Phasmophobia単語

ファズモフォビア

5.8千文字の記事
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Phasmophobia(ファズモフォビア)とは、Kinetic Gamesが開発する心霊調ホラーゲームである。
4人までのマルチプレイVRに対応している。現在アーリーアクセス中。

余談だがPhasmophobiaとは英語で「幽霊恐怖幽霊恐怖症」という意味の単らしい。

概要

ゲーム情報
ジャンル ホラー
開発元 Kinetic Games
販売元 Kinetic Games
機種 Win
配信日 2020年9月19日
価格 ¥ 1,420
その他 --
ゲームソフトテンプレート

プレイヤー超常現象や不審死が発生した建物派遣される調員となって、次々に起こる心霊の中からゴーストの特徴である「拠」を集めて全21種類のゴーストの中からその種類を特定するのがゲーム的となる。

建物の中でゴースト達は、物などを動かす「干渉」、姿を見せたりして脅かす「超常現象」、一定時間の間積極的にプレイヤーを殺しに来る「ハント」など様々な行動を取る。
プレイヤーは殺されないように注意しながら調具を使ったり観察する事で「拠」を集めていかなければならない。

ゲームの要素として音声認識が採用されており、調の手段として使われるほか「怖い」「やばい」「理」などプレイヤーが怖がる言葉も認識してゴースト行動に反映させる仕組みになっている。

ゲームの流れ

調のしかたは自由であるためゲームシステム的な区分のない部分もあるが、一般的なプレイスタイルにおいて便宜上の区分けをして解説する。

到着

マップ難易度や持ち込むアイテムを選択してゲームを開始すると、トラックで現場付近に到着した場面からゲームプレイが始まる。

到着後は直ぐに探索に出かける……のではなく、ひとまず安全なトラック内で調の詳細確認を行おう。
トラック内で確認できる情報はいくつかあるが、まず確認するべきはホワイトボードでここには「4つの標」「調地点に出現するゴースト名前」「ゴーストに関する追加情報」が記載されている。

標の1つはもちろんゴースト特定する事だが、それ以外の3つはサブミッションとなり、達成すれば追加報酬が出るがクリアせずとも問題はない、特定具がないとクリアできないミッション普通に表示される為、あくまで出来たらけもの程度の認識でいいだろう。
ゴースト名前名前を呼ぶことでゴーストの反応を積極的に引き出せる場合があり覚えておいて損はないだ。追加情報は……ゴーストの反応する条件らしいのだが如何せん曖昧だったりする場合が多い。あくまで参考程度にしておくべきか。

次に確認するべきなのホワイトボード横に4つ、田の字に設置された各種モニター類。
左上から半時計回りの順にそれぞれ「マップ」「チームの正気度」「ゴーストの活性度」サウンドセンサーの反応」を表示している。
取り敢えずは左上モニターに表示された建物の見取り図を見て階段とブレイカーの位置(印)を確認しておこう。モニタ左下にある四スイッチを押すことで地下や二階マップに切り替えも可である。それ以外のモニタ類は調開始後に役立つ物なので取り敢えずはスルーして問題はない。

これらの事前準備が終わったらトラック内に配置してある調具(同時に持てるのは3つまで)と、ホワイドボード向かいにあるパソコン机の上に置かれた「」を確保して調に出発しよう。当然だががないと建物ドアは開けられない。

探索

玄関のドアを開けた時点で調開始となりゴーストを覚まして活動を開始する。

調ゴーストを見つけるため、まずはゴーストルーム(建物内でゴーストが住み着いている場所)を探すことになる。探しながらゴーストドアを開けたり物を投げたりする音が聞こえないか、写真テーブルの食器が床に落とされていないか注意深く観察し、また同時に隠れられそうな場所(クローゼットロッカー等)や追加報酬の対となる呪いアイテムがないかも見ていこう。

ルー特定に一番手軽な方法は全てのゴーストが滞在している場所は気温がだんだんと下がっていく(特に特定ゴースト氷点下まで下がる)事を利用した温度計を用いる探索……なのだが初期の配布具には温度計が含まれていない。拠としても採用される氷点下まで気温が下がればプレイヤーキャラの吐く息がくなる為、温度計を持っていなくても判別自体は可ではある。

未所持なプレイヤーゴーストの発する電磁波を探知するEMFリーダーを用いて反応の多い部屋を探すのが次善の策だろうか。

調査

ゴーストの居場所が分かったら調具を使って「拠」を集めていく段階に入る。
ゴーストルームを観察する、ゴーストが干渉した場所を調べる、ゴーストの反応を待つ、ゴーストに積極的に働きかける、など拠の種類によって様々な動きが要される。

ある程度探索して時間が経過した頃になると問題になるのがプレイヤーの「正気度」(要はSAN値)で
之は暗い部屋に留まったりゴーストに脅かされる事等で下がっていき、数値が下がるとゴーストが活発になったり「ハント」をしてくるようになる。
アクションが起きること自体は拠を集めやすくなるメリットともなるのだが、ゴースト方を狩りに来るハントが起きてしまったら出来る事はほとんどない。見つからない場所まで逃げハントが終わるまで隠れなければならない。

こうして発見した拠をジャーナル画面でチェックしていくと拠が該当するゴースト、つまり可性のあるゴーストを自動で絞り込んでくれる。
ゴースト特定できたらメイン標は達成できるのでそこで帰ってもいいが、上述した通りプレイ毎にサブ標が3つ設定されるのでその達成をしたり、写真による追加報酬を得るためゴーストの残した跡(急に動いた具や小物ドアに残る紋、の汚ゴースト本体etc……)を撮したりすることもできる。

調で重要な点として、各種の拠は直接確認するだけでなくビデオカメラセンサーといった一部のアイテムは拠点であるトラックからでも作動状況の確認が可という事があげられる。
更に、トラック内から確認できるアイテム類だけでなくEMFリーダーやライティングブック等もカメラサウンドセンサーの範囲に置いておくことで、作動をトラック内から安全に確認する事も出来る。

ゴーストルームの特定が済んでいる状態で、SAN値の消耗を抑えたいのなら必要なアイテムカメラの前にばら撒いてトラック内部に引きこもりゴーストの反応を待つのも選択肢となりうるだろう。

帰還

トラックに戻ってドアを閉めるとトラックエンジンをかける音が聞こえ、結果画面に移る。
選んだゴーストの答え合わせがなされ、達成した内容と難易度に応じて報酬が計算される。

達成前に帰っても特にペナルティはないので、正気度が下がって危険になったからと中止してもいいし、忘れ物に気付いたとか嫌なだったとかで何もせずに帰ることもできる。

死亡

全てのプレイヤーゴーストハントされて死亡するとその時点で強制的に帰還となる。
購入して持ち込んだアイテムは失われ、額の一部が僅かな保険として支払われるのみとなる。
アマチュア難易度では報酬はわずか数十ドルなのに対して、購入できる調具には一個ドルの高価な装置もあるので死なない事が重要になる。

マルチプレイでは先に死亡したプレイヤーゴースト状態で現場をできるようになる。
調に協できないようにボイスチャット生存者に届かなくなり調具を動かしたりも出来なくなるが、食器など動かせるものは持ち歩けるため怖がりの友人に物を投げつけて驚かせるいたずらをする者もいる。実はこの状態でもモーションセンサーなどの一部アイテムには反応がある為、やり過ぎにはご注意

ゴースト

本作においては「幽霊(Yurei)」がゴーストの種類として使用されているため、
総称としては英語ゴーストのままで呼ばれる。
ここではそれぞれの簡単な紹介に留めるので、詳細は攻略サイトexitなどを参照の事。

スピリット / Spirit
特徴がい事が特徴の標準的なゴースト。その為逆に混乱を招くこともあるとかないとか
レイス / Wraith
テレポートがあるゴースト。常に浮遊しているらしいがその割に足音は出る。
ファントム / Phantom
写真に撮ろうとすると姿を消してしまうゴースト多分零シリーズ出身ではない
ポルターガイスト / Poltergeist
物を投げたがるゴースト。複数の物を同時に投げるがある。
バンシー / Banshee
一度狙った相手に執着するゴースト。標的が建物の中にいれば他の人間もくれず狙い続ける。
ジン / Jinn
建物内のブレーカーオンだと移動速度が上がる変わった特性ゴースト
メアー / Mare
暗闇を好み明かりを嫌うゴースト。とにかく部屋照明を消したがる。
レヴナント / Revenant
高速で襲ってくるため準備なく襲われれば逃げ切るのが困難な、トップクラスに危険なゴースト
シェード / Shade
複数の人間を相手にすると急に消極的になる陰キャゴーストある意味ではマルチプレイ天敵
デーモン / Demon
特別な条件しに他よりい段階で襲ってくる殺意高めなゴースト
幽霊 / Yurei
正気度へのが大きいゴースト
特殊超常現象などでより多くの正気度を削ってくる。
/ Oni
人間が近くにいると急に活発になるゴースト。複数人だと活動率はさらに上がり、暴化する。
妖怪 / Yokai
人間を聞くと攻撃的になる実況者殺しのゴースト
デーモンより高いSAN値を保っていても襲ってくる場合もあり、ある意味ソロマルチ問わない強敵。
ハントゥ / Hantu
寒い場所が得意なゴースト。室温が氷点下部屋ではい息を吐きながら高速で襲ってくる。
御霊 / Goryo
ゴーストの姿を視認できる装置を使ってもカメラ越しでしか見えないというゴースト
なお読みは「みたま」ではなく「ゴリョウ」。
マイリング / Myling
集音マイクで聞ける音をよく出す一方、人間を襲うときは足音を抑えて近づいてくるゴースト
化け / Obake
外見からは分からないが人に化けているらしいゴースト英語名がなぜかオバケ
霊 / Onryo
火が嫌いなゴースト
火が近くにあると襲って来ないが消えるとチャンスとばかり襲ってくることもある。
雷獣 / Raiju
プレイヤーの使う調具の電気パワーアップし、高速で移動するゴースト
ツインズ / The Twins
互いの行動真似する分身をもつゴースト
同時に複数個所で行動する事もあるが、当然ながら襲ってくる時も二体なのでご注意。
ミミック / The Mimic
上記の他のゴーストの特徴をほぼ全に真似する事が出来るゴースト
オリジナルゴーストとの見分け方は拠とゴーストオーブの有のみだが、面倒なことにこのオーブは後述する拠扱いではない為、実質的に拠+ゴーストオーブの有を確認するのが必要となる。

ゴーストの姿はその種類にかかわらずランダムであり、元の伝承では女でも男として出て来たり、殺された子供の霊となっているゴースト大人の姿をしていることもある。

証拠

下記7種類のうちいずれか3つでゴーストの種類が特定できる。

例外としてミミックだけは拠と関係のゴーストオーブが追加で出てプレイヤーを攪乱するようになっている。

また、難易度ナイトメアではどのゴーストも3つの拠のうち1つが隠されている。
そのため拠が出なかったものを除外する消去法がほとんど使えず、補として残ったゴーストの持つ特徴を探して推理しなければならない。

マップ

現時点で郊外住宅が4種類、ファームハウス農家)が2種類、住宅以外のマップが4種類存在している。
開発元はイギリスの会社だが、マップアメリカ基準の屋となっている。
メタな事を言えば販されているデータの都合である)

住宅マップはそこまで広くなく、ソロプレイでの調較的容易ではあるのだがそれ以外の4つ、中でも精神病院は実質的に4人でのマルチ前提な広さな為、単独での調SAN値の消耗的にも難易度が高め。挑戦するなら調具(特に精安定剤)をしっかりえてからの方がいいと思われる。

開発中のマップ

関連動画

関連項目

関連商品

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/27(金) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/27(金) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP