ヨカヨカ単語

ヨカヨカ

4.8千文字の記事
掲示板をみる(122)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヨカヨカとは、2018年まれの日本競走馬である。
名の意味は、九州地方方言で「いいよ、いいよ」。

多士済々の2021年クラシック世代に現れた、いろんな意味で異色のである。

概要

違和感だらけの馬

*スクワートルスクワートハニーダンサーDanehill Dancer。
血統だけ見ると、いろいろなんだこれ!?と突っ込みたくなる血統ではある。
まず、スクワートルスクワートアメリカ2001年ブリーダーズカッププリントを制覇したで、引退後に日本種馬協会(JBBA)に種牡馬として購入され、JBBAの管理する種馬場を移動しながら種付けを行っているが、九州に来た際に九州産馬としては優秀な競走馬を多数出した[1]ことから、2016年から当時九州にいた*アラムシャーと交代で九州で移動することとなり、現在九州にいる。
一方、ハニーダンサー競走馬としては未勝利であるが、血統をさかのぼってみると祖母ハニーバンのきょうだいにファインモーションや*ピルサドスキーがおり、さらに近にはレッドキングダムがいるなど、隠れた良血であり、も相まって血統構成自体はだいぶファインモーションに近いものがある。
そんなハニーダンサーはもともとは生まれ故郷である大島牧場(北海道河町)で繁殖をしていたのだが、このの生産者である本田土寿氏の長男ハニーダンサーがいた大島牧場医として勤務していた。
そして、熊本に帰郷した際にトゥザグローリーの種がついた状態のハニーダンサーを譲り受けたのち、スクワートルスクワートを種付けして、ヨカヨカが誕生したのである。

……ん?九州種馬場?熊本??
出てくるワードや地名に色々違和感を覚えた方もいるだろう。
競走馬の生産地に出てくるはずの北海道の地名がさっぱり出てこないどころか、そもそも熊本ってどういうことだ!?と思ったそこのあなた。
実は、この九州産馬、その中でもさらにレアな、熊本県本田土寿牧場で生産された熊本なのである。
九州産馬の生産のメイン鹿児島宮崎なのであるが、熊本でも「本田土寿牧場」と「ストームファーム」という2つの牧場が中心になって競走馬の生産を行っており、2018年本田牧場で生まれた1頭がヨカヨカであった。
中央競馬において九州産馬は全体的に苦しい戦いを強いられているが、その中で気を吐いてるのが本田牧場である。
このの半であるローランダーは故障もありすでに引退し繁殖入りしたが、北海道相手に1勝を挙げている。
ちなみにこのローランダーのはトゥザグローリー
つまり熊本に移動したときの最初の子供であった。

少し話が長くなったが、ヨカヨカは本田牧場で育った後、JRA宮崎育成牧場に移動し、ブリーズアップセールに上場されることとなった。
すると、ブリーズアップセール前の宮崎育成牧場で行われた公開調教育成展示会において、2ハロン230、ラスト1ハロン110という全体での1番時計を残すなど注を集め、ブリーズアップセールにおいて1122万円でオーナーである浩二氏に落札され、潔厩舎に入厩し競走馬デビューを迎えることとなった。

2歳時

さて、ヨカヨカもほかの九州産馬の例にもれず、小倉九州産馬限定戦でデビュー……と思われたのが、その名前が出てきたのは6月阪神新馬戦であった。
このレースはヨカヨカ以外は北海道が集まるレースであったのだが、スタートこそ後手を踏んだものの、直線で強く伸びると、のちの京王杯2歳ステークス勝ちモントライゼを頭差抑え新勝ちをした。
九州産馬九州産限定の新馬戦以外で新勝ちしたのは2017年レグドール以来であったが、レグドール九州産限定の新馬戦を除外されてそれ以外の新馬戦に出て勝っていた。つまり、ヨカヨカは北海道産の相手でも勝負になるとみて出走し勝ったのである。
その後、小倉に移動して、フェニックス賞に出走。ここでは前走で破ったモントライゼが次の未勝利戦で大差勝ちしたこともあり注を集めた。
レースではスタートを決め、中先頭を走るとそのまま押し切り2連勝。これで一気に小倉2歳ステークスの有に上がる。

ところが、営が選んだのは九州産馬限定のひまわり賞(OP)。しかも斤量は2歳には厳しい57キロである。そんな重い斤量レースに出してヨカヨカがぶっ壊れたらどうするんだといいたくなるレース選びである。
なお、結果は他の九州産馬とはレベルが違うといわんばかりに、ムチも使わずに3身半ぶっちぎった。

一方で、この翌週に行われた小倉2歳ステークスには別の九州産馬が2頭出走していた。1頭(鹿児島産)は案の定棒にも箸にもかからない惨敗だったのだが、もう1頭の小さなは直線で末脚を伸ばして4着に突っ込んできた。
そのの名はルクシオン。
彼女は先述したストームファームで生産された熊本県まれのであった。
ちなみにルクシオンもデビュー前に見初めた岡田牧雄氏が「九州産馬レースを取ろうとしたわけではなく、たまたま見つけた九州産馬だっただけ」と評価していた。
また、実際に福島2歳ステークスを勝利しており、並みの九州産馬とはわけが違ったようである。

その後休養を挟み、ファンタジーステークスに出走。
ここでとうとう北海道産のの壁にぶち当たり、メイケイエールの5着と敗れて連勝がストップすることとなる。
だが、営は続く阪神ジュベナイルフィリーズに出走。このレースでは中は果敢にハナを奪い、直線半ばまでは先頭を走るなど見せ場たっぷりの走りを見せたが、ソダシサトノレイナスユーバーレーベンなどに差されて5着に敗れた。
それでも、このレースルクシオン(10着)とともに熊本県初のGI出走を達成し、九州産馬がGIの掲示板に入るのも初という快挙を成し遂げた。

3歳時

年が明け、ヨカヨカは桜花賞トライアルである、G2・フィリーズレビューから始動することとなった。
だが、この復帰前に悲しい知らせが入っていた。
1月ルクシオンが調教中の事故予後不良になっていたのである。
しかもその事故というのが、他に驚いて放した際に地下突し折というルクシオ営にとってもやりきれないものであった。
友がいなくなったヨカヨカであったが、この年の始動戦となったフィリーズレビューでは直線で堂々と先頭に立ち、熊本重賞初制覇か!と思われたところで、シゲルピンクルビーに差されて2着。
ちなみにシゲルピンクルビーを所有する森中蕃氏にとってはこれが悲願のJRAサラ系重賞初制覇であった。

その後トライアルで権利を得た桜花賞に出走したが、桜花賞前にの外傷を負った影はたまた距離の壁か、初めて掲示板も外す17着と惨敗してしまう。

続いて、得意の1200メートル戦でもある葵ステークス重賞・中1200m)に出走。ここではスタートに失敗してしまい、中段からの競馬となったが直線で追い込みを見せたものの、惜しくもレイハリアにハナ差及ばず2着だった。

競馬小倉競馬場での開催となるG3CBC賞小倉1200m)に出走。九州凱旋レースともあり1番人気に推される。前走と同じく中段からのスタート。先日にJRAレコードが2つ出た高速馬場小倉、先攻有利の展開となり、前日にプリモダルクが出したレコードタイム更新したファストフォースやピクシーナイトらを捉え切れずに5着となった。なおタイムは1:06.4。プリモダルクが出した前レコードと同じ時計なので、そのポテンシャルの高さを地元ファンに発揮できたレースとなる。

次走は8月G3北九州記念小倉1200mハンデ戦)。同じ小倉競馬場での開催であり、昨年高松宮記念を勝ったモズスーパーフレアとの対決や因縁のシゲルピンクルビー・ファストフォースらとの再戦に注が集まった。レースでは中3~4番手につけ、最終直線で外から伸び、逃げモズスーパーフレアを捉えきり勝利。最軽量ハンデ51kgも味方に付けての殊勲となった。2着には共に追い込んだ前走のCBC賞の勝者ファストフォース(負担重量55kg)が入り、3着にはモズスーパーフレア(負担重量56.5kg)が逃げって入線。因縁のシゲルピンクルビー(負担重量52kg)は4着だった。この中央競馬重賞勝利は、熊本県では史上初、九州産馬としては2005年アイビスサマーダッシュテイエムチュラサン以来、16年ぶり10頭である。

道半ばで突然の引退

次走にかねてから大標としてきたスプリンターズステークスを選択していたが、その直前、調教後に地下で暴れてしまい、左第1節種子々折を発症、競走を喪失してしまった。
地下でのアクシデントによる故障という、奇しくもルクシオンと似たような形になってしまったが、友のような最悪の結果に至らなかったのが不幸中の幸いと言うべきか。
その後、10月22日競走馬登録を抹消された。今後はオーナー北海道・新ひだか町に所有する牧場サンデーヒルズで繁殖となる予定である。

重賞戦線でついに勝利を果たし、並みの九州産馬とは違うところを見せつけたヨカヨカ。今後の活躍に期待がかかる中の悲報であったが、繁殖として活躍する子がでることを期待したい。
彼女ふるさと熊本県には競馬場がない(荒尾競馬止されてしまった)こともあって競馬人気はそこまでではなかったが、本の活躍で在メディア牧場に取材に訪れるなど、注度はうなぎ登りであった。さらには九州産馬自体の人気向上にもつながっているようで、今年の九州産馬1歳セリ市場は昨年を大きく上回る取引額・売却率を達成したとのこと。

熊本地震からの復半ばで生まれ育った「火の乙女」。
自身もまた半ばでを絶たれることになってしまったが、志半ばで逝った友の分まで、血を繋ぎを広げていって欲しいと願うばかりである。

備考

血統表

*スクワートルスクワート
1998 黒鹿毛
Marquetry
1987 栗毛
Conguistador Ciero Mr. Prospector
K D princess
Regent's Walk Vice Regent
Lover's Walk
Lost the Code
1990 鹿毛
Lost Code Codex
Loss or Gain
Smarter by the Day Smarten
Tentamara
ハニーダンサー
2004 栗毛
FNo.11
Danehill Dancer
1993 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Mira Adonde  Sharpen Up
Lettre d'Amour
*ハニーバン
1991 鹿毛
Unfuwain Northern Dancer
Height of Fashion
Cocotte Troy
Gay Milly

クロスNorthern Dancer 5×5・4(12.50%
また、祖母ハニーバンの兄弟ピルサドスキーファインモーション兄妹がいる。

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *実例を挙げると九州産のダービーと言われるひまわり賞を制したメッサーシュミットエフェクトキリシマオジョウ、たんぽぽ賞を制したクリノヤクマン。なお、これはあくまでも九州産馬として優秀なレベルである
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/27(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/27(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP