松阪市単語

マツサカシ
4.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

阪(まつさか)とは、三重県中部に位置するである。

概要

もが一度は聞いた事があるであろうの産地。阪で一から育てられたの事ではなく、全各地から子牛を買い取って3年間育成したの事をす。言うなればトレーニングジム

吸収合併を繰り返した結果、東端は伊勢湾に面し、西端は奈良県に接するという三重県中部を横断する横長い面積となっている。南は多気、北は津市に面する。東西50km、南北37km、総面積623.58方kmを有し、県土全体の約10.8が松阪市である。その広大面積は、県庁所在地津市に次いで三重県2位である。伊勢平野が広がる北東部に人口が集中し、西部一帯は紀伊山地、高見山地、台高山地が連なる大自然世界である。人口は約16万ほどで、県の9%に相当する。官庁が集まる津市ベッドタウンとして人口は増加傾向にある。前は少しずつ開発が進んでいるがショッピングモールのような商業施設は全くいため、観光的で来た場合は暇を潰せる場所がい。隣の松ヶ崎駅まで行くとイオンモール上新電機などがある。背の高い建物いので、いわゆる寂れた田舎町である。

隣町の明和町や多気町は松阪市に属していないが、同地に警察署やハローワーク等がいため、行政的には松阪市の所管となっている。

にはJR近鉄が同居しており、近鉄大阪線近鉄山田線名松線紀勢本線伸びる交通の要衝。名古屋京都大阪和歌山奈良、大台方面に向かう事が出来、しかも近鉄特急にも定されているため、名古屋京都大阪からのアクセスが容易。南北連絡通路がいので、反対側へ行きたい場合は、いちいち回して踏み切りを渡る必要がある。かつては三重電気鉄道もあったが、現在廃線となっている。

かつて商人の町として栄えた古き良き並み、自然豊かな風景跡地、江戸時代古典学者・本居宣長の生などがあり、観光都市の一つに数えられる。伊勢湾に面している関係で新鮮なが採れ、も堪できるなどグルメも充実している。東方projectの登場人物こと本居小鈴聖地になっており、毎年同人誌即売会が行われている。四日市以南には同人ショップの類がいため、重な同人誌購入の場となっている。

名の由来は、かつて同地にあったと、大阪から阪の文字を貰って組み合わせたもの。江戸時代から「まつさか/まつざか」と二通りの呼び名があったが、2005年1月1日市町村合併の際に「まつさか」に統一された。漢字表記もの二通りあったが、1889年の町制移行時に阪に統一。

歴史

松阪市からは最古の土偶が発掘されたり、定史跡の遺跡がある事から縄文時代から人が住んでいたと思われる。奈良及び平安時代に入ると、都と伊勢をつなぐ拠点として交通網が整備されるようになる。伊勢神宮を訪れる人々が必ず阪の地を通るようになったため、経済的発展を遂げた。原料の綿が伝来すると、綿の栽培に適していた阪の地は一気に紡織技術が向上。海岸線で綿の栽培が行われ、「伊勢の綿が一番」と言われるほどの評価を獲得。農家には必ず機織り機があったとされ、農閑期に女性が木綿を織っていた。ゆえに木綿は現在でも松阪市の特産品となっている。

南北朝時代から約230年間は北畠の支配下となり、九代に渡って統治。戦国時代に入っても戦火に焼かれる事はく、農村一帯は至って平和だった。しかし1569年、織田信長率いる軍勢が伊勢に侵攻。北畠軍は篭を選択し、戦火が及びかけたが、直前で和したため被害かった。

今の松阪市の基礎を作ったのは戦国武将の蒲生氏郷(がもううじさと)であった。1584年、ヶ崎となった氏郷はから約4km南にあるに新たな建築。築を急ぐためヶ崎から瓦を剥ぎ取って資材とし、1587年に完成。翌年氏郷が入し、ヶ崎と上豊臣秀吉が築いた大阪から阪の文字を取ってと命名した。さっそく氏郷は下町の整備にかかり、の周りには武を配置。その外周にから移してきた神社を置いた。かつて織田信長に仕えていた氏郷は楽市楽座真似て、日野伊勢から有な商人を誘致。続いて海岸線にあった参宮伊勢街道下に引き入れ、に沿う形で商人を配置。これにより下町に多くの人が集まるようになった。また敵への備えも怠っておらず、道路をギザギザの形にして見通しを悪くし、要所要所に防御拠点となる神社寺院を置いて侵攻しづらいように整備していた。その後、氏郷は東北地方に飛ばされてしまい、1590年に阪の地を離れた。1595年に秀吉配下の服部一忠がとなるが、秀次事件の連座で易される。続いて近江日野から来た古田重勝がになる。

1600年、石田三成が挙兵すると重勝は東軍に参加。鍋島勝茂率いる西軍を撃退する戦果を挙げた。1609年に重勝が病没すると、古田重治が後継となった。そこから10年間は重治が統治していたが、1619年に石見へ転出。入れ替わる形で徳川家康の十男頼宣が紀州となったが、は置かれなかった。

江戸時代では、徳紀州伊勢領の本拠地になる。大阪商人、近江商人と並ぶ伊勢商人輩出の地で、三井(のちの三井グループ)、長谷川、小といった商が誕生。1644年から1681年にかけて大江戸に進出し、木綿を売って稼ぎまくった。伊勢神宮を訪れる人は必ず阪を通るため、様々な情報自然と集まり、それを伊勢商人同士が独自のネットワークで共有。時勢を的確に見抜き大なけていたという。持ちだった割には倹約で、伊勢商人は質素な生活を好んだ。商売上手な近江商人と伊勢商人に嫉妬した江戸っ子は「近江泥棒、伊勢乞食」と呼んでいた。成功者が多いので、武士から商人に転向したケースもあったとか。1750年頃には、江戸に店を持つ商は50をえた。伊勢商人と交友関係を結んだ江戸の文化人が伊勢神宮を参拝し、阪で句会や歌会を行った結果、他にはない独特な文化が築かれた。また開発によって伊勢街道和歌山街道が合流する地点となり、宿場町として発展。盛を極めていた。

1889年4月1日、町村制への移行で下にあった大小の村が合併。飯高阪町が誕生した。しかし明治期の1893年3月26日に大火によって町屋1318棟が焼失。当時をぶ姿はど残っていない。火事台風で破壊され、石垣のみ残っている有り様である。1909年、公園で但地方から取り寄せた50頭の雌の品評会が開かれた。これが阪における畜産の始まりで、ブランドの第一歩だった。但地方などから買い取った子牛自由に放牧させず、舎内で育成。穀物類を与えて肥えさせ、質を良くするマッサージビールを飲ませるなど底した管理と環境子牛は育てられた。その甲斐あって1923年、連合畜産共進会に出場したが入賞。その後も飯南の村を合併して大きくなり、1933年2月1日へ昇格する。1935年、全畜産博覧会では最高の名誉賞を獲得し、全に最高級ブランドが知れ渡った。

大東亜戦争の戦況が悪化の一途を辿る1944年、松阪市の学生教師は明野飛行場や四日市の造兵などに派遣され、様々な形で軍に協内の中島飛行機にも大勢の一般人学生が徴用されている。12月7日東南海地震が発生。震に近かった松阪市は大地震となり、地面が波打ったほどだった。かろうじて建物電柱の倒壊はかったものの、地下み上げるポンプが破壊され、井戸から人力み上げる羽になった。余震は何度も続き、人々の不安を煽った。帝國海軍の重要拠点があった四日市日本徴的存在の伊勢神宮が近隣にあった事から、阪もついでと言わんばかりに襲を受けた。1945年2月4日14時頃、B-29爆撃機16機が襲来。標は内の中島飛行機工場で、焼夷弾数千発が投下されて3分の2が焼き払われた。このうちの一部が西に流されて高田久保上川周辺に着弾。8人が犠牲となっている。この襲で中島飛行機工場は一時機を喪失したが、2月21日から作業再開。以降は松阪市を狙った襲はかったものの警報は何度も発され、サイレンが鳴りくたびに工員は1km先の神社へ避難していた。内に軍は駐留していなかったようで、が物顔で飛び回る敵機を迎撃した様子はかった。7月16日、松阪市上で明野飛行場から出撃した五式戦闘機24機と、硫黄島から出撃したP-51戦闘機96機が30分に渡って交戦している。

1951年12月16日、二度の大火で約700戸が焼失。さらに1953年9月20日台風13号が発生。26日に潮岬に上陸し、三重県に甚大な被害を及ぼした(伊勢湾台風)。松阪市にも暴と大が襲い、道路は冠の区別が付かないほどだった。戦後も吸収合併を繰り返し、ついには三重県2位広大面積を持つようになった。2005年1月1日嬉野町・三雲町・飯南町・飯高町を合併してめて松阪市が発足した。12月22日には非核平和都市を宣言し、核兵器絶と恒久的な平和を訴えている。これを機に毎年8月1日から15日にかけて、役所や公民館などで「戦争平和を考えるパネル展」を行っている。

主な観光地

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%BE%E9%98%AA%E5%B8%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松阪市

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 松阪市についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改