ジェラルディーナ単語

18件
ジェラルディーナ
6.5千文字の記事
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

ジェラルディーナ(Geraldina) とは、2018年生まれの日本競走馬鹿毛

な勝ち
2022年エリザベス女王杯(GⅠ)オールカマー(GⅡ)

概要

モーリスジェンティルドンナディープインパクトという血統。
日本香港マイルを中心にGⅠを6勝した名種牡馬としても初年度からピクシーナイトジャックドールのみならず、シャトル種牡馬としての派遣先であるオーストラリアでも当地のダービー*ヒトツを輩出するなど、こちらでも際的に大活躍中。ジェラルディーナもその初年度産駒の1頭である。
2012年牝馬三冠GⅠ7勝を挙げ2度の年度代表馬いた、ディープインパクトの最高傑作の1頭。ジェラルディーナは第3となる。
は説明不要の大種牡馬。ただあまりにもその血が日本競馬を席巻しすぎたためか、ディープ産駒はつけられる種牡馬が限られ、としての産駒2014年から走っているが、GⅠはジェラルディーナ以前には菊花賞キセキのみである。

というわけで、名前だけであとはもう説明不要レベル良血である。
モーリスが*サンデーサイレンスなので、*サンデーサイレンスの4×3のクロス持ち。他にもいろいろクロスがかかっている(血統表参照)。

2018年5月12日ノーザンファームで誕生(誕生当時の写真exit)。オーナーはおなじみ、と同じサンデーレーシング。これだけの良血なので、募集価格も1口175万円×40口(=7000万円)となかなかの高額であった。

名意味は「女性名より」と登録されている。直接の由来は特になさそうで、イタリア語で「貴婦人」の意味だった名ときの似た女性名をつけたというところだろう。

なお余談であるが、一部の競馬ファンの間ではモーリス産駒名前に「モ」を付けて呼ぶことがあり、本モンティドンと呼ばれた。ただこれに関してはその後、一部でモーリスに片っ端からつけさせてもらったのにそのがいまいち結果が出ないことを揶揄する意味合いがついたので、少なくともジェラルディーナが結果を出した現在では使うべきではないだろう。2021年には同じモーリスの全も生まれたし。

オニフジンノムスメ

2歳

と同じ東の石坂正厩舎に入厩。の3~4歳時の騎手だった岩田康誠上に、2020年9月12日、中・芝1600mの限定の新馬戦デビュー。ここはスタートがよくなく、後方から直線で追い込んだものの3着。
10月3日、同条件の混合戦の未勝利戦に向かったが、今度はスタートはぼちぼちだったものの序盤で思いっきり掛かる、直線では一度は抜け出したものの弾でも避けているかのようなジグザグ走行をすると気性面の幼さが丸出しの走り。それでも2着に残したのでがあることは感じさせた。

3戦11月23日阪神・芝1800m、限定の未勝利戦北村友一が騎乗したここでは中団外から進め、直線では相変わらずフラフラしながらも外から伸び、るトウシモンブランハナ差で差し切って初勝利を挙げる。

勝ち上がっての4戦営は強気に中2週の阪神ジュベナイルフィリーズに登録。事に抽選を突破して出走権をゲットした。岩田康誠上に、血統面の期待からか8番人気とそこそこの支持を集める。レーススタートで出負けして最後方からになり、直線で大外を上がり2位の末脚で追い込んだものの7着まで。430kg前後と身体もまだ成長途上の中、の片鱗と課題とを見せた感じのレースであった。

3歳

明けて3歳は2月エルフィンステークス(L)から始動。再び北村友一を迎え、2番人気に支持されたものの、レース前にイレ込んで、スローペースを最後方から大外回しの展開となり、直線でもモタれて伸びを欠いて12頭立て10着に撃沈。

2月限りで石坂師が定年となったため、クロノジェネシスの所属する東の斉藤崇史厩舎に転厩。体も気性も明らかにまだ成長途上ということで、クラシックは断念し、条件戦からステップアップすことになった。

というわけで復帰戦は6月阪神・芝1800mの1勝クラス崎特別。福永祐一上に迎え、ここからは基本的に福永戦となる。しかしこレースでは途中で右手綱の尾錠が外れ、3コーナー前でどんどん外にヨレながら先頭へ。そのままほとんど逸走寸前の大外回しになり9頭立て8着に沈没。転厩初戦でいきなり斉藤師に過怠が課されることになった。

気を取り直して中1週で小倉・芝1800mの1勝クラスマカオジョッキークラブトロフィーへ。課題のスタートも上手く決めて中団に構えると、直線残り200mで大外から強く抜け出して2身半差の快勝。直線でもちゃんとっ直ぐ走り、気性面の成長もはっきりと見られる好内容の勝利だった。

続いて9月5日、同条件の2勝クラス筑後川特別へ。前走の好内容、52kgという軽い斤量もあり1.7倍の断然の1番人気に支持された。大外から最後方でのレースになったが、大外から上がり最速331の末脚を叩き出して1身半差で快勝。

この連勝で秋華賞に登録したが、賞不足で抽選にも加われず除外。仕方ないので秋華賞と同日、10月17日阪神10R・芝1800mの3勝クラス・西宮ステークスへ向かうと、ここも後方から大外を回して上がり最速の333の末脚でイズジョーノキセキを振り落とし、1と3/4身差で勝。3連勝であっという間にオープンに昇格した。勝ちタイムは直後の秋華賞1800m通過より2以上速く、前年に同じく秋華賞を除外になったレイパパレのこともあり、一部では「秋華賞」というもあったりなかったり。

というわけで12月チャレンジカップ(GⅢ)で古重賞戦線に参戦。断然人気ソーヴァリアントに次ぐ2番人気に支持され、最内から中団でレースを進めたが、直線で最内から上手く進路を確保できず末脚不発で4着に敗れ、3歳シーズンは終了。

4歳

明けて4歳初戦は2月京都記念から始動。4番人気に支持される。ここは後方から外捲りで大外から末脚勝負という得意のパターンに持ち込んだが、稍重の馬場をまんまと逃げ切ったアフリカンゴールドに届かず4着。阪神JFでも戦った同期オークス、1番人気ユーバーレーベン(5着)には先着を果たした。

続いては大阪杯に登録したが賞不足で除外になり、翌週の阪神牝馬ステークスへ。ここは福永が1番人気アンドヴァラナウトに騎乗したため幸英明がテン乗り。同期の同じく三冠である秋華賞アカイトリノムスメとの、史上初の三冠対決も注されたが、アカイトリノムスメが競走除外で実現せず(そしてそのまま引退してしまったため今後の実現もなくなってしまった)。4.0倍の3番人気に支持されたが、最後方から外捲りという得意のパターンに持ち込もうとするも直線入口でも一番後ろ。上がり最速で追い込んだもののさすがに厳しく6着まで。

6月鳴尾記念(GⅢ)は中開催で、上は福永に戻ったもののエルフィンS以来の左回りで苦手じゃないの?と思われつつも4番人気。外から中団につけ、外回しの末脚勝負のパターンに持ち込んだが、同じサンデーの長期休養明け・ヴェルトライゼンデ復活勝利に半身届かず惜しくも2着。

も休まず8月小倉記念(GⅢ)へ。前走の内容も良かったため3.2倍の1番人気に支持される。今回は内から中団に構えたが、直線で群を抜け出したときには先行したマリアエレーナははるか前。結局5身突き放され、ヒンドゥタイムズにもハナ差競り負けて敗の3着。

かくして重賞でも好走はするものの勝ちきれないまま迎えた9月オールカマー。1番人気は長期休養から復活の気配を見せ、復活す1歳上の三冠デアリングタクト。一方、その先々代の三冠であるジェラルディーナは、横山武史がテン乗り、初の中山、初の2200mへの距離延長、外から外回しが勝ちパターンなのに22番の内とやや買いにくい要素が多く、単勝1桁の4頭からは離された19.5倍の5番人気に留まった。しかし、この内レースとなる。
内ラチ沿いの6番手という前に位置取ったジェラルディーナは、4コーナーを抜けて直線でもそのまま最内に潜り込む。前は逃げバビット、横にはウインキートスがおり坂を上るまでは進路がない状態だったが、坂を上りきったところでこの2頭の間をこじ開けるように一気に加速。追い込んできたロバートソンキーを寄せ付けず1身半差をつけてゴールに飛び込んだ。

三冠復活レースのはずのところを、勝ったのは三冠の方。内伸びで外が伸びない馬場で、得意の外回しではなくなりに内で慢した横山武史の好騎乗。のパワフルな走りを思わせるイン突きで、7度重賞挑戦での嬉しい重賞初制覇を挙げた。なお単勝1桁の4強は全て4着以下に沈み、内の2番・1番・3番で決着。3連単は24万6180円となかなかの波乱の決着だった。

この勝利で、同じ右回り2200mのエリザベス女王杯に参戦。前走に続きデアリングタクトとの再戦となったほか、古からは前年勝ちアカイイトなどが駒を進め、3歳戦線からも秋華賞スタニングローズと同レース2着のナミュールって出走。そして当年のアイリッシュオークスMagical Lagoon海外として11年ぶりに参戦し混戦模様となった。ジェラルディーナは8.1倍の4番人気である。

当日ので重馬場となった阪神競馬場横山武史戦のナミュールに回ったため上にクリスチャン・デムーロを迎えたジェラルディーナは、前走とは逆の大外18番からスタート。五分のゲートからスッと中団後方に控える。ペースで流れた3コーナー、荒れた内で失速する先行を見ながら3で進出を開始。抜群の手応えで大外を捲り、5,6番手で直線に突入。各が総崩れとなる中で馬場ん中から抜け出した5番人気ウインマリリンを残り100mで競り落とし、さらに外から追って来た3歳勢のライラックの追撃もものともせず、そのまま1身3/4突き抜けて勝。重賞連勝でGⅠを勝ち取った。

ジェンティルドンナ産駒はもちろんGⅠ勝利。そしてディープインパクトは意外にも2017年キセキ以来5年ぶりとなるJRAGⅠ2勝となった。なお2着はウインマリリンと12番人気ライラックの同着となり、3連単は高い方で28万9250円(同着なので半額)と前走に続きなかなかの波乱となった。
クリスチャン・デムーロは「すごく乗りやすい。それと素晴らしい彼女のストロンポイントだ」とコメント。古になって体が逞しくなったのもあるが、若駒の頃の気性の幼さを考えれば、条件時代から福永騎手が辛抱強く競馬を教えた成果だろう。斉藤師も「(崎特別で)手綱の尾錠が抜けてしまった時、福永さんが危険な中でにいろんなことを教えてくださった。その後から折り合いが良くなったので、それが今につながっています」とコメントしている。

斉藤師が「年内もう1戦したい」との意向を示し、年末の有馬記念に参戦。彼女を含めこの年の古中長距離GⅠが全頭参戦、復権をエフフォーリアディープボンドも加わるメンバーの中、オールカマーエリ女の強い勝ち方と勢いが評価され、イクイノックスタイトルホルダーに次ぐ7.4倍の3番人気に支持された。上は引き続きC・デムーロ
レースはCデムく「ゲートリラックスしすぎて立ち遅れた」そうで、スタートで出遅れてしまい、菊花賞2着ボルドグフーシュと並んで後ろから2番手でのレースに。3コーナーから上がって行こうとするも反応は鈍く、直線入口では前に群がいる状態だったが、残り200m手前で外に進路を確保するとエンジン点火。集団をまとめて外からかわして追い込み3着に突っ込んだ。敗れたものの、出遅れさえなければ圧勝したイクイノックスにももっと食い下がれただろうと感じさせるレースであった。

エリ女勝利に加え、オールカマー勝利有馬記念の好走も評価されたか、ヴィクトリアマイル勝ちソダシを抑え、この年のJRA賞最優秀4歳以上を受賞した。

5歳

繁殖入りが近づく5歳初戦は大阪杯より始動。こちらもジェンティルドンナが現役の頃はまだGⅡだったレースという事で、の知らない勲章をまた一つ獲りたいところである。
1歳下の二冠牝馬スターズオンアースや同ジャックドールが出走する中、5番人気に。上はテン乗りの岩田望来
データ上不利とされる最内からのスタートとなったが、隣のマリアエレーナに前に入られるなどして後方4番手からの控えた入りとなった。その後内から前を狙うが内側にがかなり集まった結果、前へ行けるスペースはほぼなく、直線で内ラチ沿いの隙間を進んでいくが前方に行った頃には4身ほど先にジャックドールレースレコードゴールを過ぎた後。1年ぶりの着外6着でレースを終えた。

その後はクイーンエリザベス2世カップC・デムーロに戻しプログノーシスらと共に遠征へ。レースはジェラルディーナは出足が付かず後方からのスタート。全体がスローペースとなり終盤の上がり勝負となる中で位置も後ろ過ぎたのか、ロマンティックウォリアーやプログノーシス追い込みに付いていけず6着に敗戦。

次走は帰宝塚記念へ。上は団野大成の予定だったが直前で変更。宝塚4勝の武豊を迎えて臨むことになった。
人気世界ランキング首位となったイクイノックス全一ムード。ジェラルディーナは天皇賞ジャスティンパレスに次ぐ3番人気に支持されたが、単勝オッズは13.8倍と人気2頭からはややを開けられた。

近年好走歴が少ない611番から発進。後方4番手でイクイノックスとほぼ並ぶように追走していたが、同じ競馬をしては勝ちはないと踏んだか、武豊めに動き3から捲り加減に進出。3番手まで押し上げて直線に向く。仕掛けにもへばることなくったが、直線を待って仕掛けたイクイノックス以下との末脚勝負には敵わず4着。しかし3着ジャスティンパレスとはアタマ差、春天2着のディープボンドは1身差の5着に封じ込め、GⅠの底を示した。

同期クラシックホースたちから遅れて本格化を迎えたもう1頭の三冠。現役三冠を破ってGⅠの勲章を手にした貴婦人は、ここからどんな活躍を見せるだろうか。

血統表

モーリス
2011 鹿毛
スクリーンヒーロー
2004 栗毛
グラスワンダー Silver Hawk
Ameriflora
ランニングヒロイン *サンデーサイレンス
ダイナアクトレス
メジロフランシス
2001 鹿毛
*カーネギ Sadler's Wells
Detroit
メジロモントレー *モガミ
メジロインシー
ジェンティルドンナ
2009 鹿毛
FNo.16-f
ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
*ドナブリーニ
2003 栗毛
Bertolini Danzig
Aquilegia
Cal Norma's Lady *リファーズスペシャル
June Darling

クロス:*サンデーサイレンス 4×3(18.75%)、Lyphard 5×5×5(9.38%)、Danzig 5×4(9.38%)、Northern Dancer 5×5(6.25%)

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジェラルディーナ

197 ななしのよっしん
2023/11/12(日) 16:02:04 ID: C2iQQnptGV
パドックうるさいのはいつものことなんだけど今日は発も込みでちょっとイレ込みが度を越してた感じだな
アレ掲示板入れるあたり地は間違いなかったんだが
ムーア乗ってくれたのに消化不良感が半端ないぞ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
198 ななしのよっしん
2023/11/12(日) 16:33:53 ID: 0W8XsuB5N/
やはり連覇は簡単じゃないんだな
これだけ噛み合わなくても掲示板に入るあたり本物なんだろうが
👍
高評価
0
👎
低評価
0
199 ななしのよっしん
2023/11/12(日) 16:34:12 ID: 2drFKTSulb
👍
高評価
0
👎
低評価
0
200 ななしのよっしん
2023/11/12(日) 17:52:28 ID: BnPJ09+l/a
騎手乗り替わり、イレこみ、出遅れと悪いことだらけの中でなんとか掲示板に入ったのはやっぱ実なんやろうなぁ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
201 ななしのよっしん
2023/11/15(水) 23:37:33 ID: IfWXQSak5M
去年の毎日王冠ダノンザキッドゲートフライング父親友の同期のせい
エリ女ジェラルディーナゲート難出遅れ→母親の宿敵の同期のせい
いのが濡れ衣やら、とばっちりを受けてて芝2200m
👍
高評価
0
👎
低評価
0
202 ななしのよっしん
2023/12/07(木) 06:40:25 ID: Z5yHE7fPUO
噛み合わなくても割と上位に来るのはこのの実
噛み合わないのもこのの気性による部分が大きいのでそれも実
この子はそういう子 香港ヴァーズは上手く行って欲しいなとだけ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
203 ななしのよっしん
2023/12/10(日) 18:11:52 ID: gJ0JWloABL
現役引退とのこと。お疲れさまでした。
君の煩いパドックは一生忘れないよ。
https://tospo-keiba.jp/breaking_news/39824exit
👍
高評価
0
👎
低評価
0
204 ななしのよっしん
2023/12/10(日) 18:16:14 ID: OAUdbT3jUJ
ラストランお疲れ様でした
と気性の荒さ両方見せての4着はこの子らしいなと思ったよ

最初のお相手になるかしらね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
205 ななしのよっしん
2023/12/10(日) 18:31:57 ID: gJ0JWloABL
ブラックタイド・ディープ系はまず理として、
社台SS内でインブリードが濃くなりすぎないのは、
ざっとキンカメ系、エピ&エフ、サトノクラウン海外組(ドレフォンブリモルなど)ってところか。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
206 ななしのよっしん
2024/01/03(水) 23:57:04 ID: jLo37HnvlF
気性がイってるからエピエフは消すとして、案外スワーヴリチャードという手もある。
👍
高評価
0
👎
低評価
0