バルバトス・ゲーティア単語

バルバトスゲーティア


バルバトス・ゲーティアとは、PS2ゲームテイルズオブデスティニー2TOD2)」に登場した敵キャラクターである。

若本規夫の独特なボイスを有効活用した強な個性と、その悪な戦闘から、テイルズオブシリーズの人気敵キャラクターとして高い知名度を持つ。
彼の放つ「ぶるああああああああああああああああ!」はあまりにも有名。
彼の右足は万だとかそうでないとか。

本名:バルバトス・ゲーティア
性別:男性 年齢:32歳 身長187cm 体重:82kg
職業:元地上軍所属の魔法戦士(狂戦士)、英雄ストーカー代行者
CV:若本規夫
通称:穴子CVサザエさんに登場する穴子さんと同じため)

概要ォォォ!!

英雄」を過剰に敵視し、その命を付け狙う苛で残な狂戦士TOD2主人公であり、「英雄」をしてをするカイルとは度々遭遇し、熾な戦いを繰り広げることになる。

その正体は千年前の大戦「戦争」において、初代ソーディアンチームであるディムロスらと共に戦った地上軍の軍人であり、その実はディムロスと互であった。だが強者との戦闘をめる欲求のあまり、敵である天上軍に寝返り、最終的にディムロスに討たれ念の死を迎える。

英雄であるディムロスと実伯仲でありながら、自身は最期まで英雄になれなかった事から、強英雄願望と英雄への執着をもつ。英雄への敵意と元来の戦闘狂の性格があわさり、悪な人格を形成している。序盤で盲目的に英雄を志願するカイル・デュナミスに対するアンチテーゼの一面も持つ。

演じた若本氏からは「けったいなドン・キホーテ(※)」「スーパー・ピカレスク)」などと評されている。

ドン・キホーテとは、スペイン作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説ドン・キホーテ」に登場する主人公ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ(ラ・マンチ地方騎士キホーテ卿の意。自称であり本名は別)のこと。騎士物語読みすぎで現実想の区別がつかなくなり、自分が伝説騎士だという妄想に取り憑かれてしまった人物である。

デスティニー2にて

戦争から約千年の時を経て、ある人物によって生された存在。
その人物の的と、彼の「英雄殺する英雄的存在への憎しみと、戦闘への欲求)」という的の利が一致した結果、同士として行動を開始する。

ロニを人質にとって四英雄の一人スタン・エルロンを殺した本人である。(重大なネタバレのため反転
ストレイライズ大神殿で四英雄フィリアを襲撃した際、カイル達と遭遇し戦闘。軽々しく「英雄」を名乗るカイルを『英雄ごっこ』と蔑み圧倒するが、辛くも退けられる。その後もカイルの宿敵として幾度も相対することになる。

その最初の戦闘では「必敗イベントと思って負けてみたら、『その後カイル達の行方を知る者はもいなかった』と言われて絶望した」というプレイヤーは数知れず。
(ちなみにTOD2本編中に負けるイベントは一切存在しない)

本編中では3回戦うことになる他、移植版であるPSP版では隠しダンジョンであるアクアラビリンスにも再登場。合計5戦まで存在する(バルバトス5は何回でも挑戦可)。

「狂戦士」と称されるため、一見すると脳筋イメージが強いキャラクターだが、特定キャラしか使えない上級晶術を駆使したり、己の的に科学的知識を有効活用するなど結構頭な一面も持っている。
また卑怯な手であっても容赦なく使う性格で、人質をとったり、に陥れようとするなど手段を選ばない。

晶術に灼熱のバーンストライク殺戮のイービルスフィア、絶望リングフォールなどなど、独特の詞をつけるのが特徴。

戦闘能力

移動は低いが防御は固く、アーマー持ちのため慣れないと切り崩すことができない。さらに攻撃速度は遅いが高威の術技が多く、ガード不能、吹き飛ばしやダウン、広範囲攻撃、状態異常やマヒ)と多な技を所持しているため、攻防共にしっかりとした対策をめられる。
特に物理攻撃は作中でも屈の高さを持ち(2、3戦の攻撃隠しボスよりも上)、並みの防御ではあっという間に瀕死戦闘不能にされるため、対策もしに突っ込むと返り討ちにあうばかりか、その間にじわじわと押し込まれ行動範囲も狭まっていく。
さらに後衛には威の高い晶術を多用し、体が減ると自身の周囲にの結界をってゴリ押しを妨するなど、隙のない万な性を誇っている。

最大の特徴はこちらが特定の行動をとると、対応した晶術で即座にカウンター攻撃をしてくることだろう。
前作エターニアにも特定の行動に対してカウンターを行う敵(精霊シャドウ、闘技場のクレス)は居たが、バルバトスカウンターの種類が3~5種と多く、それも「アイテム使用」などの通常の行動に対してカウンターを行ってくる。その上、戦うたびに違うカウンターや攻撃方法を行ってくるため、一戦ごとに戦い方を変えなければならない。

D2特有のバトルシステムに慣れてきたところで「アイテムなぞ使ってんじゃねえ!」と言われ、シャドウエッジ→ブラッディクロスコンボを喰らったあの日は忘れられない、というプレイヤーは多い。
アイテムを使うな、回復晶術(魔法)を使うな、背後に回るな、後退するな、防御するなと軟弱者には容赦がく、ゲーム初心者にも容赦がない。
カウンター発動に大きなスキはなく、しかも晶術を使うなと言いながら晶術でカウンターしてくる理不尽さには、むせび泣くこと請け合いである。このように押しでは勝ちが薄く、取れる行動がかなり限定されてくる。

もちろんカウンターになる行動を取らなければ問題はないし、逆にカウンターの対になる行動をすることでカウンター攻撃を誘発するテクニックもある。カウンター自体は単なる攻撃魔法なので、高難易度でなければ致命傷となることも稀。実のところ、少しくらいならアイテムを使う余裕はある。

ただし2戦はまだしも3戦となるとカウンター以外の行動も脅威的な威を持っている。三連殺で前衛3人がHP1になり、ようやく追い詰めたところでジェノサイドブレイバーで4人殺されるプレイヤーも後を絶たない。

とはいえ行動パターンを利用したガードストライクハメ(行動するためのSPゲージがゼロの状態で行動すると、相手に攻撃や防御をはじかれる状態を利用する)や、リメイク版では石化、気絶に特化させたキャラ育成などの攻略法も存在しており、場合によっては彼自身が最高の玩具となってしまうことも。

強敵の多いD2のボスの中でも、シナリオ、戦闘の両面で抜群の存在感を持つのがバルバトスなのである。

今日紳士的だ。運が良かったな」

ゲスト出演

PS2リメイクデスティニー隠しボスとして登場した。こちらは理性を亡くした「正正銘の狂戦士としてリメイクされている。

TOD2と違って復活した存在ではなく、死後の念として登場しており、ディムロスへの念が凝り固まったような存在である。ストーリー的には撃破後のスキットでその存在について言及があるのみであるが、その強さはまさしく常軌を逸している。ブラストキャリバーカットインが一番濃いのがこのバルバトスである。

また、中でコントローラーを固定したオートレベルアップをしようとする(長時間MAPを移動せずに戦闘を繰り返し続ける)と、突然出現して戦闘になる。このバルバトスは例えHPを0にしても絶対に倒せないので逃げるしかない・・・コントローラーを固定しているプレイヤーが逃げられるはずもないが。

その後、ヴェスペリアでは闘技場で歴代ボスに混じって登場。カットインが濃くない為、きれいな穴子とか言われる。
またPS3ヴェスペリアでは新パーティメンバーであるパティ・フルール秘奥義サモフレンズ』でバルバトスを召喚することがある。おそらく「例のアレ」で広範囲の敵味方に大ダメージを与え、90アイテムを使用不可にする。いい迷惑である。ちなみに登場時には額にお札が貼られている。

またPSP版D2の予約特典であるピーチグミ編』にも参加しているが、その際には本編の自称・紳士的な性格とは違うギャグキャラクターとしての髄を発揮し、視聴者爆笑の渦にぶち込んでいる。
そのあまりの人気ぶりに、予約特典をアナゴグミ編』と呼ぶ者もいる。

外伝作品にもメインキャラのような待遇で登場。
なりきりダンジョン3が初登場で、マイソロシリーズにはRM2から、テイルズオブバーサスにも当然のように登場、というか乱入して作品を引っ掻き回している。

果てには『プロ野球ファミスタクライマックス』にてシリーズ染みのナムコキャラクターが選手として集まる中で、ベルセリアベルベットファンタジアダオスと共にテイルズを代表するキャラクターとして野球界へ参戦。
ライバルキャラクターの集まるライバルーズにてダオスと共に所属している。並み居るキャラクターを押しのけてチーム軸の3番サードのスタメン選手として君臨。
ゲーム内の選手説明では『小技を嫌い、正面からの勝負を挑んでくる気性のしい選手。ベンチからの野次もしく、「変化球使ってんじゃねぇ!」と相手投手を揺さぶる』とある。

戦闘の具体例

TOD2

初戦・2戦目
3戦目

リメイク版TOD、他

関連動画に頼るかザコどもが!

…ククク 我が餓えを満たす関連静画がこの世界にあろうとはな…

関連商品なぞ買ってんじゃねえ!!

関連項目だと?情弱すぎるわ!

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

バルバトス・ゲーティア

297 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 23:27:46 ID: exDwgcnU4H
モバマスコラボに案の定参戦してきたなww
個人的にはグラブルテイルズコラボでも登場して欲しかったわ
298 ななしのよっしん
2018/12/14(金) 02:15:44 ID: rkQtMWVMzH
歌を歌わせてくれない ← new!
299 ななしのよっしん
2018/12/16(日) 21:18:16 ID: nvFPz9kCz/
アイドルは実に良いな!
300 ななしのよっしん
2018/12/21(金) 21:15:49 ID: yq6+dRcZd1
P「意外とノリが良さそうなので誘ってみました。」
301 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 08:09:01 ID: 66IwTgndCv
>>298
実は2015年ミリオンアーサーコラボで既に言ってたりする(回復役が歌姫だから)
D2ベースで考えられてたけど、特定ターンに回復してカウンター取らないと即死技が飛んでくるという

原作もそうだが、戦う毎に微妙カウンター変えてくるのも
バルバトス厄介な性格をよく表してるとめて思ったわ
302 ななしのよっしん
2019/02/05(火) 15:39:32 ID: iamRNM32ey
・初戦
高い、上級術をバンバン使う、アイテムカウンターインパクトを残す。ここで涙をのんだプレイヤーも数知れず
・2戦
専用BGMを引っ提げて登場。カウンターも増やして苦しめてくる
人によってはこっちのほうが苦労するかも
・3戦
2戦から余り間を置かずに再戦。アイテムは許す代わりに術絶対許さないマンと化す。HP25減らすごとに3連殺でこちらのHPを1に減らし、もう少しで倒せるところにジェノサイドブレイバープレイヤーをどん底に落とす

こうしてみるとバルバトスって戦闘の印に残るように設定されてるよな
後で冷静にストーリーを振り返ったら小物っぷりが半端ないのもギャップがあっていい
若本氏の熱演や後の作品に出まくるなど一時期うんざりするほど見たけどその人気は今も根強く残ってるし
303 ななしのよっしん
2019/02/05(火) 18:26:48 ID: oYUdtAqpul
鋼体で仰け反らないのも地味に嫌らしい
ゴリ押しは難しいから晶術で切り崩そう→「術に頼るかザコどもが!」で潰される流れはほんと痛い
カウンター誘発戦法を後で知らなかったら投げてたと思う
304 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 20:33:33 ID: Y0rvpnq7cy
自分がになって味方の術で怯んだところに
攻撃を叩き込むというD2の教科書戦法はサブノック戦で味方キャラが教えてくれている
また、バルバトス2回の前のボスであるハルファスは正面から殴るとカウンターをしてくる上に
術にかなり耐性があるが防御と、味方の術を起点にしてくれと言わんばかりの敵である
これらの敵で味方との連携ができるようになったプレイヤーなら少なくとも2回は苦労しないはず
305 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 19:29:31 ID: iamRNM32ey
レイズ決戦魔鏡で「の背後に立つんじゃねぇ!」が来たけど
「正面から来い!」といいつつ振り上げで相手を後ろに放り投げてからブチ切れて攻撃というD2時代さながらの理不尽さに吹いたw
306 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 20:37:19 ID: 7MbyO9bMwA
>>295
元々は色欲悪魔なのに暴力の化身だのゴジラ擬人化だのと呼ばれるキャラに変貌したメギドアスモデウスも似たようなもんだよね
あ、でも少し暴虐キャラには元ネタがあるか