今注目のニュース
安倍総理が答弁で口にした「シンクライアント」って何?
ハーゲンダッツ「苺とブラウニーのパフェ」発売、濃厚バニラカスタードアイスにほろ苦いチョコブラウニー、甘酸っぱいストロベリーソースも
高タンパク、低脂肪の「昆虫食」に挑戦するチャンス……! 食用イモムシを使った「いもむしゴロゴロカレー」がクラウドファンディング開始

Collar×Malice単語

カラーマリス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「この首輪をはめたのは、誰?

Collar×Malice(カラー×マリス)とは、
アイディアファクトリー女性向けブランドオトメイトから発売された乙女ゲームである。
略称は『カラマリ』。舞台20XX12月新宿区

ちなみに、『カラー×マリス』の『カラー』は『色(color)』ではなく『首輪collar)』である。

概要

『Collar×Malice』はPlayStationvitaソフト2016年8月18日に発売された。
CERO判定はC(15才以上対)。
原画担当はまい(過去作:デザートキングダム、アムネシアシリーズ)。

約2年後の2018年7月26日ファンディスクである『Collar×Malice -Unlimited-』が発売になった。
こちらもPSvitaソフトCERO判定はC。

オトメイトパーティ2019にて、アニメ化Nintendo Switch移植が決定していることも発表された。
CDグッズ舞台等のメディア展開も行われている。

ストーリー

「この首輪をはめたのは、誰?

連続悪事件――通称【X-Day事件】が起き、
危険なとなってしまった新宿で、警察官として働く主人公

地域の安全のために日々奔走していた彼女は、
ある、何者かに襲われ、
が内蔵された首輪をはめられてしまう。

混乱する主人公の前に現れたのは、素性の怪しい男性たち。
警察組織に所属していた彼らは、独自で悪事件を捜してるのだという。

彼らを信用していいのかわからないまま、
突如、大事件の鍵を握る存在となってしまった主人公

死と隣り合わせの首輪を外すため、
悪意に包まれた新宿を解放するため、
彼らと共に捜を開始することになるが――。

彼女の命はが握っているのか。
そして、新宿が再生される日は来るのか――。


公式サイトexitより

登場人物

 この物語主人公警察官になって半年の新人。21歳。
 新宿署で【X-Day事件】がきっかけで設置された『地域課 特殊地方防犯対策室』、
 通称『特防』に所属。
 経験は浅いが、自分の手が届く範囲で人を助けようとする芯のある女性

 12月5日、【X-Day事件】の犯人を名乗る何者かに【が内蔵された首輪】をはめられてしまう。
 死の恐怖とするが、自身が事件を解決する鍵になると考え、事件に立ち向かう。

 はめられた首輪は音傍受・送信機も付いており、ある程度の捜行動は犯人側に筒抜けである。
 監視カメラはない。 向こうからコンタクトを図ってくることも。

 理にしゃべるな。……は、お前を探していたんだ」


 元・警視庁一課。28歳。
 ある理由から離職し、独自で【X-Day事件】を追っている。
 思慮深く、冷静で正義感が強い。
 鋭い洞察を持ち、知識だけに頼らず機転が利く。
 個性が強いメンバーのまとめ役、メンバーや周囲からの信頼も厚い。

  実は彼、本編では他4人を攻略しなければルートが開かれない。(おや、デジャヴ……)


 「よかった。やっぱりキミは悪い人じゃないね」


 時たちを警護する任務に就いている、警備部警護課、つまりSP。26歳。
 要人ではない時たちを何故警護しているのか、理由は隠している。
 おっとりとした性格で、言動もマイペースかつ天然気味。
 自然と人の懐に入ってしまうような独特の空気を持つ。
 時たちには警されているが、本人は良い関係を築きたいと思っているらしい。
 探偵事務所から入ってくることもある。 特技はいつでもどこでも寝れること。


榎本峰雄たァ、こののことよ! よーく覚えておきな、新人ちゃん!」


 元・新宿署 第二機動捜隊所属。23歳。
 直情突猛進。良くも悪くもがつけず、裏表のない性格。歴史好き。
 明るく前向きなムードメーカー。尊とは言い争うことが多い。
 犯人と繋がっている可性もある香に疑惑を抱いている。
 彼が疑心暗鬼になるのも、過去のとある事件がきっかけのようだが……。


「……バカ。今言ったこと、忘れるなよ」


 元・警視庁 サイバー犯罪対策課所属。24歳。海外育ち。
 頭は良いが、綺麗な顔して毒舌+自己中心的な性格の為、反感を買うことが多い。
 ハッキング等、専門スキルは相当の腕。
 自分以外の人間は簡単に信用せず、利用できるか否かを考える。
 香のことも事件解決の進展に利用できると踏んでいる。
 過去、とあることがあり『』というものにトラウマを抱えている。
 クールに振る舞っているが、甘いもの(特にドーナツ)が大好物という一面も持っている。
  (但し、洋スイーツに和テイストはいらない、と抹茶等は拒否している)


