ボートを用意しろ単語

ボートヲヨウイシロ
  • 22
  • 0pt
掲示板へ

ボートを用意しろとは、「メタルギアソリッドⅤ ザ・ファントム・ペイン」にてヴェノム・スネークが放った言葉である。

概要を用意しろ

※!ネタバレ注意!※



本項には「METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN」の重大なネタバレに溢れています!
以下は自己責任で閲覧願います!!

















BIGBOSSことヴェノム・スネークが率いるダイアモンド・ドッグズは傭兵部隊であり、その構成員の出自は多様である。かつては敵同士であった者も、ダイアモンド・ドッグズの基地マザーベースに来てからは同じ部隊の仲間である。

その中に一の裏切り者が居た。

エメリッヒ博士――かつてなき軍隊「MSF」にてヒューイと呼ばれていた科学者であった。
彼は理由や的はどうあれ、スネーク仲間たちを裏切る行為を重ねてきた。

作中終盤、ダイアモンド・ドッグズの中で裁判が行われ、多くのスタッフエメリッヒの死を望んだ。

そしてスネークは、エメリッヒを前に静かに判決を告げた。

「ボートを用意しろ 一人乗りでいい」

罪状を用意しろ。

まともなのは僕だけか……!?

エメリッヒは上記の罪状について責められながらも、容疑を否認し続けた。
傍から見れば見苦しい言い訳をしているように見えるが、これはエメリッヒが言い逃れのために自分自身をも騙しているためであり、少なくともエメリッヒ本人にとっては真実の言葉である。

あまりにも都合よく事実変し続けるため、尋問していたオセロットも呆れ果て
現実お前を傷つけてるんじゃない お前現実に傷をつけているんだ」と言い放った。

  • 「君たちはただの悪者なんだよ!」
    を蔓延させ被害が出た後、多くのダイアモンド・ドッグズスタッフに詰められた際に出た発言。
    自らを正当化し、保護され、中にはかつての仲間もいるはずなのにこの言葉である。
    外から見れば秩序のない危険因子であることは否定しようのない事実ではあるが「君たち」という言葉で自ら仲間ではないと言してしまった。
  • だって仲間なんだ…」「を覚ましてくれ。 君たちがしているのはただの人殺しだ」
    上記の台詞の直後にこの独り言である。しかも自分が二人も手にかけている事を棚に上げている。
    どの面さげてこんなセリフが出てくるのかと言いたくもなるが、上記のうわ言から察するに、どうやらエメリッヒは自らのさとマザーベースさを重ねていたようである。
    だが、それを仲間と言いるのはあまりにも都合が良すぎた。
  • 「まともなのはだけか……!?」「は……は悪くない!」
    追放時の台詞。薄っぺらい道徳観をにして自分の為に周りを裏切り続けてきた男の主観
    重ねて言うが、マザーベースに集まった者たちがまともではないのは事実である。
    しかし、自らの罪から逃げ続け、で塗り固めた男に真実資格などない。

追放

数々の裏切り行為とそれらを裏付ける言動を重ね、信頼を失ったエメリッヒスネークが下した罰は追放だった。その判決に、カズは非難のを上げる。

「ボートを用意しろ 一人乗りでいい と食べ物を」

ボス?」

「出て行ってもらおう」

「おい……たちをこうした、本人だ!
あの時の仲間も……なのにこいつだけは……こんな俺達の、本当の敵なんだ!」

カズ……そう、こいつは敵だ。仲間じゃない。
だからこそ、俺達にこいつは裁けない。ただマザーベースは降りてもらう」

一人用のボートに僅かなと食料を与えられ、死刑を免れた恩赦すら忘れて、エメリッヒは最後までスネーク達を非難する言葉を叫びながらインド洋を一人漂っていった。命よりも大事と称した脚まで捨てて…。

そんな裏切り者の末路を見据えながら、カズオセロットくように言い放つ。

「見ろ 既に失くしたファントムも取り払おうとしている」

「ああいうは死なないぞ どうなるか眼に浮かぶ
俺達に聞こえない場所で 俺達がどれだけ悪か喋り続ける 偉そうに
自分がどれだけ正しいか 薄っぺらい道徳心(モラル)をに着て……
同じような馬鹿共が それを聞いて何度も頷く」

「いや いくらごまかしても いつか気付く 自分がどんな人間
自分の生き方は"でも" 自分に帰ってくる」

オセロットの発言の通り、エメリッヒはその後、自宅のプール溺死と言う悲惨な末路を辿るが、
堕ちる所まで堕ちた最低人間に成り下がってしまった為、息子の義理のエマエメリッヒ)が自宅のプールで溺れて死に掛けたのも、妻が息子との浮気現場撃して発狂状態になったエメリッヒが、エマ理心中しようとしたり、殺そうとして自滅したのではないかと推測されるが・・・。

 しかしオセロットの言う"でも"とはエメリッヒに限った話ではなく、現にオセロット自身も重大な秘密を抱えており、決して他人の事が言える立場ではない。カズスネークマザーベースの面々が抱えるさは、そのままダイヤモンド・ドックズの行く末に関わって来るのである。

ヒューイは「全て」黒だったのか?

ヒューイの悪行を全て彼の意志とすると9年前にサイファーに裏切りマザーベースを壊滅させ、さらに9年間サイファーメタルギア開発に専念し、マザーベースに帰還してからも寄生虫変異で壊滅一歩寸前まで追い込むというそこらのスパイ駕する働きをみせている。当然生かしておいてはDDにさらなる被害が出るのは確実なので即刻処刑すべきである、ではなぜスネークはボートを用意したのか?理由はそれぞれには疑問点が多々あるからである。

  • 9年前の疑惑
    察の件については裏切ったという明拠がい。あくまで状況からして怪しいという点にある。また、彼はAI兵器、二足歩行兵器の開発経験を豊富に持つ非常に優秀な技術者であり、利用価値は非常に高いといえる。マザーベース襲撃後に傷で保護され、その後サイファーで重要な研究を任されていた事も、特別不自然というわけではない。

  • マザーベースでの尋問
    オセロットが尋問で自剤を相当量使用してもヒューイの性格から効果がく、から真実を聞き出せないといっている。しかし、その後別の方法の尋問であっさりサヘラトロプスの情報を聞き出している。また、自剤というのは麻痺させて朦朧状態にし、をつけるような考えを奪うものである。効果がいから自剤を使用しても変化がいというわけではない。相当量の自剤を使用したのにもかかわらず、立った後遺症はみられない。本当に自剤を使用したのか?自剤で得られた言がミラー達には都合が悪いから、効果がないと判断しただけなのか?
    言内容に矛盾が多いことは事実だが、過酷な尋問を受け、かつ相当量の自剤を投与された人間言である。その内容に矛盾があったとして本人を非難することはできない。

  • ストレンジラブの殺 
    これはである可性が高い。ヒューイの供述も「スカルフェイスに殺された」「自分から入った」と二転三転し、明らかに自身の正当性を取り繕うとしている。例えAIポッドに閉じ込めるだけで殺意はかったと反論しても、核兵器にも耐えうる頑丈性を持つポッドに閉じ込められようものなら窒息または衰弱死することは明であり、そのような言い逃れはできない。
    ・ただし、これはDDという組織には関係なプライベートの問題である。かつてのストレンジラブMSFスタッフであった時期があるので仲間殺しの罪を追求することも不自然ではないが、少なくとも作中で行われた裁判はMSFへのXOF襲撃助に端を発する仲間への裏切りに対するものであり、夫婦間のトラブルが介在する余地はなく現在のDDに対する裏切りに結び付けられるものではない。
    ・一方、裁判にて拠として開された録音テープに関して不審な点が存在する。まず拠とされたものは一つのテープ内のごく短い十数であり、それ以外に物的拠や人はく、ヒューイストレンジラブがどのような経緯と状況で件の当事者となったかを説明するものは一切存在しない。これだけではあくまで”その様に聞こえる”以上の判断は出来ない不全なものであり、犯行を確するものには成り得ない。
    ・また、あの僅かな音内には所々ノイズが入っており、特に「殺して」という音は前後のノイズに加え、明らか量や音質の異なる不自然なものとなっている。その後に続くストレンジラブの遺言の部分には、10分以上に及んでそうしたノイズ不自然に異なる部分はく、裁判にて拠として扱われた部分だけに集中して多くの違和感が残る形となっている。これは偶然の機械的要因という場合もあり得るが、何者かの手による加工が施された跡の可性も高い。DDの研究開発班が持つ科学言わずもがなであり、ポッドの中に記録されたデータを解析し、編集することができても何ら不思議ではない。ミラーが裁判でヒューイに対する心を悪くするためにAIポッドの中身を竄し、都合のいい人として仕立て上げた可性も否定できない。
     
