メイショウドトウ単語

メイショウドトウ

6.3千文字の記事
掲示板をみる(271)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

いつか振り返れば

やれることはやった その積み重ねを振り返るのはよそう
不運を嘆きたくなるから

だが今度も同じだ
やれることをやるだけだ

よりも先んじて後ろに従うものの姿を振り返りたくなる
そんな日が来ると信じて

JRA「名馬の肖像」メイショウドトウexit

メイショウドトウとは、1996年まれのアイルランド生産・日本調教の元競走馬・元種牡馬である。
世紀末覇王テイエムオペラオーの古時代最大のライバルとして立ちはだかった…というよりむしろされたオペラオーさんマジ無慈悲覇王。 

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
メイショウドトウ(ウマ娘)を参照してください。

な勝
2000年: 金鯱賞(GⅡ), オールカマー(GⅡ), 中京記念(GⅢ)
2001年: 宝塚記念(GⅠ), 日経賞(GⅡ)

概要

~1999年

Kingmamboと覇を競ったラストタイクーン産駒Bigstoneプリンセスリーマ、Affirmedという血統。なにげにナリタトップロードと同じである。アイツ勝ち切れない理由はそういうことだったのか…
あまりられることは少ないが彼はアイルランド産の外国産馬、いわゆる○外である。しかしその購入額はびっくり、なんと格安価500万円。安い。○外としては格安の極みである。日高でも500万円くらいのは相当血統・的にアレが多いことを考えれば、安いけど結果として輸入賃とか考えたら大損な買い物の可性もあったが、彼は収益的に言えば+である。しかも相当な。

1999年1月デビューからはしばらくはダートを走り、5戦して2勝。いまいち。2着に敗れた新馬戦では安田伊佐調教師馬主に「絶対勝てるがいるんで競馬場にいらしてください!」と言ったのに2着に負けたとか、後に相棒となる安田(通称ヤスヤス伊佐夫の子であり、以下調教師は「伊佐夫」、騎手は「ヤスヤス」とする)が高熱を押して騎乗し初勝利したり逸話はあるけど、地味であった。
6戦以降は芝路線に転向したが、3連敗。こりゃダメダメだなあ…と思ったら安定し始め、年末にはオープンにまで登った。しかし1999年終戦であるオープン初挑戦となった六甲ステークスでは最下位惨敗。この時点では同馬主先輩ダートメイショウオウドウと名前がややこしいイマイチ君であった。

受難の始まり、2000年

年明け一戦日経新春杯では8番人気ながら2着に食い込み実アピール。続く中京記念で見事重賞勝利。続く日経賞でもステイゴールドに遅れを取るものの3着し実明すると、メトロポリタンステークス金鯱賞を連勝。宝塚記念に挑むが……。
そう、そこには春の天皇賞僅差圧勝し、20世紀最後の最強として君臨し始めた後の世紀末覇王皐月賞テイエムオペラオーがいたのである。論ここでも貫僅差圧勝。しかしドトウもクビ差の2着に食い込んだ。とはいえ、果てしなく遠いクビ差ではあった。

は○外開放された天皇賞(秋)標を定め、まずオールカマーから始動することになった…のだが、戦のヤスヤスオールカマーの少し前の札幌遠征中に道路交通法違反(34km/hの制限速度違反)で現行犯逮捕、2ヶ騎乗停止を食らうことに。ちなみに、ドトウのGⅠ初挑戦となったこの年の宝塚記念でも騎乗停止中であった(この時の上は河内洋)。ダメだこいつ…く何とかしないと……。
結局営は的場均上に迎えて挑みオールカマー快勝。満を持して天皇賞(秋)に向かうが、またも世紀末覇王にちぎられ2着敗。ヤスヤスが復帰したジャパンカップでは僅差の戦いに持ち込むが、僅差圧勝こそ美学である世紀末覇王には悪手であり2着。
続く有馬記念では後続がブロックして閉じ込められたオペラオー立ち往生している間に抜け出すも、覇王奇跡のような末脚で断ち切られ2着。
とにかくテイエムオペラオーが倒せない。ただ、オペラオーライバルである菊花賞ナリタトップロードなどはこてんぱんに負かしていたので実はあるのは確かであった。なお、この頃負かした相手にはあのグラスワンダーも含まれている。マジで?さりとて世間的にはオペラオー自体が実績の割に評価されていないこともあり、彼はなおのこと評価が低かった。というか、何回も同じよう形で負け続けたため自ら自分の価値とオペラオーの価値を下げていた側面も否めない。悲しい。

六度目の正直、2001年

翌年は日経賞を快勝し天皇賞(春)へ。一方のオペラオー大阪杯で4着に敗れており千載一遇のチャンス世紀末覇王オワコン…と思いきや、世紀末覇王はまだ負けない。「馬鹿言うなよ、こっから先はだ」と言わんばかりの僅差圧勝劇の前にまたまたまた2着。ついには、宝塚記念で結果が出なければヤスヤスは自ら戦降すると言い出す事態になった。
迎えた宝塚記念オペラオーマークでうまく上がっていけなかったことを差し引いても、ドトウの生涯最高のパフォーマンスが炸裂。第4コーナーで先頭に立つと、ブロックを突き破って迫るオペラオーを抑え込み六度の正直で悲願のGⅠ制覇オペラオーGⅠ勝利日本記録立のを断った。ついでにオペラオー重賞8連続連対をえて自身は9連対としている(先述の通り、オペラオー大阪杯で連を外したため)。なお、これは馬主松本好雄氏にとっても初のGⅠ制覇であった。何より、これまで一回も勝てず辛めさせられ続けていたオペラオーを破ったことに営は歓喜し、ヤスヤス戦の座を守り抜いた。

しかしは再びオペラオーに勝てなくなってしまう。宝塚記念走後直行した秋の天皇賞では3着。オペラオーには全にちぎり捨てられ、先に行ったライバルをねじせた変態アグネスデジタルにも敗。あの走でを使い果たしてしまったのだろうか。なお、前年の秋天以来続いていたオペラオーとのGⅠワンツー記録もここで途絶えている。
続くジャパンカップ。落日にはまだい!と雄々しく戦い、若き新ジャングルポケットに敗れ去ったオペラオー背中遥か彼方に遠ざかっていた。初戦以来ステイゴールドにも先着される5着。掲示板確保がやっとであった。ついでにナリタトップロードにも初めて先着された。
オペラオーとそろって引退レースとなった有馬記念。前走でを使い果たしたオペラオーにこそ先着したが、もう一頭の新マンハッタンカフェの末脚には及ばず4着。
このレースを最後に引退種牡馬入り。引退式はオペラオーとの合同で挙行された。しいことである。
現役時代の獲得賞は9億2133万円にも及び、実に購入価格の184馬主孝行の極みと言える。

もしオペラオーが居らず惜敗したGⅠレースを全て勝っていたとしたら、顕彰馬はドトウだったであろう。つくづく生まれた時代が悪かった。もっとも、オペラオーが小牧場産まれ・傍流血統・1000万落札であんな猛マーキングに遭っていたため、○外・500万・ナニコレ血統のドトウが立つと彼より酷い妨に遭った可性もなきにしもあらず。

競走馬引退後

北海道河町のイーストスタッドexitにて種牡馬入りしたものの、結果は芳しくない。中央だとシャインクラシック戦線に少し顔を出している程度である。勝ち上がった後に頭打ちになるという若いころの彼っぽい性質が悪い方向に受け継がれているようで、人気もそんなにない。
……勝ち切れないのは、ドトウのBigstoneも同じであった(GⅠ12連戦して4勝。ただし欧州なのでGⅠの価値はレースによる)。それでもドトウ産駒はライジンウェーブ大井重賞を勝つなどの活躍はあった。2017年を以ってドトウも種牡馬引退。結果的には種牡馬としてもオペラオーの後を拝す結果になってしまった。

オペラオーはじめ同世代のライバルたちは先に逝ってしまったが、長生きとなったドトウは種牡馬引退後に引退繋養展示事業の助成対となり、NPO法人引退馬協会exitの顔「フォスターホース」として第三の生を過ごすことになった。実は彼、"怒涛"という猛々しい名前とは裏にとても穏やかで人懐っこい性格をしているのだが、この性格によって繋養先でほんわかした濃いエピソードたちを生み出すことになる。

去勢を経て2018年日高町のヴェルサイユリゾートファームexitへ移動し、フォスターホースとしての任に就いた。彼は持ち前の社交性で先住たちともすぐ打ち解け、特に同じフォスターホース仲間であるタイキシャトルしい仲になった。同牧場では以外の動物も飼育しているのだが、彼は同じエリアで放牧されていたヤギに囲まれるも全く動じず、さりとて邪険にする様子でもない動画投稿されたことから「ヤギの王」なる異名が付いた。が言ったかメェショウドトウ。さらに野生のタヌキに自らの馬房の一部を貸して居候を許すexitという事まで発生。タイキシャトル群"チームウール100%"の組共々、小動物たちとの微笑ましい日々を送った。

2021年にはタイキシャトルと共に新冠町のノーザンレイクへ移動。こちらでも先住たちとすぐ打ち解け、牧場メトとも仲良くしようと接近を試みている……が、接近すると巨体を怖がられてしまい想いは一方通行状態。現状自由すぎるメトに振り回されている感が否めないが、果たしてドトウの執念は通じるのか。おっとりゆるふわ癒し系GⅠと気まぐれツンネコの動向に今後もが離せない。

2022年にはついに、厩でメトが乗ってくれるまでに仲良くなった。は非常に視野が広いので背中であっても見えているが、嫌がるそぶりも見せない。さすがはヤギタヌキとも仲良くなったドトウである。当該ツイートは3万RTえ、今でも多くの人がドトウの優しさに癒されている。

余談

因縁の同門?

後年同じ馬主メイショウサムソンが活躍したが、その父親オペラオーと同じオペラハウスだった。こんなところでも何というか因縁を感じざるを得ない。ちなみにサムソンもドトウと同じくイーストスタッドで種牡馬時代を過ごし、その後引退馬協会のフォスターホースに就任している(繋養先はひだか・ホース・フレンズexit)。

サービス旺盛すぎる馬

前述の通りドトウは非常に人懐っこいなのだが、人懐っこいあまりカメラを向けるとずいずい寄ってきてほぼドアップ写真しか撮れないという。その寄りっぷりたるや、カレンダー用写真の撮影のためにわざわざ遠くに曳いていっても手綱を離した途端カメラマンの方へダッシュし始めるほどexit

その一方で、オペラオー」というワードを聞くとそっぽを向いてしまうという。ただ、その言葉が引退式で隣にいた栗毛す言葉であるとは理解していない模様。「オペラオー」が聞こえるたびいつも営の人が落ち込んでいたからその言葉が苦手になったのではないかとの説もある。

主戦騎手について

同時期に活躍したオペラオートップロード・ドトウは若手騎手戦にこだわり、その騎手が悩み苦しみながら成長していくという側面もあった。
実際、オペラオー和田竜二現在でもホースマンのムードメーカーとして知られる一方、本業の騎乗においては関西競馬場に強い腕利きとして存在感を放ち、2018年オペラオーが逝った直後にはオペラオーがドトウに初めて敗れた宝塚記念オペラオー天皇賞春2連覇以来の中央GⅠ勝利を果たし話題を呼んだ。トップロード渡辺薫彦も乗り恵まれなかったり落事故の怪に悩まされたりしたが、2012年限りで調教師して引退するまでそれなりのポジション騎手として長く現役を続けた。

…のだが、ドトウの戦であったヤスヤスは、偶に人気薄のを持ってくる(例:2002年菊花賞でのファストタテヤマ)など西の「男」として名を馳せていたのだが、一方で旧5歳を前にした時期に起こした交通違反事件のくだりにもある通り、素行不良で特に癖のヤバさで悪評が高かったのだが、それをめることもなく、酔いで調教に現れたかと思えば、いきなり東から姿を消して函館東京競馬関係な仕事をしようとするなど、ドトウ引退後はますます自堕落な生活を送り数年もしない内には騎乗依頼がめったに来なくなる。
そして2006年師匠でありである伊佐夫に引退届を提出される形で引退させられて子の縁を切られ、翌年には京都市内のコンビニ恐喝事件を起こし逮捕された。相前後して10年ほど連れ立った妻とも離婚権も妻に移ることとなり、結果としてヤスヤス競馬サークルから追い出されて仕事を失っただけでなく、家族お金も、何もかもを失ってしまった。

その後は行方が知れなかったが、2013年2017年の雑誌対談記事により生存が確認されている。
との関係は死去直前で何とか修復し、をやって失敗しただの、沖縄東南アジアを渡り歩いただの、その中でタイ人の女性と新たな庭を築いただの、現役時代アレほど言われ引退の原因となった癖も治ったとっていた。現在彼はあいりん地区の日雇い労働者に落ちぶれてしまった。しかし、元号平成から令和に変わる頃からはコラムも持つようになり、2020年にはYoutubeアカウント開、重賞の予想を中心とした動画をたまに投稿解説者としての第2の人生を歩みたいともっている。

血統表

Bigstone
1990 鹿毛
*ラストタイクー
1983 黒鹿毛
*トライマイベスト Northern Dancer
Sex Appeal
Mill Princess Mill Reef
Irish Lass
Batave
1982 栗毛
*ポッセ Forli
In Hot Pursuit
Bon Appetit Major Portion
Sweet Solera
*プリンセスリーマ
1984 栗毛
FNo.4-p
Affirmed
1975 栗毛
Exclusive Native Raise a Native
Exclusive
Won't Tell You Crafty Admiral
Scarlet Ribbon
First Fling
1977 栗毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Fast Approach First Landing
Pinny Gray

クロスNorthern Dancer 4×4(12.50%)

主な産駒

関連動画

6度の挑戦にしてようやく勝利

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/07(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/07(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP