ライジングフレーム単語

ライジングフレーム
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ライジングフレーム(Rising Flame)とは、1947年アイルランド生産の元競走馬・種である。
戦後日本競馬あけぼのを飾った偉大なる種

概要

アイルランド二冠(2000ギニーとダービー)でシリーンベンドアに遡れるザフェニックスアイリッシュオークスアドミラブル、ネアルコという血統。
当時まだ後進国だったアイルランドではあったが、そのアイルランドで屈の両親から誕生した期待のであった。
ライジンホープカツラギエース*ボイズィーボーイであり、日本とは縁がある。

が、血統に見合う一流といえる結果は残せず英2000ギニー5着、英ダービー着外など大レースではさっぱりで、4歳一杯まで現役を続けて25戦7勝で引退した。
どうもマイラーや短距離系というだったらしい。よく見積もっても二流といったところだろうか。

引退後は一旦イギリスで種入りしたが、敗戦後輸入禁止が解けた日本農林水産省によって購買され来日。軽種馬生産農業協同組合静内(現:日本種馬協会静内種馬場)で1953年より供用開始となった。
しばらく種の輸入をしていなかったこともあり、ネアルコの入った最新鋭の種人気になる……と思われたが、初年度は当時生産頭数が多かったアングロアラブ用途にはそこそこ人気だったものの、サラブレッドはそんなでもなかった。
しかし初年度からアングロアラブ界の伝説性雄セイユウが誕生。サラブレッド方面でも2年産駒からは仕上がり安田記念の初代ヒシマサルや遅咲きの天皇賞オーテモンが出現。
一躍人気として名が集まるようになり、アラブの申し込みを絞ったりして種付数をコントロールするほど。1958~60年には3年連続でリーディンサイアーとなるなど絶好調であった。

3年遅れで輸入されてリーディング4連覇を止めた*ヒンドスタンが本格的に日本に根付き始めると覇を競い合うようになり「質の*ヒンドスタン、量のライジングフレーム」と言われ双璧をなすようになった。
まあ、質と量々は半分ライジングフレームを揶揄するような面もあった。産駒の傾向として当時は重視されないが下級条件に非常に多い短距離マイル付近に最も適性があるため重厚なヒンドスタン産駒より順調に数多く勝ち上がるが、当時重賞番組が多く重視される長距離戦ではそんなに強くないため、シンザンダイコーター、リユウフオーレルら上級産駒がレースを勝ちまくりたくさんの賞を咥えてくる*ヒンドスタンに質で劣るということを言われているからである。リーディング奪還も結局の所*ヒンドスタンらに阻まれわず、1966年9月に19歳で死去した。

後継種アラブ方面ではセイユウやハマノオーら綺羅星のような活躍たちが期待に応え大いに発展させたものの、アラブ競走は徐々に衰退しそれに連れて生産頭数も減り、最終的には競走番組が消滅した00年代前半には同じくアラブ方面で生き残った*セフトの直系などと共に途絶えてしまった。
サラブレッド方面では内産種冷遇の時代にあり、インターナシヨナルやオーテモンがズッコケるなどかなり不利な情勢であったが、ヒシマサル阿部氏が手厚く護したこともあり安田記念親子制覇達成を果たしたヒシマサヒデを輩出するなど気を吐いた。
しかしヒシマサルはヒシマサヒデで評価を上げる前に有刺線に絡まって残に事故死してしまいたった3年しか活動できなかったのがあまりにも痛く、マサヒデ以外の活躍を出すことはわなかった。
そのヒシマサヒデもヒシスピードを輩出したがヒシスピード同期の持ち込みマルゼンスキーフルボッコにされ、ヒシの二代海外志向を強めてである初代が育てた系を破棄する決断に至らせるなど大きな衝撃を与えた。それでも重賞勝利を地に重ね種入りしたが虚弱体質過ぎてデビューすらままならない産駒を出しやすいという致命的欠陥を抱えたことから種としては5年で失格となってしまい、ライジングフレーム直系は絶えた。
としてはキタノカチドキら、祖母としてはニホンピロウイナーらを出すなど軽快なスピードをうまく伝えておりなかなかの活躍を見せ1973年にはリーディンブルーメアサイアーを獲得している。
現在でも日本で根付いた系の出身のにはライジングフレームの名が見られることはままあることである。

最多種付けが80頭、50頭以上を相手したのが4年しかなく、1年で北半球+南半球合わせて300える数を付けたこともあるモーリス230頭以上付けたこともある息子セイユウやなんかとべると産駒は少なく、同時期でも特筆するほど多くはなかったものの、1958年JRAでの産駒年間176勝という1999年の*サンデーサイレンスに抜かれるまで41年間残り続けた記録を立。産駒通算勝利は長らく日本記録となっていた1379勝を数え、通算重賞勝利62勝と、通算成績の面では素晴らしい数字を残し歴史に名を刻んでいる。
同じようなタイプで短距離番組が充実した後に活躍したサクラバクシンオーが歴代8位の1435勝、重賞45勝であることを考えると、もっと短距離番組が充実するのがければ更に凄まじい数字を残したであろう。
不利な状況もありながら同時期に活躍した内産のスーパーエーストサミドリ(1135勝)や質で勝る*ヒンドスタン(1258勝)、少し後に活躍した*パーソロン(1272勝)には負けなかったのだからお見事である。
このを越えたのはに入っていたネアルコひ孫80年代最強*ノーザンテーストであった。アベレージの高さではライジングフレームにも全く劣らず、29歳まで種付けしたほどに寿命かに上であったための達成であった。
その後は*サンデーサイレンス16歳で亡くなったにもかかわらず2749勝というアンタッチャブルレコードクラスのとてつもない大記録をし、サンデーの最優の後継者にして現状一の大記録チャレンジの権利を持つディープインパクト産種記録であったトサミドリの記録を最初にブレイクしたフジキセキディープと並ぶ平成後期社台スタリオンステーション双璧キングカメハメハクロフネサクラバクシンオーといった独自路線系の名種など医学の発展で種付け頭数がメッチャクチャに増えた平成世代の種ホイホイ越えていったため、今では9位の記録となっている。

血統表

The Phoenix
1940 鹿
Chateau Bouscaut
1927 鹿
Kircubbin Captivation
Avon Hack
Ramondie Neil Gow
La Rille
Fille de Poete
1935
Firdaussi Pharos
Brownhylda
Fille d'Amour Hurry On
Friar's Daughter
Admirable
1942 鹿
FNo.2-o
Nearco
1935 鹿
Pharos Phalaris
Scapa Flow
Nogara Havresac
Catnip
Silvia
1927 鹿
Craig an Eran Sunstar
Maid of the Mist
Angela Lomond
La Danseuse

クロス:Pharos 4×3(18.75%)、Cyllene 5×5(6.25%)

関連動画

ニホンピロウイナーあたりは彼の子孫なので彼の動画を見よう!
ヒシスピードが(かませで)出てるマルゼンスキー動画でもいいぞ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ライジングフレーム

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ライジングフレームについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!