ナリタトップロード単語

ナリタトップロード

  • 3
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ナリタトップロードとは、1996年まれの競走馬1999年菊花賞に勝った名である。

まぁ、それより3年連続、天皇賞春3着の記録で有名なんだけど。

概要

サッカーボーイ *フローラルマジック Affirmedという血統。サッカーボーイといえば、イッちゃった三白眼で有名なだが、ナリタトップロードはおっとりとした子供っぽいだったという。

牧場の期待だったトップロードは2戦で初勝利。3戦は敗れるものの、4戦は強気に格上挑戦、重賞のきさらぎ賞へ向かい、ここを勝利弥生賞でもアドマイヤベガ追い込みを抑えて優勝。一躍クラシック戦線の注に躍り出た。

上は渡辺。若手だった渡辺騎手にとって、初めて重賞勝ちがトップロードきさらぎ賞である。トップロードは所属の芳夫厩舎の期待。その期待に乗せてくれた師匠師に、是非G1タイトルを!渡辺騎手は並々ならぬ決意でクラシックに望んだ。

しかし、皐月賞では猛然と追い込むトップロードの更に外から、次元の違う脚で飛んできた毛のがいて負け。ダービーではその毛のを差し切ったトップロードを更に外から切り捨てた良血に負け。

毛のテイエムオペラオー。良血アドマイヤベガ。この二頭に阻まれて、クラシックは3着2着。渡辺騎手ダービーの検量室で男泣きに泣いた

を迎え、京都新聞杯アドマイヤベガに差し切られる。これは騎手の差が・・・。という話が当然出たのだが、調教師はを説得してまで渡辺騎手上に残した。

そして菊花賞。4コーナー出口で先頭に立ったナリタトップロードは渡辺騎手の執念の追いに応えてテイエムオペラオーの追撃をぎ切り、見事に優勝。あのテイエムオペラオー完封したのであるからこの勝利はもっと評価されても良い。渡辺騎手調教師共にG1初制覇。師の夢がった間である。

しかし、この後、トップロードは苦闘が続く。まぁ、概ねのせいなのだが。

有馬記念スペシャルウィークグラスワンダー名勝負に弾き出された(7着)のは仕方がい。しかし、翌年の京都記念。抜け出したテイエムオペラオーを狙い済まして猛然と外から追い込んで、よし!やった!!と思ったら、なんとオペラオーに差し返されて2着に敗れてしまう。この負けから、ライバルだったテイエムオペラオー背中が巨大なに変わるのである。

阪神大賞典でもテイエムオペラオーマークしていながら追い込み切れずに3着。本番の天皇賞春でもオペラオーに競り潰されて3着。どちらもテイエムオペラオーを正面から負かしに行っての敗である。になっても京都大賞典オペラオーが交わせない。強い。絶対に強い。らのテイエムオペラオー。何しろこの年のオペラオーは結果的に敗だったのである。勝てなかったのはトップロードだけではないのだが、ライバルと認め合っていたトップロードにとってこの敗北続きは屈辱的というしかなかった。

挙句に、苦手の渋い馬場秋の天皇賞では付いてさえ行けずに5着惨敗。ジャパンカップは除外されるという更なる屈辱。オペラオーと同じ舞台にも立てないとは・・・。仕方なく出走したステイヤーズステークス。当然、格下相手なので「勝たなければいけない」レースだったのだが、直線入り口で置かれ過ぎたのがいて4着。

流石にこれはい切れない負けだったのか、続く有馬記念では騎手が交代(的場均騎手)することになる。しかし有馬も9着。ぶっちゃけ、ナリタトップロードは中山競馬場がからっ下手であったのだった。騎手、関係い。

翌年の京都記念も的場騎手で3着に敗れると、渡辺騎手に手綱が戻ってきた。渡辺騎手の気合の入り方は普通ではなかったのだろう。阪神大賞典では直線入り口で先頭に並び掛けると物凄い勢いでぶっ飛ばして後続に8身差。世界レコードの圧勝。惜敗続きだったナリタトップロードの圧勝にファンは沸き立ち、テイエムオペラオーへの辱に期待を膨らませた。

しかし、天皇賞春では4コーナー出口先頭の積極策仕掛けともいう)も実らず、テイエムオペラオーメイショウドトウに交わされて3着。なんというブロンズコレクターっぷり。逃げても、追い込んでもオペラオーが負かせない・・・。

更に京都大賞典逃げ込みを図るステイゴールドを追い込むナリタトップロード。外からテイエムオペラオーステイゴールドオペラオーも交わしきれないか!と思った間、トップロード渡辺騎手が落ステイゴールドが斜行していたのである。この時の落の仕方は物凄く手で「渡辺死んだんじゃないか!?」とファンになったものである(大丈夫でした)。