「お迎えにあがりました、捕らわれのお様。 いや……眠そうだから、眠り姫かな」


 警視庁 科学研究所所属。プロファイリング専門。29歳。
 今は【X-Day事件】の影で臨時で設置された新宿署 機動捜支援係に主任として派遣されている。
 いつも笑顔を湛えているが、意が読めないミステリアスな人物。
 人間観察が趣味の為、暇さえあれば周囲の人間を分析してからかったりして遊んでいる。
 香にはめられた首輪興味を持っている様子。


に構うなっていってんだろ。姉貴面で干渉してくんな」


 香の。私立琴嶺学園に通う男子高校生
 香と同じに住んでいるが、に対し何かと反抗的。
 しかし外では明るく社交的で、学校でも人気者らしい。
 バンド活動をしており、ギターの腕前はかなりのもの。


たちの役は、この新宿に生きる人たちを安心させることだ」


 香と同じ徳望に所属する上先輩
 導係として香と行動を共にしている。
 何かと香を気遣い励ましてくれる温和な性格。
 時々うっかりドジを踏むこともあるが、
 場数を踏んでいるだけあって冷静な対応でフォロー等してくれる。
 妻子持ちで家族の話をしている時は幸せそうな顔をする。


      「警察官になったのは人々の幸せ世界平和のため! 
って言ったら、爆笑されてさー
                  どこがいけないんだっつーの! 純な夢だと思うだろ? な!?


 新宿署地域課の交番勤務。香とは警察学校時代からの同期
 困ったときは親身に相談に乗ってくる良き友人。
 香と飲みに行くと大抵は酔っぱらって上記のように熱くりだす。

  • 吉成 秀明(よしなり ひであき)   CV:長瀬ユウ

「また来るッス!次は差し入れ買ってきますね!」


 契の後輩であり、彼と共に時たちを警護するSP。
 明るく元気で人懐っこい性格。
 思ったことはつい口に出してしまう性格で、
 よく余計なことを口走っては契にお仕置きされている。

他登場人物は多数いる為、公式サイトexitへ、どうぞ

頻繁に出てくる設定・用語補足

  • 新宿区隔離措置
    最初の事件発生から5ヶ9月1日に、政府新宿区を危険区域に定した。
    これ以上被害を広げないことを的に、厚い線で区を封鎖。
  • 銃刀法の解除
    新宿隔離措置発と時を同じくして、新宿区限定で銃刀法が解除され
    新宿区に隔離した20歳以上の人間に自己防衛の意味を込め拳銃が支給された。
    区民に配られた拳銃は登録制でそれぞれにコードが記されており、発した場合すぐに調べられる。
    使用に際して細かいルールが定められている。
  • 特殊地域防犯対策室
    通称・特防。X-Day事件の複雑化により新宿署に新設された。
    相談窓口での対応や、事件性があると判断された通報に対処。
    区民からの苦情を受ける係でもあり、巡回連絡も行っている。
  • ドニ
    【X-Day事件】の実行犯とされているテロ組織の名称。
    動画明を出す際、自らのことを“アドニス”と名乗っており、
    新宿を足掛かりにこのを再生すること』が的だと宣言している。
    組織の規模、活動拠点などは不明。
    2年前に起きた総理大臣暗殺未遂事件の実行犯と同名のため
    残党が集まり再結成したのではないかと囁かれている。
    【X-Day事件】の現場には常に模造困難な技術で作られたコインが残されており
    組織を徴するアネモネのモチーフ、"ADONIS"という文字が刻印されている。

【X-Day事件】とは

  20XX4月1日から新宿区でのみ発生している連続悪事件。
  現場には共通してローマ数字とコインが残されており、
  警察及び政府は複数犯または組織によるテロ行為と推察している。
  事件では犯行予告とともに、警察不祥事を明るみにする明が出されている。

そして――動画の最後は、この言葉で締めくくられた。

「X-Dayへのカウントダウン

この動画を皮切りに、凄惨な“カウントダウン”が開始されることに。

「来るX-Dayに向けて、裁きを実行しました」
「これで終わりではありません。々は今後も、このを再生するために正義を貫きます」
々の名は――"アドニス"」

「皆様。この名前、ちゃーんと覚えておいてくださいね♪」

「X-Dayへのカウントダウン

――その後、警察が現場を特定した時には既に遅く。警察官1名の死亡が確認された。
だが、現場には複数名の血が残されていたのみ。他3名の姿は然と消えてしまっていた。

「痛ましい事件が起きてしまいました」
「ですがこれは差別殺人ではありません。死亡した全員が罪人です」
「どれほどの罪を負っていたか知れば、みなさんも納得して頂けるでしょう」
々アドニスは哀しみを救済するため、罪人への裁きを続けます」

「X-Dayへのカウントダウン

この時に警察は一連の事件を"X-Day事件"と名付け、新宿署に捜本部を設置。

正当防衛なのに一時でも身柄を拘束される。理不尽だと思いませんか?」
「彼はひとりの女性を救ったヒーローだというのに」
「その女性は昔からストーカー被害を訴えていたにも関わらず、警察は取り合わなかった」
々アドニスはこの哀しみを見過ごせず、被害者に代わり裁きを下しました」

「X-Dayへのカウントダウン

「そして――今カウントダウン、Ⅴ。近々、再び裁きが下ります」

 警察内部ではストーカー被害女性がアドニスに関与していると推測すると、
 アドニスがこの事件を後付けで利用しただけだというで二分している。

 だが、様々な問題から捜混乱を極める。

・事件現場には決定的な拠が残されていない。
・現場周辺の聞き込みによる発音と死亡時刻が合わない。
ネットゲームユーザー新宿区内だけでかなり多いことから、容疑者を絞りこめない。
被害者のPCおよびゲームサーバーデータ
 ハッキングによりざんされており追跡は困難な状況。

 ――そして、8月11日。再び同ネットゲームユーザー3名が別々の場所で射殺される。
 被害者は全員が【新宿在住ギルド】に属しており、実際に新宿に在住していることも判明した。
 SNSでは【ゲーム内でのいじめ】が原因ではないかと多数の憶測が溢れる。
 ユーザー同士の確執は【新宿在住ギルド】に限ったことではなく、
 多数のギルド、他のネットゲームでもで起こっていた。
 少なからず加担した経験のある者たちは極度に怯え始める。

 8月18日
 過去ネットいじめに加担したことを悔いた自殺者が現れる。この人物は新宿区人間ではなかった。

 8月下旬、再びネット動画が流される。

差別殺人だ。正義がない、と仰る方が多いようですね」
「あなた方は知らないだけです。彼らは殺される必要があった」
「裁かれるほどの罪を犯したのです。々は未来被害者を救ったのですよ」

「X-Dayへのカウントダウン Ⅴ」

 民はアドニスの行に怯えるが、捜に進展のない警察に対する不信感も大きく膨らんでいった。

 ――今は新宿に限られた事件だが、アドニスが新宿外にまでをつけたら?
 ――ゲームのいじめで殺されるならば、次はどのような【罪】で裁きが行われるのか?
 ――次は、自分の番なのではないか。

この事件がきっかけとなり【新宿隔離措置】及び【新宿区限定の銃刀法解除】を決定したと言われている。

「自分はこの世界から必要とされていない。そんなに思ったことはありませんか?」
「生まれて来たことが間違い。存在する意味がない。未来を望めない」
「そんな世界を作り出したのは、でしょう? 本当に不必要なのは、でしょう?」
絶望の色を生み出した人間に、アドニスが正義の裁きを下します」

「X-Dayへのカウントダウン

 同日、独り暮らしをしていた蜂須賀 兼(はちすか けん)が
 アパートで首をつっているのを交際相手が発見する。
 警察の調べによると、自殺を装った他殺であることが判明。
 現場にはローマ数字のみが残され、コインは見つからなかったが――
 警察はX-Day事件である可性が高いという見解を強め、捜を進める。

 ほどなくして、事件当日に被害者のアパートを訪ねた男がいたことが判明する。

 男の名は砂 雄毅(すなもり ゆうき)。
 10年前に被害者と同じフリースクールに通っており、交流があった。
 現場に残されていた紋が一致し、警察は容疑者として身柄を確保した。

 砂は【自分は選ばれた人間】だと話し、アドニスが事件現場に残す例のコインを所持していた。
 解析の結果、コインは寸分違わず過去のX-Day事件のものと一致。
 これらから警察は砂犯人と断定し、捜は打ち切られた。

は、私は、は――。この世界から必要とされていない」
幸せを望むことを許されなかった。
この世に生まれ落ちたその時から、『いらないもの』だったのです」
「だから、々も捨てましょう。哀しみを作り出すものを壊しましょう」

「X-Dayへのカウントダウン

 9月と酷似した動画に捜本部は警したが、
 9月の実行犯である砂は起訴され拘置所にいたため、犯行は不可能
 加えて、当日は事件らしいものは起こらず死者が出たという報告もなかった。

 しかし動画が流れた翌日、砂拘置所で首をつって自殺する。
 X-Day事件における一の手がかりを失い、事件の相は……闇の中となった。

 ――その後、アドニスからの動画ネットに流される。

「世の中には、生きてはいけない人間がいます」
「保身、顕示欲、承認欲求、優越感――
 それらを満たすためだけに他人の尊厳を踏みにじる者」
「醜い欲にまみれた自を持つ人間たちに、
 々アドニスが正義の裁きを下しました」

「X-Dayへのカウントダウン

「X-Dayへのカウントダウンとして、12月6日0時0分に新宿で1人の女性殺します」

「助ける方法はただ1つ。下記に書いた解除コード女性が付けている首輪に入してください」

「尚、警察に知らせた場合は、女性をすぐに殺します」

「もし彼女を救えたとしても、首輪の存在は明るみにしないでください。
 々は首輪を通じ、彼女とあなた方の動向を監視させて頂きます」

々の意にそぐわない行動をとった場合、彼女の命は保しかねます」

このから、物語は始まりを告げる――。

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP