サッカースウェーデン代表単語

73件
サッカースウェーデンダイヒョウ
7.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

サッカースウェーデン代表とは、スウェーデンサッカー協会(SvFF)により編成されるサッカースウェーデン代表チームである。称はブローギューラ(の意)。ユニフォームホームのシャツが黄色パンツ。アウェイはシャツがパンツ黄色

概要

サッカーナショナルチーム
スウェーデン代表
基本情報
国旗
協会 SvFF
大陸 UEFAヨーロッパ
FIFAコード SWE
FIFA加盟 1904年
監督 ヤンネ・アンデション
FIFAワールドカップ
出場 12回
最高成績 優勝(1回)
UEFA欧州選手権
出場 7回
最高成績 ベスト4(1回)

FIFAワールドカップに11度、UEFA欧州選手に3度の出場経験を持つヨーロッパの古。自開催の1958 FIFAワールドカップでは準優勝EURO1992ではベスト4という成績を残している。オリンピックでは1948年金メダルを獲得している。

1950年代に「グレ・ノ・リ(Gre-No-Li)」と呼ばれたグンナー・グレン、グンナー・ノルダール、ニルスリードホルムを擁して黄金期を迎えており、近年では世界ストライカーとなったズラタン・イブラヒモビッチを筆頭にヨーロッパビッグクラブで活躍する著名な選手を多数輩出している。

伝統的に高さとフィジカルを武器としており、教科書に書いたような4-4-2の統率の取れたゾーンディフェンスが特徴的な手堅いサッカーを特徴としている。際大会に出場すれば、毎回ダークホース的な存在に挙げられるチームである。

同じ北欧デンマーク代表とは古くからのライバル関係にあり、過去舞台の実績でも北欧勢の中ではこの2チームが抜き出ている。ただし、近年は2018年ワールドカップベスト8以外は立った成績を残せておらず、本大会にすら進めないことが増えている。

歴史

1904年にFIFAに最初に加盟した7かのうちの1つであり、初試合は1908年。20世紀初頭の頃は、強豪国であり、1924年のパリオリンピックでは銅メダルを獲得している。なお、1936年ベルリンオリンピックでは優勝補と見られていたが、トーナメントの初戦で格下と見られていた日本にまさかの逆転負けを喫している。下評ではも予想できなかった敗戦は「ベルリン奇跡」と呼ばれている。

FIFAワールドカップは第2回の1934 FIFAワールドカップイタリア大会が初出場。1回戦で前回準優勝アルゼンチンを下すが、準々決勝でドイツに敗れる。1938 FIFAワールドカップフランス大会は、対戦予定だったオーストリアドイツに併合されたことで初戦は不戦勝となり、準々決勝でキューバを8-0で破る前評判通りの強さを見せる。しかし、準決勝でハンガリーに敗れると、3位決定戦でもブラジルに敗れる。

1940年代後半から50年代にかけて黄金期を迎える。その中心に居たのが「グレ・ノ・リ」と呼ばれたグンナー・グレン、グンナー・ノルダール、ニルスリードホルムの3人だった。1948年ロンドンオリンピックでは、「グレ・ノ・リ」トリオが決勝までの4試合で22得点という圧巻の攻撃を発揮し、他よりも頭一つ以上抜けた強さで初の金メダルを獲得する。ところが、グレ・ノ・リは翌年3人ってイタリアACミランへ移籍。当時、スウェーデンプロ選手を代表に呼ばないという方針だったため、ロンドンオリンピックスウェーデン代表として3人がった一の際大会となってしまう。

グレ・ノ・リを欠いて臨んだ1950 FIFAワールドカップブラジル大会だったが、オリンピック優勝メンバーを多くえていたこともあり、1次リーグではイタリア勝利して首位で突破。決勝リーグではブラジルウルグアイに敗れたもののスペイン勝利したことで3位となる。しかし、4年後の1954 FIFAワールドカップでは、欧州予選で敗退。

開催となった1958 FIFAワールドカップスウェーデン大会では、プロ選手の代表入りが認められたことでリードホルム、グレンの二大スターが復帰。すでに選手としてのピークは過ぎていた二人だったが、それでもチームの中心として牽引し、グループリーグを2勝1分の首位で突破。準々決勝のソ連戦では名GKレフ・ヤシンから2ゴールを奪い勝利。準決勝では前回優勝西ドイツグレンの逆転ゴールで下し、初の決勝進出を果たす。決勝のブラジル戦では、リードホルムのゴールで先制したものの、17歳ペレの独壇場を許してしまい、1点は返したものの終わってみれば2-5で敗。それでも準優勝という成績を残し、現在においてもワールドカップにおける最高成績を残した大会となった。

大会後、リードホルムとグレンは代表を引退1960年代に入って低迷期に入り、2大会連続でワールドカップ出場権を逃し、創設されたUEFA欧州選手権でも予選で敗退していた。

1970 FIFAワールドカップメキシコ大会では3大会ぶりに出場権を獲得するが、1勝1分1敗で2位ウルグアイに得失点差で及ばず、グループリーグ敗退に終わる。1974 FIFAワールドカップ西ドイツ大会はラルフ・エドストレームを擁し、1次リーグはトータルフットボールオランダ相手に引き分けるなど2勝1分の2位で2次リーグまで進出する。しかし、ポーランド西ドイツに敗れ、2次リーグで敗退。1978 FIFAワールドカップアルゼンチン大会に3大会連続で出場するが、1勝もできないまま1次リーグで敗れている。

1980年代に入ると再び低迷期に入り、ワールドカップでは2大会連続で欧州予選敗退。UEFA欧州選手権でも予選敗退が続いていた。1990 FIFAワールドカップイタリア大会では3大会ぶりに本大会へ出場するが、ブラジルコスタリカスコットランド相手に3戦全敗に終わる。それでも19歳のトーマス・ブローリンが2ゴール記録するなど孤軍奮闘し、未来スター補として期待を集める。

開催となったEURO1992は、これがUEFA欧州選手権初出場となった。この大会ではブローリンが攻撃の中心となり、ヨナステルン、クラスインゲソンと共に魅的な中盤を構成。グループリーグではフランスイングランドという強を敗退に追い込み、首位で突破。準決勝ではワールドカップ王者のドイツ相手にりを見せるが、あと一歩及ばず敗退。

1994 FIFAワールドカップアメリカ大会はブローリンの他にもマルティン・ダーリン、ケネットアンデション、ヘンリクラーションという強な攻撃を擁し大会のダークホースとして注される。グループリーグブラジルカメルーンロシアと同居する「死の組」に入るが、敗の2位で突破。決勝トーナメントに入ってもアメリカ猛暑にも屈せず、ラウンド16のサウジアラビア戦を快勝し、準々決勝のルーマニア戦は延長終了間際に追いつきPK戦に持ち込む死闘となったが、これに勝利1958年大会以来36年ぶりのベスト4進出を果たす。準決勝のブラジル戦は奮闘しながら後半にロマーリオに決められ、敗戦。3位決定戦はブルガリア相手に4-0で快勝し、3位入賞という予想以上の好成績を残した。特にダーリンとK・アンデションの2トップは2人で9ゴール記録する活躍ぶりだった。

北欧の雄」復活を印付けたかと思われたが、その後ブローリンダーリンテルンがって怪のために大きく調子を落とたことがし、EURO1996と1998 FIFAワールドカップは予選敗退となる。初めて予選を突破し自で本大会に出場したEURO2000だったが、結果は1分2敗でグループリーグ敗退。

欧州スコアラーへと変貌したラーションやフレドリックユングベリを擁した2002 FIFAワールドカップ日韓大会はアルゼンチンイングランドナイジェリアと同居する「死の組」に入るが、ラーションの2ゴールナイジェリア戦に勝利し、1勝2分の首位で決勝トーナメント進出を果たす。しかし、ラウンド16で大躍進を遂げたセネガル相手に延長戦で敗れ、ベスト16敗退となる。

EURO2004は、新たにエースとして君臨したズラタン・イブラヒモビッチと一時は代表を引退しながら復帰したラーションの大会屈の強2トップが実現。初戦のブルガリア戦を5-0で大勝すると、続くイタリア戦ではイブラヒモビッチスーパーゴール引き分けに持ち込み、第3戦のデンマーク戦も引き分けたことで首位でグループリーグを突破。ただし、第3戦のドロー引き分ければイタリアを敗退に追い込んで共に決勝トーナメントへ進めた北欧2チームの談合試合が疑われている。準々決勝ではオランダ相手にPK戦で敗れ、ベスト8で大会を去っている。

2006 FIFAワールドカップドイツ大会は、イブラヒモビッチがよもやの大スランプに陥るが、第3戦のイングランド戦を試合終了間際のラーションのゴール引き分け2位グループリーグを突破。しかし、ラウンド16では開催ドイツの勢いに飲まれ、敗北。2大会連続でベスト16敗退となる。ドイツ戦でPKを外したラーションは代表引退を表明。EURO2008は1勝2分でグループリーグ敗退に終わる。

2010年代に入ると、低迷期に入り、セリエAリーグ・アンで手の付けられない怪物となったイブラヒモビッチは絶対的な存在となっていたが、彼のを十分に引き出せる人材が不足してしまい、ワールドカップ2010年大会、2014年大会と連続で欧州予選敗退。EURO2012EURO2016では本大会に出場するが、いずれもグループリーグ敗退。クラブのような栄を掴めないイブラヒモビッチEURO2016の後に代表引退を表明する。

2018 FIFAワールドカップロシア大会では絶対的なエースがいなくなったことでよりソリッドチームを切ったことが功を奏し、欧州予選プレーオフではイタリア勝利し、3大会ぶりに本大会へ出場。グループリーグでは初戦の韓国戦に勝利し、続くドイツ戦は試合終了間際の失点で敗れるが、第3戦でメキシコ相手に3-0で快勝。首位でグループリーグを突破する。ラウンド16ではエミルフォスベリのゴールを守り切り、スイス勝利1994年大会以来24年ぶりのベスト8進出を果たすが、準々決勝ではイングランド相手に0-2で敗れている。

6大会連続出場となったEURO2020では、39歳のイブラヒモビッチの代表復帰が話題となったが負傷のため本大会出場はわなかった。グループステージスペインを上回り、2勝1分の首位で突破する。しかしラウンド16でウクライナを相手に延長戦で敗れている。2022 FIFAワールドカップ欧州予選で前回に続いてプレーオフに回るが、準決勝でチェコ勝利したものの、決勝でポーランドに敗れ、本大会出場を逃している。またEURO2024でも予選グループで敗退してしまい、これで際大会に3大会連続で出場できないことになった。

主な戦績

FIFAワールドカップ
優勝(1958)
3位(1950、1994)
ベスト4(1938)
ベスト8(1934, 2018
2次リーグ敗退(1974
ベスト16(2002, 2006)
グループリーグ敗退(1970, 1978, 1990)
EUROUEFA欧州選手権
ベスト4(1992)
ベスト8(2004)
ベスト16(2021)
グループリーグ敗退(2000, 2008, 2012, 2016
オリンピック
優勝(1948), 3位(1924, 1952)

主な選手

EURO2020メンバー

歴代監督

太字はワールドカップ揮を執った監督国旗が付いているのは外国人監督

関連動画

関連商品

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

琴葉茜 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: みりん味
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サッカースウェーデン代表

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • サッカースウェーデン代表についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス