艦隊これくしょん -艦これ- いつか静かな海で単語

カンタイコレクションカンコレイツカシズカナウミデ

艦隊これくしょん -艦これ- いつか静かな海でとは、海上自衛隊の広報漫画艦隊これくしょん~艦これ~』のコミカライズ作品である。
著者は漫画:さいとー栄、原作:田中謙介、協:C2機関月刊コミックアライブで連載中。2015年1月1日に発売した艦これジャーナルには神通編と特別描きおろしエピソードが掲載された。全3巻。
ComicWalkerにて一話と最新話を無料で読むことができる。exit

概要

メディアミックスの一環として連載されている艦これコミカライズ作品のひとつ。
略称は『いつ静』。
同時期に発表、連載されているメディアミックス作品の中では運営鎮守府が大きく関わっている作品である。
2016年11月時点まで発表されていたメディアミックス作品の中でゲームプロデューサーである田中氏が直接シナリオを書き下ろし、監修しているのはこの作品と他漫画に付いてきたミニドラマCD艦娘録のミニノベルのみだった。(勘違いされがちだがTVアニメは原劇場版は原案と脚本も務めている。)

鎮守府舞台に所属する艦娘たちの日常戦闘オムニバス形式で描いている作品である。
一話(いは前後2話か前中後3話)ごとにある艦娘の活躍に焦点を当て、最後に同じ名前の自衛艦の紹介で締めるというパターンになっている。
提督は存在することは示唆されているがセリフく、影も一切出てこない。
話の内容は良く言えば堅実、悪く言えば地味原作田中氏もあとがきで「このお話はとても地味で、万人受けするものじゃないと思う。だけど100人中3人でも、心にいてくれたら・・・」とっている)で手さはいものの、独特の空気感は一定の評価を得ている。
装のギミックや描き込み、戦闘シーンは非常に凝っており、描写も細やか。装備妖精も数多く登場し、活躍する様子が描かれている点もポイント
一部の描写はアニメ艦これアーケードにも輸入されている(一部の駆逐艦魚雷を発射する際に体の側面を向けて発射する、空母が矢を飛ばして艦載機に変化させ、甲で回収する、夕張が工で装備開発をしている、敵空母が頭から艦載機を射出する等)
またゲーム実装された艦娘がいちく登場するのも特徴(秋月ゲーム実装されてから10日ほどで漫画にも登場した。時津風実装直前の八話で名前と体の一部だけ出ており、九話で正式に登場した。)

1巻では「2巻までに秋月を出したい」とコメントがあり、実現した。
2巻には「3巻までに雲龍秋月型の数をえたい」とコメントがある。

2巻以降は原作作画両者多忙なせいか休載が多くなってきている(漫画のさいとー氏は2015年12月現在アニメ放映されているヘヴィーオブジェクトコミカライズも執筆している)。
その後3巻は延期を繰り返していたが、2017年2月23日に最終巻である3巻が発売された。打ち切りである。

登場艦娘

日向

一話の役。伊勢最上大井夕立時雨と共に出撃している。
ゲームでの追加ボイス瑞雲に関する発言が多いが、作中で瑞雲について「あいつらを飛ばせてやれることが時折むしょうに嬉しいんだ」と話したりと、装されながらも航空戦艦として活躍できずにいた史実と絡めて描写されている。さいとー栄はTwitterで「伊勢日向のつもりで描いた」とっている。
一八話~一九話では完部隊を編成し、史実完部隊伊勢大淀朝霜初霜を率いる。

二話の役。第六駆逐隊の中では少し大人びた性格で時折ロシア語を話す。
伊勢日向彼女ロシア語を話せる理由を知らないらしい(終戦の引き渡しまでに解体されてしまったから?)
五十鈴最上、他の姉妹と共に敵潜水艦に襲われたタンカーの救助へと向かう。
を投下する際にお尻をクイッと上げる動作が可愛いと評判。しっかりと艦これアーケードのほうにも輸入されている。

金剛

三話の役。訓練途中で千代田から敵の艦載機発見の報告を受け、迎撃に向かう。
訓練メンバーである霧島妙高鳥海は現代のこんごう姉妹艦である(八話にもこの四人で話しているシーンがある)。
ティータイムにはお手製のスコーンを焼いて姉妹第六駆逐隊などに振舞っている。

蒼龍

四話、五話の役。飛龍間宮でのオゴリを賭けて弓道場で練成を行っている最中に出動命が下る。
名前を受け継いだ艦が潜水艦なのでラストで見事な水着姿を披露してくれる。 やったぜ。

千代田

六話、七話の役。夕張航空巡洋艦装した利根筑摩と共に新装の慣熟航行中に潜水艦隊からの救難要請を受ける。
千歳にベッタリな性格。なぜか大食いキャラに設定されており、六話では最低でもアイスあんみつ?を2杯ずつらげ、八話では一食で天丼カツ丼冷奴サラダ焼き魚味噌汁を食べている(対して千歳は小鉢二品と日本酒)。そのせいか原作ゲームでもの限定デザインで大量の焼きバターを塗って食べている絵になっていた。

神通

八話、九話の役。初登場は七話で、その時点ではまだ未装であったが、八話では姉妹艦共々改二装されている。
駆逐艦達を厳しく導する教官役。外洋まで明石の護衛中にになり、発見した敵艦隊に向けて探照灯照射を開始する。

秋月

十話、十一話の役(但し出番は十一話のみ)。
十話では登場はしていないが新駆逐艦として翔鶴の口からられている(やたらに関する台詞が多かった)。
戦闘途中で太ももの予備身をバトンのように回して交換する様子が描かれている。
第15話~17話では、由良より四戦旗艦を引き受ける。

翔鶴&瑞鶴

十話、十一話の実質的な役。
遠征中に予想外の地点で敵艦隊に遭遇する。

足柄

十二話、十三話、十四話の役。登場時点で改二装済み。
本作では「飢えた狼」の名に恥じない格好良いお姉さんとして描かれており、駆逐艦達の憧れの的。
十二話では風呂上がりに脱衣所で那智から投げ渡された瓶入り蓋のコーヒー牛乳スタイリッシュに飲むシーンが2ページにわたって描かれている。 何気に脱衣所の実装ゲームよりかった。
ちなみに脱衣所で「大淀」「」「清霜」「朝霜」と現在実装されている礼号作戦メンバーった。
十三話では「那智」「阿武隈」「多摩」「木曾」と共に出撃し、途中改二になった「摩耶」に救われ、その那智と共に鎮守府カウンターバーでグラスを傾ける。
十四話では礼号作戦メンバーである作戦に挑むことになる。

村雨

十五話、十六話、十七話の役。(十五話と十六話の間に1ページだけだがカラー15.5話が存在する)
を下ろしたシーンがあるが夕立と顔立ちがよく似ている(原作イラストレーターの設定だと双子としてデザインされている)。 あと凄いナイスバディ
に降られて入渠ドックがくまでのあいだ間宮で休憩していた所「由良」に呼び出され、「秋月」「春雨」「夕立」「五月雨」と共にある作戦に挑む。

加賀

一八~一九話(完部隊)の救援として第十戦隊長良及び第十七駆逐隊)を率い登場。
締めくくりでは彼女伊勢日向の全通甲DDHが締めくくる。

綾波&敷波

著者のさいとー氏のお気に入りらしく、役の艦娘と出撃したり、で泳いでたり、間宮で食事していたり、焼きを焼いていたりとほぼ全話(14話を除く)に登場している。

間宮

直接出番があったのは六話だけだが、他の話でも名前が上がっていたり、店内の描写があったりする。
鎮守府内の甘味処「間宮」を切り盛りしている模様。
お菓子だけでなく十話では弁当として翔鶴秋刀魚の押寿司を作っている。
ちなみにアイスの美味しさのポイントワニラ油(バニラエッセンスorオイルのこと。古いレシピ本ではこの名称が使われている)らしい。

出番のあった艦娘リスト

メインで活躍したキャラは太字で記載。レギュラーとして綾波敷波は毎回登場しているため割愛

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%89%A6%E9%9A%8A%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8F%E3%81%97%E3%82%87%E3%82%93%20-%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C-%20%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E9%9D%99%E3%81%8B%E3%81%AA%E6%B5%B7%E3%81%A7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

艦隊これくしょん -艦これ- いつか静かな海で

145 ななしのよっしん
2017/02/27(月) 05:41:46 ID: XciKNeNBji
>>143
「ああそういえば伊勢日向推しの作品だったな」って思い出す最終回だったね。
艦これ作品、間がきすぎてテーマとか希薄になりがちよな

戦隊クロニクルも話の大半が「3-2行くメンツ決めるだけの演習
ってのを思い出してちょっともにょった
146 ななしのよっしん
2017/03/02(木) 21:40:05 ID: bwUpJ5SVES
というか単純に「自衛艦で該当する対艦がネタ切れ」だからじゃない?
クラス単位で被らない自衛艦って考えたら特に。
147 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 00:21:22 ID: TiMGorg2kU
>>146さんと同じだな、護衛艦と同じ名前の実装済み艦も限られてるし3巻完結はまあ仕方ないと思う。

自分は楽しめたよ、護衛艦にも名前を受け継がれている新実装艦娘が増えてくれればまた不定期連載でいいから読みたい。
148 ななしのよっしん
2017/07/15(土) 09:21:50 ID: rU/8RBv+UY
むしろ運営ちゃんも言ってるとおり3巻続いただけでも奇跡だわ
あんまりない空気感の作品だったんで楽しかったよ
日常戦闘バランスとか、装のギミックも良かった(こなみ)
149 ななしのよっしん
2017/07/15(土) 15:16:54 ID: P4ghHeM5a1
同じく。
シリアスなんだけど、暑苦しくないくらいの空気感と漫画家さんの作すごい好きだったな。
艦これ関連の漫画作品いくつかあるけど、シリアス系ではこれが一番好きだった。
150 ななしのよっしん
2018/06/14(木) 15:33:53 ID: XciKNeNBji
伊勢改二が来たから伊勢役級ってたこの作品のスレ見に来たけど
まあ終わった作品に関して何か言うもそうはおらんもんやな
151 ななしのよっしん
2018/12/22(土) 21:16:30 ID: ukb5SXff/k
「もったいなかったね」
これ以外言うことない
152 ななしのよっしん
2019/01/06(日) 20:21:27 ID: LkIdGyslVr
原作者で運営田中謙介原作担当なのに
打ち切りって
153 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 07:46:40 ID: va77JywIB3
こっちをそのままアニメにした方がまだ好感保てて救われただろうに
154 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 08:08:36 ID: E4Cv6AEbi2
ガワ(キャラ)を差し替えただけの同じ話がずっと続くから、エンドレスエイト亜種かな?とはなるけどあのアニメよりはマシかも知れないな
でも最初から最後まで中身がほぼ同じってのは辛いな…
今までここまでワンパターンなものは他に見た事いし、漫画も1話だけで十分だった、1巻読み通すのすら苦行だった