メタルギアソリッドⅤ ザ・ファントム・ペイン単語

メタルギアソリッドファイブザファントムペイン

悪に堕ちる。復讐の為に。
METAL GEAR SOLID V
THE PHANTOM PAIN
TACTICAL ESPIONAGE OPERATIONS


メタルギアソリッドV ファントムインとは、
コナミから発売されるメタルギアシリーズナンバリングタイトル
MGSV」の本章にあたる作品である。

序章『GROUND ZEROES』(別記事)と本章『THE PHANTOM PAIN』(本記事)の二部作構成
前者については当該記事を、二部作全体についてはMGSVの記事を、それぞれ参照してください。 

対応プラットフォームは、PlayStation4PlayStation3XboxONEXbox360PC
2015年9月2日発売。

METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN
対応機種 PlayStation4
PlayStation3
XboxOne
Xbox360ダウンロード版のみ)※1
PC 
ジャンル タクティカル エスピオナージ オペレーション
発売日/発売予定日 PS4


2015年9月2日※2
PS3
Xbox360
XboxOne 
PC 
価格(税抜) ハード共通 8400円(税抜)※3
CERO D(17歳以上対

Steam版推奨スペック
OS Windows 7 x64 、 Windows 8 x64 (64bitOS必須)
Windows 10現在確認中
CPU Core-i7 4790 (3.60GHz以上) ※Quad-Core以上
メモリ 8GB RAM
HDD 28GB以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 760 (DirectX11対応グラフィックカード必須)
サウンドカード DirectX9.0c対応サウンドカード(5.1サラウンド対応サウンドカード
DirectX DirectX11(必須)
操作コントローラ

ゲームコントローラ対応(Xboxコントローラー基準)
キーボード+マウス対応

ネット接続

必須(Steamアカウント参照のため)

優遇対応

4K画質対応
4K画質に合わせてモデルスケーリング調整
ライティングをPCに合わせて良済
UI、操作方法の画像を差し替え
ライトスポット、オブジェクトの数が増大
(MGSV:TPPの2013年E3レベルと思われる)
※尚、オプションにて数を調節可

ダウンロード封入特典


特典映像CS版初回特典ディスクと同じものと思われる)
本編専用特典アイテムゲームデータ内収録、進行度によりアンロック
エンブレムパーツヴェノムスネーク
マザーベーススタッフ
Steam トレーディンカードMETAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』
Steam内で獲得できるバーチャルカード
METAL GEAR SOLID V:GROUND ZEROES※予約特典。2015年8月末まで

サーバーへのランキング接続

未発表

デバイス連携

なし

※1 マーケティング上の都合により内においてのXbox360版はダウンロードのみの販売となる。
※2 オンラインゲームMETAL GEAR ONLINE』稼動日はCS版は10月6日PC版2016年1月予定
※3 通常版のみ。

概要

MGSV』の本編に当たる作品。
GROUND ZEROES(以下、GZ)』の9年後、1984年舞台に、ビッグボスが『メタルギア』及び『メタルギア2』で見られるような「世界を核攻撃の恐怖に陥れる狂人」と化すまでの経緯が描かれる。

PHANTOM PAIN”とは「幻肢痛」をす言葉であり、失ったはずの手足などの痛みをが錯覚する現のこと。
そのタイトルの通り、作中ではスネークカズが手足を失っているらしい描写がなされているほか、「もういないはずの仲間の苦しみを感じる」など、手足以外の「喪失」を幻肢痛に例える台詞も確認できる。 
監督である小島秀夫の「今作の登場人物は全員、何かしらを喪失している」という言葉からも、作品の重要なテーマのひとつとなっていることが分かる。他にもテーマとして明言されているワードは「復讐」と「RACE(人種)」。そして同様に「」も重要なキーワードとなっていく。

MGSV』では、コナミが開発した独自エンジンFOX ENGINE」が採用されており、広大オープンワールドと膨大な行動自由度、リアルな時間経過、それに伴うマップ環境の変化がシリーズで初めて採用される。
『GZ』では時間経過などいくつかのシステムが未搭載であったが、今作『TPP』においてはもちろん全に導入されている。

なお小島秀夫監督は『GZ』発売後の雑誌のインタビューで、今作のボリュームは『GZ』の200倍以上に相当すると回答している。また「FOX ENGINE」も次世代機に向けてチューンアップされていくため、これを用いて開発される本作は、『GZ』以上のクオリティになるとも答えている。
また、発売日発表のインタビュー動画において、「これまでいつも「今作が最後のMGS」とってきたが、今作をもってメタルギアサーガ完結を見る。今回こそ最後のメタルギアソリッドになる」と宣言している。
『3』のときも『4』のときも同じことを言っていたため今や信憑性など皆無なのだが、さすがに自覚もあるようだ)。

コジステで発表されたところによると、『GZ』はあくまで『MGSPW』と『MGSV:TPP』の間を補するエピソードであるため、『TPP』にプロローグとして再収録される予定はないという。

この作品を最後に小島コナミを退職したため、宣言通りの最後の『メタルギアソリッド』となった。

あらすじ ※本項以降ネタバレ注意

1975年
ビッグボススネークは、キューバ南端の米軍基地キャンプオメガに単身潜入し、アメリカの非政府諜報機関サイファー」のスパイであった少女パスと、彼女の救出に失敗して拘束された少年チコのふたりを救出した。
かしこの任務は、何者かによるだった。

救出したパスの体内には爆弾が埋め込まれており、ヘリの中で緊急の摘出手術を強行する事になる。何とか爆弾の摘出に成功するも、帰投した彼らが見たものは、の武装組織「XOF」の襲撃によって壊滅するマザーベースと、成すすべなく殺されていく仲間達の姿だった。

奮闘むなしく、副官のカズを含めた数人の救出にとどまったまま、スネークは崩れ去る基地から離脱する。
だが、パスの体内に残されていた「2つ爆弾」と、XOFのしい追撃によってついに彼らのヘリ墜落
彼らの消息は途絶え、マザーベースと、これを本拠地としていた「なき軍隊」の存在は、一夜にして闇に葬られてしまった。

1984年
ソ連アフガニスタン侵攻以降、東西冷戦は新たな局面を迎えていた。

そのアフガニスタンに、隻眼・隻腕の男が現れる。
彼こそ、長い眠りから覚めたスネークビッグボス」であった。

9年に渡る睡から覚めた彼は、の勢の襲撃を受けながらも、かつての同志オセロットの手によって生き延び、兵士として復活したのだ。
その狼煙が、ソ連軍に捉えられたミラーを単身救出するという過酷な任務の達成によって上げられようとしていた。

「地に堕ちた俺達だが――更にその下に堕ちることになる。喪(うしな)われたものを取り戻す」
カズ――あの世から戻ってきただ」

喪くしたものの痛みは
何処までも続くのか
爆心地(グラウンド・ゼロ)から
VENOM覚める 

COMING 1984

登場人物

ダイアモンド・ドッグズ

タクティカルバディ

サイファー

XOF

戦地で出会う者達

その他

詳細不明

  • イシュメール CV:大塚明夫
    スネーク覚めたキプロス病院で相部屋になっていた患者。チラ男。
    暗殺されかけたスネークを助け、の部隊や燃える男の襲撃から共に逃亡する手助けをしてくれる。その身のこなしや発言からはただ者ではない雰囲気を放つが、顔は包帯グルグル巻きになっていて素顔は見えない。
    「9年間一緒だった」という発言から同じく睡患者であったことがうかがえる。
  • 燃える男
    病院内などに現れる、全身が炎に包まれた男。発する炎は本物で全身が燃えさかり、ミサイルの攻撃なども吸収してしまい、増幅して爆発させ反撃する事ができる。また幻のように消えたり、炎に包まれたにまたがってスネーク達を執拗に追撃するなど、が多い。
    燃えているせいかに弱いようで、を浴びせると一時的に行動不能になったり姿を消したりする。
  • ガスマスク少年/第三の子供
    ガスマスクを被った宙に浮く少年以外は素肌が露出しておらずその表情はうかがい知る事が出来ないが、必ずかしらと一緒に姿を現しており、強な念動を用いる事が可
    MGSに登場したサイコ・マンティスに酷似しており、何らかの関連性をうかがわせる。
    エレベーター前に現れる、天井をすり抜けるようにして姿を消すなど、マンティスに似ているのは装だけではない。
    [1]

マザーベース兵士

従来のMGSやMGSV:GZからの変更点

登場組織

スタッフ

余談

関連動画


※こちらは開時、MGSVであることも小島作品であることも伏せられていた。

トレイラーミュージックについて

MGSシリーズメインテーマなどをBGMにしてきたこれまでのシリーズ作品と違い、現時点では、発表されるトレイラー毎に、特定ボーカル曲をBGMに使用している。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *この描写は、『ザ・ツインスネークス』及び『バンドデシネ』におけるマンティスの描写に酷似している。これらの作品において、彼は、エレベータ前の天井をすり抜けるように姿を消している。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89v%20%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メタルギアソリッドⅤ ザ・ファントム・ペイン

5770 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 17:14:49 ID: ouYRRBelWw
>>5769
二章のとっ散らかりとラストの繋がらなさを考えるとそれらを一章にねじ込んでも良かったな
5771 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 23:34:57 ID: 6gHvGQCiPq
いや、あれを一章にねじ込むのは理があるんじゃないか?
時系列そのままで章立てをくせば話の区切りが大きすぎて違和感がある。
かと言って時系列をいじって一章の中に分散しても、個々の印的なエピソードが挟まることで章本来のまとまりがなくなり、それこそとっ散らかるような気がする。
5772 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 14:17:25 ID: ouYRRBelWw
後日談的に入れればいい
はっきり言って素の二章だってめちゃくちゃなの変わらんし
5773 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 19:06:03 ID: 6gHvGQCiPq
それ一章にねじ込んだって言えるのか…?
というか大事件が起きすぎてて後日談的にくっつけられるレベルじゃないだろう。

そもそも二章にまとまりがないのは個々のエピソードの繋ぎが弱いからであって、話の筋から言えば一章と二章とでは明らかに区分されるべきものになってるのはわかると思う。
理やり一章と合わせるのはかえって一章の完成度をも落としてしまうだけだろう。

やっぱりあれ以上の開発が続けられなかったという事情も考えれば現状の構成もやむなしじゃないかな。
単体の作品としては>>5768で言ってるように二章丸々カットも一つの手だったと思うが、ボリュームを犠牲にすることになるのと、最低限クワイエットの一件だけでもTPP内で描かなければならないから考え物ではある。
5774 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 13:05:12 ID: ouYRRBelWw
>ボリュームを犠牲にすることになるのと
そこ認識してたからこその二章の増しミッションだらけ構成だろうし
5775 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 18:13:24 ID: l5n3uLmFLu
すっごい今更なんだけど未完成なことに言及した記事読んだ

幻肢痛、い(未完成)ことに対する痛み
コナミに対する報復心、をテーマにしたとか

ヒューイを決定的なしに底的に悪者に仕立て上げて、そいつに小島眼鏡に与えてるし
5776 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 12:34:00 ID: noR5mICUMO
それだと一回作り上げてたもの全部崩して態々そんな会社批判をする為に自分の作品をこねこねしたことになって
ある意味けもフレ2みたいになっちゃうのでNG
5777 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 14:34:32 ID: 6gHvGQCiPq
>>5775
いことに対する痛み
キリよくボス戦で終わらないことはプレイヤーに幻肢痛に似た喪失感を覚えさせる意図的な演出で、未完成というわけではないとかなんとかって説かな?
どこ発祥の説か知らないけど、の王の存在を視しててどうも賛同できないんだよなぁ…

コナミに対する報復心をテーマ
じゃあ開発当初からコナミを憎んでいたのか、と言う話になるがその根拠はどこにもないし、それ自体は未完成説ともリンクしてこない。

ヒューイ監督を重ね合わせる説は微妙なところ。
ボートのシーンヒューイに決定的な拠がなく、冤罪説にも相応の説得があるが、その他のシーンでのヒューイ情報を後出ししたり、保身のためにを重ねていて、自分から立場を悪くした印が拭えない。
監督はそんなキャラクターに自身を重ねるだろうか?
5778 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 01:45:11 ID: GKeP3QryvH
>>5776
アレと同じにするのはどうかと思うが、>>5759の人が言っているように、純MGSシリーズの最終作としてクオリティの高いものを作り上げようとしていたかと言えば、かなり疑問が残る
論上層部他、別部署、スポンサーの意向もあったかも知れないが最終的は制作次第だと思うし、現場での人間関係が作用していた可性も十分にある

個人的には、もし小島監督の個人的な意向があったのだとしたら、
独立後に提携を予定しているソニー始め関連各社に対する、技術的プレゼンという意味を込めたのかもと思っている
5779 ななしのよっしん
2019/05/21(火) 04:44:28 ID: aVuaGrEC6J
まぁストーリーは確かに未完しもやもやするけど
ゲーム性は間違いなくMGSで一番面いよ
できることも多いしね
FOBとアイテム作成待ち時間はいらんかったけど

急上昇ワード