VRMMO単語

ヴイアールエムエムオー

VRMMOとは、仮想現実大規模多人数オンラインVirtual Reality Massively Multiplayer Online)の略称

現在では実現されてなく、VRMMOはWeb小説で多用されるジャンルのひとつ。

概要

VRMMOは、近未来バーチャルリアリティ間で実行されるネットゲーム(大規模オンラインゲーム)である。もっともVRといっても、視覚聴覚のみのVRゲームではなく、マトリックスのように5感全てで没入する(場合によっては味覚も)タイプのものを扱ったジャンルを特にさす。

当然、現代日本では実現化されてない。VRMMOはWeb小説で多用されるジャンルとして定着している。

現在では実用化されてないバーチャルリアリティを前提としているため、必然的に近未来舞台とするが、そのほとんどにSF要素はなく異世界ファンタジーの形式を持つ。

これは、バーチャルリアリティが一般普及された世界SFとして描くのではなく、現代日本ゲーム世界異世界ファンタジー)に主人公トリップするという物語展開を円滑に進めるための舞台装置として、VRMMOが利用されているためだろう。

としての初出はおそらくソードアート・オンラインの第二部である(形式は第一部で出てるが、VRMMOという呼称はなかった)。ただし類似の筋書きの作品は以前からも存在する。サイバーコネクトツー開発・バンダイ販売の「.hack」(2002年)、高畑京一郎の「クリスクロス 混沌の魔王」(1994年。どちらかというとMO)、岡嶋二人の「クラインの壺」(1989年。ただしこれはMMOではない)など。

極めて限定的なジャンルに思われるが、意外と作品数は多い。特にWeb小説投稿サイト小説家になろう」では異世界転移モノには及ばないもののメジャージャンルの1つである。

とはいえ、同一モチーフで作品数が多いため、量産的なテンプレ展開になりがちである。とくに、起承転結の「起」部分はテンプレ展開が多い。

的なものとして、VR間からログアウト出来なくなる、VR間が現実化する、VR間によく似た異世界に転移する、といったイベントからはじまり、デスゲームサバイバルとなる、異世界を冒険する、異世界無双するといった展開が取られる。が、近年は普通ゲームとして遊ぶ様をかいた小説も多い。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/vrmmo

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

VRMMO

126 こんなことがあってたまるか!!
2018/11/23(金) 19:53:55 ID: XYcz6lD1Gk
今のVRゲームってどちらかというとSAOで言うところのAR(オーグマー)技術に近いものだよなぁ。
(まあ現実の機器はデカすぎだけど)

VRMMOよりもARのほうがまだ実現性はありそうだよなぁ。
127 ななしのよっしん
2019/01/06(日) 12:02:54 ID: 8IrrQN4/uA
このジャンルが好きで小説投稿サイトで結構読んでるけど気になるのがゲームバランス
キャラ作成でランダムにしたらぶっ壊れレア種族当てました(種族変更が出来ない仕様
・ぶっ壊れレアスキルを運よく入手した(イベ入賞品で先行入手とかではない)
・11人しか入手できないぶっ壊れスキル
PC1人分以上の仕事が出来るペット

ゲーム主人公を引き立たせる舞台装置になっちゃってる感じ
論この要素含んでて面いと思う作品はいくつもあるけどゲームとして考えた時にどうなのかなーって考えちゃう
物理法則視だのバトル化してるスポーツ漫画アニメ見てこんなのリアルじゃありえないって言ってるのと同じっちゃ同じだが
・技術がったら現実でも出来そうなVRMMO作品を遊んでる主人公

・あくまでVRMMOで活躍してる主人公を描いてる作品(ただしゲームバランス視)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
128 じゅせんぱ
2019/02/18(月) 04:01:39 ID: MVh0JkErS9
若者の貧困時代にこんなもん受けるわけないやろwww
129 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 21:42:56 ID: wLNt/B+LIB
よく考えると、スマホだって価格は結構なものだが、中でも高級なiphoneの新機種ともなれば列を作って買う人は一定数Android端末には最低限の性で低価格帯の商品もあるが、現実には貧困層も富裕層もみんなiphone
とすれば、スタンドアローンな端末が当たり前になればいずれはありうるかもしれない。いずれはね
130 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 00:05:43 ID: 2o9yriX3SC
昨今のラノベに出てくるVRゲームってもし現実にあったらめちゃくちゃなゲームバランスかれてサービス終了までありそうなものばかりだけど、
その理由として「異世界喩だから」って以上に『全ての人に環境というものがドラマを描きにくくする』からだと思う。
バトル漫画とかで努<才・血筋ってのが多いのと同じ理屈。
131 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 19:13:37 ID: 8IrrQN4/uA
>>130氏の
『全ての人に環境というものがドラマを描きにくくする』
これだよなぁ
主人公を活躍させる為にどう理由付けするかとなると
武術経験者(リアルスキル重視ゲー方式)
・ぶっ壊れスキル入手(一方通行方式で取り逃すと理)
事故で入院中、長時間のプレイが可time to winゲー方式)
ログアウト出来ないデスゲーム方式(プレイ時間に差を付けない)
・隠しスキル発見、情報秘匿がプレイヤーの基本、一般的な育成方針とかけ離れてる(他者とキャラが被らないようにする)
サービス最初からプレイできる環境で、最前線プレイヤー初見プレイ又は鉄板攻略法を作らせない)
アップデート速度く、プレイヤー側からすると終わりやカンストが見えない(↑と同じ)

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
132 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 07:22:33 ID: dM9KJ6dHfl
 読者として感じたVRMMOって設定のいいところは、達成するべき大標とかが考えられていない状態でだらだら書かれててもあんまり違和感物語の停滞感が薄いところだと思う。

 小説家になろうとかだとプロットとか組まないで、出発点になる「世界観の設定」とか「キャラクターの設定」とかだけ作った状態で書き始めて、終着点を考えずに「作者の考えた面い出来事」を書いて行って物語を作ってることも多い。

 異世界ものなんかだと上で書いたみたいに終着点を考えないで物語が書かれていると、大標がぼんやりしてて話が進んでないように感じて、長いこと連載してる作品だとだれてきてる印を受けたり主人公の行動や物語の進み方に違和感を感じるようになる。

 VRMMOの場合は主人公ゲームを楽しむこと以外の大標が連載していく上で必要ないから、物語の終わらせ方を考えずに「作者の考えた面い出来事」を突っ込んでいくだけでもだれてる印が強くならない。
133 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 09:01:53 ID: 7jlmj9n8TO
>>126
AR使った何かは、そろそろ何かしら出てきそうだよな。
今後ゲームアトラクション融合して、体験になっていくのかも。
https://twitter.com/KininaruMirai/status/1128629697254789120exit
134 ななしのよっしん
2019/08/24(土) 19:06:11 ID: 8Ost/h3qU2
いた時間ちょこっとできるソシャゲ時代にがっつりデバイス用意して機材代もスペースも準備も手間のかかるVRゲームがどこまで流行するのか
135 ななしのよっしん
2019/09/10(火) 00:21:32 ID: hhLXRIw5oK
片手間でやっていいはずのソシャゲをがっつりやる人も多いし、アウトドア運動が好きな人に刺さることもあるかも