今注目のニュース
断水時に役立つ「水の運び方」 知っておきたい衛生的でこぼれない方法
台風後、高速道路の通行止めがすぐ解除されないのはなぜ?
料理が苦手な45歳主婦、娘が料理上手で「娘と夫が嫌いになりそう」という悩みが話題に 「センスの問題じゃない、努力して」という激励も

エヌアイン完全世界単語

エヌアインカンゼンセカイ

掲示板をみる(117)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

エヌアイン完全世界とは、「SUBTLE STYLE」「るつぼゲームワークス」によって開発された2D対戦格闘ゲームである。

概要

アカツキ電光戦記の続編として2010年6月25日より稼働開始。
前作同様「打撃・投げ・攻性防禦」の三竦みはそのままに、「世界」や「全煉鎖」などの新システムを搭載している。前作では硬な雰囲気であったが、今作は一転してポップな雰囲気になっている。ストーリーは相変わらず。

なお、今作のストーリーはかなり簡略化されてしまったため、細かい所が不明瞭なものとなっている。
また、前作存在していたトレーニングモード削除された。

開発である「るつぼゲームワークス有限会社」は公式サイトはあるものの会社概要の記述がないため詳細不明。
しかしアカツキ電光戦記AC版のクレジット松島徹の名があることや、その名称から、
ゲームのるつぼ」の関連会社であると考えられる。

以前は稼動店舗は少なかったが、2012年2月22日よりNESiCA×Liveによりネットワーク配信された。
NESiCA版はベタ移植だが、対戦前ロード時間が大幅に短くなっている。

ストーリー

西暦20XX年、チベットの秘
ツァンポ渓谷での崩落事故が小さく報じられた。

その数ヵ後、“新騎士団”を名乗る組織による
世界同時テロルが勃発し、世界は混沌と化した。

この混乱に乗じた各勢による
新世界覇権を巡る暗闘が今始まる―

システム

基本操作系

前作よりボタンが1つ増えてABCDとなった。
Dボタンには攻性防禦が割り当てられているが、従来のB+Cでも使用できるので操作感は前作とさほど変わらない。
また、二段ジャンプが追加され、攻めがより多になった(二段ジャンプ中はガード不可、攻性は可)。

ニュートラルガード

バーニュートラルにすることで、めくり方向関係ガードできる(下段はガードできない)。
ただし通常より防禦ゲージ(ガードゲージ)の減りが大きくなるデメリットがある。

ダッシュ攻撃

ダッシュ中に攻撃ボタンを押すと各キャラ固有のダッシュ攻撃を行う。
ワープタイプダッシュを持つムラクモ全者はダッシュした直後のみ出すことが出来る。
ヒットすると相手をまで吹き飛ばし、一定時り付き状態にする。
追撃次第で大ダメージが狙えるため、この技をいかに当てるか/防ぐか? が読み合いとなる。
また塞のC煉鎖二段アカツキの垂直JCなど、一部の技にもり付き効果が付いている。

完全煉鎖

ロケテストでは名称が「電連撃」であったが、製品版で変更された。
そのため、ヒット数の表示が「○○連撃」から「○○煉鎖」に変更されている。

通常技をヒットガードさせた後に同じボタンを続けて押すと異なる通常技に生する
(例:A→A→A→AやB→B→BやC→Cなど。生はキャラごとに異なる)

途中で違うボタンチェーン生させたり、特殊技や必殺技キャンセルもできる。
餓狼伝説コンビネーションアタック+東方緋想天のA連コンボといった感じのシステム

な用途は連続技や中段攻撃を織り交ぜることによるガード崩し。
また前進する技が多いので固めにも使える。

完全世界

1ラウンドに1回発動できる切り返し+自己強化技。
A+B+D同時押しで発動。数間限定+自らのパワーゲージを犠牲にするが、

という効果が発動する。

ヴァイタルソースが設定されており、発動した時点で半分程度回復。
喰らい状態でなければ世界中は回復し続ける。

喰らい状態・通常状態問わずに発動可(投げと特別攻撃中は不可)で、
発動時に相手をダウンさせるを落とすのでサイクバーストのような使い方ができる。
しかし、喰らい発動だと世界の効果時間が短くなり、体回復量が低くなる。
間経つか、後述の殺を使用すると終了する。

デメリット

など。

完全神殺

ロケテストでは「世界終了技」でキャラごとの技名もかった。
世界発動中にA+B+D同時押しで発動。

最終特別攻撃並かそれ以上の威がある無敵付きの突進技(一部例外あり)を相手に叩き込む。
発動した間に世界は終了する。
コンボにも組み込めないことはないが、ほとんどのキャラが単発技なので威が大幅に減少する。

特攻ゲージ

最大3本まで溜まるスタンダードタイプパワーゲージ
使用用途は特別攻撃(1本)と最終特別攻撃(以外3本)、
そして世界ゲージ自体を消費。ゲージ量によって効果時間は変化しない)。

今作ではゲージが一本溜まるごとに攻撃が5%上昇する」というシステムが採用されている。
さらに前作よりも大幅にゲージ効率が上昇している。
攻性防禦を行うと技の威例してゲージが増加するため、殺を攻性防禦されると恐ろしいぐらいに溜まる。

TAGプレイ

7月21日に解禁された誰得モード

2人で協してCPU戦を勝ち進んでいくモード
ゲージは2人で共有し、火力は大幅に下がっている。
コンティニュー不可で負けた時点でゲームオーバーとなる。

勝利時の絵と台詞は別々になることがあり、さらにどちらか一方しか表示されないため

「うわ…勝っちゃった…」
電光戦車人? 違うな…ボクらが人間キミたちがそれ以下になったのさ」

といった遊びができる。      というかそれ以外どう遊べと。

NESiCA版でも出来るが、基以上に設定している店舗は少ないと思われる。

キャラクター

エヌアイン

今作の主人公チベットでの崩落現場に立ち尽くしていた少年超能力を操り、新騎士団を追う。

突進技・飛び道具・対技を兼ね備えさらに技のリーチも長いバランスファイター
だが、テレポートや遠くから届くロック技などトリッキーな技も使用する。
驚異的な安定感と汎用性を誇り「もげろ」と評判の2Bをはじめ、リーチと発生と判定に優れた技を多く持つ。
各種必殺技も万遍なく高い立ち回り性を持ち、特別攻撃をコンボに組み込めば高い火力を発揮する。ツキヌケロ!
頼れるような地上中段はいが、代わりに投げの基礎ダメージが他のキャラよりも高く、打撃と投げの二択が強い。
強いて弱点を挙げるならば、防御若干低い点や、ノーゲージでの火力が低くゲージ依存度がかなり高いといった点か。
その安定した立ち回りとコンボ火力のおかげで現在キャラランク最上クラス

勝利台詞が「人? 違うな…ボクらが人間キミたちがそれ以下になったのさ」というもののため
イヤなという印を受ける。
その一方、勝利ボイスで「やるしかなかったんだ…!」と苦悩する一面も。
また、彼のストーリーでは孤独を嫌い、旧人類との共存を望んだりする寂しがりな一面も見せる。

カティ

前作で全者ミュカレに乗っ取られていたドイツ人の少女。こちらが本来の人格である。
人格が消滅しているとされていたがかろうじで残っていたようで、塞のおかげで生還することが出来た。
かわりに(プレイヤーキャラとしての)ミュカレはリストラされた。
ミュカレは犠牲になったのだ… カティという新キャラ…。その犠牲にな。

なんかミュカレからメガネ眉毛を取ったら普通萌えられるようになって、
どこぞのハートフル格ゲーにいても違和感キャラになった。
だが、ミュカレとは性やモーションは全くの別物である。(一投げモーションのみ面影を残している)
イロモノだらけのアカツキキャラの中でもそのキャラ造形はかなり別方向に浮いているが、
それ故に彼女もまた一癖ある『アカツキ女性キャラ』であると言える。

判定の強い通常技や高性必殺技など、基本的な技をえた準スタンダードキャラ
モルゲンシュテルンを利用した中距離からのくて長い牽制が強く、小技が当たったら引き寄せてコンボを続行できる。
特別攻撃を組み込んだコンボは、どの技をに据えるかでコンボ後の状況の利点が様々であり選択肢が広く、
かつ火力も非常に高い。
キャラダッシュバクステガードを仕込めるという独特の強みも持っている。
弱点は強ゲージ依存ゲージの有るしでの火力の差は他キャラべて特に顕著。
また、近距離キャラながら防御最低ランクであり、反攻を許すとあっという間に形勢逆転もあり得る。

投げボイスがやたらとらしい。よいっしょぉ!!

テンペルリッター

秘密結社「新騎士団」の女性航空兵。生身でを飛ぶことができる。”旧人狩り”と称して殺戮の限りを尽す。
のような機構を持つ大剣を武器とする。一人称が「拙者」で口調も古なのが特徴。

揺れる、そして見える。

中戦を得意としており、使用できる特殊技や必殺技中専用のものが多く、最終特別攻撃も中専用である。
さらにこのゲームジャンプキャンセルが出来る中技を所持しており、
火力自体は低めだがコンボがかなりつながりやすい。
また、中距離から届く中段や下段を持ち、どちらも高い奇襲性リターンを持っている。
しかし地上戦の性はかなり厳しく、また火力負けもしやすいため正面から攻めに行くのは苦手である。

なお、彼女の正体は…今作のラスボスヴァルキュリア」をオリギナール(オリジナル)とするクローン兵士
ヴァルキュリアの出自はストーリー中での説明がいため不明だが、古代人と称されている。
なお、ヴァルキュリア強化された特別攻撃をゲージ消費しでぶっぱしてくる。

対策が出来ていない場合、あっという間にこちらの体蒸発してしまう。

アノニム・ガード

宗教結社「クラブ」の宮殿衛兵
行方不明になった異端審問官(前作のアノニム)捜索のため派遣される。前作アノニムより立場は上。
見たになった以外前作のアノニムと同じだが、中身が別人なので新キャラとして紹介。
別人設定であるはずだが、あの決めポーズは健在。ボイスも全く同じである。  =<イイ!イイワ!ソノチョウシヨ!
アノニムとの具体的な関係は不明。

など前作のアノニムから大幅な調整がされており、ほぼ別キャラクターと言える程に変貌。
結果、遠距離弾幕り続けるだけでは戦えなくなり、火力の低下と崩しのさが深刻な事態に。
変更された最終特別攻撃もこれまた低火力、かつロックが甘く中にいる相手には当たり方が拙いと最後までヒットしない(その場合論反確)、さらに上半身無敵はあっても投げ無敵い、などと使い勝手が悪い。
近接戦を支えた一部の特殊技も削除され、「アノニムから近距離と遠距離の強みを取り除いたキャラ」とも言われたり。
とはいえ射撃やトリッキーな動きによる間制圧や撹乱は高いので
これらの弱点をどれだけカバーできるかが重要。

アカツキ

前作の主人公旧式の電機関を持つ旧帝国陸軍高級技官。
特殊技や必殺技エフェクトが付いた。その所為で中段を見切られやすくなったり。

高性な通常技と必殺技を駆使して戦うクロスレンジファイター
A甲脚の硬直の増加や2Bや6Bからのリターン減少、の性低下など前作より弱体化されてはいる。
それでも十分に強く、持ち前の高いラッシュは健在。
特にB→Bの全煉鎖が強く、前進するので6Cがほとんどスカらない、エリアルからも繋がるなど高性
また殺の「桜花」は、

  • 基本的に威が高い
  • 相手をすり抜けるので反撃をもらいにくい
  • 多段ヒットなので途中でガークラして残りを叩き込める

など非常に高性

全体的に技のリーチが短く、遠距離での立ち回りは苦手。
接近するのも一苦労だが、画面端まで押し込めればノーゲージゲージ消費時共にトップクラス火力を発揮。
また、3ゲージ溜まっていればコンボゲージ放出、そこから2C追討ちキャンセルで安全に世界を発動でき、うまく桜花も絡めればどんなに体差を付けられてもあっという間に消し炭と化す脅威の逆転を誇る。

陸上幕僚監部所属の女性諜報員
前作では二尉と階級が付いていたが、千三佐によって任を解かれ左遷されてしまった。
今作では内調から特命を受け行動している。

均整の取れた体の女性だが、コマンド投げ、対投げ、当て身投げと、必殺技が投げ技オンリー
さらに今作で新たにコマ投げ「地獄」も追加された(追い討ち特別攻撃のほうには特攻と付くようになった)。
なんとも、らしいキャラである。

女性キャラながら防御が高く、食らい判定も小さめ。さらに対・切り返しの択も充実しているので
防御面で恵まれた性を持つ。
攻撃面でも投げ間合いは他のキャラより広く、高威かつ、受身も不可。全煉鎖により打撃択の威も上昇。
一度ダウンを奪ってからの択攻めはまさに地獄萌えザンギ?いいえ、ゴリラです。
前転や大筒といった特殊技や、追加されたダッシュ攻撃も優秀。
また、貼り付き状態の相手にコマ投げが入ったり、ジャンプの予備動作中にコマ投げに対する無敵時間がない、ゲージ依存の度合いの低さにより世界との相性が良いなどなど、システム面で非常に大きな追いを受けている
投げキャラらしからぬ安定感を持ち、現状のキャラランク最上クラス、またはその次点と言われる。

あと、

ニュートラル状態でも盛大に揺れる!

やったね!!!!!!

に所属するエージェントだが、正体は英国に所属する諜報員。本名「クロード・ダスプルモン」。
ロン毛でグラサン足長おじさんノリリ<オレノメヲミロォ!
今作でのカティの復活に関わっている。また、相変わらずストーリー中でギャグ描写がある。
なお、なぜかになってしまった。何があったのだろうか。

今作では各種突進技に加えC煉鎖2段による運び性が非常に高くなった。
画面中央でもタイミングさえ合えばC煉鎖から拾い直して画面端まで持っていける。
その上C煉鎖貼り付きを誘発し、さらに貼り付きからコマンド投げである邪視および兇眼が入る。
ひとたび触れば異常コンボを以て画面端に運び、状態異常を付加して逃がさず攻勢を維持。
い話、ワンチャンあればずっと俺のターンが出来るキャラ
どういうことなの…
一方で対技に乏しく、切り返し性が今一つ、殺が使い辛いといった弱点もあるが、
稼働初期から現在に至るまで、最上クラスキャラランクを維持している一のキャラ絶対に許さないよ
なお、例の挑発ポーズは残念ながら今作では見られなくなってしまった。

マリリン大姐(ターチェ)

フルネームは「マリリン・スー」。劈掛拳ベースの暗殺拳を使う職業兇手(殺し屋)。
前作ラストマフィア手会(ブラックハンズ)」の大当になった。
揺れたり見えたりするが、やっぱりガチビッチ萌えらい。
また、どう見ても南斗屠拳なダッシュ攻撃が追加されている。これがかなり優秀。

元々コンボキャラだったところに全煉鎖まで加わると、どんなに酷い有様になるか…と思いきや、
前作のコンボの要であった掛削除されているのでそれほどでもなかった。
とはいえ、一発攻撃が入ればどこからでもコンボに移行できる、やはりガチガチコンボキャラ
固めの強さはトップクラスであり、そこから崩しに行く手段も豊富。近距離での打ち合いも強い。
ただし火力を出すには位置確認やコンボ精度など相応の知識と経験が必要とされるのは相変わらず。
中遠距離だと攻撃手段に乏しく、近づくまでの立ち回りにも一苦労。牽制するにもローリスクな技は少ない。
また全体のゲージ効率が上昇したため、手数の多さのせいで相手のゲージが溜まりやすいという弱点が顕著に。
論自分のゲージも溜めやすいが、火力ゲージ依存もかなりきつい。

不律

高機動萌えおじいちゃん
今作では「が身、既にアイゼン!」(ドイツ語)と新たな不を習得した

を使った通常技は相変わらず広いリーチと高い単発火力を誇り、牽制でもまったダメージを与えやすい。
ゲージの有るしが普段の火力に関わらないので、特攻コッチジャによる仕切り直しはもちろんの事、他のキャラより気軽に世界を発動しやすく、攻め込まれても安心できる防御性を持つ。
しかしである技は、削りダメージが全削除(削りダメージがあるのは最終特攻と殺のみ)。
それだけでなく、さまざまな要因により前作よりも確反をかなり取られやすくなってしまっている。
距離で2Aを刻みづらい、B煉鎖が暴発するなど全煉鎖との噛み合いも今一つ。
一見前作とやることは大きく変わらないが、前作よりもかなり繊細な立ち回りを要される
出来ることはシンプル、それ故に使い手の腕が試されるの深いキャラである。

大魏(ターウェイ)

手会幹部。フルネームは「ウェイ・イェ・ルゥ」。心意六合拳の使い手である職業兇手。
前作の復讐後山に篭って修行していた。キャラ名は前作でも言っていた異名。

2種類の突進技と自己強化技を駆使し、相手に理矢理ダメージを与えるごり押しコンボキャラ
暴れ、対、牽制、暴れ潰し、ジャンプ防止、と何にでも使える2Bや、
特攻・特攻手といった確反性・威の高い1ゲージ技で相手の攻めを往なしつつ、
何かカスれば即5k↑というトンデモ火力ですべてをブチ壊す。
マキャン呼吸こと練気化は健在だが、発動中に再度発動させることが出来なくなるなど、安易に発動し辛くなった。
ゲーム全体で機動が上がっている中、食らい判定の大きさや強化状態の鈍重さに苦労する事になる。
前作にべるとワンチャンを掴むためにかなりの辛抱強さをめられるが、
持ち前の火力を駆使した一発エンターテイメント性抜群、やり甲斐のあるキャラとなっている。

エレクトロゾルダート

アーイ!
アドラーを元にした電機関を装備するクローン兵士
前作では秘密結社「ゲゼルシャフト」の私兵だったが、今作では新騎士団の私兵として登場。
このゲーム1、2位を争う萌えキャラ
全煉鎖での新規モーションがかなり追加されている(全煉鎖に一つ以上ある)。カッコいい。

所謂ガイルタイプスタンダードなタメキャラ
立ち回り自体は無敵技・飛び道具・通常技・特殊技、どれも性が優秀で癖も隙も少なく、多くのキャラに五分以上に立ち回れる。ゲージにあまり依存せず戦えるので、ゲージになった状態でもデメリットは少ない。
暗転を見てから世界で割り込めるフレームが存在する
など一段と性の厳しくなったブリツボンベをはじめ、
火力に難アリ。またコンボで安定してダウンを奪いづらく、有利に動ける時間も作りにくい。
崩しや飛び込みも相変わらず厳しく、それらをカバーする堅実な立ち回りが重要となるのも前作通りである。

アドラー

ゲゼルシャフト武装親衛隊長。今作では自身の複製であるエレクトロゾルダートに転生した。
転生したためか白髪から金髪に変わっている。眼はいまま。
前作では少々微妙な性だったが、今作で大幅に強化された。

となり、強キャラへの転身を遂げた。稼動初期は上位ランクだったが研究の結果最上ランクまで上り詰めた。
但し各種技後のスキが大きく、下手をすれば反確のオンパレード。慢強さがめられるキャラである。
また他の暫定最上ランクキャラである塞には邪視(ニシン)のせいで運び&高火力コンボが制限されてしまい、
エヌアインにはリーチの長さゆえ非常に反確が取られやすいため、相性が悪い

余談ではあるが、ラスボス撃破時の台詞が、
お前ならはさしずめズーパーアドラーというところだ
とベ◯ータのような発言をしている。(ちなみにズーパーはsuperドイツ語読み

電光戦車

らがアイドル
今作では新騎士団の戦として登場する巨大戦車。前作で暴走が相次いだため自はオミットされた。
しかし…。
勝利台詞が「ガシュン!ガシュン!」だったり「ピピピピピピ・・・(受信中)」であったり、
萌える。

全煉鎖のおかげで、コンボができるよ!やったね戦車ちゃん!
とはいえぶっちゃけ、相変わらずの最弱ランクキャラ。だが、多少なりとも強化はされている。

ただし相変わらず相対的な火力は低く、前作で剥がれやすいながらも生命線だったスーパーアーマーは、攻撃モーション時にしか発動しなくなるという弱体化を受けた。

完全者(ペルフェクティ/かんぜんしゃ)

宗教結社「ペルフェクティ教団(教団)」教祖。前作ではゲゼルシャフト元帥でもあった。本名は「ミュカレ」。
ストーリー全体の黒幕であり、今作では新騎士団を率いる。
前作ラスト体がカティから前作アノニムに変わったので、今作のミュカレはこの姿のみ。
そのためかストーリー中では「全者ミュカレ」と表記されている。ちなみに体が変わっても姿は変わらない。

前作は火力の低さ、切り返しの弱さのせいで最弱ランクだったが、

などで立ち回りも強化。さらに、

など、前作では不全者と呼ばれていたのがのようである。
キャラだったアノニムの体を手に入れたおかげだろうか?
但し防御は相変わらず低い。
アカツキコンボを喰らえば余裕で5割吹っ飛ばされる上に、
フラクシュヴァートも無敵としてやや性が低め。おまけヒット時点で既に中判定なのでフォローができない。
さらにコンボボタンホールドが必要になるので初心者には敷居が高いなど、全体的に上級者向けキャラ
稼動初期は最強ランクであったが現在は多少落ち着いて上位ランク

ムラクモ

ゲゼルシャフト総統。前作の最終ボス。自身を現人神と称する男。げんじんしん
今作では秘密結社「人口調節審議会(人調審)」を立ち上げている。また、千三佐という自身の複製に転生した。
転生後だが真っ白で眼もいまま。
後方2段ジャンプ用の新規モーションが追加されたが、中で例の走りをするというとんでもないものであった。

ダッシュと見間違えるほどの歩きやワープ技など撹乱が高く、技も強なものが多いが癖が強い。
稼動当初は中堅辺りをうろうろしていたが、研究の結果

等の独自の強みが発覚し、元々の技性が高い事も手伝って今では上位キャラにまで上り詰めた。
特に今作で最上位とされる塞、アドラー、エヌアインと相性が良く、互以上に戦える事も評価を上げた大きな理由だろう。特に対エヌアインではキャラ一有利を付けるとまで言われる(実際は五分ぐらいのようだが)。
一方で防御性火力に難が有るため、ミスい運用をめられる。中級者以上向けのキャラと言える。

関連動画

関連項目

プレイヤー

関連リンク

掲示板

  • 115ななしのよっしん

    2016/04/25(月) 20:53:40 ID: bJVYaCRU3L

    昨日初めてプレイして、今日まででヴァルキュリアさんを8回葬ったが結局一度も乱入されることもなかった。
    左右のネシカブレイブルーで対人戦大盛り上がりのさなか一人どん中エヌアインやってるのは悲しかった。

  • 116ななしのよっしん

    2017/04/06(木) 00:40:43 ID: PKoBg6DEYB

    稼動している筐体を一度も見た事がからすれば充分羨ましい

  • 117ななしのよっしん

    2017/06/24(土) 01:18:16 ID: f7hwdeTomM

    シカなら一定規模以上のゲーセンならたいていあると思うけどな
    地元の田舎の離ですら稼動してる

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP