今注目のニュース
どこから飛んできたの... 台風翌日の駐輪場に、巨大な「ま」が落ちていた
店内で怒鳴るクレーマー男性 対応した上司の行動に、シビれる
中谷美紀、東欧男性に全裸で囲まれてピンチ 「いろいろ見えちゃう」

浦風(艦これ)単語

ウラカゼ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(185)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「うち、浦風じゃあ!よろしくね!」

浦風(うらかぜ)とは、大日本帝国海軍所属の陽炎型駆逐艦11番艦「浦風」をモデルとしたブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する艦娘(かんむす)である。CV小松真奈イラストレーターパセリ

概要じゃけぇ!

越後屋の駄菓子について語るスレ#1987

2014年5月23日アップデート実装された艦娘。初めは同じく新規実装された2-5「戦闘」のボス撃破でのドロップのみだったが、アップデートにより2-4、4-2のボス撃破でもドロップが可になった。

2-5はExtra Operation(所謂ボーナスマップに近い)であり、2-4クリアすると開放される。ルートによっては夜戦が発生し、戦艦ル級flagship空母ヲ級flagshipなどの強敵が中に立ちはだかるので、入手するには相応の準備が必要。

外見は艦娘でもしいブルー髪の毛と、がかった瞳が印的。自己紹介で触れている「金剛姉さん」とおいにしたのか、の一部をフレンチクルーラーのような形に巻いている。「浜風」「谷風」と同じような陽炎型一般の制服+「雪風」のセーラー服という出で立ちだが、セーラー服の袖を捲り上げており、かなり勝ち気な雰囲気。 浜風」程ではないが中々の胸部装甲を誇る。一部では浜風に匹敵するとの。あと
彼女の特徴はなんといっても『~けぇ』『ぶち疲れた』『へしゃげとる』などをはじめとした広島弁江戸言葉[1]関西弁動物以外の方言を話す艦娘彼女が初登場である。戦闘時には広島弁全開の元気かつやや強引な掛けを上げる一方、時の口調はややおっとり朗らかとした印で、提督や艦隊を気遣う様子は割と常識人常識艦?)である。本場の人が聞くと何となく微妙なのは例によってご嬌。
なお、現時点で時報実装されていないため、あまりパーソナリティに触れる機会がないのだが、磯風によると結構料理の腕前は高い様子で、夕食のときに「浦風がいてくれて助かった」と言わせている(多分提督もそう思っている)。なおその時には碗蒸しを作っていることが確認できている。
(なお、碗蒸しというと卵料理の一つであるが、浦風中の人はあの卵焼きにこだわる軽空母と同じである)

初期装備は12.7cm連装と九四式爆投射機。改造に必要なレベル35駆逐艦では高い方だが、ゲーム初登場の「12.7cm連装高(後期)」を持ってくる。命中以外に対潜と回避が1ずつ上がるという火力+2 対+5 対潜+1 命中+1 回避+1 となる)で、彼女が初めて持ってきたことから、提督達の間では浦風と呼ばれている。
ちなみにこのは、本来は未実装松型駆逐艦(個別記事参照)の装備である。対潜が上がるのは恐らくは対潜弾によるもの(後記)。

ハレンチクルーザー……?こら!何て呼んどるんじゃ?

元ネタミス○タードー○ツの「○レンクルー○ー」。両側頭部にあるめた団子の形がそのドーナツに似ており、尚且つ胸が駆逐艦という艦種に対して詐欺同然もの大きさ=巡洋艦並の大きさというとこからこのあだ名が付けられた(因みにクルーザーとだけいうと巡洋艦全般をし、ライトクルーザーで軽巡ヘビクルーザーで重巡である)。

因みにこの髪型金剛もやっているがこんな呼ばれ方はしない。え?何でって?そりゃ浦風べて艦齢が若々しいからである 201(血文字で修正させられた跡がある……)

また2015年姉妹艦の浜風共々、限定の浴衣グラが追加された。浜風イカ臭いモノをって一部の変態提督物議を醸す(正式実装前からいかがわしい加工画像が量産されまくり、そのせいか公式Twitterアイコンもさっさと浦風に替えられ固定化してしまった)一方で、射的用のと射的でゲットしたと思しきお面磯風人形を持ったチャキチャキの浴衣姿は非常に難で好評であった。

が、その中破絵は浜風に匹敵するかそれ以上の重厚な胸部装甲を惜しげもす非常にけしからんもので、通常時と較しても明らかに増量された駆逐艦どころか全艦娘でも上位に入るサイズ身長で見ると正規空母大和に引けをとらない)であり、衝撃が広がっている。

同じくけしからん中破画像の浜風とともにさながら薄い本陵辱エロゲのサンプル画像のような有様なので、提督はくれぐれも背後の気配に注意を払ってプレイして欲しい。

いい改修じゃけえ、ええ塩梅じゃね(丁改)

2018年3月23日アップデートで、開戦時に同じ17駆だった磯風浜風に「」が実装されたことにより、浦風谷風にも何かあるのでは? という期待が寄せられるようになっていた。
そして1ヶ後となる4月23日アップデートで、陽炎型改二と共に、浦風に「丁(ていかい)」が実装された。改造レベルは69である。陽炎改二事前アナウンスされていたものの、浦風については特に予告もなく、サプライズ実装であった。

坊ノ岬での戦訓に学んだ磯風浜風の「」が、駆逐艦(=秋月型)を想定した火力と対の増強だったように、潜水艦に撃沈された史実を持つ浦風の「丁」は、丁駆逐艦(=[2])をモデルにした対と対潜の増強となった。持参する装備も九三式水中聴音機、九四式爆投射機、九五式爆の対潜三点セットである。なお、大幅に伸びた対潜値の恩恵を受けて、装直後から三式ソナー×2+三式爆で対潜値が100を越えて先制対潜爆雷攻撃が可となる。まさに彼女セリフ「うちが強ければ、みんなを護れるけえね!」の精を形にした修といえる。

容姿は以前とほぼ変わらず、頭のフレンチクルーラーも健在である。なお、胸部装甲はあきらかに以前より増量している……のだが、前述の浴衣グラの衝撃が大きすぎたのか「減ったか?」とかいう不届きな提督がいた模様。

史実じゃね!うちに任しとき!

陽炎型11番艦〈浦風〉は1939年4月11日永田造船所において起工、1940年12月15日工。
浦風〉とは、文字通り「」を吹くのことを言う。そもそも日本では(や)のことを、屈曲のないものとあるものにわけ、さらに屈曲がないもののうち、が砂や小石で覆われたものを「」、岩がむき出しになっているものを「磯」と呼び、さらに屈曲があるものを「」と呼んだ。要するに「浦風」「浜風」「磯風」は全てを吹くのことなのである。

17駆逐隊を〈磯風〉〈浜風〉〈谷風〉と編制し、第1戦隊に編入された。

1941年12月、運命の開戦。真珠湾攻撃に参加するため〈浦風〉も17駆の僚艦と共に単冠湾に集結し、〈阿武隈揮の第1戦隊として参加。年が変わって1942年、南方方面の攻略作戦に投入された〈浦風〉はラバウル攻略やポートダーウィン襲など緒戦の快進撃に携わったものの、ミッドウェー海戦以降は守勢に回った。
ミッドウェー海戦では後方の本隊護衛に就いていたため戦闘には参加しておらず、第17駆逐隊の〈磯風〉と〈浜風〉が被弾炎上する空母の乗組員を救助した。ミッドウェー海戦後の6月7日南雲中将から待機中の〈瑞鶴〉へ出撃命が下る。〈瑞鶴〉の護衛には〈浦風〉が定され、迎えに行く事となったがその途中で命は撤回。14日に柱島泊地へ帰投した。

これ以降は『うちが強ければ、みんなを護れるけえね!』と言わんばかりに空母直衛部隊である第10戦隊に配属、〈長良〉のもとで戦っている。ミッドウェー海戦後はソロモン方面へ進出。ガダルカナルに一木支隊を輸送した。1942年10月には南太平洋戦に参加。守勢に回ったとはいえ、ガダルカナルの戦いでは東京急行などの輸送任務や、ガダルカナル撤収作戦3回全てに参加するなど、積極的に立ち回り、第17駆逐隊は健在であった。『そこ退けやー!』

しかし、1943年になると第17駆逐隊は苦難を味わっていく。3月20日壊滅状態の第16駆逐隊から〈雪風〉が編入され、第17駆逐隊は大所帯になったが6月9日である〈谷風〉が潜水艦〈ハーダー〉による撃で失われてしまう。

1944年6月19日に生起したマリア戦では本隊の旗艦〈翔鶴〉を護衛するも、潜水艦の攻撃でむざむざと撃沈させられてしまう。続く10月23日からのレイテ沖海戦・サマール戦はいずれも大敗し、残存部隊はブルネイ泊地へ撤退する事になったが、このブルネイ米軍襲圏内に収められており危険が満ち溢れていた。そのため戦艦群(〈大和〉〈長門〉〈金剛〉)は内地へ帰還するよう命が下され、その護衛を任された第17駆逐隊日本本土へ撤退する事となった。

艦隊は11月16日ブルネイを出港。先頭を巡洋艦矢矧戦艦金剛〉〈長門〉〈大和〉の順で単縦を組み、その周りを囲むように護衛の駆逐隊が展開した。米軍が待ち構える魔のバシー峡を荒天時に抜ける事で索敵網を潜り抜けたが、護衛のうち駆逐艦2隻(戦時急造艦の)を台湾へ分離させた。しかしその頃台湾で、ちょうど機動部隊による襲撃があったためこの機動部隊に襲われないようルートを西寄りに変更。大陸側に沿って北上を始めた。本土帰還が現実味を帯びてきたその時、潜水艦の襲撃を受ける。

11月21日台湾中国の間にある台湾峡にて潜水艦シーライオン〉の襲撃を受ける。アシカの名を持つ熟練の潜水艦は、最初に駆逐艦群を揮していた軽巡矢矧〉に狙いを付けるが、直後に先頭を航行していた戦艦金剛〉に変更。魚雷を6本発射し、うち2本が命中。当初は浅手に思われたため、〈金剛〉は17駆の僚艦〈磯風〉〈浜風〉を護衛に付けてその場から全速で離脱するも、2時間後に沈没した。一方〈シーライオン〉は、続いて今度は最後尾にいた〈長門〉に狙いを変え、新たに3発の魚雷を発射。その魚雷は〈長門〉の艦首をかすめ、うち1本がその右斜め前を航行していた〈浦風〉に直撃した(〈長門〉の前にいた〈大和〉をかばって自ら魚雷を受けたとする資料がある。が、相は闇の中である)。時に沈んだらしく、まさに沈であった。『最後は金剛姉さんを護衛して台湾峡…』……残念ながら〈金剛〉護衛もままならない突発的な攻撃だった。
艦隊に残っていた17駆の僚艦〈雪風〉も〈長門〉と〈大和〉の護衛を優先させられ、〈磯風〉と〈浜風〉は前述の通り〈金剛〉を守って艦隊を分離したため、どちらもほぼ一文字通り沈してしまった〈浦風〉の救助を行う余がなかった。17部が〈浦風〉と共にに没したため、揮系統が混乱したのもそれに拍をかけていた。〈金剛〉の沈没後、その救助を終えて〈磯風〉と〈浜風〉が戻った時には、僅かな浮遊物と重油の跡しか残っていなかったという。『まあ、もうどうにもならんなぁ……』と達観しているのはこのことからか。
(なお、ここで〈浦風〉と17部が失われたことが、その直後に行われた〈信濃〉回航の護衛任務にも影が出たという話もある。もし〈浦風〉がここで失われず、歴戦の17駆が全員って〈信濃〉を守っていれば、歴史はあるいは変わっていたのかも知れない)
一方、そのまま闇に消えた〈シーライオン〉は、後日〈間宮〉を沈め、前線の兵士達を悲嘆に暮れさせるのだが、それはまた別の話。
1945年1月10日、除籍。

その後、残された17駆のメンバーのうち、〈浜風〉〈磯風〉は坊ノ岬にて〈大和〉〈矢矧〉に殉じ、〈雪風〉だけが大戦を生き残り中国へと渡ることになる。

なお、〈浦風〉の名を持つ駆逐艦としては、明治時代にイギリスで建造された初代〈浦風〉に続き2代目
現代の海上自衛隊の艦船としてその名を持つ艦はいないが、福井晴敏小説〈亡イージス〉にミサイル護衛艦〈うらかぜ〉が登場している。なおこの作品を映画化した際に〈うらかぜ〉役としてむらさめ型護衛艦〈いかづち〉が使われた。「もーっと私に頼っていいのよ!」

12.7cm連装高角砲(後期型)がついておるからこの艦隊は大丈夫じゃて!

このゲームでは小口扱い)は本来は陽炎型のものではなく、松型駆逐艦のもので、同艦には艦尾にこれが搭載された。松型駆逐艦用に単装タイプも新規設計されている。後期とあるが恐らくは、B1

 対潜値が上がるのは恐らくは対潜弾によるものか。これは口初速(弾が発射された際の速度)を減らして、特殊な信管を用いて着後に炸裂せずにそのまま水中を進むように良されたもの。「対潜信管一及び二」という特殊信管を用いて弾の炸裂するタイミングを調整した。弾頭も水中に潜りやすいように加工され、イギリス海軍も4ポン(10.2cm)などで用いていた。15.2cm以下の口初速の遅い旧式などで用いられた模様。

今までの12.7cm連装高はA1~4であり、ゲーム内でも史実でも巡洋艦以上の規模の艦種が装備しており、ゲーム内の「浦風」の持つB1の諸性が総じて高いのは良によるもの。実際にB1は電動機の強化により旋回速度がA1の6~7度/から16度/と2倍以上になっている。回避+1はより有効な射撃が回避するチャンスを生む...と考えるべきだろうか。

関連動画は大切じゃな

うちが強ければ、関連静画を護れるけえね!



浴衣浦風

重なKENZEN浴衣浦風である。

新しい関連商品が入ってきたのう

提督さん?関連コミュニティ早く入った方がええよ

関連項目

陽炎型駆逐艦陽炎型姉妹
1.陽炎 - 2.不知火 - 3.黒潮 - 4.親潮 - 5. - 6. - 7.初風 - 8.雪風 - 9.天津風 - 10.時津風-
11.浦風 - 12.磯風 - 13.浜風 - 14.谷風 - 15.野分 - 16. - 17.萩風 - 18.舞風 - 19.秋雲

脚注

  1. *いわゆる「べらんめぇ口調」。涼風谷風が該当。
  2. *船団護衛を主任務として対・対潜を増強させると共に、戦時急造可なように艦体を小化すると共に設計を簡略化した駆逐艦

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP