がんばれゴエモン きらきら道中 ~僕がダンサーになった理由~単語

ガンバレゴエモンキラキラドウチュウボクガダンサーニナッタワケ

7.2千文字の記事
掲示板をみる(110)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
がんばれゴエモン > がんばれゴエモン きらきら道中 ~僕がダンサーになった理由~

きらきら道中 タイトル画面

がんばれゴエモン きらきら道中 ~僕がダンサーになった理由~とは、KONAMIから発売されたアクションゲームである。

ストーリー

がんばれゴエモン きらきら道中 ~僕がダンサーになった理由~
基本情報
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 コナミ
発売元 コナミ
発売日 1995年12月22日
価格 9,980円
その他
ゲームソフトテンプレート

からくりじいさんの98歳の誕生日を祝いに向かった、ゴエモンエビス丸ヤエ、そしておみっちゃん
サスケも加わり和気藹々のムードだったのだが、そこに来客が…。
なんと、その来客とはインパクトであった。元はからくりじいさんの作ったロボットだったはずが、実は惑星インパクトインパクト人だったのだ!彼く、ふるさとがセップク丸という悪いスポーツマンに荒らされており、助けに行かないといけないのだった。
論そんな話を聞いて黙っていられないゴエモン達は惑星インパクトを救うため、一緒に行くことになった…。

操作キャラクター

今作から、ヤエちゃんをはじめ本格的に声優を起用。様々なアクションなどに応じてが出るようになった。

概要

対応機種はスーパーファミコンSFC)で、1995年12月22日に発売され、がんばれゴエモンシリーズとしては実質4作

前作はアクションアドベンチャー形式だったが今作はマップからのステージ選択制に戻った。最初から好きなエリアを選べる方式となっている。
今作では2人プレイの時に片方がひょうたんになれるシステム復活している。

今作のゴエモンインパクト戦は各惑星ボス戦であるミニゲーム戦となり、前作までおなじみのロボットロボット戦はなくなってしまった。
しかし、そのミニゲームボタン連打であったりタイミングがシビアであったりと、いつも通り難易度が高い。単なるボタン連打ではなく、ABを交互に連打という仕様が更に拍をかけた。
ちなみにそのミニゲームタイトル画面の「遊技場」から遊べるようになっており、4人対戦が可
それとは別に、ゲーム本編クリアで「惑星インパクトを救え!」、達成率100%で「タイムパイロット95」が遊技場に入荷される。なお、惑星インパクトを救え!」のシステムビシバシチャンプシリーズで恒例のミニゲームとして収録されている。

今作のテーマは「スポーツ」。一部を除いた敵キャラクターデザインや各惑星ボスステージであるギミックなどは、ほぼスポーツに関連したもので構成されている。中には著作権的にアウトに限りなく近いものも。カバディカバディカバディ(ry

OVA地球救出大作戦」という名前で、ゴエモンシリーズの中でアニメ化された作品である。
ちなみに、サブタイトル「僕がダンサーになった理由」については物語ラストでやっとわかるようになる。

ゲームオーバー画面がおそらく日本ゲーム史上他に類を見ないハイテンション極まりないものとなっており、一見の価値あり。これ以降の作品のゲームオーバー画面はこれを踏襲している。コンティニューすればハイテンションのまま画面が終了するが、ゲーム終了を選ぶと一転して寂しい演出になる。この際のドットの作りこみが凄まじく、爆笑するプレイヤーもいる反面、リアルすぎてトラウマになった子どももいたとか。

余談だが、本作には「プロローグデモの後にいきなり最終エリアマップに飛ばされる」というバグが発生することがある(本来ならゴエモン担当の惑星バーマップになる)。当然だがルートが開通していないため一切の操作ができずリセットするしかない。ゲーム開始直後なので実はほとんどないのが救い。これは、「ゲームオーバーコンティニューしなかった場合、次のデータでのマップ初期位置の情報を保持してしまう」ことが原因。そのため、惑星インパクトゲームオーバータイトルに戻り、最初からプレイするとマップ初期位置が惑星インパクトになってしまう。

敵キャラクター

セップク丸
本名「ハラキリ=セップク丸」。ありとあらゆるスポーツを極めた宇宙人であり、今回の騒動の本人。
なぜか、セップク(切腹)を「も極めたことのないスポーツ」と勘違いしており、それを習得しようとしている。しかし彼の体内には爆弾が仕込まれており、セップクを行うとその爆弾爆発してしまう。威は少なくとも惑星インパクトが吹き飛ぶレベルであり、終盤はこれを阻止することが的になる。
最終ステージにおいて、「惑星インパクトを救え!」のミニゲームで勝負を挑んでくる。
ストーリーラストリアクションは、当時最後までプレイしたTVの前のチビっ子達を大爆笑させたに違いない。ゲームオーバー画面同様、トラウマになったチビっ子も少ないながらいた。
つじぎり四人衆
セップク丸の配下であり、セップク丸のセップクを阻止させるためにあらゆる妨手段を講じている。
ゲーム中では名前かったが個別の存在として描かれ、アニメ版ではちゃんと名前がある。

ステージ

今作は惑星インパクトとその周りにある4つの惑星舞台となる。ゲーム開始時点では、惑星インパクトは周りの4惑星の仕掛けによりガードされており入れない。まずは仕掛けを外すため、キャラクターごとに担当惑星が割り振られてそれぞれ固定されたキャラクター攻略する(2P同時プレイでも合流前は色違いの同キャラになり変更できない)。4惑星全てをクリアすることでガードが解除され、惑星インパクトに入ることができるようになる。以降は前作同様、4キャラクターを場面に応じて使い分けて進んでいく。

惑星ごとに金・銀招き猫が設置されており、同惑星で3種類そろえるとライフゲージの上限が増える。担当のキャラクター以外でないとクリアできない仕掛けも用意されており、招き猫を合流前にえられるのは惑星バーサのみ。他の惑星には必ず1つは他のキャラクターを使わないと抜けられない仕掛けがあり、後述のとあるステージに至っては合流後でないとクリア不可能となっている。招き猫を回収する、イベントをすべて消化するなどクリアしたステージマップマーキングされるため、やり残したことがあるステージは一瞭然になっている。

惑星ごとに固有イベントが存在し、スキヤキ刊配達・ナンパイベントなど面いものが多い。

ステージジャンルに富んだBGMが用意されている。ステージBGMはそれぞれの惑星の町ステージで流れている楽曲のアレンジになっている。

惑星クバーサ 担当:ゴエモン

名前通り惑星の大半が砂漠に覆われている惑星プロローグ終了後最初からカーソルが合っているエリアだが、実はエリア最難関。最初の中であるクバー街道は簡単だが、それ以外のステージステージは即死トラップが非常に多く、このエリアクリアするだけで数十回ゲームオーバーに追い込まれたプレイヤーしくない。

サソリ・シティに辿り着くと町全体がどんよりとした様子で、エビス丸葬式ゴエモンとおみっちゃん結婚式会場があったりどこかおかしい。更に出口に行くとなぜかおみっちゃんがいる。そこで色々質問をしてくるのだが…。ここを突破するヒントはとある場所で聞くことができ、町の中でもその手掛かりを得ることができる。

ステージで登場するスポーツサッカー野球というメジャーどころにカバディが混ざっている。サッカーは落下死しやすいジャンプアクションエリアの上中ボスがなかなかの強敵。野球エリアは各ゾーンにあるベースを順番通りに踏んでホームインまでもっていかないと延々ループすることになる。極めつけはロボットに追いかけられるカバディ。焦燥感を煽るBGMロボット不気味さ、捕まると即死となることからトラウマになったプレイヤーも少なくない。

ボス戦は「バンジー真剣白刃取り」。宇宙空間から飛び降りてくるジャンキーインパクトで受け止め、連打でそのを折るというミニゲーム白刃取りタイミングがシビアで、慣れないうちは腕を壊されるインパクトっ二つにされるインパクトを何度も見る羽になる。そのやられようは多くのプレイヤー爆笑を誘った。受け止めてからを折るほどダメージが大きくなるが、を抜けると連打を受け付けなくなり失敗が確定する。とにかく反応とスピードめられるミニゲーム

惑星フォレス 担当:エビス丸

森林に覆われた自然豊かな惑星エビス丸の性に合わせてなのか難易度はそれ程高くない。しかしそれなりにジャンプアクションが要されるので油断は禁物。

ナンパ・シティでは逆ナンが流行しており、モブキャラクターが専用のキャラクターになっている。民家も全て専用キャラクターになっているが実はこれがミニゲームキーになっている。出口前にエビス丸のそっくりさんキャラクターであるオビス丸がおり、売り言葉に買い言葉でナンパ対決ミニゲームが行われる。時間内に美人を4人連れて出口に行くというミニゲームで、民家に入るとそこの住人を連れていくことができる。もちろんそれ以外のキャラクターもおり、民家で会話が始まると強制的に連れていくことになる。また町中を動き回っているモブも接触すれば連れていくことができる。これに勝利すると特殊「バレリーナドリル」が習得でき、以降のステージはこのを多用する展開になる。

ステージではバスケットボールバレーボールウェイリフティングなどが登場する。飛び道具が多く足場も狭いため、ダメージを受けてノックバックで落下死という展開が多い。ノックバックを防ぐかぶとやを用意して乗り込むと安全。終盤アリーナになっている箇所があり、そこからの歓オブジェクトになって降ってくる。ここも足場が狭いので、タイミングよく対攻撃を当てて回避したい。

ボス戦は少し変りな「ふすまのぞきクイズ合戦」。ふすまが開くと閉まり始めるので、連打でゲージを貯めてストップさせる。ゲージ満タンになった間にふすまの向こうで何かが通り過ぎるので、選択肢の中から正しい答えを選択する。開いているふすまの感覚が狭いほど正解時のダメージ量が増える。4回お手付きするまでにボスライフを0にすれば勝利となる。

惑星スーイア 担当:サスケ

惑星全体が氷地帯の惑星。断崖絶壁が多くアクション難易度は高めだが、中盤でサスケが習得する特殊「くない登り」のおかげで落下する危険は少ない。

2つの町であるデリバ・シティでは体調を崩した店に代わって刊を配達するミニゲームを行う。この際のサスケの固有ボイス「ちょうかんでござる」は多くのプレイヤーに残った。またこの町はお金をくれるボーナスキャラの出現率が高く、入り口から突き当りを数回往復するだけで1000両以上稼ぐこともできる。

スーイアで登場するスポーツ剣道空手ボクシングといった格闘技系がメイン。しかし途中で明らかアウトキャラクターも登場する。ソニックブームを放つ固定敵や落下トラップとして昇竜拳をかましてくる敵、外見は一緒だがパワーゲイザーを使ってくる個体もいる。

ボス戦は「からくりサバイバルレース」。レースは加速エリア洞窟エリアに分けられ、スタートから加速エリアの間はひたすら連打して速度を稼ぐ。洞窟エリアに入るとその速度を維持したまま設置されているシャッターを定された方向キーを入して開いていく。ボタンミスや間に合わなかった場合はシャッターにぶつかりタイムロスとなる。3コースあり、全てのコースボスに先着できればクリア

惑星アクアン 担当:ヤエ

が豊富で、フォレスとは別の意味で自然豊かな惑星。最初の町ステージクリア後からステージに入れるが、特殊人魚変化の術」が必須のため門前払いを食らう。難易度は4惑星中最も低いとされるが、最初のステージであるサッカスだけは少々難しいジャンプアクションが要される。フービーシティクリア後に入れるダイバーは合流後でないと招き猫はおろか正規ゴールにすら入れない。

フービーシティではとんでもないインフレが発生しており、食材が10万両単位で取引されている(よろずやや宿屋などはいつもの値段に抑えられている)。またこの町の出口に行くためには1億両が必要で、その資を稼ぐためにスキヤキ屋で○○仕事をする羽になる。

アクアスポーツゴルフフィッシング射撃などが登場する。間の通路は魂斗羅イメージしたような構成になっている。ゴルフエリア初見殺しトラップが多く、ゴルフボールに当たると即死。

ボス戦は一連打を必要としない「対戦ぱずるだま」。いちミニゲームの扱いのため降ってくるたまのパターンは全て同じ。連鎖をすると小玉攻撃ができる上に相手のライフゲージを削ることができ、ライフを削り切るか2回相手を手詰まりにできれば勝利となる。

惑星インパクト

最終エリアでありインパクトの故郷。町ステージであるセクター17の住民は店員を除いて顔がインパクトになっており、初見だと名前の通り強インパクトを残してくれる。

突入後のストーリー展開はセクター17最後にいるつじぎりたちとの会話以降最終ボス戦まで一切なく、途中のステージを通過するストーリー展開もゲームをやるだけではわからなくなっている。この点についてはコミックボンボン漫画版で補足が行われているが、ゲーム内でこの説明がなかった理由は不明。

4人合流後に突入するステージのため、場面に応じてキャラクターを変えながら攻略していく。クバーサやスーイア程ではないがそれなりに難しく、特にスノーウォールは長丁場と一つのミスが大きなやり直しにつながる構成のため文字通り多くのプレイヤーの壁となった。

マップが2部構成になっており、後半は4惑星それぞれのステージモチーフとしたタワー攻略する。4つすべて攻略すると最終ボス戦に進むことができる。

最終ボス戦はセップク丸と衛星爆弾を投げ合う「惑星インパクトを救え!」。クバーサのミニゲームである「バンジー真剣白刃取り」の上級版といった位置づけとなっている。爆弾を受け止めた際に押している上キーの長さで投げ返す度を決定してから連打でパワーを貯めて投げ返す。この際度が誤っているとどれだけパワーがあっても失敗が確定する。有効度からわずかにずれたくらいであればパワーごり押しも可。1回成功で2ポイントダメージが与えられ、度が璧だとクリティカルヒットとなり、与ダメージが2倍になる。4ダメージごとにセップク丸が惑星インパクトから遠ざかり、ノルマが厳しくなっていく。遠ざかる際の会話をXボタンでスキップすると距離が変わらないまま続行できるという裏技がある。

関連動画

最古の動画

プレイ動画

再生数のもっとも多いプレイ動画実況
最古のプレイ動画(これまた実況

BGM・音源集

惑星毎に分けているBGM

その他

懐かしい人には懐かしいCM
アニメ版。教育テレビ臭がするのは気のせい。

MAD

手描きMADり+セップク丸達のウマウマ

MMDによる再現動画も近年では増えてきている。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/05(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/05(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP