イフリート(ガンダムシリーズ)単語

イフリート
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

イフリート(MS-08TX Efreet)とは、1995年スーパーファミコンゲーム機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』で初登場したジオン公国軍モビルスーツである。

概要

その式番号が示す通り、MS-07グフMS-09ドムの間に開発されたモビルスーツ

ジオン地球攻撃軍が独自に設計し、ツィマット社が開発したしい経緯を持つ。イフリート同様に、前線部隊が出先で設計・開発した機体にライノサラスがある。開発時期については不明瞭な点が多い。ただ10月9日の時点で、ヘンリー大尉が受領したイフリートが実戦投入されている事から、地球降下作戦直後(3月頃?)には設計が始まっていた可性がある。

優れた格闘性とホバリングを持ち、そのは差し詰めドムグフを組み合わせた感じである。顔つきも丁度ドムグフを足した具合となっている。地上専用だが機体性は良好で、実際ヘンリー機はガンキャノン2機を秒殺する戦果を挙げている。近接戦闘に至ってはグフをも駕すると伝えられる。高性ではあったが、ジオンの官僚が宇宙義だった事と、生産性が低い事がネックとなり量産化は見送られた。一方、マ・クベ大佐が専用機を作らせて保有していたところを見るに、機体の評価は決して悪くなかったと思われる。

生産機数は試作機のみ8機とされ、その内4機がゲーム映像作品に登場している。その4機はいずれも別仕様の機体であり、多くは特殊部隊に配備され武装や機体性も大きく異なるものとなっている。

MS-08系の機体としては、イフリートとは別に“YMS-08A 高機動型試作機”が存在する。しかし、こちらは陸戦ザクⅡの後継機としてグフとその座を争って選に漏れた機体であり、直接的な繋がりはない。イフリート自体B-CLUB誌で地球侵攻部隊が独自に設計開発したと書かれていたり、双葉社の書籍ではツィマッド社製(ドムヅダでおなじみ)であると書かれている。

バリエーション

イフリート(MS-08TX)

機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』に登場。後の作品に登場するバリエーション機とは異なり、カスタマイズはほとんどされていない。この機体は、試作機を修した四号機。兵装としてはショットガンと実体の専用ヒートサーベル(ゲームによってはヒートソード明記)を装備している。ジオンMSにはしく頭部にバルカン砲らしきものがあるが、ゲーム本編未使用で武装にもバルカン砲の説明はい。

作中では、キシリア暗殺の嫌疑を掛けられて地上に左遷されたヘンリー・ブーン大尉の乗機として登場。犯罪者で構成されたウルフ・ガー隊を率いて中央アジア面部隊に属した。オデッサ作戦に備えて移動する連邦軍を迎撃したが、敗北。逃避行の過程で本隊からはぐれウルフ・ガー隊は、砂漠の中にある連邦軍の補給基地を発見。物資確保も兼ねて攻撃を仕掛ける事にした。物資の奪取には成功したものの、補給基地は地にある割には異様に防備が堅く、戦いを重ねていくうちに部下を次々に失っていく。そして敵基地の中には新モビルスーツであるガンダム・ピクシーが鎮座していて、幾度とイフリートと干を交える。実は、ヘンリー大尉ピクシーの破壊を極秘裏に命じられており、本隊からはぐれたのも全て計算のうちだった……。

原作の『0079』では敵側での登場だったため、操作は不可能。しかしリメイク作品『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』では逆にウルフ・ガー隊視点となり、イフリートの操作が可。その際に発煙弾を使って撤退する場面が描かれた。最終的にはピクシー勝利したとも、敗北したとも言われている(0079はマルチエンディングであり、双方のエンディングが存在する。一方でサイドストーリーズでは敗北ルートで固定)。

戦場の絆』では近距離機体として登場。複数種類のショットガンによる範囲攻撃が特徴的。『Gジェネシリーズでも近距離戦用MSとして説明されているが、『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』において「汎用機ながら、近距離戦闘に適してる」と書かれており、ドムジャイアント・バズが使用出来たり、なぜかグフヒートサーベルを使っていたりと微妙に設定と異なる。

ギレンの野望』ではプレイヤーギレンなので、制式化する事も可。地上でしか使えない欠点はあるものの、機体性は良好。地上専用機だけあって地形適性は最高、燃費も良いという破格の性を誇る。開発に必要なMSレベルは7と、較的期に投入できるのも魅的。ジオン第一部では一線級の機体である。格闘値の高いパイロットを乗せて、指揮官用にするのがベストか。

立体物としてはバンダイの“GUNDAM FIX FIGULATION ZEONOGRAPHY”にてMS-07B3グフ・カスタムとのコンパチ仕様で発売された。こちらでは後述のイフリート改と同様、ヒートサーベルを2振り装備する仕様となっている。ちなみにグフ・カスタムヒートソードとは、鍔など細部の形状が異なる。ガンプラではプレミアムバンダイ限定で2018年に通常カラー2020年ダグシュナイド機がそれぞれHGUCで発売された。

イフリート改(MS-08TX[EXAM])

機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』に登場。
EXAMシステムを搭載したジオン一のMS。頭部に同システムと冷却システムを搭載しているため、他バリエーション機と較してそのサイズが肥大化している。
EXAMシステム起動時、即ち対ニュータイプ戦闘時において、高い機動性が要されたため、スラスター推やジェネレーター出も強化されている。カラーリングEXAM搭載機に共通するだが、両肩を搭乗者のニムバス・シュターゼン趣味により塗装されている。
ベース機としてイフリート選ばれたのはEXAMシステムに追随できる機体が当時ジオン軍にはイフリートしかなかった為。しかし、 EXAMを開発したクルスト・モーゼスは、イフリート改の性に不満を感じていた為、連邦へ亡命し、ブルーディスティニーを開発するに至っている(クルストにとっての敵はニュータイプであり、その為連邦ジオンという組みに囚われなかった。また、EXAMニュータイプを殲滅する為の手段として彼が開発した物である)。

他のMSのようにマシンガンバズーカを携行することはなく、ヒートサーベル二刀流で使用する。また、射撃武装は両脚部のミサイルポッドと両腕部のグレネードランチャーのみとなっている。

作中ではブルーディスティニー1号機との交戦の末、相討ちとなる。

戦場の絆』では格闘機体として登場。サブ射撃に格闘武器を選択することで通常の格闘と合わせて6連撃を繰り出すことができ、アーマー値減少によってEXAMが発動した状態ではアーマー値の低い敵機ならワンコンボで撃破できる爆発を持つが、機体性能面は癖が強い。

長きにわたり立体物に恵まれないイフリートシリーズだったが、2016年4月についに本機プラモ化。それまで立体化の難しかった機体を積極的に立体化していく1/100のREシリーズでのキット化となった。その後プレミアムバンダイ限定で2017年HGUCとしてもキット化された。

イフリート・ナハト(MS-08TX/N)

機動戦士ガンダム戦記』(PS3版)に登場した新たなイフリート

ハトドイツ語を意味する。レーダーに映らなくなるジャミング機ステルスを強化した機体であり、連邦軍のパイロットたちが恐怖した。カラーリング戦闘時の低視認性を重視した紫色(設定画ではに近い)となっている。装甲形状も細部がイフリートとは異なる。武装は忍者のようなコールブレードと投擲用のコールクナイ、腕部に装備された籠手状の三連装ガトリングガンとなっており、近接戦闘を重視した仕様となっている(ゲーム開発スタッフによると忍者という機体コンセプト)。熱探知対策のため排気熱を抑える機体設計がされており、またヒートではなく実体コールクナイを採用したのも同様の理由とされる。ジェネレーターやスラスター出なども強化されているが、あくまで地上戦用の機体である為、水中宇宙での運用は不可能ジャミング機レーダー効化にしつつ接近し、高い格闘で敵を撃破するのが機体コンセプトであった。

一年戦争当時、特殊なジャミング機を搭載した機体としてマ・クベ導のもと開発されていた。しかしマ・クベの手によって管轄基地に秘匿され、戦争終結後に地球連邦軍に接収される。戦後宇宙世紀0081年、ジオン残党軍のスパイによって所在が突き止められ、作戦実行のために奪取が計画される。ちょうど連邦軍はオデッサ基地で起動実験を行っており、整備は璧だった。ナハトが収容されているオデッサ基地にジオン残党インビジブルナイツが陽動を仕掛け、戦が手薄になった所を鹵獲ジムに乗った隊長のエリクブラン少佐が突撃。ジムガンタンクを撃破し、格納庫に進入。横たわるナハトのコクピットに滑り込んで奪取を成功させた。中で残党軍狩り部隊ファントムスイープの襲撃を受けるも、事オデッサ基地から脱出。

その後は同部隊により運用されることとなるが、規格の違う連邦軍に弄り回された事からクリスト・デーア整備長にしばらく搭乗を控えるよう言われる。このため整備が了した、インドシナ密林基地防衛戦よりナハトが使用可になる。基地を攻囲する連邦軍はインビジブルナイツの接近に気付いておらず、ジャミング機を持つナハトには打ってつけの戦場だった。順調に連邦軍を駆逐していくナハトであったが、ここで再びファントムスイープと遭遇。苦戦を強いられ、フリッツを戦死させられる損をこうむったものの、攻囲を受けていた味方部隊は脱出に成功。基地の防衛には失敗したが、戦の温存は出来た。

そしてインビジブルナイツ宇宙へ上がる際、基地へ放棄された(地上戦用MSだったため)。最期はクリスト・デーア整備長が時間稼ぎのため搭乗。連邦軍の大部隊へ特攻を試みるも、一機のジム・コマンドの妨によって阻止され、共にアデン基地の自爆に巻き込まれて消滅する。件のジム・コマンドに搭乗していたのは、皮にもクリストのであるタチアナ・デーア(シェリーアリスン)だった。

戦場の絆』では、静止・歩行中は敵のレーダーに映らなくなる特性を持った格闘機体として登場。後のアップデートで敵のロックオン効化するジャミングが武装として追加されるなどトリッキーな機体となっている。

立体物はプレミアムバンダイ限定で2018年HGUCで発売されたのが一。

イフリート・シュナイド(MS-08TX/S)

機動戦士ガンダムUC』(OVA版)に登場(小説版には登場しない)。イフリートとしては初めて映像化された機体。
全身に多数装備したヒートダートクナイ)が外見上の最大の特徴となっており、他のイフリートに見られる肩部スパイク部分もヒートダートとなっている。射撃武装としてはショットガンジャイアント・バズを装備。カラードムに近い紫色

装甲の一部には従来の硬スチール合に加えてガンダリウム合も用いられている。このことから、この仕様となったのはシャア・アズナブル地球圏にガンダリウム合データをもたらした、グリプス戦役期以降であることがえる。
ジェネレーター出やスラスター推などの機体性自体も大幅に強化されており、ジェネレーターもZガンダム(2020kw)や百式より高出のもの(2202kw)が搭載されていたりする(論、単純なカタログスペック上の差であり、パワーウェイトレシオでは劣っている)。
ベース一年戦争当時の1072kwの機体であるという点を考慮すると、破格の魔改造がなされた高性機である。

作中ではジオン軍残党により運用され、トリントン基地を襲撃している。優れたスペックを活かしてジムⅡセミストライカーを格闘戦で圧倒、瞬間移動の如き高速機動でヒートダートを使い仕留めるシーンも見られた。

アニメ内ではカークスに撤退を促されたところで出番が終了しているが、外伝漫画『『袖付き』の機付長は詠う』にて生還が確認された。トリントン基地から脱出後、連邦ジオン両軍のMSを回収した海賊達の一員となってカークス隊基地を襲撃。ベースジャバーに乗った状態であのバイアラン・カスタム中戦を行い、互に戦っている。しかし搭乗者はカークス隊から依頼を受けた間者であった為、最終的に海賊の首領が搭乗したザクⅢを「野心に器が届いていない」と判断してビームサーベルで仕留めて撤退。カークス隊とは合流せずに何処かへ去っていった。

後に発売されたゲーム機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』において、ベースとなった機体は旧ジオン軍特別競合部隊「マルコシアス」隊長ダグシュナイド大尉が搭乗したイフリートである事が明かされた。一年戦争当時はグフ・カスタムの3連装マシンガンや専用のヒートランスを装備していたが、連邦軍から脱走したフレッド・リーバーダグシュナイドから本機を受け継いた為、『リーバー・ザ・リッパー』の異名を持つ彼の戦闘スタイルを活かすため、ヒートダートが装備された。(彼は以前、兵戦特化MSであるガンダム・ピクシーに搭乗していた)。一度フレッドは本機を手放しているが、紆余曲折を経て戻ってきた本機に強い縁を感じ、『シュナイド』の名を与えたようだ。

立体化はプレミアムバンダイ限定でRE100としてその翌年一般販売としてHGUCが発売された(ここはRE100が一般販売でHGUCがプレミアムバンダイで販売されたイフリート改とは対極になっている)

下ネタバレにつき字↓

なお、フレッドは「これが最後の戦いになる」などと壮絶な死亡フラグを立てながらトリントン基地へ赴いたが、前述の通り生還しており、戦いも最後にはならなかった。機体同様まるで忍者のような男であった。

関連動画

  

関連静画

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%28%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イフリート(ガンダムシリーズ)

129 ななしのよっしん
2018/11/25(日) 06:17:13 ID: wlRgNQwY/v
あ、いい流れなのでカキコ。
エクバ2稼働初期で低コスト最強だってよ
おめっとさん
130 ななしのよっしん
2018/12/27(木) 21:25:38 ID: StLUJbkNyt
HGUCイフリート改グロスインジェクションがガンダムベース限定販売されるみたいだね
131 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 19:57:00 ID: 4j0sUT0FOR
イフリートってMSVの頃設定あったっけ?
YMS-08があるのは知ってるけど。
132 ななしのよっしん
2019/10/07(月) 10:32:22 ID: xfEBsxAxHq
>>131
しない。
グフドムじゃ周囲の一般兵と区別つかない、
ゲルググギャンじゃ時期がすぎる、
ゾックじゃ台にしかならない、
というゲームにおけるニッチを埋めるべく登場した「地上戦ができるジオンの少数生産高性モビルスーツ」だから
133 ななしのよっしん
2019/10/07(月) 17:10:57 ID: 4j0sUT0FOR
>>132
いって事で良いのかな??
記事に「設定はMSVから」って書いてあるけど。
134 ななしのよっしん
2019/12/01(日) 09:35:49 ID: IoxMdEBHVc
MSVでは聞いたことがないな
イフリートというジオンっぽくない名前からしても
砂漠舞台ゲームに合わせたものだろうからゲームが初出かと

しかし「量産されなかったのは官僚が宇宙義だったため」って理があるよな
じゃああの山ほど作られた水中MSはなんなのかと…
135 ななしのよっしん
2020/01/16(木) 08:30:24 ID: OZOT+psQX9
地球の七割はだし、陸両用MSかったら
地球侵攻作戦が破綻すると考えたんやろなあ…。
136 ななしのよっしん
2020/01/25(土) 10:15:37 ID: M5wNC5y1d4
ザンスカールバイク部みたいな連中がいたんじゃね?
137 ななしのよっしん
2020/02/04(火) 03:11:23 ID: hyvUiXdtZL
ファーストの段階でジオンにもア・バオア・クーとかソロモンとかエルメスとかネーミングする連中がいたんだから
イフリートもあながちジオンらしくないネーミングとも言えないんじゃないかとも思わないでもなかったり。
138 ななしのよっしん
2020/05/26(火) 01:09:10 ID: WbjEQnq7By
マッドアングラー英語で泥中の釣り師、アンコウのことか)
ジ・オ(The・O、の~~という接頭語であるTheoから)
αアジール(独で最初の聖域的な意味)
ヤクト・ドーガ(独狩猟者のドーガ(シリーズ))
ケンプファー(独で闘士)
ノイエ・ジール(発音はノイエ・ツィールだが独で新しい標)
アプサラスインド水の精霊
ライノサラス英語サイ

こうして並べるとイフリートが極端に浮いているというわけでもない。たまにはあるくらいの存在。

急上昇ワード改

おすすめトレンド