エクソシスト単語

エクソシスト

エクソシストとは、英語で「悪魔祓いの祈祷師」という意味を持つ単である。

また、1973年開されたアメリカホラー映画タイトルでもある。

この記事では映画について記述する。

概要

少女に乗り移った悪魔キリスト教神父との闘いを描いたヒット作。ホラー映画ではしくアカデミー賞を受賞している。

この作品によって、エクソシストという存在が世に広くその名を知られるようになった。

スタッフ

関連動画

有名なテーマ

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エクソシスト

2 ななしのよっしん
2013/12/07(土) 15:25:44 ID: m0lgF7D0Dz
>>1
スパイダーウォークと呼ばれるその場面は
90年代開されたディレクターカット版に存在する
当時の監督は硬で、奇をてらった演出が嫌だったらしい
3 ななしのよっしん
2014/02/17(月) 01:32:01 ID: Vye2ze6YDA
この映画の凄いところは、前半は割りと様式美的なホラー映画として、ジワジワ系の荘厳な演出をしているんだけど、後半の実際のエクソシズムのシーンに入ると、突然ドキュメンタリー映画の即物的な演出に切り替わるところ。

実際に冷凍庫並みにセット冷やして撮ったという、登場人物のい息とか、音楽が急に止まっちゃうとか、観客に「アレっ雰囲気変わったな・・・」と思わせる仕掛けがすばらしい。

終盤の神父の顔に悪魔が取り憑くシーン特撮は、今みても本当によくできてる。CGのない時代に、よくぞここまでの完成度の映像を撮ったなと。

フリードキンは基本的には職人的な監督で、標準レベルの娯楽映画を量産している人物だけど、「フレンチコネクション」と「エクソシスト」の時期だけは、が降りたかのような天才的手腕を発揮しているのが不思議。(まあその後も「LA大捜線」のような衝撃作をモノにしてはいるが)
4 ななしのよっしん
2014/04/10(木) 00:34:02 ID: ss6x5J/Z9Y
テーマ曲、不気味なんだけど
音色のせいか不思議と美しさも感じる。
5 ななしのよっしん
2014/05/20(火) 20:30:30 ID: Wz3DBN2eyP
>>4
ヴァージョン違いは、不気味でもなんでもない名曲だと思います。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18469825exit_nicovideo
6 ななしのよっしん
2015/08/24(月) 17:28:06 ID: 5kUN2Jio/1
サブリミナルが入ってると言っている人を見たことがあるんだけれど
実際にサブリミナルに効果があるのかはこの際ちょっと置いといて
明らかに驚かせるための用途でわかりやすく一だけ画像を映すことをサブリミナルと呼んでいいのだろうか?
7 ななしのよっしん
2016/08/19(金) 02:05:25 ID: JmoDRg87Va
この映画傑作なのは疑いようのない事なんだけど、3作(プラス日本では未開のポール・シュレイダー版ビギニング)の続編たちはどれもどうしてこの映画の続編がこうなったというような映画ばかりなんだよな・・・

・2 - 映画の方向も劇中曲も全くの別物
・3 - つまらなくはないがホラーではなくサスペンス調
・ビギニング - ゴールデンラズベリー賞最低監督賞と最低続編賞の2つにノミネートされた事実お察し
ポール・シュレイダー版ビギニング - んー 悪くないよ でも単調すぎてこれもホラー映画見てる気がしない

どうしてこうなった、の見本みたいなシリーズだな

ただ、今はBD-BOXが発売されていて全作が気軽に見られるし名作がどのように悪されたかに興味ある人はそれ的で続編を見るのも悪くない
どれも名作エクソシストの系譜とか、そもそもホラー映画と思わなければそれなりに楽しめる

超能力映画探偵映画戦争映画・・・
8 ななしのよっしん
2017/03/29(水) 08:59:15 ID: G8pp7jRLAp
の人らって地縛霊は専門外?
9 ななしのよっしん
2017/04/03(月) 18:38:06 ID: K1VOHuEUWZ
ホラー嫌いの友人でも見れた傑作
10 ななしのよっしん
2017/05/17(水) 16:00:19 ID: T7k7SKflBk
今更一作を見た。これが四十年前の作品なんて信じられない。
>>3で言ってるように演出が素晴らしい
あと、キリスト教徒の自分がこんなこと言っていいかわからんけど、神父がただただ強いだけのアクション映画じゃなくてよかった。
悪魔っていうのは本当に恐ろしいっていうことが一番の題だった気がする(全に個人的意見だけど)。
11 ななしのよっしん
2018/08/28(火) 00:01:47 ID: NlMyh+FQGo
岸田森吹き替えバージョンで初めて見たが、知ったかぶりと勘違いがたくさんあったことを恥じてるよ

一番驚いたのは、コントとかパロディとかで散々使われてたからか、
ブリッジで階段を下りてくるのはエクソシスト発祥かと思っていたがそうではなかったこと。
今まで自分でも「エクソシストかよ」とツッコミを入れていたが、じゃあアレ元ネタはなんだったのだろう
ジェイソンチェーンソー使ってない問題みたいな刷り込みかな

他にも、カラス神父が全く霊現悪魔祓いにも否定的だったことにも驚いた。
あとカラス神父悪魔祓いやるかと思いきや全然知らないジジイ(冒頭にいた人?)がひょっこり登場するのも驚いたし、なによりラスト驚愕した
>>10じゃないが、スペクタクルの末除霊して終わりだと思っていたから

傑作ホラー映画の一つであることは疑わないが、キリスト教徒やキリスト教文化圏の人々が感じる恐怖を、仏教徒の自分は本質にわからないのだろうな、とも思った。

急上昇ワード

2019/09/24(火)05時更新