J・R・R・トールキン単語

ジョンロナルドロウエルトールキン

J・R・R・トールキンとは、イギリス言語学者である。「指輪物語」、「ホビットの冒険」といった作品で知られる。ネット上での称は束教授

概要

J・R・R・トールキン1892年、オレンジ自由(現在南アフリカ)にて生まれる。が病死したことによって彼は両親の故郷であるイギリスで育つこととなった。とともにローマカトリック宗したことで親戚からの援助が打ち切られ、そのまもなく亡くなって祭に育てられるなど苦労の多い少年時代だったが、イギリスの片田舎で育った彼は古き良きイングランド謳歌することができた。

 成長した彼はか昔の言で書かれた「」の写本を発見、これを翻訳することに生涯をかけることとなる。トールキンによって現代英語翻訳された本の物語は「ホビットの冒険」「指輪物語」として発表され、ベストセラーとなる。

 *この時彼が発見した写本はセインペレグリンがエレスサール王に献上した「ミナスティリスセイン本」が下になっていると考えられている。その拠として他の写本では伝わっていない「アラゴルンとアルウェンの物語が載せられている。

その後もオックスフォード大学教授職のかたわらエルフ研究を続け、エルフ研究の第一人者として世界的に有名となった。



















 



















…という設定で自身の物語を発表した作家J・R・R・トールキンである。

本当の概要

生い立ちは上記に同じ。

青年 時代

トールキンは子供のころから「言」に対して強い興味を持っており、暇を見ては独自の架空言語を作ることに熱中していた。トールキンの創造した架空言語(シンリンとクウェンヤ)が形をとり始めると、今度は「何故そのような言が使われるようになったか」という物語を考えるようになった。

生涯の伴侶となるエディスと結婚し、オックスフォード大学を優秀な成績で卒業したトールキンだったが、第一次世界大戦が勃発するとこれに従軍し戦場に赴いた。この大戦で彼は多くの友人を喪い、自身も塹壕熱を患って療養することとなったが、この過程で後のシルマリルの物語プロトタイプとなる「失われし物語の書」の構想が固まったと言われる。

作家としての成功

大戦が終わるとトールキンはオックスフォード大学教授となった。学者としての名を得ていったトールキンだが、ある日大学の答案用にふと思いついて次のような文を書いた。

地面ののなかに、 ひとりのホビットが住んでいました

トールキンはこの一文を基に物語を膨らませ、自分の子供達に読ませる的で「ホビットの冒険」を執筆した。しかし「ホビットの冒険」は成り行きから本として出版され、ヒット作となる。

ホビットの冒険」のヒットを受けてトールキンは続編の執筆を依頼されたが、続編の執筆はなかなか進まなかった。トールキンは自分がこれまで作り上げてきた神話体系に物語をより深くリンクさせ、それに例して物語も難解で、重々しい内容となっていった。

執筆の多くは第二次世界大戦の戦禍のなかで行われ、1954年から1955年にかけてようやく「指輪物語」は発表された。「指輪物語」はく間にヒット作となり、アメリカでは社会にすらなった。

晩年・死後

トールキンは「指輪物語」のバックグラウンドとなった自身の神話体系を「シルマリルの物語」として発表するために執筆を続けたが、惜しくもシルマリル完成前に世を去った。

教授は妻エディスと同じ墓地に葬られ、夫妻の墓にはそれぞれ「ベレン」「ルーシエン」と刻まれた。これはトールキンの創作した恋物語主人公ヒロインの名前である。

教授の死後も指輪物語読者は増えていき、指輪物語20世紀でもっとも人気小説の一つとなった。指輪物語人気ファンタジー小説という分野を開かせ、多大な影を与えた。

人物・逸話

関連動画

関連商品

原書。ちなみにここであげた本は全てトールキンがデザインした表を使っている。

トールキンによる短編集。                             こんな父親になりたい。

教授の伝記。重度のトールキンファンとしては一冊持っておかねばなるまい。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/j%E3%83%BBr%E3%83%BBr%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

J・R・R・トールキン

16 ななしのよっしん
2016/01/31(日) 14:07:53 ID: /fIJkCPmkJ
ネットトールキン教授関連の書き込み見てると、「創作世界の設定を突き詰めていく内に言まで自作した」って勘違いしてる人が結構多いのな。

実際には歴とした言語学教授で、
創作を作る→その言が使われるようになった背景も考えてみよう
の順番なんだけどね。
17 hiraganadeikouze
2016/02/13(土) 00:16:08 ID: ji9AUeaE8R
そろそろ「束」の読み方を決めても良いんじゃないかなあ。
つか たば そく どう読む?

後、束教授になった由来も大百科に加えて欲しい
18 ななしのよっしん
2016/08/27(土) 12:56:48 ID: 3odCIHOpBL
言ってみりゃ最強の設定だよな
19 ななしのよっしん
2017/01/06(金) 15:04:20 ID: /fIJkCPmkJ
最近ふと思ったんだけど、ホビットの冒険にしろ指輪物語にしろ主人公の最後にして最大の敵が恐ろしいドラゴンでもなく、狡猾な魔法使いでもなく、恐怖の魔王でもなく、「数の軍勢」だったっていうのはやはり教授戦場経験が影しているのだろうか。

そう考えるとミナスティリスを追い詰めた最大の武器が「飢えと恐怖」であったことや、フロドのモルドール踏破最大の障クリーチャーとの遭遇ではなくフロド自身の飢えと疲労であったことなんかも違った見方ができるのかもしれない。
20 ななしのよっしん
2017/01/26(木) 12:34:05 ID: 6y3ZEPOJKP
>束教授
たしか、本人の使っていた印章かなにかが漢字の「束」に見えるんだったっけ?
21 ななしのよっしん
2017/06/17(土) 04:37:37 ID: e0yE0cJ+Pd
教授はつまりリアルエルロンド、という話をどこかで聞いて納得した
確かに伝承学の大家だわ

>>20
名前の頭文字J・R・R・Tを組み合わせたモノグラム(邦訳作品にもところどころに使われてる)が
漢字の「束」に見える、というところからきた話。
ちなみに「束」の漢字が印章とそっくりだと発見したのは漢字圏ではなく欧州ファンらしい。
22 ななしのよっしん
2017/07/28(金) 01:30:31 ID: eNiHgfuEQk
なんか伝記映画を2本競作するって話なんだけど、正直何をどうしたら映画として面ドラマになるんだと思わなくもない。
伝記作家が頭を抱えたくらいな隠居ジジイだったらしいし。
23 ななしのよっしん
2017/07/28(金) 01:49:12 ID: eNiHgfuEQk
>>5
>初対面の人ともすぐ仲良くなれる才があったらしいし。
る伝記」によると、これはむしろ悪癖だと言われてるね。
「初めて会った人を物凄く好きになり、その後すぐに嫌いになる」と書かれている。
ちなみに、似たような悪癖持ちの有名人日本にもいる。小林よしのりだ…。
24 ななしのよっしん
2018/01/12(金) 16:49:43 ID: O56LdpD1HR
あーOEDの編纂とかやつてんだこの人
25 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 00:56:58 ID: 18ptBj6PZM
>>3
>>5
しかもイギリス陸軍少尉

>>7
駿トールキン大嫌いだけどな
アジア差別が根底にあるから」とか

急上昇ワード