サッカーポルトガル代表単語

サッカァポルトガルダイヒョウ
4.4千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

サッカーポルトガル代表とは、ポルトガルサッカー連盟(FPF)によって編成されるサッカーポルトガル共和国の代表チームである。ユニフォーム国旗赤・緑を基調にしていてホームはシャツがパンツ称はセレソン・ダス・キナス

概要

ポルトガル代表
国旗
協会 FPF
大陸 UEFAヨーロッパ
FIFAコード POR
FIFA加盟 1921年
監督 フェルナンド・サントス
FIFAワールドカップ
出場 7回
最高成績 3位(1回)
UEFA欧州選手権
出場 8回
最高成績 優勝(1回)

人口1000万人程度のでありながら、優秀な選手を数多く輩出する強豪国バロンドールを獲得したエウゼビオ、ルイス・フィーゴ、クリスティアーノ・ロナウドを始め、パウロ・フットレ、ナニ、クアレスマなど個性的なドリブラーが非常に多い。また、マヌエル・ルイ・コスタやデコジョアン・モウチーニョなど中盤の選手もよく輩出している。

リーグブラジル選手が多くプレーしていることから、ブラジル出身の選手が帰化して代表入りすることも多い。

近年では強豪国というイメージが強いが、FIFAワールドカップでの最高成績は1966年大会の3位であり、ベスト4以上は2回のみ。長らく冠の状態が続いていたが、EURO2016優勝歴史上初めて獲得したタイトルであった。また、2019年にはUEFAネーションズリーグの初代王者となっている。かつては際大会の予選で負けることが多く、ワールドカップEUROの常連となったのは21世紀になってからである。

歴史

初試合は1921年。リーグくから盛り上がりを見せていたが、代表チームにはなかなか還元されず、他のヨーロッパ々とべると出遅れていることは否めなかった。

FIFAワールドカップの初出場となったのは1966 FIFAワールドカップイングランド大会だった。このときのチームには前年にバロンドールを獲得し、SLベンフィカ黄金期の立役者となったエウゼビオを擁していた。エウゼビオは前評判通りの得点を発揮し、準々決勝の北朝鮮戦では0-3でリードされた状況から4ゴールを決め、逆転勝利をもたらす。結局初出場ながらも3位という好成績を残し、エウゼビオは6試合出場で9得点記録し、得点王を獲得する。

しかしその後は際大会に出場できず、次に脚を浴びるのは1980年代に入ってからだった。UEFA欧州選手権初出場となったEURO1984では、西ドイツを敗退に追い込みグループリーグを勝ち抜き、ベスト4進出を果たす。さらには、1986 FIFAワールドカップメキシコ大会で二度ワールドカップ出場を果たすが、グループリーグ敗退に終わっている。

1990年代に入ると、1989年1991年FIFAワールドユースを連覇した、ルイ・コスタ、ルイス・フィーゴ、ジョアンピントパウロソウザら世代が代表の中核となる。EURO1996で初めてフル代表での際大会に挑んだ彼らは、「アコーディオンシステム」と呼ばれる中盤での頻繁なポジションチェンジとパスサッカーを駆使し、ベスト8進出を果たす。まだ若かった世代の成長に期待がかかったが、この世代には優れたストライカーがおらず、得点不足を露呈した1998 FIFAワールドカップでは予選敗退となってしまう。

EURO2000では、足りなかった最後のピースだったFWにヌーノ・ゴメスが台頭。この年のバロンドールに選ばれたフィーゴの圧巻のパフォーマンスもあり、ポルトガルは準決勝まで進出する。準決勝では黄金期にあったフランス追い込みながら延長戦で敗れるが、期待値はさらに高まった。1986年大会以来3度の出場となった2002 FIFAワールドカップ日韓大会では優勝補に挙げられていたが、アメリカ韓国に敗れ、グループリーグ敗退という失望感の残る結果となる。この大会を最後に世代の多くが代表を去ることとなる。

2003年に前年のワールドカップブラジル代表を優勝に導いたルイスフェリペ・スコラーリが監督に就任。開催として出場したEURO2004では開幕戦でギリシャに敗れると、大幅なメンバーの入れ替えを敢行し、クリスティアーノ・ロナウドデコリカルド・カルヴァーリョら世代に代わる新戦を軸に決勝進出を果たす。決勝ではまたしてもギリシャに敗れ、初タイトルはお預けとなったが、新たな時代への一歩を刻んだ大会となった。2006 FIFAワールドカップドイツ大会では、一度は代表を引退していたフィーゴが復帰し、ベテランと若手が融合したバランスの取れたチームとなり、手堅いサッカー1966年大会以来40年ぶりとなるベスト4進出を果たす。EURO2008ではベスト8でドイツに敗れると、スコラーリは退任する。

その後も2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会ではスペインに敗れてベスト16、EURO2012では2大会ぶりのベスト4進出を果たしたが、またもスペインに延長PK戦の末敗れ、2014 FIFAワールドカップブラジル大会では初戦でドイツに大敗したことがグループリーグ敗退。世界最高のスコアラー進化したクリスティアーノ・ロナウドを擁しながら結果を残せない大会が続いていた。

ブラジルW杯後、フェルナンド・サントス監督に就任。EURO2016では、グループリーグでは3引き分けで辛くも通過と苦しいスタートとなるが、準々決勝でポーランドPK戦の末に勝利、準決勝ではウェールズ相手にクリスティアーノ・ロナウドの1ゴール1アシスト勝利し、3大会ぶりに決勝進出。そして決勝では地元フランスと対戦。前半にクリスティアーノ・ロナウドが負傷交代するアクシデントに見舞われながらも、延長戦にエデルが決勝ゴールを決め、EURO優勝を果たす。これがポルトガルにとって要大会での初タイトルとなった。

2018 FIFAワールドカップロシア大会は、クリスティアーノ・ロナウドハットトリックも飛び出しグループリーグ2位で突破するが、ラウンド16でウルグアイに敗れてしまう。新たに創設されたUEFAネーションズリーグ2018-2019では、グループA3を首位で突破し、決勝ラウンドではスイスオランダを撃破し初代王者にく。EURO2020では、死のグループを3位で突破するが、ラウンド16でベルギーに敗れ連覇を逃す。

主な戦績

FIFAワールドカップ
3位(1966)
ベスト4(2006)
ベスト16(2010, 2018)
グループリーグ敗退(1986, 2002, 2014)
EUROサッカー欧州選手権
優勝2016)
優勝(2004)
ベスト4(1984, 2000, 2012)
ベスト8(1996, 2008
ベスト16(2021)
UEFAネーションズリーグ
優勝2018-19)
FIFAコンフェデレーションズカップ
3位(2017)

世代別の戦績

FIFA U-20ワールドカップFIFAワールドユース選手権)
優勝(1989, 1991)、準優勝2011)、3位(1995)
FIFA U-17ワールドカップ
3位(1989)

主な代表選手選手

歴代監督

太字はワールドカップ揮を執った監督国旗が付いているのは外国人監督

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サッカーポルトガル代表

1 ななしのよっしん
2016/07/11(月) 19:29:37 ID: R3vs6v/fNZ
201優勝も追加してどうぞ
2 ななしのよっしん
2016/07/12(火) 03:18:00 ID: p2X9mwMXIi
さてカタールワールドカップのころの監督
クリロナモウリーニョか・・・
3 ななしのよっしん
2016/07/14(木) 07:24:32 ID: p2X9mwMXIi
コンフェデワールドカップやって、クリロナ引退、ってとこかね

ニコニコニューストピックス