金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿単語

キンダイチショウネンノジケンボガイデンハンニンタチノジケンボ

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿とは、マガポケ連載中の漫画作品である。

原作天樹征丸/成陽三郎/さとうふみや
漫画:船(記事作成者≠漫画

概要

週刊少年マガジン人気連載をしていた、漫画金田一少年の事件簿』の外伝である。

原作本編と同じ事件を別視点から描いているのだが、金田一一が事件のを解くのではなく、タイトル通り犯人たちが知恵や策略やフィジカルお金専門知識を駆使して犯罪を実行しようとするのにスポットが当てられている。

犯人たちがいかなる努を払いターゲットを殺したか、どうやってそれを隠ぺいしたか、度肝を抜くトリックをどうやって実行したかを描く作品であるが、めてそのトリックを描写してみるとツッコみどころ満載な内容になってしまっており、犯人たちの苦労に共感する内容となっている。

登場人物

金田一一

名探偵 金田一耕介の孫にて本作中のラスボス最強キャラ、通称魔王一。
犯人たちは計画的に事件を考えていたにも関わらず、偶然何らかの理由でやってきた金田一少年につぶされることになる。
美少女幼馴染がいたり、普通でAVとか見まくってたせいで警察からの賞を取り消されたり、の上から落ちても傷だったり、犯人扱いされて逮捕されたり、馬鹿なのIQ180以上あったり、どんなダメージを受けようが主人公特権で普通に帰還したりする悪運だけは一人前。

幼馴染の美と仲がよさそうで、他にサブヒロイン3人に好意を持たれていたが、本編の約20年後を描いた続編である『金田一37歳の事件簿exit』で37歳時点でも独身であることが判明する。

エピソード

注意

この漫画犯人視点から物語が進むため、
原作未読の方には大いにネタバレです。

ここから下は自己責任で突っ走ってください。

オペラ座館殺人事件

SASUKE」出れるわ…ッ!

原作文庫版File1収録の記念すべき『金田一少年の事件簿ファーストエピソード。劇場付の孤ホテルオペラ座館」で合宿中の演劇部部員たちが『オペラ座の怪人』に見立てて次々に殺されていく。

このエピソード犯人役は有裕二[1]反転

怪人ファントムこと、歌月の存在

演劇部の合宿に先立ち、顔を包帯でぐるぐる巻きにした姿でホテルチェックインする。この際、包帯で顔が隠されているために怪しまれて宿泊を拒否されそうになるも、「いや・・・・イカンな・・・・私としたことが見たで判断するなんて」とオーナーの温情でクリア。その温情をお風呂にでかでかと落書きしたうえに部屋をズタズタに切り裂いてで返した。

その後、あらかじめ購入してあった10万円もするモーター付きゴムボートを使いから脱出する。トリックってがかかる…!!」

改めてオペラ座館に向かう途中の電車

自らのトリックに自信満々の中、「バレる訳がない・・・・!! 名探偵でも現れない限り・・・・な」と盛大にフラグを立て、直後に金田一一に遭遇。まさかの名探偵の孫の登場に動揺して計画の断念も考えるものの「ギリか・・・・!? 孫なら・・・・ギリいけるか!?と計画の続行を決意する。

第一の殺人 日高織絵 緞帳と録音した悲鳴での時間差トリック

これからの犯行に際して、自分のやった事に恐れおののく演技を強いられる事に苦悩。「小具係だぞ・・・・ッ!! は・・・・ッ!!」

そして、とうとう第一の殺人を実行する。トリック完成被害者の殺を孤立させるための作業に取り掛かるが、そのためにしなくてはならないことは山積みだった。「やることが・・やることが多い・・!!」

しかし、それでも璧にやり遂げ何食わぬ顔で合流。孤となった警察が来るまで時間がかかると一安心するも「このホテルに偶然・・・・殺人課の刑事でも泊まってない限り・・な」とまたしてもフラグを立ててしまう。もちろん即回収された。「いるのかよ!!刑事いるのかよ!!」

「この刑事ポンコツであることを祈るしかない・・・・!!」という祈りは幸いにもかなったものの、金田一に「これは殺人だ」と見抜かれ、トリックの粗をあっさり見破られてしまった。「やめて・・・・皆の前でトリックの粗を言うのやめて・・!!」

第二の殺人 桐生春美 窓の外に設置したワイヤートリック

計画ではの外に部屋の内側から見えないようにワイヤーを設置して被害者を絞殺する予定だった。

が、ワイヤーを設置する段になってその困難さに「え・・・・コレどうやって巡らせるの・・・・?」と悩む。複雑な結びまであるワイヤーを上の階から下の階のに設置するのはどうやっても不可能である。

犯人が導き出した答えはが振る中を命綱を使ってから外に出てを降り強引にり付けるといいう力技であった。

「『SASUKE』出れるわ・・ッ! Mr.SASUKEご存知山田勝己もかくやという動き見せたわ!水曜日のダウンタウン』で検証してほしいわ!

第三の殺人 緒方夏代 咄嗟に撲殺

第二の殺人までを終え、最後に死による早乙女子の殺を企てるものの、第一の殺人のためのトリックを回収しようとする前にその拠を緒方先生に発見され、そのまま殺「オー・マイファントム・・・・ッ!と、第三の殺人死でなくてはならなかったのに撲殺してしまったことに絶望する。

気を取り直して死に見せかけようとするも、計画にない殺人故にあまりにやっつけな処理しかできず「これはムリめ・・・・」「ダメだこりゃ・・!!」と本人もあきらめムード。当然金田一には「死じゃない!!」とあっさりばれてしまった。

第四の殺人 早乙女涼子 時計ボウガントリック ~ 結末

オペラ座の怪人』に見立てて3件の殺人とその後のファントム自殺によって終わらせるはずだった計画が狂ってしまった犯人。しかし、犯人はまだあきらめていなかった。「行こう・・・・!! 『オペラ座の怪人』の向こう側へ・・・・ッ!!」

犯人時計を使った時限式ボウガン早乙女を殺しようとする。小具係としてのスキルを活かし、あらかじめ決まっているターゲットの席に向けて、決められた時間になったら矢を発射するボウガンセットした。「これがの答え・・『オペラ座の怪人』の向こう側だ!」

しかし、金田一にハメられ自分がボウガンで狙われている早乙女の席に座らされてしまう。「えええええ~~~~~~!? ここ早乙女の席なんですけど!?

金田一解きもに入らないままボウガン発射を設定した時間が訪れ、自分が撃たれると思って咄嗟に身をかわしてしまったことで、自らが犯人であることを明してしまい、は全て解かれた。なお、金田一によって腕時計の時間が狂わされていたため、ボウガン発射時間にはなっていなかった。その後は、時間通りに放たれた矢に自ら貫かれ死亡

あの世からのインタビューでは

アクシデントに対応できるアドリブ・・・・それを持った犯人なら・・・・金田一に勝つこともできるんじゃないかな・・・・

そんな、どこにいるのかって?意外と近くにいるかもしれませんよ?学園の中とかね・・・・」

と答え、次の学園七不思議殺人事件への伏線を残している。

学園七不思議殺人事件

真壁・・・・お前 どんだけ嫌われてんだ・・・・!!

原作文庫版File4収録。アニメ版では最初のエピソードに回されている。金田一たちの通う不動高校り継がれている不動高校七不思議を解こうとするミステリー研究会の生徒が『放課後魔術師』によって次々に殺されていく。

このエピソード役で犯人的場勇一郎。ミステリー研究部顧問の物理教師

前日譚

不動高校の旧校舎は、元は高畑と言う品会社の研究所で昭和30年代に建てられたもの。その校舎のあちこちには新人体実験で死んでしまった6名の死体が隠されている犯人はその事を隠蔽するために教師として不動高校に入り込んでいた。そして10年前に死体が隠蔽されていることを知ってしまった女生徒を半ば事故のような形とはいえ殺してしまい、その死体をも旧校舎に隠して隠蔽していたことが事件の引き金となる。

第1の殺人 桜樹るい子 あかずの生物室トリック

地震で旧校舎のミステリー研究会部室のが崩れて10年前の女性との死体を見つけられてしまったため、思わず殺「やってしまった・・・・」「・・・・・・・・ごまかすしか・・・・ない」「最後まで・・・・ごまかしきるしか・・・・ない!」

思わず殺人を犯してしまったものの、るい子は電話金田一を呼び出しており、このままではすぐに殺人が発覚してしまう。犯人はそれまでに何らかの隠蔽を行わなくてはならないが、あまりに時間が足りない。「こんな短時間で・・トリックなんて思いつけるか・・・・ッ!!」

しかし、トイレの大に映る自分の姿を見て犯人電流走る。その時思いついたのが大を使って物理室をあかずの生物室に見せかけるトリックである。「こんな一で こんなにも複雑なトリックを思いつくなんて 私もとんだ策士だな・・・・」

また、犯行現場となったミステリー研究会部室では相変わらず崩れたからがこんにちはしていたので、ミス研部員の真壁が書いた小説が推理大賞を取ったことを知らせるポスターを貼って隠蔽。あとでめて隠蔽し直すまでの一時しのぎであった。「心許ない・・・・」「かなり不安だがこれでいくしかない・・・・」「引っぺがされない限りは大丈夫だろう・・」
しかし、そのポスターチョイス犯人の思惑を大きく狂わせることになる。

そして仮面をかぶって『放課後魔術師』へと変装し、金田一たちを見事にごまかすことに成功する…少なくともその晩は…。

警察の調査~金田一の調査~偽トリック解明への誘導

警察の調に対して『放課後魔術師』のことを意味深に言い放ち、調をかく乱。さらに金田一が『放課後魔術師』の事を聞きに来た際にはでっち上げの大ボラをあたかも真実のように金田一たちに迫真の演技で教えた。「私に・・・・こんな才があったとは・・!!」

さらにるい子殺が外部犯によるものであると見せかけるためにミス研の真壁に偽トリックを解明させようとする。「来い・・・・!!真壁・・・・!!」
その思惑は見事に当たり、真壁はあえて仕掛けられた偽拠から外部の犯行だと立犯人アリバイは確保されたナイス真壁・・・・!! お前のおかげでアリバイができた・・・・!!」

だが、真壁によって達成された犯罪真壁の手によって壊されることになる。

第二の殺人 尾ノ上貴裕 ~ 殺人未遂 七瀬美雪

ミス研部室の真壁スターを「真壁のポスター剥がして別のに替えてやろうと思ってるんですけど・・・・」と尾ノ上(ブタ)がはがそうとしたため、ついハンマーで撲殺してしまう。「またやってしまった・・・・」

さらに「こんなポスターわ!」と美もポスターをはがそうとしたため、またしてもついハンマーで襲ってしまう。真壁・・お前 どんだけ嫌われてんだ・・・・!!」

尾ノ上(ブタ)は死んだため「首つり大イチョウ」になぞらえてつるしたが、美は幸いにも一命は取り留めた。

結末

金田一に呼び出され、「あかずの生物室」トリック再現されるという辱めを受け、は全て解かれた。何十歳も年下の金田一に「的場」と呼び捨てにされながら過去を暴かれ、たっぷりと叱られ、は全て解かれた・・・・。

外伝ではカットされているが、その直後に死体である青山ちひろ父親に刺されて死亡した。

あの世でのインタビューでは真壁のあまりの嫌われぶりを嘆き、そして

金田一を侮らずの推理を予測し周到な準備をする・・・・!!

そんな・・・・そんな犯人が現れないもんかね・・・・ッ!!

と答え、次の蝋人形殺人事件への伏線っている。

蝋人形城殺人事件

人形を 作らないと・・!!

文庫版File12収録。堂本ドラマ版では第一期ラストエピソードになっている。長野県に移築されたバルト舞台レッドラムが次々に人を殺していく。

このエピソード犯人役は多岐かほる。女性推理作家である。

多岐川アーリーデイズ

3億円事件を実行した犯人グループ、彼らこそ多岐かほるとその狭山、およびこのエピソード被害者たちである。狭山が計画したその犯行は見事でまさに犯罪と言うべきものだった。
が、犯行後にの配分でもめ、かほると狭山仲間に殺され地面に埋められる。だがかほるは息を吹き返し、そのまま地面から這い出てくる。

その後に、顔を整形し、凄腕の小説家となり、自分達を殺したと思い込んでいる犯人グループたちへの復讐殺人計画を立てる。そして、20年以上の時と手間をかけていよいよ被害者たちを集めた『ミステリーナイト』開催へこぎつけた。

蝋人形トリック

このエピソードの肝である密室トリック。『ミステリーナイト』参加者の蝋人形を並べておき、かを殺す際にはその人形も同様の手段で破壊するという見立て殺人を装い、しかし、本当の的は参加者たちの誘導と犯人自身が仮面をかぶって蝋人形と入れ替わるというもの。変装を解いた後は成りすました拠は暖炉で燃やしてしまえば残らない。このトリックによって密室からの脱出などを達成する。

しかし、入れ替わる蝋人形がぽつんと置かれているだけではあまりに不自然なので、このトリックのためには事前に『ミステリーナイト』参加者全員10体の蝋人形を作っておく必要がある。

作中でも言及されているが、『本格的な蝋人形制作には1体数ヶ~2年ほどかかると言われて』おり、その作成にかかる手間と、誤って最初につくった金田一の蝋人形暖炉の熱で溶かして台しにしてしまったことで犯人も一度は計画の中止を考えるほどだった。「素人が蝋人形作りに手を出した報いね・・」

しかし、溶けた金田一人形からのアキラメナイデ・・・・カホル・・・・サン・・・・」という幻聴励ましによって再起。見事10体の蝋人形を作り上げる。

ミステリーナイト』の準備が整えた犯人は10体の蝋人形を並べて、1人祝杯を掲げ、意気を上げるのであった。「皆でを合わせて・・・・トリックを成功させましょう!」[2]

第一の殺人 当間 恵~第二の殺人 リチャード・アンダーソン

殺人鬼におびえたり、自分の仕掛けたトリックに驚く演技は他の犯人同様一級品。「自分の才が怖い・・・・」「・・・・私・・・・結構やればできたのね・・・・」

しかし、第二の殺人の際、アイアンメイデンを使ってリチャードを殺した際には自分でやっておきながらその残酷さに愕然とする。「エグい・・」「もう二度と人にアイアンメイデンしたくないわ・・・・」

リチャードを殺した後はいよいよ入れ替わりトリックの開始。そのためにあらかじめ用意しておいた被ればだれでもリチャードに成りすますことのできる念能力マスク『偽装する蝋紳士リチャードマスク)』を使って、に貫かれたリチャードの蝋人形に成りすます。しかし、横たわった蝋人形に成りすますには呼吸を止めなくてはならない。呼吸をして胸が上下していることに気付かれればトリックは台しになってしまう。必然、犯人トリック成立まで息を止め続けなくてはならず、危うく窒息死する寸前まで追いつめられるのであった。「死ぬかと思った・・・・」

第三の殺人 坂東九三郎

再び蝋人形マスクをかぶって人形に成りすます犯人。今回は椅子に座った状態での成りすましなので、呼吸しても気と安心していた。

しかし、ここで犯人にとって予想外アクシデントが発生する。この時、人形が置かれていた部屋は暖炉が焚かれ、かつ、換気扇が壊れていたため、サウナ状態になっていたのである。蝋のマスクをかぶっていた犯人にとってはこの暑さはなおさらきつく、またしても死にかけるのであった。「熱い・・・・! まるでバーベキューの具になったような熱さ・・・・!!」

そして人形への成りすましを解いた直後、犯人は自分の身に起こった異変に気がつく。「汗だく・・・・!!」

このまま皆の前に姿を表したらあまりに不自然犯人は汗でぬれたを絞り、体中に冷えピタを貼ってバタバタと皆の元へ向かうのであった。

第三の殺人後、殺した坂東が今回の事件の犯人だったと自するテープを流し、それを犯人の偽装だと見破らせるところまでは計画通り。しかし、明智警視を犯人に仕立て上げようとした策はあっさり金田一に見破られてしまった。「ど・・・・どうしよう・・・・。次の手・・・・考えてない!!」

結末

相方に『ミステリーナイト』参加者の中で一番怪しそうなマリア犯人に仕立て上げようとするものの、その際脅しに使われたアイアンメイデンリチャードを殺した際のエグさを思い出しトラウマが再発する。

幸か不幸アイアンメイデンする直前に脅しは止められたものの、いつの間にか左手にしていた指輪がなくなっている事に気がつく犯人。実は人形との入れ替わりトリック時、人形衣装を脱ぎ捨て暖炉に投げ入れる際に、衣装に引っかかっていっしょに暖炉に投げてしまっていたのである。あの指輪人の狭山から貰った形見ともいえるもので、犯人にとってはなくてはならない物だった。

指輪がなくなったことをきっかけに金田一トリックを暴き、暖炉指輪を探しているところで金田一たちに囲まれ相を暴かれは全て解かれた。その際に椅子に残されたエリートのことも摘されてしまった。「私出るほど汗かいてたの!?

死後の世界インタビューでは

今もどこかで犯人は生まれてる・・ そんな人たちに私の反(ものがたり)を知ってほしい

私の失敗も・・・・きっとムダじゃない・・・・

いつかかが・・・・金田一に勝ってくれると信じて・・・・!!

と答えている。俺たちの戦いはこれからだ![3]

外伝を読んでわかること

この外伝の一番の売りは言うまでもなく、本編先生及び先生が知恵を縛って作り上げたトリックへのツッコミと、何が何でもそのトリックを実行しようとする犯人たちの頑り。

トリックであまりにも理がある部分があることがわかるが、その理を犯人たちが様々な努で強引に仕立てあげていくところに読者が笑いと共感を覚えるようになっている。

氷の橋を作るのは大変

伝説殺人事件の全ての犯行を可にしたとあるものである。
この話では真犯人が明智警視に冤罪をでっち上げる、それも簡単にできた。
何故ならワープか、テレポートか、カールルイス並のジャンプを使わない限りショートカットができない。
これが、真犯人アリバイを作り上げたことになっている。
その方法は氷のをつくりあげたことである。
氷のを使い、ワゴンを使い、使用後に氷のを破壊した。

だがよく考えてほしい、枝木やわらなどで作った氷のが簡単に作れるのだろうか。
ましてや、ワゴンも通ることができる氷のが。
氷のを作るのはあまりにも大変である。
外伝伝説は前編を通して、氷のとの制作意欲に注ぎ込まれている。


そして金田一はそれらをたった一晩で作り上げた。
学園七不思議で鍵のガムを入れて偽造するくらいの男だ、実際は適当に作った物だろう。
がとおるほどはないかもしれない、しかしめちゃくちゃ。

風車に死体、そして漫画界屈指の主人公修正(悪運型)

タロット殺人事件、それで印的になったシーン風車に十字架上に磔にされた死体。
風車に死体を巻きつける、そう考えてほしい。
うん、どうやって、それも単独犯が。
足場もかなり不安定、というかほとんどない状態。
現実的に理がある、装置もなく足場が悪い状態で背負っていく、かなり理がある。
犯人はこれを根性と腕でやりのけた。

次に犯人東大にでていない金田一にばれそうになる。
案の定金田一山で殴打して気絶する、そうこれで終わったと。

しかし、金田一は眼をさまし帰還した。
それも、の知識でセータを燃やしてあっさりと帰還した。
トドメをさしておくとかセーターを奪っておくなどするとか突っ込む人がいるがそれはあくまで金田一が帰還したのが理由。
人類の99%吹雪の中で気絶させとけばまず死ぬ、東大卒業じゃなくてもわかる。
犯人は決して油断していたわけではない。
金田一主人公修正によりあっさり帰還したのだった。

……続きは言うまでもない。

リモコンを使ったんだ←どうやって?

殺人事件よりもSK殺人事件の方が印が強い事件。

そう、犯人トリックに必要な物は「凄腕マスコミに必要なぐらいの解説」と「リモコンの起爆スイッチ」の二つ。
そう、常識的に考えてわかることだ。
二つとも不可能に近い。

そのため犯人は、わざわざ日本アナウンス学園に通い学力を手に入れた。
次に、SK全員をわざわざが一つしかつながってないの離に呼ぶ。
アリバイを作り上げるためにリモコンバーニングするのだ。

そこで分かる、リモコンの起爆装置を作るのは言うようで難しい。
そもそもをどうすれば燃えるかもわからない。
かれは学園に通う中、「トリックに…近し…」と高校生えた技術を身に着け起爆装置を作り上げた。
金田一だけではなく、おそらくほとんどの刑事ドラマにもリモコンがでるが、多分かなり難しいと思われる。

まぁ、彼の計画が一人の人間によって失敗したことは言うまでもない。

関連動画はバーニング!!

著作権動画は「SK(すべて消す)」
どうでもいいことだけど、アベマで結構頻繁にやってる。
話の元を確認したい人におすすめ。

関連商品に凄く感謝

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *ドラマ版やアニメ版では犯人の名前や設定などが変更されているため、彼が犯人なのは原作漫画版のみである。
  2. *ちなみに原作ではこの蝋人形たちの胴体は持ち運びが簡単なように発泡スチロールで作られている。一方本作では最初につくった金田一人形は全身が蝋で作られている。もしかしたら犯人は最初の金田一人形を台しにしたあと、持ち運びの労の他にも制作の労を軽くするために作り方を変えたのかもしれない。
  3. *このエピソード犯人たちの事件簿シーズン1は終わったため、このような打ち切りエンドっぽい締めにしたと思われる。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%87%91%E7%94%B0%E4%B8%80%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%B0%BF%E5%A4%96%E4%BC%9D%20%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%B0%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿

120 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 22:47:39 ID: ADAR1UIx9q
>>119
薄々分かっていても、これ以上の遺恨を残す訳にはいかないから何が有ってもかった事にすると言う暗黙の了解が働いたと解釈できる。
まだ分が残っている死体を簡単な具で燃え盛る教会の中で手く解体できた悪魔(風祭)に突っ込んでいたら異人館村が殺人鬼の手により全滅した村になっていた。
121 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 22:58:31 ID: dmTdPQj+RX
>>114
幕は今やってるね。
長尺のらが多いわと思うw、。
122 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 23:49:45 ID: ADAR1UIx9q
ミイラを詳しく調べていたら異人館村の麻薬取引に関わっていた政治家マスコミ関係者が事件を揉消し、世間に広まらない様に手を回し、知る人ぞ知る切り裂きジャック異人館村〇〇人殺し(迷宮入り)とか事件開始前に風祭の手で全てが終わっていたのでは。
標を喪失した竜一がどんな人生を送っていたか気になる。
123 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 23:57:29 ID: dmTdPQj+RX
>>116
放課後の方は、屋連中なら石灰ナトリウムで多少は容量減らせるだろうし。
ストーリー的要因が大きいのが真実だけど。
124 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 19:27:39 ID: ADAR1UIx9q
不祥事連発でも問題にさせない不動高校政治なら学校敷地内に埋めればも踏み込ませないだろうし、一番楽な解決法になるかと。
ここで掘り返された死体が的場に届けられるの展開が浮かんだ。
125 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 21:16:20 ID: b1M8F4MLFJ
仮に教会の中で二人以上生き残ってたら風祭がどういう行動に出るか考えたらクッソ怖いな…

ひょっとしたら風祭麻薬栽培から手を引きたいと思っていて一計案じたのかな?
内情がゆえ外部の人間に発見させる必要があるが、どうせなら自分の罪を軽減出来ないか悩んでいた。
そこで竜一妊娠を知り、秘密裏に彼女だけでも脱出させ自分を『協者』として見せる筋書きを思いつく。
さらに村人達を「度のえた犯罪者集団」として仕立て上げるため牧師一家に呼びかけ対立を煽り、例の事件へ向かう。
しかし想定外だったのは竜一家族を物のように切り刻んだ風祭にも憎悪を覚えリークもせず、最悪の結果に至ったのではないか…
>>124
推理小説でたまにあるね遠回しに告発されるヤツ。
金田一で言うとタロット山荘がソレか。)
126 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 23:14:04 ID: ADAR1UIx9q
燃え盛る教会人間バラバラにするよりガス爆発なり何なりで死体を毀損した方が楽だろうし、教会を倒壊させ死体を圧し潰し人数の判別をやり難くするとか普通の手段を取ったかも。
麻薬から抜けたいなら大麻葉っぱを郵送すれば済む話では。牧師一家時は見せしめとしか取れない死体分割から、その頃はまだ足を洗う気がかったと思う。
127 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 22:14:38 ID: ADAR1UIx9q
オペラ座館の第一の殺人照明落下は前日に支持具を外し、落下地点の調整とやる事が多い。落下地点の調整は全員が引き上げた中にやるしかない。有馬が暗がりの中で支持具や落下防止ワイヤーを外したり、落下地点を調整していたのだろうけど、本編の演技は徹夜明けでハイになっていたとか。
ワイヤーを切る為の油圧式ワイヤーカッターの準備でトリックが掛かる(二回)が有ったのかも。
128 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 21:11:46 ID: 3jV1MYsFQM
北斗の拳イチゴ味トネガワとのコラボ見てみたいな
129 ななしのよっしん
2019/05/21(火) 22:19:56 ID: b1M8F4MLFJ
>>127
そもそもシャンリアが落下して人を確実に仕留められるんだろか?と思っていたが
調べると19世紀に落下事故自体はあって、それをモチーフにしたのが「オペラ座の怪人」らしく、さらに日本もこういう事件があったそうだ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E6%9C%AC%E6%9C%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E7%85%A7%E6%98%8E%E8%90%BD%E4%B8%8B%E4%BA%8B%E6%95%85exit
時期的に見て金田一もここから影を受けた可性がある。

そういやなんやかんや被害者たちも途中で
『ああっ!これは〇〇絡みに違いない!みんな聞いてくれ実は…』
告白し出さないよなぁ。
墓場の場合、最初の爆発で「幽霊でなきゃたちを狙う理由はアレしかねぇよ!」とパニくって露呈したら檜山線が集中するし
叉も事件の連続で身代わりがバレたらどっちみちお終いだ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード