王様の仕立て屋単語

サルトフィニート

王様の仕立て屋とは、大河原遁による、飾を題材とした漫画作品である。

概要

2003年に『オースーパージャンプ』で読み切りが載った後、同年に『スーパージャンプ』本誌で『王様の仕立て屋〜サルト・フィニート』のタイトルで連載開始。2011年の同誌廃刊後はタイトルを『王様の仕立て屋 〜サルリア・ナポレターナ〜』に一新し、『グランドジャンプPREMIUM』で2013年まで連載し『グランドジャンプ』へ移籍した後、現在は同誌で『王様の仕立て屋~フィオリ・ディ・ジラソーレ』を連載中である。

コミックスは『サルト・フィニート』が全32巻、『サルリア・ナポレター』が全13巻、『フィオリ・ディ・ジラソーレ』が現在も好評続刊中である。この他に、傑作選が4冊出ている。コミックスについてはニコニコ静画電子書籍でも配信されている。

基本的な物語ラインは「飾版ブラック・ジャックいは「飾版美味しんぼ」といった処だが、唐突に古典漫画の絵柄で例え話を入れてみたり、所謂ヲタネタを放り込んだりと、ギャグ表現も豊富。このような本作ならではという演出もあって一種独特な雰囲気を持ち、根強い人気を持つ漫画である。

また、ライターである片瀬太の監修を受けている事から、ちょっとした男のお落の入門書的側面もある。また、飾のみならず、靴や時計といったファッション歴史などの薀蓄ネタも作中で解説されていたりと、なかなかに読み応えのある内容となっている。

ちなみに作者大河原遁氏は本作連載前の1990年代中期に『週刊少年ジャンプ』で『かおす寒』という古道具屋ネタ漫画を連載していたことがあり、こちらも薀蓄ネタが多め。全1巻で既に絶版ではあるが、本作で興味を持たれた方は古本屋で探してみるといいだろう。

あらすじ

王様の仕立て屋〜サルト・フィニート〜

ナポリの泥棒サルトを構え、師匠譲りの凄腕と大な借を背負う日本人職人織部」と愉快な仲間達による飾関連を軸とした物語

王様の仕立て屋 〜サルトリア・ナポレターナ〜

師匠の借もあらかた返済した「織部」だったが、天才的な腕からカモッラにはづるとしてを付けられており、今後もタカられ続けるおそれがあった。そんな現状ではかなりヤバイと言うことで、ベリーニ伯の護を受け、カモッラと手打ちをすることに。その条件としてベリーニ伯の融資を受け、きちんとした店舗を持つこととなった。

王様の仕立て屋~フィオリ・ディ・ジラソーレ~

ユーリアをライバル視するゾーエ率いる「サービスジャングルイタリア支社がやってきた事で「織部」の周りは更に賑やかになった。訳ありの特急受注に応える為、今日織部職人達は奮闘する。
前2部と異なり、今作では1話完結方式になっている。

主要キャラ

サルトリア・オリベ (織部と愉快な仲間達)

織部が親方を務める、スパッカナポリの仕立て屋。元々は看も出さず織部が一人でやっていたのだが、愉快な仲間との出会いや、数々の難しい仕事を繰り返していくうちに発展し、今では看を掲げて新進の仕立て屋として商売をしている。ただ親方が長すぎるので、店はいつも借返済に苦しんでいる。
ナポリ仕立ての店ではあるのだが、親方の技術が高いのでサヴィルロウのようなブリティッシュでもミラノでもクラシコイタリアでも、頼めば何でも作ってくれる。通常の納期のビスポーク(リアルだと2ヶ~半年程度)は程ほどの額で受けてもらえるが、一週間~10日の特急仕事だと通常の5倍程度の値段で引き受ける。但し特急を引き受けすぎたせいで、「あそこはボったくる」という評も立っているとかいないとか。

織部
ナポリが誇る伝説職人であり、「ミケランジェロ」とまで呼ばれたマリオサントリヨ親方の一の子。以前は看を出さずに商売をしていたが、現在ではサルリア・オリベの親方である。凄腕であり、通常は時間のかかるオーダーを特急であっという間に仕立てる等、神業の持ち。ただし本人は特急仕立てについては「反則」「邪」であると言っている。
マリオ親方がカモッラに対してこさえた借(円にして優に1億はある)を肩代わりしており、仕立てを特急で高く請け負うことで借に充てていた。が、折の技術がありながら裏社会に借を払い続けていることを快く思わないベリーニ伯の仲裁で手打ちに。条件として自分の店を持つこととなった。
作中、描写がになったり海老になったりとまあ大変。
通称:ナポリタン、ジャッポーネ
マルコジュリアーニ
織部の居である靴職人見習いの少年。靴職人子にして、サルリアオリベの店員
当初は靴磨きで生計を立てる、靴職人子という立場で登場。年端もいかない少年ながら、靴とそれに使われる皮革に関しては織部も一置くほどの利きを誇る。やがて織部に住み付くようになり、織部の愉快な仲間一号となる。織部の客に対して靴の面でアドバイスをする。
当初はトラブルメーカーであったが、このキャラはいつの間にかどこかへ立ってしまった模様。料理にも精通していてこだわりが深く、その腕は今すぐに店を開いてもおかしくないレベル。ただその技量が発揮される場面は、織部セルジュの賄いを作る程度である。何故か日本ネタに詳しい。
通称:小動物
セルジュ・リヴァル
フランスの有名ブランド「リヴァル」の御曹司
父親アラン職人で「リヴァル」の総帥でもあるが、彼の息子への教育方針、特に工房での修行が物凄くスパルタであったため、であり職人でもあるエリック共々、をとても恐れている。
有名モデルだったが色々あってパリを脱走、今は織部の元で子として修行中。
モデルだけにかなりの美少年であり、作中ではよく女性人気を集めたりもしている。
ちなみに師匠である織部は、セルジュの思い人であるエレナガチ惚れしている相手でもあり、セルジュにとって敵でもある。

ジラソーレ社

ユーリア・ペルッツィを中心とする、フィレンツェの女子大生サークルを起とする新進のメーカー。元々はカジュアル婦人を専門としていたが、ユーリアの私から紳士服分野にも進出。ナポリに拠点を設け本社機を移し、紳士服部門はナポリ仕立てを軸としてパターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーを手がける。婦人及びカジュアル部門は、支店となったフィレンツェで引き続き行っている。称は「ひまわりさん」。
当初は紳士服に対する理解の低さから窮地に陥ることもあったが、織部織部、あと織部の助もあって徐々に実を高めつつある。しかし未だに社長ユーリアがやらかして、窮地に陥ることも。ロンドンパリニューヨークに支店を持つ。創立メンバー全員で12人。

ユーリア・ペルッツィ
ジラソーレ社長ユウ兄弟子でもあるカリスマデザイナーのペッツオーリの一人
かつてが危篤の時にファッションショーに出演して自分一人での死を看取った事からを憎むようになり、後に長じて大学時代の友人や後輩と共に ジラソーレ社をしてからは、打倒ペッツオーリをして攻めの経営でジラソーレを一流アパレルメーカーに押し上げた女傑。ただし、への対抗意識から時たまヤリ過ぎなレベルでのを度々行い、幹部一同から叱責されることも。元祖問題児
ピザ大好きで体維持に悩まされている。
通称:シャッチョさん もしくは ピザ 
ベアトリーチェ・パスコリ
ジラソーレのフィレンツェ支店長補佐兼経理担当。冷かつものすごいやり手で、詐欺じみた手で周囲を動かしての顧客の獲得や、あれよあれよという間にオリベを思いのままに動かしたりと、かなりの策士ぶりであり、彼女を御することができるのは社長ユーリアか副社長サンドラだけだと作中でも言われるが、この両者でもイマイチコントロールしきれない。
その一方で社精は幹部随一であったり、「アドリブイレギュラーに弱いが故に綿密な策を練る」と自したり等、意外にかわいい面もある。
通称:おかっぱ
ヴィレッダ・インパラート
ラウラやイザベッラと共に行動する、ジラソーレ社の遊撃隊員。
当初は「修復師の修行をしている、日本人青年人」という、今ではも覚えていない設定で登場した。 この青年のお陰で靴の魅覚め、マルコと同じ靴職人の親方に子入りしたものの、(つまりマルコ子)最近ではこの設定もどこかへ立ってしまった。
現在の活動はジラソーレ社にあって、遊撃隊の知恵袋として働くことがおかっぱが信頼を寄せるほどの策士ぶりで、あらゆる危機に際して情報収集、戦略の立案、ネゴシエーションに辣腕を奮う。情報収集という名サルリア・オリベに居座っていることも多い。通称:物知りちゃん
ラウラ・フォンターナ
織部の知己である大ブランドの総帥ペッツオーリの経営する学校天才と呼ばれていた少女
若干14歳で究極の完成させるなど、その天才性を認められていたが、長年現場で揉まれた織部敗北を喫したことで、織部を打ち倒すべく、学校を飛び 出しナポリへとやってきた。その後、ビアッジオ親方に子入りしたり、ジラソーレの内紛に巻き込まれる形で入社、ジラソーレを代表する職人になったりと日常は慌ただしいが、やっぱり織部には勝てない。織部を打倒したいという意思から、会社の命や都合を全く考えずに突っ走ることがある。
話が進むにつれてその描写も減って来たのだが、時々思い出したかのように「打倒オリベ」する。しかし周囲からは「あー、はいはい、そうね」「まだ生きてたの?その設定」という扱いをうける。
問題児その2。
通称:ツインテール
イザベッラ・ベリー
遊撃隊員の一人にして、ベリーニ伯の
伯爵ジラソーレを近づけ、今では大の一人として有者との仲を取り持つなどしている。聡明なお嬢様人間ではあるのだが、キャラが濃すぎる周囲の人物に良くも悪くも染んでいる。
日本に行った際にヲタ文化に覚めた。 通称:お嬢

ペッツオーリ社

ジャコモ・ペッツオーリを総帥とする高級メーカー紳士服及び婦人を扱っており、プレタポルテからオートチュールまで手がける。

ジャコモ・ペッツオーリ
ミラノのブランド「ペッツオーリ」総帥。ミラ貴族ユーリアの実でもある。
飾のデザイナーとして技術の吸収に貪欲であり、「ペッツオーリ」ブランド確立した後にナポリマリオサントリヨ子入りしたことで一時期ナポリを騒がせた。その縁で織部とも知り合い、師匠の借を彼が被ったことを知って代理返済を申し出るが断られ、代わりに保人になることで借取り立てを幾分か大人しくさせた。このことでから恩人と言われ、はペッツオーリの頼みごとなら大抵引き受ける。ユーリアには反発されているが、それでも何かとユーリア、ひいてはジラソーレに助け船を出すことが多い。
通称:先生
アンドレア・フォンターナ
ペッツォーリ社幹部の一人で、ラウラの日本店長を経て、現在ナポリ店長
代々がペッツォーリに仕えてきた職人であったが、ペッツオーリが近代的な企業となったことで、ペッツオーリ社を乗っ取ると言う野心に燃える。しかし先生引退瀬戸際に陥った時はお家騒動の後始末を嫌がって乗っ取りを拒否し、復活すると再び野心に燃え出すなど、かなりヘタレな描写がされている。またと同様、この設定はしばしば忘れられる。
高級ブランドを扱っているという自負からか織部を見下すような発言をすることも多く、先述のヘタレキャラとも相まってあまり良い描写はされていない。しかし一流の職人として技量を発揮する場面や先達を敬う場面もあり、またを思うとしての心情が描かれるなど、決して憎まれ役や悪役ではない。織部のことも、見下しながらもその高い技量を信用している。キャラとしては憎まれ・悪役ではなく、どちらかというとされるイジラレキャラ」と言えるだろう。織部が巻き込まれた騒動の二次被害を受け、一緒に右往左往することも。
妙な姦計を巡らし仕事上で失敗をやらかすこともあるが、ペッツオーリ先生からの信頼はいつでも変わらず厚い。
織部「本人が腕の良い職人だから、二つのことを器用に考えることが出来ない」
通称:ラウラパパ、統括

ナルチーゾ

大手通販サイトサービスジャングルイタリア支社が立ち上げた飾自社ブランド特急受注も受け付けている。既製品は一定の人気があるものの、特急受注の方は滅多に来ない上にリッカルドが経費でとにかく飲んだくれて社の財政を圧迫している為、運営はいまいち不安定。「ナルチーゾ」は「水仙」の意。

ゾーエ・シャッカルー
サービスジャングルイタリア社長社会学者のの影か、社会運動的な発言が立つ。「ナルチーゾ」設立の際にリッカルドを引き抜いた。ユーリアへの対抗心から大人げない手段を使ったり、しばしばユーリアと喧するなど困った一面も。
キャサリン
サービスジャングルイタリア支社幹部。ゾーエの補佐をしている。周囲の人間(ゾーエ、ドナ、リッカルド)が軒並み問題児である為、人事異動願を出すほど苦労している。
ドナ・ウィントン
「ナルチーゾ」専属スタッフ。優秀ではあるものの、しばしば自分で自分の体を縛って息を荒くする変態さん。

そのほか

ジャンニ・ビアッジオ
織部師匠であるマリオ親方の兄弟子に当たる人物。
高い技術を持ち、どのようなドレープラインにも全に合わせられると、生前のマリオ親方も全幅の信頼を寄せていた。長年、マリオ親方の下職を務めていたが、近年は下職の仕事が減ってきたため引退し、パスタ問屋併設の食堂を経営していた。しかしラウラの子入りが切っ掛けで織部の下職を受けたり、ジラソーレの相談も受けるようになった。
キャリアからも分かるように本格的な仕立てを得意とし、特に芯地に関しては抜群の技量を持つ。だが作中で最も見られる御大は、メイド服などの萌え衣装である。
ラウラが子入りした際は、ボケたフリをして魔改造萌え衣装をラウラに着せてウェイトレスをさせていた。それは股下数センチミニスカ絶対領域を確保しつつ、どんなに動いてもパンチラをさせないという超絶技法の仕立てであった。最近ではボケたフリすらせず、普通にラウラや相談に来たジラソーレの幹部に情報提供と引き換えに萌え衣装着用でウェイトレスをすることを要している。また男性が来た時は猫耳執事にしており、イタリア爺さんと言うことを考えると、異常なほど日本文化に異常に精通していると言えるだろう。読書電撃萌王
通称:カサルヌオボの御大
ベリーニ伯
ナポリ貴族伯爵世界的な実業であり、裏社会カモッラ)にも影を持つナポリの実者。
没落した貴族であっても当人に実と意思があれば取り立てる明大な人物であるが、そのさゆえに当人に直接、辛辣に欠点を摘してしまう面もある(織部はこれで一時期ガチ業を考えた)。また、貴族としての誇りが高く、気性が荒い面もあり、時には個人的理由で権を振るおうとすることも。権ってステキ。
ナポリの伝統文化を保護することも行っており、そのおかげか着楽で、ジラソーレ社のを購入したり、織部カモッラの関係を断ち切り自分の店を開くための資提供カモッラとの交渉を引き受けたりしている。
通称:伯爵
アラン・リヴァル
フランスパリモードブランド「リヴァル」総帥。一代で「リヴァル」をトップブランドに成長させたカリスマ
「人を殺そうと決意すると、不思議と静かな気持ちになる」なんて息子れるくらい辛な経験をしてきたためか、嫉妬深く劣等心の強い(だがこの性格ゆえに高い行動標を持てたとも言える)。こうした負の感情は同業者で貴族という嫉妬ストライクなペッツオーリだけにとどまらず、息子セルジュ(罪状:イケメン)にまで向けられ、敵と認定した相手は一片の慈悲もなく、むしろ嬉々として叩きつぶそうとする。この性格と行動により、作中ではたびたびトラブルの発端や拡大要因となる。問題児その3
ちなみに、「リヴァル」には新人教育のための工房があるが、非常にスパルタで大量の落者が出るだけでなく、卒業しても「リヴァル」による対抗商戦で安心できないと言われるが、アラン自身は卒業者らの才・技量を認めており、自分の死後に開くだろうとっている。
リッカルド・サントリヨ
織部師匠であるマリオサントリヨの実子にして本作最強の仕立て屋。そして本作最大の問題児
確かに業界TOPを狙えるレベルで腕は立つのだが、とにかく駄目人間
手付飲んで使い果たして逃走したり、工房にある高級生地を勝手に持ち出して質に入れて飲んじゃったり、注文をほっぽり出してふらりと放浪のに出ちゃったりと、正気とは思えないレベル社会不適合者だが、腕はそれこそいきなりTOPブランドでモデリストになれるレベルで、その手で作り出されたスーツの数々はまさに至高のレベル。リヴァルの工房厄介になった際には、その工房で鍛え上げられた職人達ですら一置き、崇拝するに至ったとかそういった腕をもち、それ故に存在そのものを業界中からもてあまされている。
通称:のび太 油ゴキブリ

他、問題児多数 どいつもこいつもキャラが濃すぎ…。

ニコニコ動画での王様の仕立て屋

直接の関連動画は少ないというか皆無に近いが、アニメ等で、昨日今日といったあり得ない速度で用意されたが出てくるシーンで「泥棒ユウ・オリベが一晩でやってくれました」等のコメントが飛び出す事が良くある。
また、その衣装コスプレ萌え関連の場合「カサルヌオボの御大が一晩でやってくれました」というバリエーションもありうる。

類義ジェバンニが一晩でやってくれました

関連静画

関連動画

関連商品

ニコニコ静画(電子書籍)でも有料配信されている。

関連項目

関連サイト

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8E%8B%E6%A7%98%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%AB%8B%E3%81%A6%E5%B1%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

王様の仕立て屋

98 ななしのよっしん
2018/10/24(水) 22:12:04 ID: mNCelT8Y6/
あの立ちポーズジャケットがどうひきつれても
が敗れることは普通ないからほんと事だな
99 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 20:57:06 ID: 1pnzrOseXz
今回の話、まさか>>67の言う「リアル近代システム」をうまいこオチに使うとは。
しかし、あれは将来が楽しみな気がしてくる。
100 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 21:22:53 ID: wMX7K3URoi
正直、安く上がるならそっちの方がいい
101 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 21:36:41 ID: HNKrP+0xG6
キャラのイッちゃんがどうにもレギュラー化しそうで楽しみ。
102 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 21:58:21 ID: AP3AyBCuXI
今や「オーダースーツ」と一言にしても仮縫い・中縫い入りの所謂フルオーダーからではなく、
「補正できる箇所が多くなったるし(既製)」なんでしょうね。
ただ、過去ログでも言われている通りフルオーダーはお落を趣味にする方の領域にあるので
時代の変遷もあって、それ自体は致し方ないことだと思う。

現在の様に既製が普及して、かつ背伸び奮発して一羅を作る余裕すらない時代にあって
織部の様なの域に達した手縫仕立ての職人主人公とする本作は、
にも彼の超絶技巧故に欧州舞台には話を展開し辛くなってきたと感じていた。
だからこそ日本背広文化に鋏入れる感じの下町テーラー編には期待大。
サイズよりブランドの看選びの基準になってる辺りがズレてる」
当たり前の様でこれはいい摘だわ。
103 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 10:42:28 ID: Sj4VnyFvhT
この漫画、いつもシャツの袖丈を短く描きすぎてると思う
あの長さじゃ肘を曲げたら袖が引っ込んじゃうよ
一番基本的なところだと思うんだけど
104 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 21:49:31 ID: PeroYrK780
>>103
オリベのシャツの話?オリベはシャツ姿の時が多いからそれに合わせて描いてるだけだと思うぞ。ジャケット着ればそれに合わせて袖丈も伸びるし肘を曲げれば曲げた分伸びる現実ではない漫画でしょ?
105 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 15:53:56 ID: Sj4VnyFvhT
長袖シャツは肘の周囲に「たまり(余分)」がないといけないんだけど、それを描いてないんだよ
織部もそうだし客のを仕立てるときも丈が短すぎる

普通漫画ならもちろん気にはしないよ
でもゴージラインとか肩のラインとかでうんちくを漫画なら、
袖丈の適切な長さについても気にすべきだと思うんだよな
まぁ画力がお世辞にもある人じゃないから、たまりを上手く描けないのかもしれないが……。
106 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 16:05:58 ID: AP3AyBCuXI
肘を曲げれば引っ込むのはまぁそうは見える、あと確かにジャケットとシャツの袖が短くも見える。
だが、生身の人間ではなく漫画だしなぁ。飾の描写としては袖の余りを描くと
かえって野暮ったく見えるとも言えるんじゃないかな。
少なくとも解説シーンの劇画調になる場面では余りは描かれてたけど…あれじゃ不足かな?
107 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 18:15:18 ID: PeroYrK780
>>105
マンガ家や絵描きってのは現実的な描写より、2次元で見たときの見栄えを優先することがある。例えば、ガンダムアニメのままプラモ化したらアニメの様には背中ビームサーベルを抜けない等。これが>>104で言った漫画のひとつ。

この様に2次元的な見栄を優先した結果長袖のたまりを描写しなくなった(省略した)って事なのかも知れないし、それでもジャケットを着て、肘を曲げても袖口から1.5〜2センチシャツのカフスが覗く様に描いてるから無知ってことはないでしょうよ。

ついでに現実的に言えば、オリベの場合はシャツ姿の時が多いからたまりの少ないドレスシャツよりは短めの袖丈の方が腕周りがスマートに見える。とも言える。