進藤カズキ単語

シンドウカズキ
9.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

進藤カズキとはアニメシャドウバース」の登場人物である。担当声優は田

概要

第1話から登場した黄色い鉢巻を巻いた少年ヒイロ、ミモリと同じクラスに在籍している。語尾にじゃん(~じゃんね、~じゃんか)をよくつけている。7人兄弟長男が4人、が2人いる。両は飲食店「まるふじ食堂」を経営している。

当初のシャドバの実は低く、第1話でのミモリとの対戦ではフォロワーを自分の場に出すと攻撃が上がる大無視してミモリターンを返し、ミモリのフォロワーのプレイから攻撃が跳ね上がった大で大ダメージを受けて敗北第3話ではカイの宣言通り7ターンでの敗北を喫した。作中の描写を見るとどうも場の状況を見ずに相手のリーダーの体を減らすことばかりなのが原因のようである。

使用クラスロイヤル兵士指揮官の組み合わせを意識したミッドレンジロイヤルを使用している。切り札はビクトリーブレイダー

作中での活躍

第5話~第12話

第5話では仕事を済ませた後に、シャドバスタジアムで開催された店舗大会に参加した。ここまでのバトルの結果を見るととても好成績は期待できなかったのだが、この日のために続けた練習で決勝まで勝ち上がりヒイロとの対戦となった。

これまでとは違い必要な場面で相手フォロワーの処理を行い、イグニスドラゴン相殺できるビクトリーブレイダーと堅い守りのフロントガードジェネラルの組み合わせでヒイロを苦しめた。最後はファイアリザードの相手フォロワー1体に1ダメージダメージを受けている相手フォロワーを破壊できるワイルドハントとの組み合わせでビクトリーブレイダーを破壊され、イグニスドラゴンカズキへの攻撃が可な状況になって敗北したが、準決勝の賞品としてたちが欲しかった黒羽アリスグッズセットを手に入れることができた。

第7話の時点ではCランクプレイヤーで全大会の参加条件のマスターランクに達していなかったが、レオンヒイロ勝利のために応援していたことを理由に招待で参加を認める。その後全大会予選を突破し、決勝トーナメントは11番のからスタートした。1回戦で百瀬リョウ勝利したが、2回戦でシロウに敗北した。

第13話~第24話

第13話から始まったシャドウグランプリはバトル以前に動物に追い掛け回され続ける状態が続き、その途中に自分のスマホを盗られていた。第18話でカイに相談してスマホの回収を行い、ズオウとカイバトル乱入。ズオウとコウカイカズキタッグバトルとなる。ヘルフレイムドラゴンの猛攻をしのぐビクトリーブレイダープレイするが、ズオウの放った小ダメージジークフリートコンボで簡単に倒されてしまう。しかし、カイが直後にクロノウィッチ進化時効果で復活させてコウに対処手段がないことから形勢逆転。二人の切り札フォロワーの攻撃により勝利する。

シャドウナイツ登場後はカイと共にシャドウナイツのフィーア、フンフとバトルとなる。較的余裕をもってフンフに勝てたカイとは対照的にカズキとフィーアのバトルは接戦となり、カズキリーダーが1まで追い込まれたが、直後にレヴィオンセバーアルベールドローしエンハンス9の2回攻撃を生かして逆転勝利。ブロンズランクから一気にゴールドランクまで昇格した。バトル後、カイと共に昇格に喜ぶがカイから今の異常事態を摘され、の中央タワーヒイロ達と合流した。

第23話の最後の試練ではアインとのバトルとなる。展開したフォロワーを機構の兵の進化時効果で全滅させられたこともあったが、終盤に出したビクトリーブレイダーの処理手段がなかったのかアインの盤面処理が機停止して形勢逆転して勝利となった。

第25話~第36話

第25話で猫目町に戻ってきたときには町の惨状に「VRじゃないじゃんね……」とを漏らしていた。その後伝説カードのためロイヤルクラスの遺跡に向かう。途中、虚のに取りつかれた人たちに追いかけ回されるが、第30話で遺跡にたどり着く。しかし、そこには虚のにとりつかれたズオウとコウが待ち構えており、カズキ対ズオウ・コウタッグによる1対2でのバトルとなる。

バトルは第31話で先攻4ターンまで進んでおり、ズオウのゴブリンスレイヤー・ルシウスのファンファーレですべてのフォロワーに1ダメージ(1コストフォロワーは2ダメージ)により、体1のニンジャエッグ、オースレスナイト、ナイトが破壊され、先攻1ターンコウが出した攻撃1のフォロワーを倒して体が1になっていたアサルトナイトも破壊される。さらにズオウ・コウ側の場には先攻2ターンにズオウが使ったであろうの託宣でPP最大値が増えた恩恵を受けて、先攻3ターンに出てきた攻撃4のバーリックデーモンがカズキを攻撃する。

この時点で場のフォロワー数の優位もなく、リーダーの体も15対17、手札も大して多くない、さらに使えるPPも2コスト差がつくとすべての要素で不利な状況となる。しかしターン終了時点でヒイロが駆け付け、後攻4ターンからカズキヒイロタッグを組んで戦えるようになった。ヒイロのおかげでバーリックデーモンとゴブリンスレイヤー・ルシウスはあっさりと破壊、その後はドラゴンナイトアイララストワードPPが増え、後攻7ターンカズキはこのターン引いたフロントガードジェネラルをすぐに出して進化コウが最後の進化ポイントを与えていたメドゥーサを破壊する。体1とはいえラストワードフォートレスガードが控えており、場の優位はカズキヒイロタッグに傾いていた。

しかし、返しの先攻8ターンにズオウは侵食する災いによるデッキシャドウ化を行い、さらに虚無プレイ。前にカズキシャドウグランプリで見た呼びのを彷彿とする効果で、ズオウの手札のフォロワーはシャドウフレイムドラゴン変身する。シャドウフレイムドラゴンヘルフレイムドラゴンと違い、交戦することなくフロントガードジェネラルに4ダメージを与えて破壊。出てきたフォートレスガードにも2体シャドウフレイムドラゴンの4ダメージが飛んですぐに場の有利を奪い返す。

後攻8ターンヒイロイグニスドラゴンの自動進化で体3のシャドウフレイムドラゴンを攻撃時効果で破壊して大嵐ドラゴンでズオウのリーダーを減らすが、先攻9ターンコウ増殖する虚無で手札にシャドウソルジャーを3枚加え、これらに虚無の効果が働いてシャドウフレイムドラゴンが3枚手札に加わる。シャドウフレイムドラゴン3枚のプレイにより4ダメージ3回でヒイロの出したフォロワーは全滅。さらに3体が出たことにより第2の効果のシャドウ・トリプルドラゴンへの変身が発生。疾走による即時行動ヒイロへ攻撃を仕掛ける。

後攻9ターン終了時点でカズキヒイロリーダーは8、ズオウ・コウリーダーは14と差がつき、進化がない状態でシャドウ・トリプルドラゴンの対処もしなければならず、見えている敗北はないとはいえ非常に厳しい状態に陥る。ズオウとコウは勝ちを確信しているのか、この世は弱肉強食であり弱い者は強者に食われて当然だとする。

しかし、カズキはこのようなことを言うズオウ達のを受け入れるわけにはいかず立ち上がる。カズキたちも弱いけどシャドバが好きで、負けても諦めず何度もバトルを挑んでくるし、弱くても好きな人はたくさんおり、そんな人達を守りたいとカズキは言う。

ズオウとコウからは馬鹿にされるが、諦めない心に遺跡のカードが反応。カードの持ちエリカからレジェンドソードコマンダーを託される。受け取ったレジェンドソードコマンダーは後攻9ターン開始時のドローで現れる。元から持っていた突進でシャドウ・トリプルドラゴンを攻撃。伝説の効果でレジェンドソードコマンダーダメージを受けずに一方的に破壊、さらに攻撃の度に相手リーダーへ3ダメージを与える効果が発動する。

レジェンドソードコマンダーへの対処手段のないズオウは先攻10ターンの知恵から手札に加えたフォロワーを2枚プレイ。前のターンに破壊されたシャドウ・トリプルドラゴンラストワードで場に出たシャドウフレイムドラゴンと合わせて、再びシャドウ・トリプルドラゴンを場に出しカズキを攻撃してダメージレースで勝とうとするが、後攻10ターンヒイロドローし、レジェンドソードコマンダーに使用してリーダーへ攻撃。覚醒状態で強化された効果で攻撃と体が3上がり、伝説の効果で発生する3ダメージでズオウの残っていたリーダー11をすべて奪って勝利した。

勝利を喜ぶ間もなく、すべての伝説カードの獲得によって遺跡は崩壊。カズキヒイロは慌てて遺跡から脱出する。その後虚のに取りつかれた人たちに取り囲まれるが、カズキヒイロを先に逃がして自分ので応戦した。その後ミモリカイアリスと合流して災いのに向かった。ヒイロエイジに勝利後、伝説カードを掲げるがシャドウバースを動かすシステムが停止して作戦は失敗。ヒイロ達は災いの世界に飲み込まれていった。

第37話~

災いの世界ではヒイロ達のように変化があったわけではなく、元の世界と変わりなくまるふじ食堂での仕事をしていた。第41話でまるふじ食堂少女が現れ、カズキを大きな屋敷のある場所に転移させ、兵士らに連行されて投される。

隣のにはイザベルが捕まっており、脱出するために魔法を封じる腕輪カギを探してきてもらうように言われ、カズキのいたカギを渡された。カズキ内のをかいくぐりカギを渡すと、イザベル魔法で転移してから抜け出すことに成功する。しかし、そこに兵士を連れたエリカが現れ、再びカズキイザベルを捕えようとする。イザベル魔法兵士を攻撃しカズキだけ転移魔法で遠くに逃がすも、すぐにエリカカズキの元まで現れバトルとなる。

エリカはアミュレットシークレットスキルでフォロワーを潜させ、相手がフォロワーを場に出したら破壊する効果で自分のフォロワーを守りながら相手フォロワーの増援を許さない戦術で着実にカズキを追い込む。さらに潜を持つフォロワーを多数使用し、シークレットスキルがなくても次の自分のターンまでの場残りが期待できるようにして導権を握り続ける。

カズキは後攻8ターンビクトリーブレイダーを出して、ファンファーレの次の自分のターンまでの自身へのダメージ軽減を生かしてロイヤルセイバーオーレリア一方的に破壊。フォートレスガードエリカの場に出ていたスウィフトペネトレーターをダメージ軽減を利用して一方的に破壊することもできたが、無視してエリカを攻撃。このターンの動きにエリカも感心し、カズキ世界のために戦ってきたからと誇るが、自身の発言に違和感を覚える。

前のターンフロントガードジェネラルが破壊されて出ていたフォートレスガードダメージ軽減を受け、カズキの場は堅い守りが築けたと思われたが、続く先攻9ターンエリカビクトリーブレイダーは攻撃5以上のフォロワーを破壊するツバキプレイして攻撃7になっていたビクトリーブレイダーを破壊。さらに実質攻撃0で無視していたスウィフトペネトレーターはビクトリーブレイダーダメージ軽減を受けなくなったフォートレスガードを攻撃して相打ちにする。潜を持つツバキに加えさらに同じく潜持ちのクノイチエッグニンジャエッグを出し、カズキリーダー8に迫る合計攻撃7の場を作る。

後攻9ターンカズキファルコンランサードローファンファーレ効果は現状使えないが疾走を持っているためそのまま攻撃に使う手もあったが、ビクトリーブレイダーを失っている現状価値の低い使い方はできないと見送り、勇敢なる騎手セージコマンダーをプレイしてターン終了。エリカのフォロワーの攻撃が上がったり、疾走を持つフォロワーが現れれば即敗北確定だが、潜されたフォロワーへの干渉手段がないためこうするしかなかった。

先攻10ターンには潜していたエリカの3体のフォロワーから7ダメージを受け、さらにエリカグレートアサシンプレイグレートアサシンは手札にシークレットスキルを加え、場にいる限りリーダーの受けるダメージは0になるうえ、自身も潜を持つ。エリカの体を減らそうとしても潜グレートアサシンの破壊を乗り越えなければならず、さらに残ったPPで出してきたシークレットスキルは3体以上の潜フォロワーがいれば発生する破壊効果は相手の場すべてのフォロワーへと強化される。

外道にして外法」というエリカの潜戦略に対し、カズキは特に卑怯とも思うことなかった。エリカからなぜかを問われたカズキは「あんたが強いってだけのことだろ」と受け止めエリカから驚かれた。エリカもかつて伝説カードを渡した際の記憶が戻ったのか「そういえばあなたはそんな方でしたね」と話し、だからこそ加減はできないと言った。

攻10ターン、引いてきたのはファンファーレで2体ナイトを出すノーブルナイト。引いた直後はこれではどうにもならないかと思ったカズキだが、勝てる手段に気が付いてノーブルナイトをプレイシークレットスキルの効果でカズキの場のフォロワー計5体が破壊されるが、続けてファルコンランサープレイ

ファルコンランサーファンファーレでこのターン中破壊された自分のフォロワーの数だけ攻撃が上がり、同じ数だけ相手の場のランダムなフォロワー1体を破壊する効果が働く。ファルコンランサーは攻撃2から7になり、5回の破壊効果でエリカの場の4体の潜持ちフォロワーが破壊された上、グレートアサシンによるリーダーへのダメージ効効果が消えた。さらに攻撃時にこのターン破壊された相手のフォロワーの数だけ攻撃が上がる効果で、攻撃は7から11へ。ファルコンランサーリーダー9のエリカへ攻撃して勝利した。

バトル後、助けたエリカの手を取ったカズキはようやく記憶が戻り、エリカ過去に会っていたことに気が付いた。エリカからは純な心を大切にするよう言われてこの世界から抜け出す。

シャドウバース チャンピオンズバトルでの活躍

年齢 14歳 誕生日 4月19日 好きなもの 料理スポーツ全般

青学園2年生。
ヒイロ達の友人で、元気すぎるくらいのムードメーカー実家定食屋を営んでおり、よく手伝いをしている。

(『シャドウバース チャンピオンズバトルキャラクタープロフィール欄より)

第1話から登場。ヒイロ・ミモリと共に主人公転校するクラス生徒であり、シャドバ部を探すこととなる。ヒイロとの仲は良く、ヒイロ無計画な提案に何も疑いを持たず乗っかることが多い。アニメ同様シャドバは下手であり、他の部員がブロンカップ出場予定日までに参加条件のBランクに上がれた一方、カズキは上がれずに大会参加を見送り、出場全大会出場条件を満たすのは期限ギリギリだった。

第2話で必ず消化することとなるキャラクターストーリー第1話では部活動として公園にいる人とバトルすることになるが、主人公が勝つ一方でカズキは自分よりも年下の女の子に負けていた。

任意消化のキャラクターストーリー第2話以降では野球部からエースが怪で出られず、次のオブシディアン学院戦にカズキが代わりに出場してほしいという依頼を受けて、カズキが代理で出場した。設定ではカズキスポーツとはいえ、普段から野球をやっていないのにやらせ大丈夫なのかという疑問が噴出する展開で案の定ホームランを被弾。しかし打席に立ったカズキ満塁ホームランをお返ししてチーム勝利に貢献した。

で出られなかった野球部のエースはこれを見て「自分にはカズキのような野球の才がない」ことを理由に野球をやめようかと考えた。才なんて関係ないとカズキは商店シャドバ大会で優勝してみせたが、野球部のエースからは優勝したとはいえ危ない試合展開も多く納得はしてもらえなかった。

カズキの特訓の成果はなかなか上がらなかったが、カイ導の下成果を上げ別の大会で圧倒的不利を跳ね返して優勝。「好きだから諦めたくない」という気持ちはようやく野球部のエースにも伝わることとなった。

関係者

カズキの弟・妹

が4人、が2人いる。今のところ外見以外大した差別点はない。

第8話でたちが全大会を店のテレビで見ているシーンで初めてエンディング以外で全員集合した。今日は両が店を臨時休業にしたのだろうか。

第25話で青学園の体育館に避難していたが、世界が静止して動けなくなった。

進藤ニイ(CV:長谷川 育美)

第5話から登場したカズキ。次男。
の袖のTシャツ半ズボンを着ている。

進藤サン(CV:八島 さらら)

第5話から登場したカズキ。三男。
の袖のTシャツと少し裾が長い長ズボンを着ている。

第25話では猫目町に向かっているヒイロ達が乗った飛行機の中のスクリーンNintendo Switchらしきゲーム機を持っているサンの画像が出ていた。

進藤シイ(CV:松本 沙羅)

第5話から登場したカズキ。長女。
ピンクの袖のTシャツデニムワンピースを着ている。

進藤ゴウ(CV:八島 さらら)

カズキ。四男。
の袖のTシャツジャージズボンを着ている。

進藤ロク(CV:松本 沙羅)

カズキ。五男。
水色の袖のTシャツ半ズボンを着ている。

進藤ナナ(CV:長谷川 育美)

カズキ。次女。
黄色の袖のTシャツオレンジワンピースを着ている。

百瀬リョウ

第8話から登場した全大会決勝トーナメント1回戦のカズキの対戦相手の男性スーツリュックサック通勤中のサラリーマンのような外見をしている。決勝トーナメント12番のに入り、1回戦でカズキ敗北。控室ではノートパソコンと書類に囲まれ仕事をしていたようだった。仕事が忙しいのに大会に参加したのだろうか?

霧山シロウ

第8話から登場した全大会決勝トーナメント2回戦のカズキの対戦相手の男性牙倉セイヤ松尾アキコ同様プロプレイヤー。決勝トーナメント9番のに入り、1回戦で氷ジュン勝利し、2回戦でカズキにも勝利。第11話冒頭の準決勝第2試合でルシアと戦った。使用クラスエルフ。使用デッキは終盤大ダメージを狙うコントロールエルフ。なお第10話の次回予告では実況から霧島シロと呼ばれていた。

ルシアとのバトル終盤にフェアリーで手札を増やしアニメで描写されたバトルでは初めて手札9枚に到達。手札9枚の状態から太古プレイ。手札には直前の手札枚数のダメージリーダーかフォロワー1体に与える白銀の矢、突進とラストワードで次のターンエルフカードの最大コストカードを手札に加える古きを抱えており、太古を破壊されてもルシアが体9以下にしたら次のターン、体10以上でも古きからデッキに残っているであろう2枚以降の白銀の矢の確保で遅くとも2ターン後には勝てるはずだった。しかし、ルシアはこのターン引いたデモストーム復讐状態に入り、復讐状態で疾走を持つダークジェネラルの攻撃でシロウにターンを渡すことなく勝利した。

対戦終了後、シロウはルシアに握手をしようとしたがルシアから無視され「嫌われちゃったかな」とつぶやいた。

シャドウグランプリでは第18話でアニメで初めて登場したアイヴィーキングバトル勝利し、50番ゴールドランク昇格者となる。しかし、直後のシャドウナイツアインとのバトルに負けて大会敗退の上、アインに気絶させられてしまった。

氷川ジュン

第8話から登場した全大会決勝トーナメント1回戦のシロウの対戦相手の男性。決勝トーナメント10番のに入っていた。1回戦でシロウに敗北した。控室ではをいじっていた。その後の第11話でも決勝開始前の選手控室でカイの後ろに映っていた。

シャドウグランプリでは第14話で藤岡ススムとの対戦で敗北し、ポイントをすべて失って大会敗退が決まった。

主な使用カード

アサルトナイト

カード アサルトナイト
クラス/レアリティ/タイプ ロイヤル/ゴールド/兵士
コスト 攻撃/体 2 進化前:2/2 進化後:4/4
効果 (進化前)
ファンファーレ 自分の場に指揮官カードがあるなら、突進を持つ。
(進化後)

第5話から登場。2コスト標準の攻撃・体を持ち、条件を満たしたら突進を持つ。

ゴールドレアでこのは寂しい感じなのだが、突進自体第2弾カードパックから追加されたであり、アニメゲーム環境(バハムート降臨まで)で2コストかつ突進を持つフォロワーは伊達政宗しかいない。その上、突進はエンハンス7で発生する効果として必殺と共に追加されるだけであり、2コスト伊達政宗を出しても何も効果はない。そのため条件付きとはいえ2コスト突進フォロワーとしての希少性は高い。

その他

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

進藤カズキ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 進藤カズキについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!