017/07/17(月) 04:07:56 ID: d90EXmsCXu
狭間戦記の
大高に入すれば安全だけど戦略上の事情から(作中では千秋の討死に)により狭間に着って話は好き
12 ななしのよっしん
2018/01/09(火) 04:17:19 ID: vp9uvtnvsu
>>8
というか才があっても慢心するとこうなるという事例の極致というか
圧倒的な大軍を擁しながら中軍に敵の奇襲突撃を受けた挙句に大将が討ち取られるっていうのは
信長に運が向いていたっていうだけじゃ説明のつかないような事態だし
13 ななしのよっしん
2018/03/02(金) 08:24:51 ID: w0p9uM8Xe/
慢心と言えばそうかもしれんが、これを責めるのは正直酷だろう。
そもそも当時の戦場で総大将同士がいきなり戦うのは滅多にない。
特に織田軍は総大将織田信長が下して自ら戦ってるという有様
戦の常からは全に外れてるし、そんな戦国無双みたいなことを
やり遂げた織田信長が凄すぎるだけかと。もちろん運もあったろうが。
14 ななしのよっしん
2018/03/04(日) 17:53:03 ID: A0qCPXjZ61
ノッブって大軍率いて戦うこと多いけど根坂の戦いとか天王寺砦の戦いとか割りと前線で戦うことも結構多いよね
普通なら大将討ち取られるかもしれんからやらんが
15 >>14
2018/04/02(月) 00:02:21 ID: A0qCPXjZ61
間違えた、根坂の戦いじゃなくてその前の大嶽砦での戦いか
16 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 13:36:13 ID: dikMWp8bq0
ヤン「少数が多数に勝つのは異常なことです。そのような奇蹟を最初から当てにされて戦争を始められたら、前線に立つ者はたまったものではありません」(震え声)
17 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 00:19:14 ID: ZTBVuGEecQ
むしろ少数が多数に勝ってはじめて歴史は動かせると言える。
多数が少数に勝ちを重ねる「順当」路線は、実のところ機会費用が大きくなる。頭一つ抜けるには、奇跡であれ蛮勇であれ、どこかでライバルを出し抜く必要がある
18 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 11:23:18 ID: +6ePxyhifl
側近と旗本・小姓を中核とする親衛隊は、
大名の示ですぐに動ける、忠心が高く君を守るために必死に戦う、酷使しても世間から文句を言われない
という理想の軍隊

桶狭間の戦いでは今川軍にも戦の余裕はかったんじゃないかな
土地勘と地元人の支持がある織田街道沿いに南下して、砦群攻撃のために分散した今川軍の各隊を順次撃破、という可性を潰すために今川義元は親衛隊を率いて北上、要地に布して織田軍の中嶋砦・善照寺砦に睨みを利かせたのではないかと

信長公式にはこの時が降り注いだ記述があり、その時の風向き次第で、義元が用心して麓に配置した前衛部隊の形が乱れてしまい信長本隊に付け込まれたのかも
敵襲への備えで配置した前衛部隊がまさかの壊滅、敗走した彼らが本崩れ込んで本まで混乱、義元はこりゃダメだと即断して自軍の立て直しではなく逃走を選んだけど逃げきれず討死
という最悪の展開を防ぐための措置が全て裏に出て大事故に至ったんじゃないかなあ
で、勝った後に今川軍の動きを知った信長
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)