エデン・アザール単語

エデンアザール
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

エデン・アザールEden Hazard, 1991年1月7日 - )とは、ベルギーサッカー選手である。スペインラ・リーガレアル・マドリード所属。

ポジションMFまたはFW。175cm74kg。

ドイツブンデスリーガボルシア・ドルトムントに所属しているトルガン・アザールは実であり、ベルギー代表で一緒にプレーしている。

概要

世界のドリブラーと称され、10代の頃からその才を高く評価されていた。ベルギー出身ではあるが、フランスのリールでプロデビューを果たしている。もっとも得意とするポジションは左のウイングだが、トップ下や偽の9番でもプレーすることができる。

リールでの最後のシーズンとなった2011-12シーズンには20得点18アシストを記録する大活躍を見せ、昨シーズンに引き続きリーグ・アン最優秀選手賞を受賞。2012年イングランドプレミアリーグチェルシーへ移籍。加入直後から攻撃の核として君臨。2014-15シーズンにはリーグ戦全38試合に出場し14得点を記録してクラブの5シーズンぶりとなるリーグ優勝に大きく貢献した。2019年に移籍1億2000ユーロレアル・マドリードへ移籍。

2008年ベルギー代表デビューベルギー代表の世代の筆頭格として代表を牽引し、2016年からはキャプテンを任されている。2018 FIFAワールドカップでは、攻撃の中心として活躍しベスト4進出に貢献している。

経歴

生い立ち

ベルギーのラ・ルヴィエールで生まれ育ち、父親ティエリと母親のカリーヌは共にベルギークラブに所属していた元プロサッカー選手。4人兄弟長男で、次男のトルガンも含めて全員サッカーをしているサッカー一家の出身である。実家から3mほどの距離練習場があったという恵まれ環境だったこともあり、幼い頃から自然サッカーを楽しんでいた。

4歳からロイヤル・スタッド・ブレーヌというクラブに所属し、当時から周囲を圧倒する才を見せており、12歳AFCデュビスに移籍した後、2005年14歳を離れてフランスのLOSCリール・メトロポールの下部組織に所属する。

リール時代

フランスプレーするようになってからその突出した才はさらに磨かれ、「天才」「童」といった評価を受けるようになっていた。そして、2007年11月25日ASナンシー戦で16歳にしてリーグ・アンの試合に出場し、プロとしてのキャリアスタートさせる。

2008-09シーズンにリールの監督に就任したリュディ・ガルシアから才を評価され、信頼を掴みレギュラーに定着。シーズン開幕前にチームは多くの選手を売却していたこともあり、ガルシア監督は若手を積極的に起用し育てていたが、アザールはその中心として期待以上の活躍を見せ、30試合4得点という成績を残し、リーグ・アン若手最優秀選手賞を受賞する。

2009-10シーズンになると、左ウイングだけでなく中央でも起用されるようになり、プレーの幅を広げている。この年、史上初となる2年連続でのリーグ・アン若手最優秀選手賞を受賞し、当時のアザールのプレーを見たジネディーヌ・ジダンは「未来クラック」と称賛している。

2010-11シーズンは、チームエースとして期待されながら開幕当初はスランプに陥ってしまい、最初の2カほどスタメンを外されてしまう。しかし、以降にかけて本来のフォームを取り戻すと、チーム調子も上向くようになる。この年リーグ・アンの得点王にいたムサ・ソウジェルビーニョと共に2年連続でリーグ最多得点を記録した攻撃的なスタイルを前面に出すチームの中心として活躍。リールにとって57年ぶりとなる3度リーグ優勝クープ・ドゥ・フランス優勝の二冠をもたらし、自身もリーグ・アン年間最優秀選手賞を受賞する。

すでに各ビッグクラブから狙われる存在となっていたが、2011-12シーズンもリールに残留。このシーズンから背番号を26から「10」に変更。初めての出場となったUEFAチャンピオンズリーグでも、チームグループリーグで敗れたものの、インパクトを残す。リーグ・アンでは得点が飛躍的にアップし、38試合に出場し20得点18アシストを記録。2年連続でリーグ・アン年間最優秀選手賞を受賞。また、2011年ヨーロッパプレーする最優秀若手選手に贈られるブラヴォー賞も受賞。

チェルシー時代

2012年6月4日数々のビッグクラブへの移籍が噂された中、前年度のCL優勝チームであるイングランドプレミアリーグチェルシーFCへの移籍が発表される。移籍3200万ポンド(約39億円)。背番号は「17」。

2012-13シーズン開幕戦からスタメンで起用されると、チームの攻撃の中心となり、開幕から3試合連続でMOMに選出される。独特なプレミアリーグリズムにも問題なく順応し、新たなチームの顔となる。チームは不振に陥り、CLではグループリーグ敗退、11月監督交代が起きていた。2013年1月23日のEFLカップスウォンジー・シティ戦で遅延行為をしたボールボーイを蹴って退場になり、3試合の出場停止処分を受ける。もっともこボールボーイスウォンジーの幹部の息子で、試合前にツイッター遅延行為を予告していた。

2013-14シーズンからジョゼ・モウリーニョ監督が就任するが、引き続き攻撃の切り札として重用される。チーム冠に終わったが、個人としては35試合に出場して14得点を記録し、前年を上回る成績を残す。CLでは、初の決勝進出を果たすが、準々決勝のパリ・サンジェルマンとの2nd legで負傷を負って前半で交代となってしまい、準決勝のアウェイ1st legを欠場することとなる。2ng legで復帰するが、アトレティコ・マドリードの堅守の前に抑え込まれ、チームベスト4で姿を消すことになる。

モウリーニョ体制2年となった2014-15シーズンは、フアン・マタが移籍したことにより背番号「10」を受け継いでいる。セスク・ファブレガスCFジエゴ・コスタが加入したことで、自身のフルに活かせるようになり、プレミアリーグ首位を走るチームを牽引する。堅守速攻をベースにするチームにあって、アザールのドリブルはカウンターの切り札となっていた。CLでは、ベスト16で敗退となったが、リーグで38試合14得点を記録。チェルシーの5年ぶり5度プレミアリーグ優勝をもたらし、バーレイプレミアリーグ年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞の個人タイトルを総なめにする。

頂点を極めた前年と対照的に、2015-16シーズンは開幕後もなかなか調子が上がらず、不調のチーム戦犯としてサポーターから批判を受ける。さらに、自身に守備での貢献をめるモウリーニョ監督との確執も頻繁に取り沙汰されるようになる(本人は否定)。ようやくシーズンゴールを決めたのが2016年1月と長らくノーゴールが続き、これまでのキャリアでもっとも苦しんだシーズンとなった。終盤にようやく調子を取り戻したが、最終的に31試合4得点に終わり、チームもまさかの二桁順位で終了する。

アントニオ・コンテ監督が就任し、3-4-2-1のシステムが採用されるようになった2016-17シーズンは、優勝した2014-15シーズンの時のプレーレベルを取り戻す。コンテ監督からは、左のシャドーの位置を戦場としながらこれまでよりも自由を与えられ、ジエゴ・コスタ、ウィリアンとポジションチェンジおこないながら流動的な攻撃を繰り出すようになる。2017年2月3日アーセナルFC戦では、カウンターから1人でドリブルで持ち込んでゴールを決める離れ業を見せる。得点数は16得点とプレミアリーグでの自己最高記録を更新し、自身2度となるプレミアリーグ優勝に貢献する。

2017-18シーズンになると、ジエゴ・コスタがコンテ監督との確執によってチームから干されてしまい、3トップの中央で起用される機会が増える。調子が軒並み上がらない中で孤軍奮闘していたが、2018年3月4日マンチェスター・シティに敗れた試合後、コンテ監督の戦術を批判するなど、両者の確執が表面化するようになる。不満を募らせながらシーズンを戦い切ったが、チームCL出場権を逃し、不本意なシーズンとなった。

CL出場を逃したことで、オフシーズンには頻繁にレアル・マドリードへの移籍が取り沙汰されるが、2018-19シーズンチェルシーに残留。第5節のカーディフ・シティ戦ではハットトリックの活躍を見せる。マウリツィオ・サッリ新監督のもと、チームは前半戦快進撃を見せるが、後半戦になって失速。自身の起用法も強相手には偽の9番として起用され、それ以外は左WGで起用とイレギュラーなものとなる。それでも、16ゴール12アシストと加入以来最高といえる数字を残し、翌シーズンCL出場権をもたらす。

レアル・マドリード時代

2019年6月7日憧れのクラブであったスペインラ・リーガレアル・マドリードへの移籍が発表される。移籍は1億2000ユーロであり、この年のチーム玉選手として大きな期待が寄せられる。背番号ラウール・ゴンザレスクリスティアーノ・ロナウドが付けていた「7」となった。

2019-20シーズン開幕前の練習太ももを負傷したことにより、開幕に間に合わず出遅れてしまう。復帰後も本来のプレー準を考えると物足りない出来となっていた。さらに、2019年11月26日CLPSG戦において、同じベルギー代表のトーマス・ムニエからのタックルを受け、足首を折。2がほど戦線を離脱。さらに復帰して2試合となる2020年2月22日のレバンテUD戦で右腓折を負い、手術を受けるためにまたも長期離脱を余儀なくされる。新型コロナウィルスによる中断を挟んだため、シーズン中に復帰はできたが、トップフォームを取り戻せず、リーガ優勝を飾ったチームの中でベンチに座ることが多くなっていた。シーズン後には「疑いなくキャリアで最悪のシーズン」と振り返っている。

ベルギー代表での経歴

2007年U-17ベルギー代表として、自開催となったUEFA U-17欧州選手権2007に出場。チームエースとしてベスト4進出を果たす。2007 FIFA U-17ワールドカップにも出場するが、チームは1勝もできずにグループリーグ敗退で終わっている。

2008年11月19日ルクセンブルクとの親善試合において、17歳にしてベルギー代表にデビューする。当初はU-19代表と掛け持ちという形だったが、徐々にフル代表に定着するようになったことで2009年からはフル代表一本でプレーするようになる。もっとも、この頃のベルギー代表はちょうど低迷期に差し掛かっており、2010年南アフリカW杯EUEO2012は共に予選で敗退。自身は2011年10月7日EURO2012予選カザフスタン戦で代表初ゴールを決めている。

2012年マルクヴィルモッツ監督が就任すると、ケヴィン・デ・ブライネロメロルカクティボ・クルトワといった世代と呼ばれる同世代の若手中心にチームが編成され、その中の中心選手となる。タレント軍団へと変貌したベルギーは、ブラジルW杯欧州予選グループAを首位で通過し、チームの若きエースとして3大会ぶりとなるワールドカップ出場をもたらす。

2014年6月ブラジルで開催された2014 FIFAワールドカップ背番号「10」を背負って出場し、トップレベルでの際大会デビューを果たす。グループリーグを首位で通過し、自身は第2戦のロシア戦でMOMに選ばれるなど順調なスタートを切り、ラウンド16でもアメリカとの延長戦にもつれこんだ死闘を制してベスト8進出。しかし、準々決勝ではアルゼンチンの老獪な守備の前に何もさせてもらえず、後半30分に交代となる。チーム完封負けを喫し、準々決勝で敗退となる。

ワールドカップ後にスタートしたEURO2016予選では、総得点24得点という圧倒的な破壊を見せた攻撃の中心として活躍。特に、2015年9月10月の終盤の4試合では4試合連続でゴールを決めており、グループBを首位で通過し、4大会ぶりとなるEURO本大会出場を勝ち取る。

2016年6月フランスで開催されたUEFA EURO2016に出場。初戦のイタリア戦では、イタリアの守備の前に決定的な仕事ができず、敗。スタートとなるが、第2戦のアイルランド戦では、本調子ではなかったものの3得点アシストし、勝利に貢献。第3戦のスウェーデン戦ではMOMに選ばれる。ラウンド16のハンガリー戦でようやく本来のキレ味を取り戻すと、勝負を決定づける1ゴール1アシストチーム勝利に導き、2試合連続でMOMに選出される。ところが、準々決勝のウェールズ戦は思い出の地であるリールが会場となったが、イタリア戦と同じように5バックで守る相手を前に沈黙させられてしまい、敗北。大会全体を通して物足りなさの残るパフォーマンスとなった。

2016年9月からロベルトマルティネス監督が就任し、正式にベルギー代表のキャプテンを任されることになる。11月9日オランダとの親善試合では、のトルガン・アザールが代表デビューを果たしたことで、初めて兄弟での共演が実現する。ロシアW杯欧州予選では、9勝1分という驚異的な強さを見せ、2017年9月3日ギリシャ戦に勝利したことでヨーロッパで一番最初にワールドカップ出場を決める。自身も予選では6ゴールを決めており、キャプテンとして最初のミッションを成し遂げる。

自身2度の出場となった2018 FIFAワールドカップでは、若かった前回よりも成熟した姿を見せる。ちなみに、のトルガンもメンバーに入ったため、兄弟ってのW杯出場となった。第2戦のチュニジア戦では、先制ゴールを含む2ゴールの活躍を見せ、MOMに選ばれると共に連勝でグループリーグ突破を決める。第3戦のイングランド戦は温存されたが、チームグループリーグ3連勝で首位通過を果たす。ラウンド16では、日本を相手に2点のビハインドを背負う予想外の展開となるが、後半29分に左からのクロスでマルアンフェライニの同点ゴールアシストし、デ・ブライネと共に攻撃を牽引し逆転劇を演出する。準々決勝では、強ブラジルを圧倒しての勝利に貢献。また、この試合では10度のドリブル突破を仕掛け、ドリブル成功率100%を記録している。準決勝でフランスに敗れたが、3位決定戦のイングランド戦では、後半37分にダメ押しの2点を決め、ベルギー1986年大会を上回る過去最高成績となる3位に導き、魅のあるチームとして世界中から高く評価された大会となった。3度のMOMに選ばれたアザールは、大会のシルバーボールにも選ばれる。

2019年3月25日に開催されたEURO2020予選キプロス戦に出場し、ベルギー代表100試合の出場を果たす。さらに前半10分に先制ゴールを決め、のトルガンも絶妙なパスで追加点をアシストしている。チームは10試合で40得点という驚異的な破壊を見せ、10戦全勝という成績で2大会連続となるEURO2020本大会出場を決めている。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2007-08 リール リーグ・アン 4 0
2008-09 リール リーグ・アン 30 4
2009-10 リール リーグ・アン 37 5
2010-11 リール リーグ・アン 38 7
2011-12 リール リーグ・アン 38 20
2012-13 チェルシー プレミアリーグ 34 9
2013-14 チェルシー プレミアリーグ 35 14
2014-15 チェルシー プレミアリーグ 38 14
2015-16 チェルシー プレミアリーグ 31 4
2016-17 チェルシー プレミアリーグ 36 16
2017-18 チェルシー プレミアリーグ 34 12
2018-19 チェルシー プレミアリーグ 37 16
2019-20 レアル・マドリード プリメーラ 16 1

プレースタイル

世界でもトップクラスのドリブラーであり、スピードテクニックトップレベルであるが、ネイマールのように高等技術を使って相手を抜いたり、身体を前面に出すタイプではない。彼が得意とするのはスピードの緩急を使って相手を抜き去る「剥がす」ドリブルである。DFとの駆け引きや状況判断が高く、相手の先手を取るよりも、後出しで勝負するタイプのドリブラーと言える。そのため、ドリブル成功率そのものはネイマールよりも高い数値を残している。

ベースとなるは、緩急の部分で必要となる圧倒的な加速と相手に寄せられても簡単にボールを失わないための身体の使い方である。インテリジェンスが高いため、ドリブラーにありがちな駄なボールの持ち過ぎという問題も少なく、ポゼッションチームでもカウンターチームでもを発揮できる。

また、ラストパスの精度も高く、プレミアリーグで3度の二桁アシストを記録するなど、ゴール前でのプレーアイディアを豊富に持っている。ドリブルで相手を引き付けてラストパスというのは得意なパターンの1つ。毎年の得点数からも分かるように、フィニッシャーとしてのも高く、強引に自分で打つことも選択肢に入っており、DFやGKタイミングを外したシュートを得意としている。

一方、守備の切り替えが遅く、守備での献身さをめられるとを発揮できなくなる。また、フィジカルコタクトそのものは強くないため、DFに密着された場面では手詰まりになることがある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エデン・アザール

1 ななしのよっしん
2015/09/13(日) 01:22:17 ID: 9rp+nys/nW
英語版アザールページとかを翻訳ながら見てると危険って訳されててかっこいい
2 ななしのよっしん
2016/07/01(金) 13:19:59 ID: /lZEVyGP0i
はい
私も最初ハザード?スゲー名前だなと思っていました
3 ななしのよっしん
2018/07/15(日) 00:47:41 ID: vCt+rIzy+6
今回のW杯全試合活躍してるな
敵のDFも世界レベルのはずなのになんであんなに簡単に抜けるのか

おすすめトレンド