榊遊矢単語

サカキユウヤ
  • 18
  • 0pt
掲示板へ

お楽しみは、これからだ!!

越後屋の駄菓子について語るスレ#1952

榊遊矢さかき ゆうやとは遊☆戯☆王アーク・ファイブ主人公である。CV小野賢章

概要


越後屋の駄菓子について語るレス#1972本作の主人公。人を楽しませることが大好きな14歳中学2年生。
ライディングデュエルとは似て非なる「アクションデュエル」が発達した世界で、「舞網」に住んでいる。 
優しく良識的な人間だが、それ故に癖の強い面々に振り回され、苦労人になっていることも多い。

決め台詞は「お楽しみはこれからだ!」。彼の父親は「エンターテインメントデュエル」で人々を湧かせたプロデュエリスト榊遊勝現在アクションデュエルを形作った偉大なデュエリストであったが、とあるデュエルに出場せず棄権負けとなったために、が「デュエルから逃げ出した」と人々から名しされた[1]事により笑うことでつらい現実から逃げていた。しかし、デュエルきっかけに困難に立ち向かう決意をする。
その後はかつてのような、人々を笑顔にする「エンターテインメントデュエリスト」になる事を夢見て幼馴染柊柚子らと共に「舞網」のデュエル塾「遊勝塾」に通いデュエルの腕を磨いていた。

しかし、大会「舞網チャンピオンシップ」の期間中、彼と同じ顔つきのデュエリストと出会ったことで彼の運命は大きく動き出す。
遊勝塾に子入りしてきた紫雲院素良が他の次元侵略を行っている融合次元アカデミア人間だったり、同じ顔つきのデュエリストユート」が自身と一体化した結果、自身に後述の異変が起きるようになったり、挙句アカデミアの勢スタンダード次元に侵攻、その中で柚子行方不明になってしまう。
それらを背負い込みすぎて切羽詰った状態になってしまったが、母親榊洋子励により自分を取り戻した遊矢はランサーズに参加し、柚子を救出し、素良らも本当の意味で笑顔にするべくシンクロ次元立つ。

シンクロ次元笑顔が通用しない格差社会の洗礼を浴び、フレンドシップカップでさらに追い込まれ、迷いの果てに、「自分のデュエルで向き合い、デュエルり合う」という結論を見出したが、肝心要の柚子を助け出すことが出来ず、それどころかランサーズ仲間セレナまでアカデミアの手で連れ去られ、挙句ジャン・ミシェル・ロジェの引き起こした暴走に巻き込まれ一部の仲間と共にエクシーズ次元へと飛ばされてしまう。
そこで遊矢を待ち受けていたのは、対話を拒絶しアカデミアを始めとした他次元人間を続々とカードにする黒咲ユートライバルだった男、榊遊勝の名に過敏に反応するアカデミアの侵攻軍総司令官。そして、ここでも榊遊勝跡があり、ここでも彼が罵倒されている事実……。
エクシーズ次元では「人々とデュエルで解り合う」「遊勝の手掛かりを追う」の2つの針で行動しているようだ。
そして融合次元にたどり着いた際、ついに父親ニアミスするまでに近づいたが……。

グリーンオレンジの2色で構成された独特の髪色に加え、武藤遊戯遊城十代不動遊星九十九遊馬など歴代主人公と同じく重力視した奇抜な髪形デザインになっている。しかし今作は産物ではなくトマト
これに額のゴーグルやシャツ、ズボンハーフパンツ)に至るまで2色でめられているので、よく印に残る。

主な使用カード

使用カードに「EM(エンタメイト)」と「魔術師」、そして「オッドアイズ」の三本柱。時読み読みを使ったペンデュラム召喚からの大量展開からの、EMたちのサポートによる強化を受けたオッドアイズモンスターによる高威の攻撃がバトルの基本戦術。Dホイール代わりのモンスターに跨りアクションカードの回収もお手の物。放送前のPVでもピンク色カバEMディスカバー・ヒッポ)に乗って走り回っている様子が放映された。
第2話での1シーン勝率5割られたが、アクションデュエル現役チャンピオン・ストロング石に対して一歩も引かないデュエルを展開し、遂にはペンデュラム召喚で逆転勝利を飾った。その後も重要なデュエルでは頻繁に勝利を収めるなど、遊戯王歴代主人公の勝負強さを見せ始めている。

スマイル・ワールドから託されてから、シンクロ次元終盤以降その使用頻度が高くなっており、デッキもそれを前提としたものに変化している。詳細は単語記事参照。

プレイングではなく作劇上の問題だが、自分の勝利が見えたカード演出を用いたエンターテインメントに踏み切ることが多い。これに関しては当初から「勝ち確」「煽り」などという意見も立つが、逆に「遊矢vs沢渡(2戦)」など、自身が危うい状況で放つエンターテインメント描写に関しては評価を受けている。

作中、様々な人物との出会いで異世界の召喚法を会得することで段階を経て強くなっていっている。

ニコニコ動画において

榊遊矢

キャラデザインが発表当初、これまでの産物歴代主人公とは異なりの奇抜な髪形をしており、まるでトマトのようと評されるが、これまでのシリーズで訓練された視聴者には髪形地味に見えるという。

PVではカバに乗ってデュエルする事をめかすシーンにより「どうしてカバ合体しないんだ。」と少々ネタにされた。

ニコニコ動画でも、本編同様癖の強い仲間たちに振り回される常識人ポジションが多い。
一方で後述の人が変わったかのような状態がネタにされる他、舞網チャンピオンシップ2回戦での「榊遊矢vs勝鬨勇雄」での迷言何?レベルを持たないならレベル0ではないのか!?の一件から、勝鬨の会話相手として起用されることも多い

多重人格と覚醒遊矢

現在の遊矢は、方中ミエルく「『二つの心』『それらを覆い尽くすような恐ろしい存在』を擁している」状態らしく、遊矢は前者のもう1つの心をユートだと考えている。ユートはいわば「エクシーズ次元の遊矢」とも言うべき存在であり、自身のエースダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを遊矢に託して消滅しており、それが何らかので遊矢に宿ったものと見られている。現在は、遊矢の言動にユートが重なる場面も散見されるが、武藤遊戯アテムのように明確に人格が入れ替わったり異なる人格同士で意思疎通をとったりはできない模様。また、ユート以外にも遊矢そっくりの異次元の住人(下記関連項目の「よく似たか」)がおり、彼らもそのうち遊矢と一体化するのでは、と見られている。

後者の「恐ろしい存在」は、いわば遊矢の闇堕ちを引き起こす存在。この状態の遊矢は、上記イラストのようにり、も逆立つ。対戦相手が怯えれば冷たい笑みをこぼす等冷かつ攻撃的になっており、エンターテイナーとして、観客はもちろん対戦相手も楽しませようという普段の遊矢からは想像がつかない一面となっている。
この状態の遊矢は、「闇遊矢」だとか、初登場回のサブタイトルから「逆鱗遊矢」、彼の称である「トマト」を遊戯王にかけて「キラー・トマト」だとか作画監督の1人である蛯名秀和氏からは「眉間ゴリゴリ遊矢」とexit呼ばれている。
しかし公式煽り文ではよりにもよって覚醒遊矢」という名称が使用されている。

何がきっかけでこの状態になるのか詳しくは不明だが、いずれも遊矢が怒りのような負の感情を抱く事が引き金となることが多い。初登場時は、対戦相手の勝鬨勇雄追いつめられた遊矢に対し「闇に堕ちるがいい」とっており、これが引き金になったものと思われる。ジュニアユース3回戦でこの状態に陥る直前に、ユートの故郷・ハートランドの惨劇がフラッシュバックしたことから、遊矢は当初ユートの意識によるものだと考えたが、争いを好まないユートの性格とかけ離れていたことからその考えには半信半疑だった。

現在も遊矢が強な怒りを覚える事で度々発現しかけているが、舞網チャンピオンシップ3回戦でのオベリスクフォースとのデュエル以降は、ある程度抑え込めるようになっている。
シンクロ次元フレンドシップカップ1回戦最終カードの頃には、湧き上がる感情をユートの怒りとはっきりと認識できるまでに至っている。

一方で「ユーゴvs沢渡シンゴ」ならびに「ユーゴvsセレナ」戦においては、遊矢とユーゴシンクロしたとでも言えるような状況があった。
そして、「榊遊矢vsクロウ・ホーガン(2戦)」の最中のジャン・ミシェル・ロジェの横で、細工を施されたヘルメットから受けた外圧により理矢理暴走させられた遊矢は、再び「恐ろしい存在」を前面に引きずり出されてしまう。これによりユーゴ、そしてシンクロ次元に突入していたユーリ、果ては遊矢の中に在ったユートまでもが暴走に巻き込まれ、遂に4人の意識が遊矢の中の「何か」に引き込まれてしまう。
この状態のユーゴ達は意識を全に「何か」に奪われているのか、外に居たユーゴユーリは対峙する相手がいないにも関わらず遊矢のプレイングに合わせて同じ動作をしてしまう。唐突なエアプレイエアドローは不謹慎ながらどこかシュールまた、ユーリの普段の一人称は「」だが、この状態では「」に変化している。
暴走直前に遊矢の瞳に移ったのはどこかの並みが破滅する。一体そのは何だったのか、そして果たして遊矢の相は・・・?

ネタバレ注意→[その正体は、4つの次元に分裂する前の1つの次元を滅ぼす元となった覇王龍ズァーク、もっと言えばその体となったズァーク」の分体世界を救うためにズァークの前に立ちはだかった「レイ」の手により、ズァーク合体した4体のドラゴンとともにズァークが分裂し、次元それぞれに新たな生を受けた中の一人が榊遊矢であり、同じ分体として4つの次元に自分と同じ遇で生を受けた=ズァークと同じ顔を持つデュエリストが他に3人存在したのが真実である。
そのため、同じズァークの分体であったユートは、もともと同じ存在であった遊矢と融合してしまった他、同じく「レイ」の分体の一人であった柊柚子が分裂するきっかけになったによりズァークの分体同士は引き離されていたというのが相である。
遊矢の中に潜む闇はズァークのものであり、覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンなどのカードが生まれたのもおそらくズァークによるもの。]

シンクロ次元で4人が一堂に会し、暴走しかけたか、ユートとの結びつきが強くなり、エクシーズ次元に飛ばされた時点ではユートの意思を感じ取り対話ができるようになっていた。
アカデミアに対するユートの怒りに人格を支配されるケースも多くなっている他、ユートの記憶がフラッシュバックし、ユートの言葉を自らの意思から離れて喋るケースもある。

闇堕ちというより初代における「人格交代」という面が強く、そこに関してはどことなくリスペクトしている。

漫画版

MAIAMIに現れた没のエンタメデュエリストかつ指名手配犯「ファントム」の一人として登場。
ユートと共に的を持ってレオコーポレーションリアルソリッドビジョンシステムにハッキングを仕掛けており、同システムを自在に使いこなす事が出来る。
アニメ版にべ、登場当初からノリが良く大胆な性格になっており、その事について度々ユートから説教を受けている。なお、曲芸のような演出よりも奇術師のような手品による演出を好む様はアニメデニス・マックフィールドに近い。
ちなみにアニメ版とは異なり、非デュエル時とエンタメデュエル時における口調の変化する事はい。特に、一人称は「オレ」で固定されており、どんな状況でも常にエンタメ口調を崩さず、エンタメ描写は一定の評価を受けている。
ユートとは魂の統合が済んでいるのか、どちらかが精状態でアドバイスを送ったり、精体で出現する等の現を可としており、更にユートと体を入れ替える事も可である。その姿は歴代主人公における人格交代や精体または精霊体の相棒がいる状態をリスペクトしていると言っても良いくらい。
なお、親子からユートの事を二重人格と判断された際に「の場合、四重人格かな?」と返している。そして予想通り、ユーゴユーリも遊矢の中に存在することが明らかになり、その姿にも変化している。また、遊矢以外の3人が遊矢の中で会話している場面もある。

実は幼少期からユーゴと共に過ごしていた記憶が存在する。ユーゴはそれをながらに消していたが、彼の相は果たして……。

関連動画

関連チャンネル

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

一般項目

使用するカード

借り物

脚注

  1. *実際は次元戦争の和のために独断で交渉に出向いたのだが
  2. *デュエル前に、ユート過去に利用していたと思われる場所を訪れ、カードを手にしていたため、「RUM」などはそこで手にしたと思われる

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A6%8A%E9%81%8A%E7%9F%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

榊遊矢

7650 削除しました
削除しました ID: dzRsvmuxZA
削除しました
7651 ななしのよっしん
2020/07/30(木) 16:17:15 ID: S8UIL9kzYg
ここでいてる人たちは前から言われてることをただ繰り返していてるだけなんだな

そんなことより中の人すごい上手くなったよね
キャスト決まったときは経験すでに積んでるけど上手くならなかったから期待できないって言われてたけど、遊矢VSユーリの演技がめちゃくちゃすごくてこれまでの一人二役決闘の中でも一番好きな演技
遊戯王だけが成長のきっかけじゃないと思うけど、遊矢は3年やってるからやっぱりうまくなったのがわかりやすい
7652 ななしのよっしん
2020/07/31(金) 22:36:40 ID: C4ORa4ilvK
>>7651
ズァークも同じだから一人三役なんだよな
3年やってただけあって遊矢VSズァーク一人デュエル小野賢章さんの演技が凄かったな

なお、レイ統合後の終盤の出番がなさ過ぎて柚子声優の演技が忘れてしまった模様
7653 削除しました
削除しました ID: hFzb3SXmvK
削除しました
7654 削除しました
削除しました ID: 02vJVY68D9
削除しました
7655 ななしのよっしん
2020/09/11(金) 16:35:21 ID: t9pF86wmvm
ジャックイチャモンに振り回されずに自分のエンタメ突き詰めていけてればシンクロ次元突入前の成長した遊矢のままいけたんじゃないの
遊矢のエンタメデュエルは沢渡とかエンジョイみたいなノってくれる相手じゃないと映えない所はあるけどジャックプロレスより全然いいわ
7656 削除しました
削除しました ID: oIj5WUfPV/
削除しました
7657 ななしのよっしん
2020/09/20(日) 17:11:38 ID: Fm/+X3OG/7
ジャックの言い分は初対面の癖に何を知ったにとは思ったが
内容自体はイチャモンでも何でもないだろ
デュエルの内容でプロレスが出来るジャックソリッドビジョンの演出に頼らなきゃエンタメが出来ない遊矢じゃ較対にすらならんわ
7658 ななしのよっしん
2020/09/20(日) 23:44:06 ID: GYiaMuYY0J
対戦相手と羅を楽しませる為のカバ花火といい、S次元終盤までの遊矢は理してエンタメしようとして空振りしてた感はどうしても否めない
まあ、初戦のジャック戦はあくまで勝つ事に集中してたからそこでエンタメ周りのダメ出しを食らったのはん?ってなったけど
7659 ななしのよっしん
2020/10/03(土) 23:51:17 ID: S8UIL9kzYg
プロレス系はズァークよりだから意識にやりたくなかったところがあったんじゃないかとおもう
相手が〜…て言われるけど勝鬨くん回とか一回戦でできなかったエンタメをやれているから全然だめではないけど、気楽に一期での成長を生かせる日常回挟めなかったのは痛かった

急上昇ワード改