天皇賞秋は回避。ジャパンカップではオペラオーとジャングルポケットの熱闘の後ろでこっそり3着を確保。はっきり言って、このレースを見て「ああ、トップロードは、オペラオーよりどうしようもなく弱いんだなぁ」と思ったファンは多かった。なにしろ、このレースでは二着に負けてしまったオペラオーに3身は余裕でちぎられているのである。

苦手な中山有馬記念では10着。ちなみにこのレースオペラオーは5着。オペラオーはこれで引退してしまったため、古になってついに一度もテイエムオペラオーに先着出来ないという、ライバルと言うに憚られる様な結果が出てしまったのであった。実際、今ではオペラオーのライバルといえばメイショウドトウだよね。

さて、の上のタンコブ。テイエムオペラオー引退したんである。いよいよナリタトップロードの時代が来る。

京都記念、60kgを背負いながらマチカネキンノホシを競り落として勝利すると、阪神大賞典でもジャングルポケットが二着確保に苦しむ中、余裕の勝利おおおお、ファンはここに来ての本格化に采を送り、天皇賞春では彼を一番人気に支持した。

が、直線速めに抜け出したマンハッタンカフェが交わせず、後ろからジャングルポケットに差されて3着。この間「天皇賞春3連続3着」という有馬記念3連続3着のナイスネイチャに匹敵する記録が達成されたのであった。

、負傷療養中の渡辺騎手に代わって四位洋文騎手に乗り変わった京都大賞典。直線入り口から先頭を譲らない強いレース勝利実況は「世代交代?なんだそれは?」と叫んだ。いやいや。ここにはジャンポケもマンハッタンもおらんでしょうが。

しかしマンハッタンもジャンポケもいない天皇賞秋は確かにチャンスだった。ところが、よりにもよってこの年は、東京競馬場修工事のために苦手な中山競馬場で行われたのである。直線では良く追い込んだのだがシンボリクリスエスにわずかに届かない。ジャパンカップ中山開催。とにかく中山の長距離は駄なのである(大跳びのせいで小回りコーナーがたくさんあると駄だったらしい)。10着。

引退レース香港という話もあったのだが、ファン投票一位感謝の意味も込めて有馬記念に出走。上にはベストパートナー渡辺騎手。苦手なの中4着に頑って、現役生活を終えた。スタンド前に帰ってきた時の歓は、ややもすると勝ったシンボリクリスエスに対するものよりも大きかったかもしれない。

ナリタトップロードはこれで引退。結局、古になってからG1には勝てなかった。

菊花賞に勝っているし、G2で5勝もしているのである。並みのでなかったことは間違いい。

しかしながら、とにもかくにもどうしようもなく、底して勝ち味に遅いであった。それはもう偏にジリジリした末脚に原因がある。切れがく、後ろからは一歩届かず、かといってり切るには厚みが足りない。テイエムオペラオーの厚くて切れる世紀末一の末脚には到底太刀打ちできなかった。

毛に筋肉々の体。パドック写真で物凄く見栄えがするであった。ほぼ文句テイエムオペラオーメイショウドトウよりも良い体であったと言って良いだろう。しかしながら戦績やレースに行っての底ではその二頭に一枚も二枚も劣る。って、体だけじゃぁいんだなぁと思い知らされたのがこのであった。

大きな故障は一度もせず、条件があったレースでは好走するで、何気に10億円近く稼いでいる。孝行なであった(馬券では3着が多かったので泣かされた人も多い)。

サッカーボーイの後継種として期待されて種入りしたのであるが、種入り3年死亡。少ない産駒から重賞勝ちを出しているので、期待出来ただけに、非常に残念である。

渡辺騎手は全30戦中25戦に騎乗。この頃の渡辺騎手は未熟な若手騎手でしかなく、正直、もっと良い騎手が乗るべきだという意見も強かった。しかし、このコンビテイエムオペラオー和田騎手コンビアドマイヤベガ武豊騎手に挑み、苦しみながらもそれぞれクラシックを勝ち取った様は清々しくて良かった。最近は若手がG1を咲かせる場面をあまり見ない。外人ばっかり乗せてないで若手騎手を素質に乗せてあげて欲しい。特に社台の

毛大流星のグッドルキングホースに似ず性格も良かったようだ。惜しいレース続きが多くのファンされたナリタトップロード。直線入り口からこのだけを見ていたおかげで、レースの勝ちが分からなくなったファンも多い。

血統表

サッカーボーイ
1985 栃
*ディクタス
1967 
Sanctus Fine Top
Sanelta
Doronic Worden
Dulzetta
ダイナサッシュ
1979 鹿
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
*ロイヤルサッシュ Princely Gift
Sash of Honour
*フローラルマジック
1985 鹿
FNo.18
Affirmed
1975 
Exclusive Native Raise a Native
Exclusive
Won't Tell You Crafty Admiral
Scarlet Ribbon
Rare Lady
1990 鹿
Never Bend Nasrullah
Lalun
Double Agent Double Jay
Conniver

主な産駒

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/24(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/24(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP