今注目のニュース
【大阪】駅のホームから電車が来る直前の線路に「爆竹」を投げるおじさんが目撃され物議!
『天気の子』新海誠監督、『時をかける少女』細田守監督など…好きなアニメ映画監督といえば?
小沢真珠が「ルパンの娘」撮了、家族の協力にも感謝

全国統一単語

ゼンコクトウイツ

掲示板をみる(187)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

全国統一とは、以下のいずれかをす。

  1. 行政・体制・事柄などを全各地で一元的、一的に行うこと。今日では「~~」と省略されて使用されることも多い。ex.全国統一学力テスト
  2. 日本を一つの勢下に治める事。一般的には天下統一と同様の使われ方がされる。ex.豊臣秀吉の全国統一。この記事でに記述。

その定義上、歴史的、政治的要素が非常に強い言葉である。

前提

歴史上、数の国家亡しており、国家はそれ以前の国家から領土だけでなく歴史民族も引き継いできた。その結果、それぞれの地域で一定の領域を自分の国家民族その他に属する土地と見做すようになっていった。

それぞれの国家民族はそれらいわゆる『伝統的な領土』を全て単一政権の支配下に置くことを願うことが多く、それを達成した時に「○○統一」ということがある。ex.始皇帝中華統一、東西ドイツの統一。

しかし、統一政権も時代を経ると勢が衰え、地方への影を失うのも歴史の常であり、そうなると再び地方は中央の統制を離れ、統一は崩され国家は分裂する。そしてその分裂した勢の内から強大になり周囲をまとめ統一を成し遂げるものが現れ再度統一する、と言うのもやはり歴史の常であり、人類の国家は統一と分散を繰り返して成長してきた。

何故統一と分裂を繰り返すのか

何故国家が分裂するかと言えば、突き詰めてしまえばコストパフォーマンスの問題である。中央集権を成立させた国家は大きなを得るが、それを維持するためのコストも相応にかかる。中央から遠く離れた辺の防衛のための兵の駐屯は言うまでもなく、徴税などの国家としての日常業務でさえ、中央から遠く離れた土地にまで徴税官などの人員を派遣・配置しなければならず、その人的経済的負担は土が大きくなればなるほどに増大していく。

中央政権がを失った際に、この地方維持のコストを軽減しようとすると一番手っ取りいのが現地の人員に大きな裁量を与え丸投げしてしまうことである。この「地方の細かい事は全て任せるが、しっかり中央に税を送れ」という体制は確かに中央の負担を減らすことにはつながるが、同時に地方に大きな権限を与え、ついには独立化する事さえあり、そうすれば国家は分裂する。

近代では中央がらせられる範囲にはどうしても限界があり、地方に大きな裁量を任せるしかなかった。その妥協の結果として打ち出されたのが封建制などの緩やかな支配体制である。近代になると技術の発展により交通・通信技術が進化し、それに伴って中央政府の影が届く範囲が広まるにつれ、それぞれの国家は統一を推し進め近代中央集権国家を打ち立て、民に国家への帰属意識を持たせる近代国家へと変貌していく。近代中央集権国家への脱皮に成功したヨーロッパに多く、この波に乗り遅れた々は列強からの脱落を余儀なくされた。

日本における全国統一

上記の流れは日本でも同様であるが、日本の場合の特異な点として古代からの王天皇)が一度も変わらないままそのまま継続していることが挙げられる。歴代の政権は朝廷の役職などに任じられ天皇の代理として政治ることが多く、統治体制はともかくとして日本は「国家」としてはずっと統一状態であるという見方もできる。

しかし、歴代の政権の統治方法については一つとして同じ物はく、飛鳥時代の公民制、平安時代地荘園制、中世の封建制、江戸時代の幕体制、そして近代での中央集権など、時代によって大きく様変わりする。特に『全国統一』という言葉が最も多く用いられるであろう戦国時代においては名上は『日本』という一つのであってもその内実は独立した領たちの争いの時代だった。

そして、もう一つ覚えておきたいのが日本における『全』という言葉の定義である。現代においては全とは日本列島北海道本州四国九州)およびそれに付随する々のことをすが、歴史上の『全』という言葉はこれらの領域の一部が含まれない事も多い。逆に大日本帝国期では朝鮮半島台湾など日本列島の外の領域も領有していた。そのため、一口に『全』と言ってもその時代時代によってし示す領域は異なる。

それを踏まえて以下では日本の各時代の統治体制を見ていく。

天皇中心の政治の始まりと終わり(古墳時代~平安時代)

弥生時代に各地に現れたクニはやがて大王(おおきみ、後の天皇)を中心とする族の連合であるヤマト王権による一応の統一を見た。しかし、この時のヤマト王権の勢範囲は九州から関東程度までとみられ、以後、ヤマト王権は九州地方襲や東北地方夷などに征を繰り返してさらに拡していく。

ヤマト王権はやがて日本と名乗るようになるが、有族はトップに立つ天皇をしのぐほどのを得て、その存在を脅かすこともあった。これに対して天皇中心の政治を行おうとして様々な試みがなされた。聖徳太子の制定した十七条憲法や冠位十二階などは有名である。また、有族排除のために中大兄皇子により起こされたクーデターの変であり、その後に行われた大化の改新族のをそぎ天皇を増すためにすべての土地と人民は天皇に属するとした公民制を敷いている。さらに制のもとで制度を整え、全の支配体制を確立させた。

この時点での支配体制は中国県制を参考にしており、本州四国九州と一部の離に設置された66かに対して中央から国司派遣して統治にあたらせた。民には戸籍の記載にのっとって地から口分田を貸し与え、その代わりに租庸調その他の税を取る仕組みだった。

しかし、奈良時代になると墾田永年私財法の執行に伴い、貴族寺院などが私有地である荘園を広め、公民制は揺らいでいく。平安時代になってもさらにその流れは続き、荘園制と呼ばれる広大な私有地が存在する体制が確立され公民制は全に破たんした。以降は中央の管理は行き届かず、地方の収税などはその地方に赴任した国司など大きな権限が与えられるようになり、緩やかな支配に移行する。

また、荘園制が確立すると各地では荘園を都の大貴族に寄進し、都に滞在するその貴族に代わって自らは荘園の管理者の役割を与えられるものが生まれる。これがのちの武士の原となっていく。

荘園制が成立した時点で公民制による全国統一体制は崩れているが、天皇を頂点とした名上の国家としての統一は変わっていない。

この時代には「一所懸命」という言葉も生まれ、個人の土地への執着がいかに強くなっていたかが分かる。

武士の時代(鎌倉時代~南北朝時代・室町時代)

各地で生まれた武士の中でも平氏源氏をつけ、太政大臣平清盛政権を経て、源頼朝鎌倉幕府が成立する。征夷大将軍と言う権威を以って武士を統率する時代の始まりである。

鎌倉幕府では将軍と御人はいわゆる「御恩と奉」の関係によって結ばれ、御恩はに土地の所有権を認めることによって成り立っていた。また、各地に存在する荘園ごとに地頭を、ごとに守護を置き、武士の土地支配を強化していった。地頭は荘園の支配権を本来の持ちである中央貴族から奪うこともあり、中央からの統制がますますきかなくなっていった。後鳥羽上皇による承久の乱朝廷側が敗れると鎌倉幕府のは西にもおよび、逆に朝廷はより減衰し全の実効支配権は武士へと移動した。

などで疲弊した鎌倉幕府を倒して後醍醐天皇建武の新政を始めると、統治体制は一時的に天皇中心の中央集権体制に戻るが、すでに大きな勢となっていた武士視する事は出来ず、武士から大きな支持を受けた足利尊氏によって後醍醐天皇され天皇(北)が立てられた。また、足利尊氏によって室町幕府も立てられ、武士政権も復活した。しかし、後醍醐天皇奈良吉野に移るとそこで南を立て北に対抗し、二人の天皇二つの朝廷が並立する南北朝の時代が訪れた。ある意味日本国家としても統一が崩れ分裂した時期である。南北朝の争いはその後半世紀以上も続くが、最終的には室町幕府第3代将足利義満によって終焉を迎え、朝廷は再統一された。

室町時代になると武士による各地の荘園の蚕食はますます進み、荘園領制に大きなダメージを与えた。また、各地の守護に与えられた権限が強化され、守護大名へと成長した。これらの守護大名室町幕府の要職も務め、室町幕府は実質守護大名の連合政権であった。

群雄割拠から天下統一へ(戦国時代~安土桃山時代)

歴史るうえで全国統一という言葉が最も多く登場するのがおそらくこの時代である。織田信長豊臣秀吉徳川家康の三英傑による全国統一の完成により、現在日本の形がほぼ確定したといえる。

応仁の乱室町幕府が衰え、中央からの統制が難しくなった地方ではより現地勢が勢を強めた。そして生まれたのが守護大名よりもより地方に根付き、強を持つようになった戦国大名である。

上の天皇を頂点とするの体制は存続しているものの、この当時の朝廷はもはやまともな儀式を行う経済基盤すら残っておらず、支配体制としての全国統一は全に崩れている。

今川武田などに代表される『分法』も中央による支配から抜け出し、地方のことは地方で決めるという的の法律であり、下上の潮も相まって全は多いに乱れていた

その中で全国統一に乗り出したのが知らない人はいないであろう織田信長であり、その政権末期にはいよいよ全国統一が近い事を思わせる内容の手紙などが残されている。

しかし、織田信長は全国統一を前にして本能寺の変で倒れ、その統一事業は信長臣である豊臣秀吉が引き継ぐことになる。秀吉関白に就任するなど失われていた朝廷の権威も復活させて利用し、最終的に関東の北条を滅ぼすことで1590年に全国統一を成し遂げた。

秀吉の全国統一は各地の大名の上に軍事経済的に上回り、朝廷の官位という権威も備えた秀吉が君臨する形で成立しており、大名は秀吉に臣従する形で存続した。中央政権による地方への影州征伐などの軍事徳川家康関東転封などの形で表された。しかし、秀吉の死後はこの体制が崩れ、豊臣の内紛を経て、臣の筆頭であった徳川家康が大きなを握ることになる。

全国の領域の広がり

室町時代から津軽海峡北海道側に本拠地を置いていた蠣崎氏が、秀吉によって本領安堵されている。

幕藩体制の成立(江戸時代)

1600年の関ヶ原の戦い家康勝利すると、1603年には征夷大将軍に就任し、江戸幕府を開く。さらに1615年に大阪の陣豊臣を滅ぼすことによって徳による全国統一が成し遂げられた。江戸幕府の全国統一も秀吉の体制を踏襲しており、各地の大名の上に軍事経済で上回る江戸幕府が君臨する形は継続した。江戸幕府と各地の大名は臣従関係を結び、この体制を幕体制と呼ぶ。

江戸幕府は大名・武士に対しては武諸法度、公家朝廷に対しては朝廷公家諸法度を出し、全の統制を強めた。また、大名の取りつぶしや転封などによって直接的な地方への影も確保している。

しかし一方で、この時代でもなお各地の大名たちは一定の自治権を保持し続けており、札と呼ばれる独自紙幣の発行、口止番所と称した関所の設置なども行われていた。

この体制は非常に安定しており、以降260年にわたり平和な時代が続くことになった。

全国の領域の広がり

北海道南部蠣崎氏から名前を変えた松前氏松前を設立した。しかし、北海道全体はいまだ夷地と呼ばれ、日本に組み込まれたとは言えない。江戸時代後半になると間宮蔵などによる探検も進められた。

また、沖縄琉球王国薩摩が支配下に置いたが、琉球王国としても存続させ中国などとの中継貿易が行われた。

近代国家日本(明治時代~現代)

ペリー船来航から始まる幕末の争いを経て、日本明治政府によって支配される体制へと移行した。さらに版籍奉還と置県によって各地の大名も消滅し、全は一的に中央政府に支配される体制となる。

以降、140年以上に渡り、太平洋戦争後のGHQによる体制を経つつ、一つの中央政府日本を支配する体制は維持されている。

全国の領域の変遷

北海道全に日本の領土として組み込まれた。北海道の名前自体、制の五畿七に新たに加えられた一としてのものである。これ以降、全は五畿八となった。

また、沖縄琉球を経て沖縄県として日本に正式に組み込まれ、琉球王国は解体された(琉球処分)。

大日本帝国期の戦争を経て海外領土を得たこともあるが、太平洋戦争敗北に伴いすべて失った。また、太平洋戦争後には小笠原諸島沖縄などがアメリカの統治下におかれたこともある(後に復帰)。

全国統一の恩恵

実効支配が可な全国統一体制の最たる恩恵としては一元的な命系統と、一的な制度、体制の導入などが挙げられる。

特に、災害戦争といった有事の際における全国統一体制の恩恵は非常に大きなものがあり、例えば一部の地域が地震などにより大きな打撃を受けても全からの援助によって復が容易になる。これは現代日本においても例外ではないと言われている。

現代では大地震などが起こると直ちに内閣によって対策室が設置され、国家規模で補給物資の輸送体制や自衛隊派遣などが実施されるようになっている。また、江戸時代に起こった富士山の宝永大噴火の際には領地での噴火の被害があまりに大きく自不可能だと判断した小田原が幕府に領地を返上し、幕府側は幕府直轄領となった地域を全から復を徴収して復にあたったという例もある。

戦争においてものすべてを一方向に向けることができ、実際に全国統一後に行われた豊臣秀吉朝鮮出兵などでは尋常ではない数の兵士を渡っている。明治昭和に行われた対外戦争でも全国統一体制であったからこそあれだけの戦を抽出できたといえる。

また、経済的な恩恵も大きい。

豊臣秀吉の全国統一の際には全豊臣直轄の太蔵入地が設定され、交通の要所や商業の中心地を押さえたほか、全の特産物などを収集する拠点となった。ここで集められた富は豊臣政権の経済の基盤を支えた。

江戸時代でも同様の幕府直轄の領が置かれたが、それ以上に東運や西運と言った路や、五街道などの陸路による流通網の整備により経済の発展が起こった。また、江戸時代には幕府が全要な金山山を管理するようになったおかげで全で通用する貨幣の流通が出来るようになったのも経済発展に拍をかけ、各地の大阪に蔵屋敷を置き、各地の特産物を運びこんで売買する事で収入を得た。

これらの事は実効支配可な全国統一体制により可となった事である。

明治時代になると版籍奉還と置県により全の税収が明治政府に一括して納められるようになり、予算は拡大してより効率的な国家運営が可となった。

全国統一の弊害

全国統一は中央政府が大きなを持つ中央集権よりの政体になるのとほぼ同義であり、地方の権限は抑制される。こうなると本来ならば地方だけでやれていた事業さえ中央政府の顔色をいながらでしかできなくなる。

また、同様に一度中央政府を通さなくてはならない事で隣り合った地方ごとの連携の欠如や、実情への対処の遅れなどが発生しやすくなる。

近年では地方分権、地方自治の強化、道州制議論などによる、従来の「緩やかな支配体制」の再評価なども行われている。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 185ななしのよっしん

    2017/07/08(土) 16:27:41 ID: 9GWvXySuNB

    http://dic.nicovideo.jp/r/u/131386/2505817
    遅れましたが、こちらが最終試案になります。差し替えは明日を予定してます。

  • 186ななしのよっしん

    2017/07/10(月) 02:30:48 ID: 9GWvXySuNB

    記事の差し替えを実施しました。

    さて、次は天下統一の記事か、織田信長の記事をどうにかしないと

  • 187ななしのよっしん

    2017/07/10(月) 17:15:27 ID: DGgxI2Eimu

    >>186
    作業お疲れ様でした。

    個人的には次は天下統一ですかね……そこから信長に繋げたい感じでしょうか。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP