麻雀のルール単語

マージャンノルール
この記事では、4人打ち麻雀を中心に編集されています。

麻雀のルールは地域や団体などにより様々なバリエーションが存在する。一般的なルールについては解説書や本記事のWikipediaタブを参照のこと。

ここでは、現在日本で普及しているルールの中で、組織やローカルルールハウスルールにより異なる場合があるものを較し一覧にして示す。

まずは初歩の初歩。初心者のためのルール解説から

※わからない句は、個別記事をみるか、本記事下の用語説明を参考してください。

基本的に3枚の組み合わせ4組と2枚の組み合わせ1組の計14枚で役をつくり、より速く役を作ったものが和了りと言ったものです。例えば、

2m2m3m4m5m3p4p5P3p4p5p3s4s ツモ5s

自分でそのを持ってきて役が完成して和了る(アガる)ことをツモといい、他の人が捨てたで役が完成して和了ることロンといいます。

3つの組み合わせは面子(メンツ)といい、同種の数字が連続している(例:1m2m3m順子シュンツ・ジュンツ)と、同種3つを集めた(例:発発発刻子(コーツ)があります。2つの組み合わせとして同種2つを集めた(例:1m1m対子(トイツ)があり、和了りに使われたものを特にジャントウ)と呼びます。

しかし、ただ数字を並べればいいとか、なんとなく3つずつになればいいと言うわけではなく、和了る為にはいくつかの制限があります。その制限の一つに「役がないと和了ることができない」というものがあります。

役は、最終的なの組み合わせや和了り方によって決まります。上の例の場合、門前で自摸和了ったことにより「門前清自摸和」と言う役がつきます。そこに、「一盃口」(同じ順子を二つ作る)と、「三色同順」(子・索子・筒子それぞれで同じ順子を作る)と、「断ヤオ九」(全体をヤオ九=1・9・字以外ののみで作る)、あとおなじみの「平和」で計6+ドラ1で7となります。
※詳しい役の説明については、「麻雀の役一覧」を参照

翻(又は)とは、その役の得点みたいなものです。符はその役の作り方や待ち方によって変化します。最終的にこの翻と符で点数計算を行います。
※詳しい点数計算の方法については、本記事下の「得点計算方法の概要」を参照

ドラとは、ボーナスです。その場の最初にドラ表示がめくられます。しかしドラ表示と同じドラというわけではなく、ドラ表示の次の順のドラとなります(例:ドラ表示が三のとき、ドラは四)。1につき1翻つきますが、役ではないのでドラのみでの和了りはできません。

基本的なゲームの流れとしては、自分の順番が来たら手前にある裏向きの(山)から1枚取り、その後手元にある全てのの中から1枚選んで捨てると言う事を繰り返します。も和了らないまま山のが残り14枚になった時は流局りゅうきょく)となり、基本的に各プレイヤー聴牌テンパイ)であるか否かで得点の配分を決めます。聴牌とは、あと1で和了ることができる状態のことです。

なんといっても、まず役を覚えることが重要です。以下は、初心者でも覚えやすい役です。

  • 立直(役がなくても、基本形が出来ていれば、立直してあがることが出来る。門前のみ)
  • 門前清模和立直がなくてもツモればいい。門前のみ)
  • 役牌(鳴いても役がつく。字ならなんでもいい訳ではないので注意)
  • 断?九(タンヤオ。通常鳴いても役がつく)
  • 混一色(鳴いても役がつくが、安くなる。役牌を入れて点数を上げたい。字ければ清一色となり点が高くなる。逆に字のみだったら字一色役満になる)
  • 七対子(対子を7つ作る。これは役の作り方が特別。対子のみで構成されるため必然的に門前のみ)
  • 対々和(刻子を4つ作る。鳴いても役がつくので楽だが、慢して七対子を狙っても良い)
  • 国士無双(なんとなくかっこいいから。ヤオ九一つずつだから。という理由で親しまれている)
  • 平和ピンフ。基本中の基本だが条件が意外に複雑なため、コレがあがれる様になったら役に関しては初心者卒業

※詳しい役については、「麻雀の役一覧」を参照

概要

以下のルールについて較を行う。

アリアリ 関東周辺のアリアリルール
関東周辺のルール
雀荘 関東周辺のフリー雀荘ルール
プロ プロ団体のルール
競技 いわゆるリーチ麻雀とは異なる競技ルール

コンピュータゲームプロ麻雀漫画雀荘ブー麻雀は競技にそれぞれ近い。

アリアリ 雀荘 プロ 競技
半荘戦、東戦の別 決めによる 半荘 いずれもある 半荘 半荘
西入 決めによる なし 通常なし なし なし
縛り(ある場合は5本場から) あり あり 通常なし なし なし
後付け(元先付け)* あり なし 通常あり あり あり
振り聴片和了りロン 通常チョンボ チョンボ チョンボ チョンボ チョンボ
親の連荘条件(聴牌連荘かアガリ連荘) 通常聴牌連荘 通常聴牌連荘 ハウスルール 聴牌連荘 アガリ連荘
オーラアガリ止め(聴牌止め) 通常あり なし 通常あり なし なし
ダブロン 決めによる 頭ハネ ハウスルール 頭ハネ 頭ハネ
三家和 流局が多い 流局 頭ハネまたは流局 頭ハネ 頭ハネ
ダブロン時の積み棒 取り - ハウスルール - -
ダブロン時の連荘条件 親が上 - ハウスルール - -
振り聴立直 あり 発覚時チョンボ 通常あり あり あり
立直ロン見逃し自摸和了 あり チョンボ 通常あり あり あり
オープン立直 決めによる なし 通常なし なし なし
残りツモ番がない時の立直 なし なし 認めるルールもある なし なし
一発 あり あり 通常あり あり なし
ドラ あり あり 通常あり あり なし
立直後の暗(注1) あり あり 通常あり あり なし
ダブル立直後の途中流局 通常なし 通常なし 通常なし 団体により異なる 流局なし
立直 通常流局 通常流局 続行 団体により異なる 続行
喰い替え 通常なし なし 通常なし 団体により異なる あり
ドラは常に即めくり 決めによる 時は打了後 通常即めくり めくり -
国士無双ロン 決めによる 決めによる ハウスルール 団体により異なる なし
四槓子聴牌者がいる時の5つカン なし なし なしまたは流局 なしまたは流局 あり
大明槓包(注2) 決めによる 通常あり 通常なし 団体により異なる なし
九種九牌、四連打 通常流局 通常流局 ハウスルール 団体により異なる なし
流し満貫 通常あり 通常あり ハウスルール なし なし
途中流局時の親の連荘 決めによる 決めによる 通常輪荘 団体により異なる -
待ちを全て使いきった聴牌 ノー聴扱い ノー聴扱い 通常ノー聴扱い ノー聴扱い -
数え役満 通常あり 通常あり ハウスルール なし なし
ダブル役満(複合を認めるか) 通常あり 通常あり ハウスルール なし なし
本場 300 300 300点または1500点 あり なし
聴牌 3000点 3000点 通常場3000点 あり なし
切り上げ満貫 通常あり 通常あり 通常あり あり なし
喰い平和形の出和了 30 30 30 30 20
通常2符 通常2符 通常2符 4符 通常2符
頭の符と単騎2符の複合 あり あり ハウスルール あり なし
嶺上開花ツモ 決めによる 決めによる ハウスルール なし あり
役満包時の他者振り込み 折半 折半 折半 折半 -
人和 役満/倍満/満貫 役満/倍満/満貫 ハウスルール 認める場合は満貫 なし
ドラ 決めによる なし 通常あり なし なし

*後付けと先付けの意味

先に役を確定させること
現在 先に副露して、後から役を確定させること(詳しくは後述)

最近は混乱する為、現在の定義を「後付け」と呼びます。

比較表の語句の説明

用語説明

用具の名称

ルールや用を説明する上で必要なので……。

・字については「麻雀牌」を参照

他の物

サイコロと点棒

  • サイコロ
    基本的に二つ使う。使いは親決め他色々。卓の中心に埋め込まれているのが流で、なぜ自動卓でも本物を使うかというと、お年を召した方がやる場合、「機械で決めるなんて、本当にランダムなのか?」ということがあるので、自分で振るものが多い。ただし最近ではサイコロが液晶表示であったり、配牌まで自動で出てくるためサイコロがなかったりする全自動卓も登場している。
  • 点棒100点、1000点、5000点、10000点の4種類ある(全自動卓の場合はこれに加え500点棒がある)。最初は、2万5000点持ちだと「100点:10本 1000点:9本 5000点:1本 10000点:1本」。点棒の雰囲気的に言うと、100点は[::::]500点は[:::::]1000点は[]5000点は[:・:]10000点は[・・:・:・・]こんな感じ。全自動卓でも点棒は付属していて、センサーICチップなどにより点に何本入っているかを感知して表示しているものが流である。
  • マーク
    プラスチックの表に「東」裏に「南」とかかれたもの。最初に親だった人のところにずっと置いておき、南入時にひっくり返す。

動作や状態における用語

  • 自摸ツモ
    • 山からをとること。
    • 聴牌(後述)の時に、自摸ったら和了がきて、和了ること。
  • 鳴く(副露・喰い)
    ポンチー・明・加をすること。それをしないことを……↓
  • 門前(メンゼン)
    という。暗は鳴いた事にはならないので、しても門前となる。
  • 喰い下がり
    鳴いても成立する役の中で、鳴くと1翻下がるものがある。これを喰い下がり役という。
  • 聴牌
    最近ではテンパイカタカナ表記が多い。あと1枚和了がくれば和了という状態。門前であれば立直する事ができる。立直とは……↓
  • 立直
    門前で聴牌であるときに、捨てを横向きにして「リーチ!」と発し、場に1000点棒を一本出す。論、1000いときは立直できない(ハコ下ありの場合はできる)。立直後は和了、ツモ切り、暗しかできない。
  • 立直
    漢字で書いてあると読めないが、いわゆるダブルリーチである。ただしビンゴパチンコなどとは意味が違い、最初に配られたからいきなり立直をかけること。他細々なルールがあるので、それは「麻雀の役一覧」を参照。ちなみに1巡に和了した場合天和地和(共に役満)になる。
  • 一向聴
    聴牌の一つ前の状況。一向聴の前は二向聴と、それに準じて○向聴となる。最高6向聴まである。
  • 不聴
    最近ではノーテンとカタカナ表記が多い。聴牌でないこと。これによって罰を受けるルールがある。

チョンボ・反則行為について

  • チョンボ・和了放棄
    反則行為を行った場合の罰のことをいう。基本的には和了放棄と局終了後の満貫(後述)払いである。和了放棄といっても和了を禁止にするだけではなく、自摸切り(自摸ったをそのまま切る)する(雀鬼流では、パオ確定については手から切る)。が、ノーレートや友人・家族同士の場合は適用しないか、1000点支払いや、手一発芸などとローカルにして楽しくやっても良い。
  • ・少
    文字を見てのごとく、手持ちが多かったり、少なかったりすること。まぁ、ネット麻雀ゲームなどではありえない……はずなのだが……時にバグであるとか? 基本的に和了放棄のみの罰則が多いが、多に限りイカサマも可であることから罰符とすることもある。
  • 誤鳴き・誤立直・誤和了
    間違って鳴いたり、立直したり、和了ったりすること。これは、友人・家族同士だと「ゴメンゴメン」で済む場合が多い。が、を倒したら大人しく罰を受けたほうが良い。

※詳しくは、こちらexit

ルールについての用語

ウマ・オカに関しては、実際やるときは使わない場合が多いが、ネット麻雀ゲームソフトについては、適応されたりする。

  • トビ
    持ち点が0以下又は0未満(ルールによって異なる)になった場合、その試合を終了するルールソフトによる。
  • 一荘戦
    東一局から北四局までやる試合の事。現在この長さをやることは少ない。
  • 半荘戦(東南戦)
    現在の一般的な長さ。東一局から南四局

  • 東場だけしかやらない。最近半荘から東に移りつつある。ネット麻雀ゲームソフトでは半荘と両方用意されている場合が多い。が、手軽にできる東のほうが賑わっている場合が多い。

この記事は書きかけです。(要脚注)

得点計算方法の概要

符数はすべて1の位を切り上げる。

その後に以下の計算でめられる。

4飜以下の場合

子が得る総得点:
 ロン上がりの場合:相手から:符数×2(数+2)×4
 ツモ上がりの場合:
  親から:符数×2(数+2)×2
  子から:符数×2(数+2)×1

親が得る総得点:
 ロン上がりの場合:相手から:符数×2(数+2)×6
 ツモ上がりの場合:相手から:符数×2(数+2)×2

以上の計算結果はすべて十の位以下を切り上げる。

また、符数×2(数+2)の結果が2000える物はすべて2000とする(つまり満貫とする)。

5飜以上の場合

 4以下のケース符数×2(数+2)の部分を以下の数に置き換えて計算する。

一般的な得点計算方法

 得点計算と言っても符数と数の組み合わせで決まる上に、得点計算が必要なケースは4以下であるため、計算式を覚えるよりも得点計算表を覚えるが一般的である(九九よりもその組み合わせは少ないのだから)。

 得点計算式から以下の規則を前提にすると、記憶するのはそれなりに容易である。

  • 数がひとつ上がると得点がほぼ2倍
  • 符数が2倍になると得点がほぼ2倍
  • 以上の事より、数がひとつ上がることと符数が2倍になることは同じ事である。つまり、40符320符4に等しいし、25符250符1も得点計算においては等しい。
  • 親の得点は子の得点のほぼ1.5倍となる。

一般的でない得点計算方法

 以下に、一般的でない得点計算方法を載せる。

  • 青天井ルール方式:満貫などの固定得点を使わず、すべて計算式に当てはめて計算する方式。
  • 満:一億点

青天井ルールにおける得点計算の例

140105(天地創造:ビギニングオブザコスモス)で子の場合

総得点:140×2(105+2)×4

となり、こうなるexit

日本以外の麻雀ルール

なお、中国台湾には全く別の体系のルールがある。
麻雀と呼ばれる中国政府導で作られたルール
中庸麻雀と呼ばれる麻雀研究により作られたルール
1メンツ多いのが特徴の台湾麻雀の3つが有名である。
麻雀や中庸麻雀は競技性が重視されている。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BA%BB%E9%9B%80%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

麻雀のルール

70 ななしのよっしん
2013/05/19(日) 04:49:48 ID: 6yfRL1ildo
プロは連頭で4符ってなってるけど、確かこれは団体によって違ったはず
4符としている団体もあるけど2符としている団体もあるって何かで読んだ
71 ななしのよっしん
2013/07/30(火) 18:46:33 ID: RmKpM5ncL8
そんなことより基本事項である振り聴についての記述をだな
72 ななしのよっしん
2014/04/07(月) 16:36:53 ID: IJWtsghARb
記事の「お年を召した方」って書き方がくどく感じる
慇懃礼っていうか
73 ななしのよっしん
2015/11/12(木) 20:38:20 ID: MbGrneU7lV
全先付けなんて滅べばいい
鳴く前にしようが振聴立直しようがこっちの勝手だろ
ついでに言えば暗と明ドラに何の違いがあるっていうんだ馬鹿々々しい
74 ななしのよっしん
2016/11/10(木) 09:00:19 ID: 9NXzR4RPzx
>このとき、待ちを全て使いきった聴牌は一般的に聴牌とはみなされない。

これ一般的かあ・・・?
事実上あがれないだけで形テンは付くって認識だったが
75 ななしのよっしん
2017/04/08(土) 03:49:52 ID: 0GBxldk9R4
>>74
全然一般的じゃないと思うぞ

>>68
福本は結構適当に書いてるからあんまり当てにしないほうがいい
ダブロンは基本頭ハネなのになぜか一箇所だけ両取りになってたりするし
76 ななしのよっしん
2017/11/12(日) 16:53:40 ID: V7GUGcw4ud
教養みたいなもんとして覚えておきたいとは常々思ってるが本当わけわからん…
伝手がないと出来ない一見さんお断りの大人の遊びだよなー…
77 ななしのよっしん
2017/11/13(月) 03:28:08 ID: InDNNu1/TP
>>76
ネット麻雀天鳳というものがある
点数計算とか自動でやってくれるから敷居は低いよ
78 ななしのよっしん
2018/04/01(日) 13:38:56 ID: bIcDxivkJG
大富豪と一緒でローカルルールが多すぎ。
賭けてやったら揉めそう。
79 ななしのよっしん
2019/05/21(火) 16:50:55 ID: 4CILd8qx5h
>>68
>>75
2年以上前の書き込みにレスするのもあれだけどの二人麻雀アレはちゃんと「ルールはいくつかあるけど二人麻雀では認めている」って注釈があるよ
まあダブロンと頭ハネが混在してたのはミスだろうけどそこだけ抜き出して適当っていうのは流石に雑すぎるのでは
基本的にかなり緻密に描かれてるよ

急上昇ワード