ガンダムMk-Ⅱ単語

ガンダムマークツー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ガンダムMk-Ⅱ(RX-178 Gundam Mk-)とは、『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダムZZ』に登場するモビルスーツMS)である。

概要

機体データ
式番号 RX-178
名称 ガンダムMk-Ⅱ
全高 18.5m
本体重量 33.4t
全備重量 54.1t
1,930kW
20,300kg×4
(総推:81,200kg)
センサー有効半径 11,300
装甲材質 チタンセラミック複合材
ルナチタニウム
武装 頭部バルカンポッド
ビームサーベル×2
ビーム・ライフル
ハイパーバズーカ
シールド
武装(劇場版追加分) ミサイルランチャー
ロングライフル
な搭乗者 カミーユ・ビダン
カクリコン・カクーラー
エマ・シーン
エルビアン
モンド・アガケ
その他機 姿勢制御バーニア×10

一年戦争時に名を馳せた「ガンダム」の名を継ぐ機体として、ジオン残党狩り部隊であるティターンズが開発したMS

ガンダムの開発に携わった人材を優遇して集め、ジオン技術者を排除し純連邦系技術により開発された機体であり、スペースコロニー内部での戦闘を想定して開発された。

フレームに初めてムーバブルフレームを本格的に採用している。脚部の可動部の露出が多いのは、『ビームを装甲により防げないのなら装甲によって機体重量を増やすよりも機体を軽量化させ被弾率を下げる』というコンセプトによる。

劇中では3機存在していたが3機とも後にエゥーゴ側に渡ることとなり、その際にカラーリングも変更されている。

開発は「フランクリン・ビダン大尉。 

強奪とその後

カミーユ・ビダンによるガンダムMk-Ⅱ3号機の強奪、及びエマ・シーン中尉の離反によりティターンズが所有していた3機は全てエゥーゴの手に渡る。

1号機は機体解析に回され、2号機はパーツ取り用に解体、3号機はカラーリング変更され実戦投入された。

ムーバブルフレームを初めて本格採用したものの、装甲素材を始め、旧式の技術を用いた部分も多く、『Z』での初登場からすぐに「あんなもの、もういらんでしょう」「所詮はMk-IIか」など散々な評価を受けていた。

一方で、突出した性は持たないものの、実際に搭乗したクワトロ・バジーナ大尉は「加速性は抜群だ」と評価していた。また、「ガンダム」の名を継ぐ機体として開発されただけに総合的な機体性は高く、『Z』劇中中盤まで最新鋭機と互以上に渡り合うことができ、その稼働データZガンダムを始めとする可変MSの開発に大きく貢献した。

能面で遅れを取り始めた『Z』劇中後半では支援機Gディフェンサーを得てグリプス戦役を戦い抜き、既に旧式化してしまっていた『ZZ』でもとして第一次ネオジオン抗争最終決戦まで活躍した。

4号機の存在と量産化の断念

後々判明することだがガンダムMk-Ⅱには4号機が存在しており、グリーンノア1で行われていた高機動試験中に墜落パイロット死亡する事故が起きている。

1号機、3号機でも軽度の事故が発生しており、機体が安定性に欠けることや新素材開発の遅延もあって、当初計画されていたMk-の量産計画は断念されている。

武装

ビーム・ライフル
Eパック方式を採用したビーム・ライフル。出の変更が可で、通常出で7発、最大出で3発の射撃が可
予備のEパックはシールド裏に装着可
ハイパーバズーカ
RX-78-2ガンダムと同様の装備だが、こちらは通常弾と散弾の使い分けが可。なお、勘違いされることもあるが、例の『散弾ではなぁ!』と言うセリフ百式のクレイバズーカを被弾した際の物。
非使用時にはリアスカート部のラッチに装備される。また、予備マガジンサイドスカートに装備可
また、後付けではあるが、ほぼ同一デザインバズーカが『機動戦士ガンダム0083』でも使用されており、この時代において較的ありふれた装備であることがえる。
ビームサーベル
姿勢制御バーニアに沿う形で、バックパックに2基装備する。
バルカンポッド
頭部に内蔵しない、外付けのバルカン砲。内蔵式にべ装弾数が増強されている。
左側のみに口があり、右側はマガジン及びカウンターウェイトとして機する。
シールド
ガンダム試作1号機と同様、伸縮機構と予備Eパックのマウントを備える他、ミサイルランチャーも装備することが可
作中、最終決戦において左腕を丸ごと喪失した本機の肩に、応急処置として直接これを取り付けている。

バリエーション

スーパーガンダム

高性化が進むティターンズの可変MSに対抗するための性向上策として、本機の支援機であるGディフェンサーと合体した形態。合体直後はGフライヤーという巡航形態を取るが、Gディフェンサーのコクピットブロックを分離させることでこの形態となる。

Gディフェンサーの武装はほとんどそのまま使用可だが、特にロングライフルによる火力の強化が大きい。

詳細は「スーパーガンダム」の記事を参照。

フルアーマーガンダムMk-Ⅱ 

スーパーガンダムと同様、ティターンズハイエンド機と対抗するためのプランとして挙げられたもの。
その名の通り装甲強化が的となるが、機動の低下を理由に案となった。

ガンダムMk-Ⅱ試作0号機

ギレンの野望シリーズに登場する機体。機体の色はMk-ティターンズ仕様と同じ。パイロットゼロ・ムラサメ

コストを度外視して開発されたMk-プロトタイププロトタイプ・ガンダムMk-Ⅱとも呼ばれる。
Mk-とは較にならない高性の機体だが整備性・操縦性に非常に大きな問題を抱えており稼働時間も極めて短い。そのため並のパイロットには扱いきれないじゃじゃガンダム

ビルドガンダムMk-Ⅱ

ガンダムビルドファイターズ」に登場するガンプラパイロットレイジイオリ・セイ

ティターンズで開発された5番のMk-」というのがセイによる設定。
ギャプランや他の可変式MSのノウハウが加わった支援メカ「ビルドブースター・Mk-」を装備しており、スーパーガンダムと同様の火力と機動性を両立させた機体になっている。Mk-の素養をそのまま伸ばしたスタンスであり、パイロットによって高いポテンシャルを誇る

ゲームでの活躍

スーパーロボット大戦シリーズ

エマが持ち込むかカミ―ユが強奪して加入することが多く、単体ではファーストガンダムより少し強い程度の性であることが多いが、スーパーガンダムの扱いが作品によってコロコロ変わる。

特に合体方式はGディフェンサーとの2機合体、換装パーツ扱い、はたまた出撃時はスーパーガンダム固定なんてこともあるので、運用時には注意が必要。このうち、2機合体方式の場合はパイロットが2人必要になるが、ガンダム系ではしい合体ロボになるため、パイロットの育成に役立てることができる。また、α(一次)では原作で断念された量産化が実現したが、なんとモビルドール化されていた。

また、劇場版Zガンダム名義で参戦したスーパーロボット大戦Zでは、シナリオ再現の影もあり、それまでのTV版Z名義で参戦した作品とべて格段にが高く、武器にも劇場版で見せた「フライング・アーマー突撃」が追加されるなど、シリーズ最強のMk-となっているのでMk-ファンは必見。
さらに条件を満たすと隠し機体として、アムロいMk-に搭乗して参戦する。(通常はリック・ディアス
アムロが乗ってくるのは中の人である古谷徹氏が「Mk-よりの方が好き」だから、というウワサ。

第2次Zでは登場しなかったが第3次Zではエマと共に復活参戦。Mk-単体でロングライフルが撃てる。
しかし面では弱体化しており、「フライング・アーマー突撃」が消失スーパーガンダムにも換装できないのでアシストとして使っていくのがメインになる。Zガンダムが手に入るのが中盤なのでそれまでエマが使うかカミーユリゼルから乗せ替えるかはお好みで。

vsシリーズ

初登場は三作機動戦士Zガンダム エゥーゴVSティターンズ」。当時600であった最大コストに対し295というコストで、Mk-IIのみのコンビが組め鹵獲解禁前からどちらの勢でも使えるという初心者向け機体。武器はビームライフルハイパーバズーカの選択式だったが、ハイパーバズーカは一定距離で散弾に変わるという慣れないと使いづらい性だったので、もっぱらビームライフル人気だった。

NEXTではエマ機のいMk-カミーユジェリドはどうした)いMk-が使用可。なぜかコストは違うが。エマ機はスーパーガンダムへの換装が可

EXVSFBでは色々と猛威を振るっていた。(現在は修正で解禁時より弱体化
ライフルバズーカを手動でリロードできるのが長所(FBではライフルのみ)。
庭版ではDLCカミーユ機がNEXTから復活。さらにZZからエル機が参戦。両方ともコスト1000
コストが低くなってるだけあり、エマ機よりも慎重な操作がめられる。カミーユ機は劇場版で見せた回し蹴りが追加され、エル機はZザク百式を呼び出す援護の機体。覚醒技も両機共にエマ機とは異なる。
エル機のみライフルなどの効果音ZZ(=TV版Z)準拠。エマカミーユ劇場版Z準拠となっている。

EXVSMBでもFBのDLC機体がモバイル会員限定でぞくぞく登場しているため(エル機は参戦)カミーユ機もいずれ参戦すると思われる。

無双シリーズ

白黒両方登場するが、はほぼジェリドの専用機となっている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0mk-ii

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムMk-Ⅱ

102 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 12:22:35 ID: 7xvNC9VLZx
リアル人気と裏に登場人物には異常に酷評されてる機体
フランクリンリックディアスの方に惹かれ、ジェリドに至ってはハイザック以下と評される始末
103 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 10:31:03 ID: 4X+OG0GSRX
今回の編集でテーブル内武装欄に記載されていた
拳部マルチプル・ディスチャージャー×2は他サイトガンプラ説明書では武装扱いされていないようなので省略

搭乗者欄もな搭乗者として、細々とした人物をきました。
104 ななしのよっしん
2019/05/29(水) 00:47:52 ID: MiO6tSlS62
バナージ・リンクスを乗せたMk‐IIビームマグナムを撃つ。
何を言ってるのかわからないがガンダムNTでも頑ってる。
105 ななしのよっしん
2019/05/30(木) 23:30:03 ID: YbEZKDXJjV
装甲材が古かったりでボロクソに言われてるけど

加速性なんかは宇宙世紀でもおそらく最速の部類のパイロットであるクワトロシャア)から見て「抜群」と高評価
運動に関しちゃ劇中の通り柔軟に動きまくって格闘戦もやれる
武装もライフルバズーカバルカンサーベルミサイルと扱いやすくて必要十分なものがってる。
実際の戦績も恐竜進化を遂げたMSゴロゴロしてるZZを最後まで戦い抜くという実績あり


装甲材の欠点なんかはビーム兵器が標準化したZ以降はガンダリウムだろうがなんだろうが当たれば致命傷だし
実際はかなり優れたMSだったんじゃ…?
106 ななしのよっしん
2019/05/31(金) 00:17:26 ID: I2vrb9up9u
初代の面影のあるガンダム顔をTVに写し続けたかったというメタな理由もあるだろうがね
107 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 14:29:36 ID: 6TrjCjnnq/
Mk-IIも本気を出せば赤目になるのかな?

ガンダム6号機は特にサイコミュ系のシステム等は搭載してなかったけど赤目になってた。
過大な負荷が起こったときに通常とは別のセンサーが作動するために出る現と思われる。

ZやZZニューは機体がヤバイレベルの負荷がかかっても赤目にはなってなかったから
アナハイムガンダムでは起こらない模様。
(演出なのも後付けなのもわかってるけど)

いMk-II赤目になって襲ってきたらさぞ怖いだろうなぁ…
108 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 18:24:49 ID: dSwreOkgQw
この複雑になりすぎない初代の延直線上デザインと設定のマッチが好きだわ
109 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 07:07:42 ID: Br0xHPmIOh
z放送当時は本当に衝撃的だったろうな
ガンダムが3機出てくる(量産されてる)とか作中で散々批判されたりとか、スーパーロボットとは違う(初代ガンダムは曖昧だった)リアルロボット完成って言われるのもよく解る
110 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 07:16:48 ID: kGbzTL6q3a
>>109
主人公機はモブも乗ってるたくさんある同機の1つに過ぎず、画面上の区別のために頭の形とか色とかがちょっと違うだけ」
主人公機は2台あって、しかも役が乗る方が故障している」
主人公機は3機あるが、うち2機は大した活躍もせずに退場、しかも最初から期待されていなかったので別に惜しまれない」
これらの後だから特にしい扱いでもない
111 ななしのよっしん
2019/09/11(水) 20:16:23 ID: 1uyeiBQfRk
>>105
Mk-エゥーゴに強奪されてから
ムーバブルフレーム良されて完成した機体だから
それ以前の6回も事故起こしたこと知ってるやつがボロクソ言うのは当然よ。

急上昇ワード

2019/10/23(水)16時更新