ヅダ単語

ヅダ
6.5千文字の記事
  • 17
  • 0pt
掲示板へ

ヅダ (ZUDAH)とは、OVA機動戦士ガンダムMS IGLOO』に登場するモビルスーツMS)。間違えられやすいがズダではなくヅダである。ジオン公国軍の試作MSで、初めに「EMS-04」、後に「EMS-10」が開発された。

概要

機動戦士ガンダムMS IGLOO』を代表するモビルスーツ歴史の闇に葬られた悲しき兵器を体現する。第603技術試験隊にはゲテモノ兵器ばかり送られてきたが、一ヅダだけがモビルスーツの体を成していた。

BGM「機動戦」は実質ヅダのテーマ曲と言えよう。

戦歴

EMS-04

開戦から8年前のU.C.0071年、地球連邦軍との物量差を覆すためジオン軍はツィマッド社とジオニック社とMIP社の三社に軍用モビルスーツ開発を示。途中でMIP社は特殊環境向けの兵器開発に転じ、汎用MSの開発はツィマッド社とジオニック社の競合となった。ジオニック社は汎用民生重作業機(MSの原)を造った実績があり、汎用性に優れた「YMS-05ザクⅠ」を開発。後発のツィマッド社は老舗のジオニック社に汎用性では敵わないと判断、高性追求して「EMS-04ヅダ」を開発した。とりわけツィマッド社が重要視したのは、宇宙空間での機動性とそれを実現する大出であった。噴射推進剤に重元素を用いる独自の小大出エンジンを開発し、まず水星エンジンを試作。続いて実用原木星エンジン製作し、試作機に搭載。ジオニック社には真似できないエンジン開発で一気に勝負へ出た。

こうして出来上がった試作機は、次期量産機の座を賭けてザクⅠと競合。ツィマッド社の狙い通り、パワースピードの両面でヅダはザクを圧倒。サイド3で行われた模擬戦では、ヅダがザクを殴り倒すほどの実差を見せ付けた。その高い性から軍幹部の一部より「ヅダ勝利」のが上がり始めた。だがヅダはコンペティションで敗北、制式採用は見送られた。ザクに敗れた理由としては、直接的な理由として飛行性試験における空中分解事故が挙げられるが、他にもコスト面でザクの約1.8倍もかかることもジオン上層部にとっては無視できない問題点だったとされている。こうしてヅダは歴史の表舞台から去り、本来歩むはずだったザクが辿っていった。デュバル少佐が言うには、ジオニック社の汚い工作があったらしい。

EMS-10

ただし、ザクにコンペティションで敗れた後も開発中止は下らず、細々と良が続けられた。一年戦争末期ドム及びリック・ドム(この2機もツィマッド社によるものである)に採用されていた「土星エンジン」を搭載し、新世代の素材と新制御システムを導入。暴走の危険を排除した「EMS-10ヅダ」として完成した。時に0079年10月。こうしてヅダは再び歴史の表舞台に登場した。

ジオン軍はEMS-10ヅダを大々的に宣伝。現行ザクかに上回る新兵器の開発に成功したとして、プロパガンダ放送を流した。製造された3機のヅダが第603技術試験隊に送られ、実戦投入するためのデータ採取を行った。……のだが、実際のEMS-10はEMS-04の外装を交換しただけであり、エンジン限界まで上げると空中分解を起こす欠陥そのものも受け継いだ"未完成"であった。だが、開発当時での各種性能面ではザク駕し、劇中ではジムが追いつくことすらかった高機動性を鑑みれば、もしジオンプロパガンダ通りに限界機動時の機体の脆弱性し生まれ変わっていたら、あるいは新MSとして活躍していたのではいだろうか。火星ジオンRFシリーズを出してもいいのよ(チラチラ

左右に分かれたモノアイレールといボディ、そして土星エンジンを使った可動式の背面スラスターが特徴。手持ち武装に関してはザクと同じものが使用でき、作中ではザクマシンガンを携行していた。その他、脚部にヒートホークマウントしており、シールドには展開式のシールドピックとシュツルムファウストが装備されている。腕はヒートホークを取り出す際に手が届くように、腕が少し伸びるようになっている。余談だがOVA版ではヒートホークを使う描写はいが、漫画版ではワシヤ機が使用してジム1機を撃破した。また、ザクにはない武装として、大口径の135mm対艦ライフルが存在する。ジオンMSの例に漏れず、指揮官機にはブレードアンテナが(劇中ではデュバル少佐が搭乗する1番機に)装備されている。

本機最大の特徴は土星エンジンを用いた大出ラスターである。その推はあのザクIと同時期に作られた機体でありながら、なんとRX-78ガンダムを上回る推叩き出している。また、このスラスターは可動式であり、推を得ながらスラスターの度を変えることで、速度を落とさずに急な方向転換を可にしている。劇中では多数のジムを相手に、追いつくことはおろか照準を合わすことすら満足に出来なかったほどの速度で機動を行っている。欠点として、土星エンジンがもたらす大推AMBAC等を併用した急な加速、機動を続けると機体に負荷がかかり、それが一定をえると機体が負荷に耐えられず空中分解を起こしてしまう。そうなる前にエンジンカットして負荷を軽減しなければならない。

また、急な加速や機動に伴い発生するGはパイロットに相当な負荷をかけてしまう。最大で10Gが掛かると言われている。2度空中分解を起こした機体は、デュバル少佐の命無視して急な加速、高機動を行ったため、機体のGに耐えられずに制御ができなくなり、エンジンカットができないまま加速を続けたため空中分解してしまった。

デュバル少佐は急な加速、高機動を行っても、Gに耐えて機体を制御する技術を持っていたが、最後は自らの意思で急な加速を続け、「ヅダは重大な局面を支えた確かな存在である事」をヨーツンヘイムに伝え、満足しながらヅダとともに軌上に散っていった。

ヅダは地上運用可能か?

劇中では明確な描写や資料がいため、不明。しかし機として開発された経緯から、地上運用も可とする見方がある。資料がいので後発のゲームでも解釈が異なり、適性の統一感がい。バトルオペレーション2やGジェネレーションシリーズガンダムオンライントライエイジガンダムトライヴでは地上・宇宙ともに運用可。一方でギレンの野望戦場の絆カードバトラーでは地上運用不可に設定されている(のみコロニーでの運用は可)。どちらかと言うと地上でも動ける解釈の方が多いようだ。

劇中での活躍

戦況の悪化から、ジオン公国軍プロパガンダを入れ始めた。そのうちの一つが、ヅダの再利用だった。ヅダは民向けのプロパガンダ放送に取り上げられ、期待の新として持てはやされた。その配備先となった第603技術試験隊では喜びの感情が見え隠れしていた。しかし技術試験科のマイとシャハト少将だけは、ヅダがプロパガンダに利用されただけの哀れな道化だと知っていた。

宇宙世紀0079年10月、最終評価試験として、予備機を含め4機のヅダが、テストパイロットであるジャン・リュック・デュバル少佐と共に第603技術試験隊に配備される。デュバル少佐とヅダにはもが期待の眼差しを向け、待望の搭乗機を得られたワシヤは上機嫌だった。

その後、機体の評価試験が実施された。ヨーツンヘイム記録映像を撮る中、3機のヅダは演習を行う。そこへ救援信号が届く。付近を航行していたパプア輸送艦3隻が連邦軍のオハイ小隊に襲撃されていたのだ。急遽演習を取りやめ、友軍の救助に向かうヅダ。演習中だったため実弾ではなく演習弾しかかったが、自慢の高機動でオハイ小隊ボールを翻弄。撃は一向に命中しない。未知の新機に遭遇し、焦燥したオハイ小隊は後退。ついに実弾しで敵を追い払う事に成功。安全を確認したヅダは、高々と信号弾を打ち上げるのだった。ヨーツンヘイムで撮されたヅダの映像は、さっそくプロパガンダに利用され営放送で流された。これに伴ってプロホノウ艦長も取材を受けたようだが、ガチガチだったせいか放送ではカットされてしまった。

評価試験は続く。今度はムサイを敵艦に見立て、一番機から三番機が模擬戦。ムサイから放たれる弱装ビームを回避しながら順調に試験が進んだ。ところが、援護機動ばかりやらされて憤が溜まっていた三番機のオッチナンが感情に任せて機体を暴れさせる。図らずもエンジンの出を上げてしまった事で凄まじいGに体が押し付けられ、制御不能となる。かろうじてムサイとの衝突は避けられたが、機体の制御が出来ない三番機は加速を続け、そして……空中分解した。オッチナンの今際の絶叫だけがヨーツンヘイムに届き、三番機は遠い彼方で光芒に変わった。パイロット死亡し、603に沈痛な雰囲気が漂う。デュバル少佐はヅダの欠陥を知ったうえでせており、命違反に起因しているとはいえオッチナンを殺してしまう結果となった。さらに追い討ちと言わんばかりに、連邦軍のプロパガンダ放送がヅダの欠陥を全世界に向けて暴露。これまで隠していた欠陥が全員に知れ渡り、期待の新鋭機から世界中に恥をさらしポンコツへと成り下がった。先の爆発事故を鑑み、プロホノウ艦長から飛行禁止処分まで言い渡されてしまう。デュバル少佐とヅダの名誉は、これ以上にいまでズタズタにされてしまった。

艦隊部より、オデッサから宇宙へと敗走してきたジオン軍将兵を救うよう命じられた第603技術試験隊は、味方が救助を待つ地球に辿り着く。そこでは一足先に現れた連邦軍部隊によって落ち武者狩りが行われていた。味方部隊は数こそ数万いたが非武装のHLVに搭乗しており、ボールにすら太刀打ちできない状態だった。搭載されていたザクHLVから出て迎撃するも、陸戦だったため宇宙での戦闘困難、あっという間に狩られてしまう。このを見て、第603技術試験隊は決断する。たとえ爆弾を抱えていても、戦はヅダしかない。数万の将兵の運命は、ヅダにかかっているのだ。モニク・キャディラック特務大尉示により、予備機を含めた三機が出撃する。

この時、2番機にヒデト・ワシヤ中尉が、モニク・キャディラック特務大尉が予備の3番機に乗り込み出撃。HLVをり続けるボール二個小隊に挑み、次々に撃破していく。一方モニク機は救助に専念、宇宙で溺れていたザクの手を握って近くのHLVまで飛ばしてあげていた。かつての競合相手と助け合う姿は言い知れぬ感動を与えてくれる。ヅダの活躍によりボール二個小隊は壊滅。危機は去ったように見えたが、運悪く連邦軍の増援が現れる。新鋭機のジムが6機出現し、ヨーツンヘイムに命中弾を与える。ボールより強な敵の出現に、デュバルは機体を駆ってっ先に攻撃を加える。まず隊長機をマシンガンで仕留め、矢継ぎバスーカ装備のジムピックで刺し貫く。そして残った4機のジムHLVから引き離すため、自身を追跡させる。隊長が戦死した事で抑えが効かなくなり、ジムは任務を忘れてヅダを追いかけた。

デュバル論見通り、ジムHLV群から引き離された。ジム側は必死にヅダの撃墜をす。ここでヅダに勝たなければ、「連邦軍の新MSポンコツにも劣る」とジオン側に喧伝される恐れがあったからだ。また背後からはモニクのヅダが追跡しており、逃げ場がい。このため退くに退けず、謀な追跡劇を続ける。一足先にエンジントラブルで落したジムは、モニク機によってマシンガン叩き込まれ撃墜。やがて3機のジムな加速をし続けた代償を受け、爆散。それを見届けたデュバル機は、朝日に包まれる中で空中分解彗星のような炎の尾を引いて、軌上を疾った。

デュバル少佐ボール4機ジム4機撃破という戦果を上げるが、同時にデュバル少佐も戦死してしまった。その後、残った2機は第603技術試験隊ヨーツンヘイム配備とされ、評価試験は打ち切られた。

その後

ヨーツンヘイムに送られてくる兵器は一話限りの登場が原則だったが、ヅダだけは例外で話をまたいで登場。ヨーツンヘイム一の搭載モビルスーツとして活躍する。パイロットワシ中尉が務めた。

ゼーゴックの評価試験の際は、ヨーツンヘイムの前路警のため出撃。サラミス級から放たれたミサイルマシンガンで迎撃していた。続くゲム・カモフの試験では、エンマ・ライヒ中尉が搭乗。サラミス級を攻撃して撤退させている。続く評価試験では、連邦軍を欺くため鹵獲ジムゲム・カモフと戦っているふりをした。しかし敵モビルスーツ隊に正体を見破られ、やむなく本物のジムと戦う事になる。この時にヒートホークジム1機を撃破している。

最終決戦の地となったア・バオア・クーではEフィールド防衛戦に参加。ムサイ2隻とともにヨーツンヘイムを護衛し、連邦軍艦隊と交戦。ザクマシンガンジムコマンド1機を撃墜する戦果を挙げた。そしてオッゴの投下コースまで護り切り、戦局に寄与。ア・バオア・クー攻防戦を乗り越え、2機とも残存している。その後の歴史にヅダの名前が登場しないことからも、おそらくは戦後棄処分となったものと推測される。

なお、余談ではあるが、ヅダのエピソードドイツ戦闘機『He 100』が他社の競合機よりも高い性を示しながらも不採用に終わり、その後架の部隊マーキングを施して対外宣伝に使用された実話が基となっているそうである。


また、週刊少年サンデーS(スーパー2月号(2012年12月24日発売)から連載されている漫画機動戦士ガンダム 黒衣の狩人』の主人公・ウォルフガング少佐が乗る機体として登場。既にジオンでも欠陥機の烙印を押されている同機体を大気圏ギリギリの戦場下で出撃。その性を(空中分解することなく)最大限引き出している。

さらに、ガンダムエース7月号(2013年5月25日発売)から連載が始まった小説機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ』では、ヅダを発展させたヅダF(EMS-10F)が登場。土星エンジンのリミッターを強化することで空中分解を抑制するとともに、背部スラスターが3基に増やされるなど良が施されている。一部にはギャンパーツも用いられたらしい。また、新たに95mm狙撃ライフルが武装として用意されている。制式採用こそされなかったが少数が部隊配備に至っており、作中ではU.C.0083年にジオン軍残党「ファラク」のヒック・シャーマンが乗機としていた。

ソーシャルゲームスーパーガンダムワイヤル』にも参戦。ところがレア度は2と、コモン扱いを受けている。デュバル少佐憤死ものの扱いである……。ちなみにMS IGLOO機体ではビグ・ラングが最高レアとなっている。『ガンダムヒーローズ』ではヅダの必殺技自爆になっている。

その他にもGジェネレーションシリーズEXVSシリーズなど、MS IGLOOが参戦している作品に登場しており、概ねその性は「ザクよりも機動が高い代わりに、耐久面に不安を抱えている」といった性付かなされることが多い。作品によっては対艦ライフルが使えるものもある。
そして作中の「高い機動を発揮できるが負荷をかけ過ぎると空中分解を起こす」という特性から、「耐久を削りながら過度のブースト移動ができる」等の特殊なを持たされることもある。
そしてそれが何故か「ヅダは自爆で攻撃できる」と拡大解釈され、上記のように必殺技のようなもので特攻して自爆する事ができる作品や、特攻自爆そのものが攻撃方法になっている作品すらある。
こんなのをを見たらマイ技術中尉は悲鳴を上げデュバル少佐は卒倒しそうである。どうしてこうなった...…(なお、衣の狩人ウォルフガング少佐が一応それっぽいことはしている)。

これはジオニック社の陰謀だ!

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 17
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヅダ

442 ななしのよっしん
2022/10/30(日) 16:21:37 ID: 47RgYaRrES
表示ちゃんと見て戦闘すれば暴走しないから
👍
高評価
0
👎
低評価
0
443 ななしのよっしん
2022/10/31(月) 11:37:56 ID: ZMJspk6C6U
そんな凄い余裕出して戦闘できるなんていないだろう…
アムロですら理だぞ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
444 ななしのよっしん
2022/10/31(月) 11:40:08 ID: csJOvAAS+o
暴走しないようにすると機体性ザク以下だぞ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
445 ななしのよっしん
2022/10/31(月) 11:46:46 ID: GsBpExo9RK
ザクⅠパワーでもヅダに負けてるからな
ザクⅠヅダに勝ってるのは結局コスト面くらいしかない
その後のザクⅡが名機だったわけで
👍
高評価
1
👎
低評価
0
446 ななしのよっしん
2022/10/31(月) 18:04:39 ID: WbmQIqKtpa
そういえばこいつ、本当にエンジン土星エンジンに変えてるのかな?機体解説読むと「分解したのは試作木星エンジン、それを土星エンジンに変えた」事になってるけどエンジン変えてるのにスペックが変化してないって事はヅダは心ばかりの良だけでエンジンもそこまで変えずに引っり出されてきたのでは…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
447 ななしのよっしん
2022/10/31(月) 18:51:11 ID: lQ/xcj7KV5
マイ中尉の調では木星エンジンの頃と特性も問題も何も変わってないとのことだから、話の流れ的には載せてないんじゃないか
土星エンジン自体はこの後リックドムで使われて多分実在するからややこしいな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
448 ななしのよっしん
2022/10/31(月) 18:56:25 ID: lQ/xcj7KV5
いや、木星エンジン土星エンジンってのがそもそもIGLOOから生えた設定なのか?
だとすると安定した土星エンジンってのが実在したのかの根拠としては弱いな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
449 ななしのよっしん
2022/11/08(火) 07:02:27 ID: 9+PZQwB3vg
たぶんだけど本来は宣伝用の映像を撮したら二度と使わない予定だったんじゃないかな
だから撮の間だけ壊れないで動けば良いからエンジンの換装とかもしなかったんでしょう
もし本当にエンジンの換装がされていたとしたらエンジンに欠陥が有るんじゃなくてヅダの機体自体にエンジン暴走させる欠陥が有るってことになるからエンジンに問題が有る場合よりも酷いってことになる
そうなるとヅダという機体自体が欠陥品で小手先の良じゃ使い物にならないってことだからね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
450 ななしのよっしん
2022/12/23(金) 02:09:23 ID: 3ClyNx+bdz
エンジンに欠陥があるというか
エンジンと機体構造に欠陥があるという印
>>444
この話の根拠ってあるの?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
451 ななしのよっしん
2022/12/31(土) 04:32:17 ID: 9+PZQwB3vg
>>450
ツィマッド社が暴走しないようにリミッターを付けたバージョンヅダを作らなかったことから考察された後付け設定だったと思う
リミッターを付けたヅダザクとのコンペに勝てるようならそうしているだからね
リミッター付きが開発されていない時点でリミッター付きではザクとのコンペに勝てないとツィマッド社は判断したと考えられる
そこからリミッター付きヅダの性ザク以下なんじゃないかという考察がされたみたいですね
まあヅダの生産コストザクの1.8倍だからリミッター付きの性ザクより上でもコストの差を覆せるほどの性差ではなかったことは確実でしょうね
👍
高評価
0
👎
低評価
0