  • 寄生虫の変異誘発
    寄生虫放射線で変異することはスカルフェイスコードトーカーのみが知っている機密事項であり、専門外のヒューイが簡単に発生させることが難しい。そして何よりミラーにほぼ扱いされて監視されている状態で、機材に怪しい装置をつけて、さらにサイファー側に通信することができるのかが怪しい。(裁判でもサイファーに関連した企業と通信していたと暴露するが肝心の通信内容はわからない。傍受した時点で何故拘束しなかったのか?)ヒューイの場合、サイファー裏切りへの手土産とするにしてもビッグボス寄生虫の封じ込めに失敗したら感染が基地全体、を介して世界中に広がり、自分も寄生虫に感染してしまう。ヒューイにとって理想の成功の形は何だったのだろうか?
    ・テープによれば、寄生虫変異の原因となったX線検機の導入を決定し、その検品を担当したのはヒューイである。つまり、例え成功しても調べればすぐにヒューイに疑いがかかるのは明である。計画的犯行としては不自然である。と疑っているにもかかわらず、なぜそのような重要な機材の導入、検を彼に任せたのか?彼以外のスタッフチェックはなかったのか?そもそも機械の検品後に機械に細工をすればヒューイ以外にも犯行が可である。しかし、カズは検品したヒューイ犯人だと決めつけ、変異が起こる前に最後に機械に触ったのはかというのを調しようとはしていない。
  • イーライの反乱
    イーライの脱出助は確かにヒューイの言い訳は正論ではある。あんな大機械子供が、しかも技術など持たない元少年兵に直せて動かせるはずがなく、実際、マンティスの超能力で動いているようなもので、ヒューイを悩ませていた技術的な課題はなんら解決されていない。何よりどうしてヒューイは生活棟から少年を連れてくることができたのか?監視は?(ただし、追放後に得られる研究資料からは光学迷彩が開発できるため、決して不可能ではない。なおそれでも何故そこまでしてイーライ達に手助けしたのかの疑問は残る。光学迷彩を使用した場合ヒューイ側から接触したことになる。利点は?)そしてイーライの脱出を手助けする動機はヒューイには全くい。(余談だがイーライの正体、マンティスのを知り得る人物、その後のイーライの行動に対して最も利があったのはオセロットである。愛国者にも通じ、ソ連にも属し、その後イーライの幹部として愛国者に叛旗を翻しているからである。
  • 作中のオマージュ
    ヒューイ及びダイアモンドドッグスの組織の表現が小説1984年」のオマージュとみれる部分が多々ある(MGSV舞台1984年である)。その小説の特徴としては特定の人物に実の罪を着せて悪者に仕立てあげ、公開処刑することによって組織の団結や監視を強め、支配者層の権を永続的なものにする。という内容で、実質的な組織の行政役であるミラーオセロットヒューイの性格や立場を利用し、この小説と同様に組織の団結や体制を強化するため、強引な尋問やテープの竄などを行いスケープゴートに仕立て上げたということも考えられる。

ビッグボスヒューイは断罪される罪はあるものの、全てがではないということを知っていたかもしれない。しかしあの暴動寸前の裁判で無罪と処理するわけにもいかず。濡れ衣で処刑することもできないから追放という形をとったとも見れる。ボートを用意しろという言葉にはミラーの狂気を止められなかった。という意味も含まれるのではないだろうか。

ヒューイは途中で眼鏡を尋問で失っている。その後新しい眼鏡を使うのだがその眼鏡小島監督眼鏡と同じ物である。ただの裏切りキャラに対してはありえない待遇である。その後、ヒューイが追放されるがそれは当時の小島監督KONAMIの関係が反映されているかもしれない。

余談

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 22
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%92%E7%94%A8%E6%84%8F%E3%81%97%E3%82%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボートを用意しろ

708 ななしのよっしん
2020/07/01(水) 23:03:39 ID: 1nb+Zgj0+l
ヒューイオタコン親子の末についてはマンティスイーライあたりも暗躍してガッツリ関わってそうだからなぁ
ヒューイは支離滅裂だしカズアホだしオセロット胡散臭いメンバー信者だし自身は記憶アレだしスネークほんとご苦労様
709 ななしのよっしん
2020/07/04(土) 18:09:09 ID: kfEB5vCnGB
思ったけどもし事の全貌が判明したらそれはそれでDDの面子と士気に大きく関わるよな
例えばシロの場合だと、自らの正義と思い込んでなんの罪もない半身不随の弱者を、組織ぐるみで心身共に苛にいたぶり続けた挙げ句、僅かな食料ともにボートに乗せて大海原に放り出す行を働いたことになるし、
逆にクロなら、潜入工作諜報の知識もなく脚も不自由な男を軟禁状態にまでしておきながら、そいつのせいで暴走で壊滅一歩手前の大打撃を食らい、更に危険な英語とサヘランを奪取されたマヌケ組織になる
どっちにしろ、英雄ビッグボスの名を誇る精強なる軍隊という体裁は音を立てて崩れ去り、同時にそれを一生懸命作っていたつもりのプレイヤーに対しても酷い裏切り方だ
釈然とはしないけど、あののままの静かな終幕は、色んな意味でそこそこのベターだったのでは、と今では思う
710 ななしのよっしん
2020/07/12(日) 13:20:55 ID: xQ0tinHNpd
記事作者ヒューイコールドマンの会話を知らないのかな?ヒューイ核武装しない平和を望んでるから核保有は基本反対だぞ。DDがコスタリカに居座ってるCIAと大差いって見限られてもおかしくない
711 ななしのよっしん
2020/07/16(木) 14:05:53 ID: iMYaCOvUfE
まさに「に流した」んだよな
のままにして流さないと、ヒューイが善悪どちらにせよ、ミラー山猫への不信感強まるし
のまま流すのが最善だった
兵士への洗脳具合の確認とボスの権がどんだけ強いかも確認する最終テストの役割もあったろうし
712 ななしのよっしん
2020/07/19(日) 04:19:17 ID: s66vs3U3L4
>>700
クロでも「裏切った」トラウマって精異常きたした
と筋通るから、そういう意味でもどっちでも受け取れるように出来てるよなぁ。
晩年の事件は単純にかわいそうというか・・・
713 ななしのよっしん
2020/07/19(日) 10:23:42 ID: 96wHuFPklW
やはりこの事件についてはヒューイが実際のところだというのはあまり重要ではないよな
相がはっきりすると、上でられているように一気にブラック企業の陰湿な内輪揉めとなって陳腐化してしまう
白黒どちらとも取れ、それ以外にも不可解な点があるから、この一連の状況に対してプレイヤーが様々と思慮と考察を巡らせられる「深み」を持つことが出来ている
人物たちの心や思惑、出来事の内情を細かく描いて上手に組み合わせ、巨大なストーリーを作り切る従来作とは逆の、空白を用いた作と言える
小島監督としてもそういう反応を期待していただろうけど、この五年間ヒューイ白黒という点だけに群がられてあまりいい気分はしなかっただろうな
714 ななしのよっしん
2020/07/27(月) 15:16:24 ID: wRn9f4w6oA
裁判のシーンってオセロット線で見るとヴェノムビッグボスに仕立て上げる最高のシチュエーションだよね。
大熱狂で冷静さの欠片もないような状況を利用して、罪人すら寛大な心を持って処遇を下すボスを演出してるように見えたし。
後年(MGS4られるところで言うビッグボスIcon化(視)のような。
715 ななしのよっしん
2020/07/31(金) 02:51:02 ID: 0j9/YYShYD
最初はヒューイにしか見えなかったけど、見返してみると判決の決まりきった裁判を長い時間をかけてやってるようにも見えるのがすごい怖い所

カズオセロットも、あるいはヴェノムも、決定的な拠がい相手をと断定しつつ判決を長引かせることで、ひたすら周囲のヘイトヒューイ一点に集め、利用したようにすら感じることもある

かと言ってヒューイもおかしい部分があるから余計に質が悪い
もはや理屈ではなく感情だけで状況が全部動く

寄生虫の変異がヒューイ以外の犯行の可性も十分あるっていうのでゾッとしたわ
予想外悪堕ちで面いけど
716 ななしのよっしん
2020/08/01(土) 16:07:44 ID: Bjhgh2YqyB
>>715
なぜかあんまり話題に上がらないんだけど「死してなおく」ではミッションクリア後のシーンまで何故かオセロットが全く登場しないし通信もできない。カズもそれを気にしてないし絶対なんかあるわ
717 ななしのよっしん
2020/08/02(日) 20:44:46 ID: 0j9/YYShYD
>>716
えぇ……そんなのあるのか……
なんかもう全員の可性あるな

でもそう考えると、ヴェノムキャラビッグボス明らかに違うのも納得が行く部分もある
DDの中心に立たされてるだけで、ヴェノムもDDの扇動されてる兵士とあまり変わらない
元の人物(オセロットと別ベクトルで最優秀で忠実な部下)の、本来の人格があの辺でモロに出てるのかもなぁ

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ぐらんぶる 手塚国光 米津玄師 山鳥毛(刀剣乱舞) 山本美月 hyde 瀬戸康史 事故物件