シラユキヒメ単語

シラユキヒメ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シラユキヒメとは、1996年まれの競走馬・元繁殖である。

もしかして白雪姫 (グリム童話)

概要

日本最大の競走馬生産牧場ノーザンファームにとして生まれる。
はこれまでも1989年ハクタイユーなどごく稀に突然変異で生まれるケースがあったが、このシラユキヒメはなんと父親アメリカ二冠にして日本に輸入され日本競馬史上最強の大種となったサンデーサイレンスであった。

そのためデビュー前から大変注されたが、競走馬としては9戦して3着が最高であった。なおは当時売り出し中の金子真人氏であった。

シラユキヒメは引退して繁殖入りしたが、ここから先が凄かった。

まず12頭の子を産んだが、そのうちの10頭が毛であった。確率的には毛遺伝子を引き継ぐのは1/2といわれているにもかかわらずである。この確率の条件下で12頭の子のうち10頭が毛となる確率は、10C12 / 2^12=66/4096≒1.6、である。さらにこのうち6頭が繁殖として血を残す機会の多いであった(ダイワスカーレットの逆パターン10頭全部だったりしたら毛の遺伝子は絶えていたかもしれない)。毛の血を広げよという命なのかもしれない。
そのうちの1頭、ホワイトベッセル(クロフネ)が2007年4月1日JRA勝利となった。
さらに産駒の1頭ユキチャン(クロフネ)が2008年6月18日関東オークス(JpnII)で初の交流グレード重賞を勝利
さらに産駒の1頭マシュマロ(クロフネ)は2011年11月13日JRA初の勝利となった。
そのマシュマロの子、ハヤヤッコ(キングカメハメハ)は2019年8月14日レパードステークス(GIII)にて、JRA初のの重賞勝利世界初の際重賞勝利となった。
2012年産のブチコ(キングカメハメハ)はしい気性のため重賞を勝つことはできなかったが、その初ソダシ(クロフネ)は2020年9月5日札幌2歳ステークス(GIII)でJRA初のの芝重賞勝利世界初の際芝重賞勝利、続いて10月31日アルテミスステークス(GIII)を勝利12月13日阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)では世界初のG1勝利となった。翌年の2021年4月11日には桜花賞(GI)も制し、世界初の毛のクラシックホースとなっている。
また、残念ながら毛ではないものの、ユキチャンの孫であるメイケイエール(ミッキーアイル鹿毛)も2021年3月6日チューリップ賞(GII)をはじめ重賞を3勝するなど、孫・ひ孫世代からも続々と活躍が出始めている。

この一族からとしての記録を次々と打ち立てる中、次はどのようなを見させてくれるだろうか。

そのシラユキヒメは2019年5月5日死亡していたことを、孫のソダシ桜花賞勝利した時に報じられてていた。

白毛とは

生まれたときから真っ白の毛色ののこと。に色素があり、体毛の一部にも有色の斑点があるので、「アルビノ」ではないとされる。オグリキャップゴールドシップなどに代表される「毛(あしげ)」との違いは、毛は毛・毛・鹿毛などにい毛が混ざっていて、年を取るにつれてくなるのこと。また世界には2019年セントレジャー優勝ロジシャンなどの「粕毛(かすげ)」が存在するが、こちらは他の毛の色に毛が混じっているが加齢に関係なく色合いがど変わらないとされる。
1922年プール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)優勝モンブラン毛だったと言われてるが、当時は毛のことはよくわかってなかったので、記録上は毛とされていた。
日本では1979年ハクタイユーが誕生した時に日本初の「毛」として登録された。1994年にはハクタイユーの子の(サラ系)ハクホウクンが大井競馬場日本初の勝利を挙げている。

血統表

*サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo
1969 鹿
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975 鹿
Understanding Promised Land
Pretty ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
*ウェイブインド
1991 鹿
FNo.2-w
Topsider
1980 鹿
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Drumtop Round Table
Zonah
Storm and Sunshine
1977 鹿
Star de Naskra Naskra
Candle Star
Sea Drone Drone
Malaga

クロスAlmahmoud 4×5

サンデーサイレンスの毛色は鹿毛(黒色に近い鹿毛。何故黒色なのに「」なのかは諸説ある)である。シラユキヒメ以外の産駒にははいない。
ウェイブインド米国産の輸入で不出走。鹿毛。もちろん近親からはシラユキヒメ以外には出ていない。
トップサイダーは重賞実績はないが18戦8勝の成績を挙げた鹿毛。もちろん近親からは(略)。

白毛の子孫(かなり増えたので一部のみ)

シラユキヒメ 1996 (W14)
ホワイトベッセル 2004 JRA初の勝利
ユキチャン 2005 初の交流グレード競走勝利
||シロインジャー  2013 ハービンジャー
|||メイケイエール 2018 鹿毛 重賞3勝
マシュマロ 2009 初の新勝利
││ハヤヤッコ 2016 初のグレード競走勝利
ブチコ 2012 毛(鹿ブチ)
││ソダシ 2018 初のG1勝利

シラユキヒメを祖とする毛遺伝子はW14と名付けられ(つまり毛はシラユキヒメの前にサラブレッド以外の品種も含めて13以上の例が確認されている)、その血は現在進行形で拡大している。

関連動画

シラユキヒメ自身の動画ニコニコにはなかったです。

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2021/04/12(月) 04:18:19 ID: APYKn5xrnu

    毛のは走らない、が今までの定説だったけどここの一家のお陰で逆に
    毛のは走るになってくるかもしれない

  • 8ななしのよっしん

    2021/04/14(水) 21:31:20 ID: 43UMhH3mTR

    毛を抜きにしてもかなり優秀な系だよな

  • 9ななしのよっしん

    2021/05/06(木) 22:44:04 ID: b9VotTG6m8

    なんか一大系となりつつあるな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/19(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/19(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP