北号作戦単語

6件
ホクゴウサクセン
5.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

北号作戦(きた/ほくごうさくせん)とは、大東亜戦争末期1945年2月10日から20日にかけて行われた帝國海軍の輸送作戦である。作戦は成功し、しかも絶望的な状況を覆しての成功だったためキスカ島撤退作戦と並ぶ奇跡作戦と呼ばれる。

概要

背景

を挙げたレイテ沖海戦に敗れて以降、大日本帝國海軍東南アジアの制権及び制権を失いつつあった。1945年1月6日アメリカ軍がルソンへ上陸した事でいよいよ日本本土と南方地帯の連絡は本格的に断たれてしまい、強行輸送を図った輸送団は半壊ないし壊滅的打撃をこうむった。特に1月12日に行われたグラディテュー作戦ベトナム沿を航行していたヒ86団が壊滅させられた事は南方航路の閉鎖を意味していた。このため日本本土では燃料が枯渇しかけて艦艇の出撃に支障をきたし、わずかに残った燃料を巡って陸海軍喧嘩する始末。きたるべき本土決戦に備え、せめて航空機の燃料だけは確保しなければならない。もはや一刻の猶予もかった。

2月上旬、帝國海軍上層部はシンガポールに取り残されていた伊勢航空戦艦伊勢日向若干数の小艦艇に帰を出すのだが、その際に詰め込めるだけ物資を詰め込むよう示。軍艦輸送艦に見立てた強行輸送作戦こと「北号作戦」を企図する。輸送艦ではなく軍艦なので搭載量は期待できなかったが、それでも武装した軍艦ならばと一縷の望みを賭けた。上層部も成功率の低さを想定しており、半数が帰ってこれば大成功とされた。作戦の全揮は第四航空戦隊松田千秋少将に一任され、必ず作戦遂するという意味を込めて参加艦艇は「完部隊」と命名された。

作戦準備

1945年2月6日、北号作戦に参加する艦艇はリンガ泊地から策シンガポールへ移動。その際に伊勢が触するも艦首を僅かに損傷した程度で済み、停泊中に修理を行った。翌7日より物資の積み込みが始まり、近くの田で働いていたマレー労働者440人を動員。伊勢航空機ガソリン100キロリットルドラム缶5200本分、ゴム850トン、錫900トン水銀10トン亜鉛32トンタングステン47トンを積載。日向には航空機ガソリン100キロリットルドラム缶4994本分、普通揮発ドラム缶326本、ゴム518トン、錫820トンタングステン47トン水銀32トン砂糖200トンを積載した。この2隻は航空戦艦装されており、航空機格納庫は格好の倉庫になった。航空燃料を満載したドラム缶の上に生ゴムを重ね、申し訳程度の防御にした。

護衛を務める巡洋艦大淀駆逐艦朝霜初霜にもありったけの物資が詰め込まれた。大淀には錫110トンタングステン64トン航空燃料64トンゴム45トン亜鉛36トン水銀18トン駆逐艦3隻には130トンゴムと錫が分割された。甲上にまでドラム缶が敷き詰められている様子はまさに動く爆弾庫。初霜の艦長は「機関銃一発でも戦艦が吹っ飛ぶ。この恐怖は想像するだけで恐ろしくなります」と漏らし、「どこかに一発当たれば、たちまち部隊誘爆するかもしれない」と言われるなど、いかにこの作戦謀で危ないものかを物語っている。現実世界オワタ式と言えよう。実際、先立って行われたヒ86団や南号作戦機動部隊されて惨澹たる結果に終わっている。とてもじゃないが、失敗がに見えてるような作戦であった。それでも孤立したシンガポールから日本本土に帰れる可性があるとして、現地軍人・行政企業職員やその家族らを日向伊勢大淀に便乗させている。戦艦日向伊勢には婦女子も多く乗り込んでいたが、軽巡大淀には男性しか便乗者が居なかったため、「女は乗せない巡洋艦♪」という自虐とも自慢とも取れる歌が大淀艦内でウケたとかなんとか

2月9日、物資の搬入が了。松田少将は翌10日を出港日に定めた。これはシンガポール日本を結ぶ航路に長期の悪を期待できるためで、視界不良を利用して偵察機から逃れる意図があった。

しかし連合軍は日本側の暗号を解析し、「完部隊の編制」「貨物」「的地」「使用する可性のある航路」など全てを把握。大きな脅威となりえる伊勢日向を葬るべく、南西太平洋潜水艦隊を率いるジェームズファイフジュニア少将が迎撃作戦に据えられ、15隻の潜水艦を配備。更にアメリカ陸軍航空隊とアメリカ海軍が協調して2隻を撃沈する計画も立てられており、第7艦隊を率いるトーマス・C・キンケイド少将は4隻の戦艦フィリピン北部に配備。分厚い警網を敷いて必殺の構えを見せる。

北号作戦

1945年2月10日完部隊シンガポールを出港。燃料を少しでも節約するために速を16ノットに抑え、連合軍のを欺くために針路を偽装し、リンガエン湾に突入するかのような動きを見せた。当然ながら航空支援く、制権もい。い尽くしの絶望的なが始まった。

出港直後、シンガポールを監視していた英潜水艦タンタロスに発見され、いきなり追跡を受ける。上には敵の触接機が飛び回り、今にも攻撃を受けかねない状況だった。あわよくば攻撃しようと考えていたタンタロスであったが、翌11日午後にグレートナッツ西方中の零式水上偵察機から投弾を受けたため断念。位置情報ジェームズ少将部に通報した。完部隊の方でも敵潜水艦の出現に気付き、回避運動を取っている。2月12日13時45分、潜水艦チャールがレーダーにより7.8里離れた場所に完部隊がいる事を掴み、すかさず部へ通報ブラックフィン、フロウダー、パルゴ、ツナに相次いで発見されてしまうが、完部隊側も敵潜水艦4隻(うち3隻は浮上航行中)を発見していて大淀から零式水上偵察機1機が警任務を帯びて発進している。どの潜水艦も有効な撃位置につけないまま完部隊を取り逃した。次に完部隊を発見したのはグアデナ、パンニト、ヘイクのグループだった。3隻は一斉に射程圏内へ向かうも、これまた取り逃がしている。中の刺客からは逃れる事に成功した完部隊だったが、上には常に敵機が触接しており、その動きは逐一報告されていた。得られた情報は一旦キンケイド提督のもとへ送られ、ジェームズ少将転送された。

2月13日午前0時日向レーダー水上の艦を探知。潜水艦と判断され、艦隊は一斉回頭を行った。午前2時頃、カムラン湾東80里を航行している時にも水上標を探知。再び緊急回頭を行っている。そして午前11時、ついに襲を受ける。レイとミンドロの飛行場を出撃したB-24リベレーターとB-25爆撃機、それらを護衛するP-51戦闘機合計88機がっ直ぐこちらに向かってくる。もはやこれまでと思われたが、ちょうどの前でスコールが発生していたため隠れる事で奇跡的に難を逃れた。敵機はレーダーを持っていたものの、連合軍の潜水艦がいる域では同士討ちを防ぐためレーダー爆撃が禁じられており、完部隊を捕捉していながら手出しできなかった。燃料が少なくなると敵機は引き揚げていった。潜水艦隊も完部隊を捕まえようと動き、推定航路上にベルガール、ブロワー、ギターロの3隻が待ちせを行った。午後12時30分、潜航中のベルガール完部隊を発見。約4400mから計6本の魚雷を発射したが命中せず。次にブロワーが5本の魚雷を発射するが、伊勢の艦後部で煙草を吸っていた非番の下士官が偶然跡を発見し、ぎりぎり回避に成功。1発だけ艦尾に命中した魚雷は不発だった。ベルガールとブロワーは護衛の駆逐艦に気付かれたため、退散しなければならなかった。30分後、バーガル大淀に向けて6本の魚雷を発射。1発が直撃コースだったが、伊勢が高で破壊。潜水艦による警網は次々に突破され、残っているのは最北端に配備されたフラッシャーとバショウグループだけだった。15時15分、スコールから出てきた完部隊をバショウが発見。撃体勢に入るも、警中の零式水上偵察機に発見されて手間取る。16時日向がバショウを発見しを発射。さすがに命中はしなかったものの、バショウの度肝を抜くには十分すぎたようで慌てて逃げて行った。バショウの襲撃は完部隊の対潜警を厳重にさせ、フラッシャー手出しが出来ないまま取り逃がした。

2月14日午前10時、本土からシンガポールに向かっていた駆逐艦が合流。一時的に護衛へ加わった。太平洋艦隊潜水艦チャールズ・A・ロックウッド中将完部隊がルソン峡を通過すると考え、新たに11隻の潜水艦を配備。しかしこ示は悪手だった。松田少将はルソン峡ではなく台湾峡を通る航路を選択したため、全に駄となってしまった。台湾峡の入り口で地上レーダー水中聴音機が敵艦の集団を捕捉したとの情報が入り、一時は香港へ避難する事も検討された。しかし入港すれば襲の格好の的になると判断、航行を続けた。午前11時30分、香港B-24とB-25の一個連隊が南南東より出現。しかしに阻まれて攻撃に失敗。敵の襲圏を突破した事で、以降は敵機の出現がくなった。夕刻、大淀偵が前路間に形を変えて台湾峡へ突入した。知らず知らずのうちに伊勢が機に突っ込みかける危機に見舞われたが、操手の新米中尉ミスで予定のコースよりく転したため難を逃れた。

2月15日完部隊で仮泊して伴走者の駆逐艦に燃料補給を行った。ここでと野が外れ、代わりに完部隊の度胸に感動して護衛を申し出た駆逐艦が護衛についた。5時間の停泊を経て、完部隊は出港。松田少将は直接日本本土をすのではなく朝鮮半島方面に回するコースを取り、中国大陸に沿って進撃。荒に紛れての航行だったため、旧式艦のは追随できずに脱落してしまった。2月16日午前5時7分、潜水艦ラッシャーは18km離れた場所を航行する完部隊を捕捉。護衛の艦艇に向けて魚雷6本を放つも命中しなかった。この攻撃を最後に潜水艦隊は全に接触を失った。21時6分から2月18日午前7時まで上海の舟山列で仮泊し、最も危険とされた東シナを突破。当時、アメリカ軍フィリピン硫黄島攻略に忙殺されており、東シナ方面に全く艦隊を配備していなかったのである。2月19日16時、門の六連に到着。

そして2月20日午前10時、1隻も欠けることなく軍港に到着、作戦中に発進した大淀の2機の偵も、陸上基地を経由して事にに帰還した。15隻の潜水艦の追跡を振り切り、見事遂させてみせたのである。まさかの大成功に軍上層部は狂喜乱舞し、乗組員は互いに抱き合って帰還を祝した。

結果

北号作戦は予想を覆す成功に終わった。完部隊が運んだ燃料は全部合わせても中タンカー1隻程度であったが、燃料を渇望する陸海軍にとってはの恵みと言えた。運び込まれた航空燃料はB-29の迎撃に上がる日本軍機に充てられ、伊勢日向が持っていた燃料は沖縄へ向かう戦艦大和の燃料に転用された。入港後、日向では乗組員に休暇許可されて束の間の休息を楽しんだという。連合艦隊最後の成功にして、奇跡バーゲンセールとなった北号作戦はこうして幕を下ろした。奇跡の連続だったが、どれか1つでも欠けていれば失敗していたであろう。この事が、いかに北号作戦が困難なものだったかを如実にっている。なろう系ギャグ漫画の話ではなく、実際にあった事なのだから現実とは恐ろしいものである……。

対するアメリカ軍では責任の追及が行われていた。計26隻の潜水艦が配備されていたにも関わらず伊勢日向を葬れなかった事で連合軍の上層部は失望。ジェームズ少将は「完部隊予想外の高速を持っていた」「悪」「日本艦艇に搭載された装備がレーダー波を探知して潜の位置特定を可にした」事が原因と結論付け、上官のロックウッド中将に「許しがたい失敗」と報告している。そのロックウッド中将キンケイド艦隊からの情報に頼り過ぎたせいで潜水艦を明後日の方向に配備してしまったとった。軍艦輸送艦に使うという奇想外な発想は連合軍も虚を突かれたようで、戦後「あれはすっかりやられた」と述懐している。

北号作戦の成功により1945年初頭の燃料輸送量は1944年末より増加したが、3月には全に途絶えてしまう。この作戦南方航路の最期のきだった。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北号作戦

1  
2021/10/01(金) 03:17:12 ID: U9GDgp8f3F
潜水艦を狙う件が面過ぎる。
しかし中タンカー一隻分の物資で大喜びしちゃう辺りからして、
当時の日本絶望的な状況がめてよくわかる。
そもそもそんな状況から巻き返せるわけなんていのに。

相手の戦を軽視して日本スゲーしてるアホが現代でもうじゃうじゃいるけど、
そういう連中こそ最前線には立たないから困る。
無知人間程やたら勇ましいわけだけど、
そういう連中は多分にして自覚だから終わってる。
そんなが多数にならない事を願うしかない。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2021/10/23(土) 14:43:54 ID: t6c8103sGK
輸送した燃料も大和沖縄特攻に使ったなんてハッキリ言ってドブに捨てたようなもん
そういうことやってるから戦争に負けるんだよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2023/10/15(日) 21:36:29 ID: ccHXNQa9y4
伊勢日向はなんだかんだでかなり幸運な部類だよね
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改