冒険小説単語

ボウケンショウセツ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

冒険小説とは、エンターテインメント小説ジャンルのひとつ。

概要

冒険小説とは、宝探し、困難なミッションへの挑戦、危機からの脱出といった冒険的な要素眼とした小説のこと。誤解する人もいそうだが、RPG的な「冒険の旅」を描くファンタジーのことではない。ハードボイルドとは読者層がほとんど同じと言っていいほど重なるジャンルで、アクション小説スパイ小説際謀略小説犯罪小説警察小説なども広義では冒険小説の範疇に入るものが多い。

ものすごく大雑把にいえば、小説で書いたアクション映画。明確な定義はないが、「主人公が何らかの危機や困難に挑むという要素が作品の中心にある、サスペンス要素の強い小説」ぐらいの意味としておくのが難なところか。日本ではミステリーサブジャンルのひとつとして扱われることが多いが、謎解き要素が全くないこともしくない。

そのルーツを辿れば18世紀の『ロビンソン・クルーソー』や『ガリバー旅行記』に始まり、19世紀の『トム・ソーヤーの冒険』『宝島』『十五少年漂流記』といったところが挙げられるだろう。ミステリーの代名詞であるシャーロック・ホームズも、現代のから見ると冒険小説の要素がけっこう強い。もっと遡れば、世界各地の神話に冒険物語の原を見ることができるが、とりあえずそのへんの話は置いておく。

現代的な意味での(ヒーローによる活劇が中心の)「冒険小説」は、1953年からスタートしたイアン・フレミングによる《007シリーズあたりから始まる。アリステア・マクリーンデズモンドバグリイ、ギャビン・ライアルジョン・ル・カレ、フレデリックフォーサイスジャック・ヒギンズ、ディック・フランシスといったイギリス作家たちによって発展していった。アメリカではロバート・ラドラムクライブカッスラートムクランシースティーヴン・ハンターなどが代表的な作家

日本の冒険小説

日本では1950年代末頃に大藪河野典生らが登場してハードボイルド小説確立。それとともに、1960年代から中英助『密書』(1961年)、結城治『ゴメスの名はゴメス』(1962年)、生治郎『土の奔流』(1965年)、三好地帯』(1966年)といった本格的なスパイ小説・冒険小説が書かれ始めるが、「冒険小説」という言葉が一般的になったのは1970年代末ぐらいからである。

西村寿行が『化石の荒野』のあとがきで「冒険小説宣言」をしたのが1975年。続いてルシアン・ネイハムシャドー81』の邦訳(1977年)とともに翻訳エンターテインメントブームが起こり、英の冒険小説が続々と翻訳され、「冒険小説」というジャンルが活況を呈し始める。それを受けて1981年に冒険小説のファンクラブである日本冒険小説協会、次いで1983年作家団体の日本冒険作家クラブが設立。70年代から80年代にかけて、詠、船戸与一、志夫、逢坂剛、佐々木譲といった作家が続々と登場、内藤陳や北上次郎といったの強い評論家の後押しもあり、本格的な産冒険小説ブームが巻き起こった。また商業的には大藪西村寿行バイオレンスアクション小説人気ジャンルの地盤を支えていた面もあると思われる。

ちなみにミステリー界ではほぼ同時期に西村京太郎内田康夫・山村美紗らによるトラルミテリーブームが巻き起こっており、さらに赤川次郎人気もあって、「ノベルズ戦争」と呼ばれたほどにノベルズ判(新書判)で大量のミステリーが刊行されていた。そんな中、当時のミステリー評論家たちは量産されるトラルミテリーよりも読み応えのある冒険小説・ハードボイルドを好んで推した。初期の「このミステリーがすごい!」で冒険小説が非常に強いのはだいたいそのせいである。

しかし80年代末に冷戦構造が終結を迎えると冒険小説のブームも徐々に終息に向かい、90年代ばぐらいでほぼブーム終焉を迎えた。その後も福井晴敏『亡イージス』『終戦のローレライ』など冒険小説は書かれ続けたものの、ジャンル全体には往年の勢いはなくなり、2010年には日本冒険作家クラブが解散、2012年には設立者の内藤陳の死去により日本冒険小説協会も解散した。

現在ではブームを牽引した作家たちも鬼籍に入ったり高齢になったりして、ジョーカー・ゲーム』や高野和明『ジェノサイド』、月村了衛機龍警察シリーズといったヒット作がときおり出るものの、ジャンルとしての活気には乏しい。月村了衛は冒険小説の衰退に危機感を覚え、冒険小説の復すと宣言している。

なお、平和戦後日本舞台にした冒険小説は非常に書きにくいため、産冒険小説の多くは海外、もしくは過去の時代(戦前や戦時中)を舞台にしている。現代日本舞台にしたものでは、危険な登山山中でのサバイバルを描いた山岳冒険小説が多い(甲州、本稜大倉崇裕あたりが代表的な作家)。山にべると数は少ないが、舞台にした海洋冒険小説もある。

大百科に記事のある冒険小説

「冒険小説の範疇に入る」と言われる程度の作品も含むが、定義がややこしくなるので狭義のライトノベル異世界ファンタジーとりあえず除外。

大百科に記事のある冒険小説作家

作品のメインが冒険小説ではない作家、冒険小説も書いたことがある程度の作家も含む。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%86%92%E9%99%BA%E5%B0%8F%E8%AA%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

冒険小説

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 冒険小説についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

おすすめトレンド