雷電(メタルギアシリーズ)単語

ライデン
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

雷電とは、メタルギアソリッドシリーズに登場する人物である。声優堀内賢雄

雷電

概要

特殊部隊FOXHOUNDに所属する銀髪の見端麗な男性。本名はジャック
冷静な性格だが、頑固な一面もある。
基本的な身体は高く、また、各種銃器兵器の扱いにも長けている。MGS2終盤以降はの扱いも習得している。
生年は明かされていないが、過去から考えると1980年代前半の可性が高い(詳しくは、MGS2でのネタバレの項を参照)。なお、MGR2018年)では線で「30代半ばだからな」と発言している。

MGS2での活躍

プラント編の主人公
2009年テロリストサンズオブ・リバティ』に占拠された上除染施設ビッグシェルに、新米FOXHOUND隊員として単独潜入。大統領を含む人質の救出とテロリストの武装解除を任務として行動する。上官であり知恵袋の「大佐」、人でデータナリストの「ローズマリー」、現地で出会った特殊部隊SEAL所属の男「イロコィ・プリスキン」らのサポートの下、任務を果たそうとするが…

(以下、ネタバレ部分につき、反転表示させて下さい)

(実際は初めから愛国者達のS3計画の演習に利用されていただけであり、彼の、かつてリベリア内戦で少年兵(チャイルド・ソルジャー)として戦っていた過去と向き合わない姿勢を愛国者達につけこまれ、記憶操作されていた。愛国者達の駒として戦わされていることを自覚しながらも、オルガ・ゴルルビッチから託された高周波ブレードを手に、因縁の相手であるソリダス・スネークを撃破する。自分が何者であるかについて深く苦悩するが、ソリッド・スネークの言葉を聞いて、自分の生きるべきを考えるようになる。その後ローズマリーと再会し、ニューヨークの雑踏に消える。)

主人公交代による批判

しかし、様々な要因によりMGS2での彼は大きな問題を残していった。

まず、彼は前作MGS主人公ソリッド・スネーク(以下スネーク)とは何の関係もないのだが、スネークを使用できる「タンカー編」が従で雷電主人公である「プラント編」がであるかのようなシステムであった上、広告では散々ソリッド・スネークを前面に立てながら、実際のゲームではプラント編の方がボリュームが多く、あたかもプラント編が本編であるかのような扱いであったため、特に雷電玉に挙げられ、かれた。

また、雷電そのものも見麗しく、しかも作中イベントによってすっぽんぽんexit_nicovideo(シモは手で隠している)で進行するイベントがあるため「腐向け」「ゲイ」などの烙印を押されるようになり、旧MGSファンとの間に論争を巻き起こした。
その他、本編中で登場人物からヅラ疑惑をかけられる(ステルス迷彩を装備すると髪の毛だけ透明にならなかったり、スペシャルアイテムとして限ウィッグ含め3種類のウィッグが登場)。
そのためか、以降の作品では雷電にまつわる美形ネタとも自虐ネタともとれるような演出が見受けられる。

MGS3での活躍

MGS3では雷電に顔がそっくりな「ライコフ少佐」というキャラが、ヴォルギン大佐直属の部下として登場する。
もっぱら(体が)ヴォルギン大佐のお気に入りであり、また「女を顧みない」ことで軍内でも有名である。
詳細は個別の記事を参照。

…というように公式でその手のネタに使われることになったキャラクターである。その後、スネークの任務遂行のためにを奪われる(当然素っ裸になる)。
また、ライコフ少佐の変装マスクを被り、ゼロ少佐に通信すると、前作の雷電批判を意識したような会話をし、ライコフ少佐に対し散々な態度をとる。
2005年東京ゲームショウではMETAL GEAR RAIDEN -SNAKE ERASERという映像が流され、そこでも不憫な役回りを演じさせられた。

MGS4での活躍

ムービーシーンのみの登場となり、操作はできない。
愛国者達に拉致されて強化外格(サイボーグ化)手術の実験体とされてしまうが、その後救出され、高周波ブレードとその人的な身体を武器にスネークサポートすることになる。
Act.2の南で、歴代の「忍者」と同様、線で最初にオールド・スネークコンタクトをとった。
その中で、MGS2以降、リベリア内戦の記憶に悩まされて生活が荒み、ローズマリーのもとを離れたことを明かす。
地において初めてその姿を現し、ものの数分で12体の月光を倒し、スネークを助ける。

(以下、ネタバレ部分につき、反転表示させて下さい)

(同じく南で、MGS2にも登場した宿敵ヴァンプと遭遇し、死闘を繰り広げる。その戦いの際に刺し違え、人工血液の透析が必要なまでに衰弱する。リキッド・オセロットのガンズ・オブ・ザ・パトリオット発動後は、まだ回復途中ながらスネークの代わりに戦うことを望むが、ローズマリーを心配する内心の思いを抑えてまで理に戦おうとするその姿勢は、スネークに諭され、徐々に変化していくことになる。全に復活した後、シャドーモセススネークの窮地に駆けつけ、不死身の体を失ったヴァンプと戦い、自ら一つの決着をつけた。
しかし、スネークリキッドの巨大戦艦アウターヘイブンから守るために、スネークの代わりにアウターヘイブンに踏み潰されてしまう。そのまま歴代忍者と同じく悲劇的な最期を迎えたかに思われたが、両腕を代償に戦線復帰し、アウターヘイブン艦内で三度スネークを助ける。口や足を使ってブレードを操り、ヘイブトルーパーの軍団と戦った。
リキッドの反乱の終結後は、愛国者達から逃れるために大佐と偽装結婚していたと判明したローズマリーと再会し、その息子ジョンとともにようやく穏な生活を手に入れる。歴代「忍者」の中で、生還を果たしたのは彼だけである。)

MGOでの特徴

パック「SCENE EXPANTION」でユニークキャラとして追加された。
専用武器は、高周波ブレード
移動速度が速く、高所から落ちてもダメージを受けない。
また、バイザーを装着することで仕掛けられたが見えるようになり、「リフアップ」が必要な段差も単独で飛び越えられる。

MPO+での特徴

MPO+で新ユニークキャラとして追加された。インフィニティミッションHARDクリアすると仲間にできる。
外見はMGS2準拠で、スカスーツを着用。専用装備は高周波ブレードステータス自体も優秀でアスリート(走りの速度が速くなる)のキャリアを持つ。高周波ブレードの威が非常に高く、オンラインでは猛威を振るった。ローリングや格闘攻撃などのアクションスネークと同様のものに変更されている。
MPOからデータ引き継ぎなどをすれば、ライコフと同時に使用可ボイスは新録されている。

METAL GEAR RISING REVENGEANCEexit

4での騒動の後、戦闘サイボーグとしてのを活かすため、かつての戦友であるボリスが代表を務めるPMSCsの「マヴェリックセキュリティコンサルティング」にSPとして勤務していた。
戦闘スタイルは以前とほぼ変わらず高周波ブレード体としたものだが、を扱ううちに日本の新陰流の理念、一人の悪をり多くの人を救うという「活人」に出会い、それを是として戦っている。

だが、アフリカでの業務中、デスペラード社による介入により警護対首相は殺され、デスペラード社の用心棒サムに敗北。自身も左と左腕を失ってしまう。その際「お前は快楽を恐れている」と看破される。

数ヶ後、デスペラード社によって首都を占拠された東欧アブハジアの政府は、事態の解決を雷電の勤務するマヴェリック社に依頼。因縁の相手に、雷電は外見を度外視した戦闘特化の新義体でリベンジを果たすため戦地に赴く。

新義体は序盤のくボディスーツのような外見からく外部筋繊維が丸出しでのような外装の着いた物になっている。新機である敵サイボーグの体液(燃料電池の燃料と自己修復ペースト)を奪い回復する様を同僚に吸血鬼のようだといわれている。

上述の事件のためか、色や言動がやや暗いが、冗談を言ったりや仲間を気遣うこともあり、今までよりも頼もしくなっている。
また、前述のカツラ疑惑も、そもそもサイボーグになった今となってはどうでもよくなった模様で、装備変更でウィッグの付け替えも出来る。

METAL GEAR SOLID V : GROUND ZEROS

条件を満たすと出現する特別ミッション「ジャメヴ・ミッション」の主人公を務める。
当初、このミッションXbox360 / Xbox One版限定の特別ミッションだったが、2014年5月1日に配信されたパッチPS3 / PS4版でのプレイも可となった。

強化格に身を包み奪われる体を持たない雷電は、スナッチャー排除の切り札として呼び出される。
ミッション海兵隊員に擬態したスナッチャーを排除し、生存者を化する前半と、離脱しようとする雷電の前に大量出現するスナッチャーを殲滅する後半に分かれる。スナッチャーは殺しても殺傷数としてカウントされない。

外見はMGR準拠だが、本作では高周波ブレードを使わずスネーク同様に銃器CQCを使用する。
スネーク較するとダッシュ速度ジャンプの飛距離が優れており、落下ダメージ効。ダッシュMGRでお染みのニンジャランであり、ぶつかった敵を吹き飛ばすことができる。
クリア特典として限定義体だった「ホワイトアーマー」や「コマンドアーマー」に着替えることも可

セリフは尋問・ホールドアップなどのアクション時のみで、MPO+と違い音スネークエフェクトを掛けただけのものになっている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%B7%E9%9B%BB%28%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

雷電(メタルギアシリーズ)

298 ななしのよっしん
2018/07/08(日) 09:31:08 ID: /AF2qt88I3
>>294
ソリッドハドソン湾の一件以前は愛国者達の存在は知らずに戦っていたし、
何よりメリルとの平和人生を全で楽しむと誓いを立てたのに、メリル断で突然姿を消した
そしてアーセナルでは、雷電の「あんた人殺しを愉しんだ経験は?」という質問も、結局はぐらかした

単に使命感だけが理由で戦いに身を投じた訳じゃないし、リキッドの摘した
「所詮戦いの中でしか生きられないし、殺人を愉しんでもいた」
と言う自分を自覚したのもソリッド戦場に戻ってしまった理由で、雷電と大差

雷電が戦いから全に離れる日が来るにしても、しばらく先だろう
299 ななしのよっしん
2018/07/18(水) 22:20:16 ID: epyuDndUK8
実際見届けてそう感じたならしょうがないけど
名前も生き方も自分で決めるを現実逃避と断じてしまうのは少し悲しい(◞‸◟)
300 ななしのよっしん
2018/07/25(水) 02:30:39 ID: zCMY8jWUeB
4で使ってたけど フォックスハウンド デッドセル コブラ部隊のような異覚めた訳じゃなかったのね・・・
301 ななしのよっしん
2018/10/06(土) 20:53:59 ID: Qiaog34n/h
>>148
と言うより、モンスーン以前の雷電が口にしていた活人と言うのは、
自分の自慰行為みたいな殺人行為を取り繕う為の聞こえが良い建前に過ぎなかったから、
(建前の偽物の)活人を捨てたまでの話で
「これは仕方ない殺しだから。嫌々だから(震え声)」なんて状態じゃそら勝てませんわ

その後の雷電こそ、必要な命を奪ってでも平和を維持し、そんな行為に快楽を覚えてしまう狂った自分も受け入れる、の活人の使い手へと昇している
302 ななしのよっしん
2018/11/12(月) 21:54:53 ID: BVtdyA+Zt/
ライジングのストーリーは、時系列的には4の後なんだけど、
ストーリー的には2の続編なんだよね。ミームとかジャックザリッパーとかAIとか、2の終盤で注されてた話が引き継がれてるし。
そう思うと、やっぱり時系列も2と4の間にすべきだったんじゃないかとも考えてしまう。
303 ななしのよっしん
2019/01/06(日) 18:37:15 ID: SxHqEYvORm
は活人だから、の殺しは綺麗な殺しだから」っていう内心での言い訳を止めて自分の本質と向き合ったのがMGRでの雷電だから悪堕ちしたとかの感想が出たのが驚きだったな

殺人鬼本質と優しい心を両立させた雷電でないとあの世界で戦い抜いて人を救うのは理だと思う
304 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 00:24:46 ID: ZBAM6dX9Po
MGRでの雷電の特殊作戦用義体を見て思うけど、アレはマヴェリック社に返納したってなってるけど、いまいち義体の仕組みがわからんのよね。
MGS4エピローグ雷電の身体に強化外格を取り付けてるのか、身体そのものを義体に取り替えてるのか、どっちなんだろ。
305 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 15:37:51 ID: 8PY9mxj000
地味に格闘のが二段
舐めプって意味で遊ぶときはこの二段蹴りのSEが小気味良い
306 ななしのよっしん
2019/06/08(土) 09:40:29 ID: MjaT2215vu
こいつもそろそろスマブラに招集されそう
307 ななしのよっしん
2019/08/31(土) 11:51:02 ID: 63C948f94o
2の時点での雷電プレイヤーという存在の暗喩みたいな存在だったので、
登場時点ですでにベテラン戦士だったスネークに対して、どうみても軍人に見えない優男を主人公に持ってきたのは意図的なもんだったんだろうなと思う
今となってはすっかり独立したキャラになったけど、2の時点でのこいつの生さと優柔不断さはなんか初々しくて良い

急上昇ワード

2019/10/18(金)05時更新