今注目のニュース
『To LOVEる』ララが露出度の高いダークネス衣装で立体化
バーガーキングファン「下北沢店作って」公式「作ってんで!」 → 建設中の店舗にツイートがババーンと貼り出され大盛りあがり
ミスド「ポン・デ・リング」リニューアルして10円値上げ

アストルフォ(Fate/Apocrypha)単語

アストルフォ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(363)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

アストルフォとは、小説Fate/Apocrypha』に登場するサーヴァントである。

CV大久保瑠美

イラスト近衛

なお、記事ではこれ以降アストルフォと表記する。サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

概要

フランスの武勲に描かれた騎士イングランド王の息子にして、シャルルマーニュ十二勇士のひとり。
この世に並ぶ者のない美形ながら、恐るべきお調子者で、理性蒸発しているとまでられる。
冒険好きでどこにでも顔を出し、トラブルに巻き込まれ巻き起こす。
悪事を働くという発想がなく、やりたい放題でも最悪の事態には踏み込まないというお得な性格。
王女かと見紛う頭飾りは、傷心の盟友ローランの狂乱を静める為の不可抗友情なんだからね、とは本人の弁。ローラ爆発しろ


コンマテ4でイラスト開されたときの反はとても大きかった模様。なにしろ設定画ではどうみても可愛い女の子
めて言っておくが、概要の通りアストルフォである・・・はずだったのだが、3巻でのサーヴァントステータス画面では性別の部分が塗りつぶされており、判断ができなくなった。)
武内崇氏によると、アストルフォすごい美形だったという伝説があったので、中世的で性別の分からないようなキャラクターがいいんじゃないかという話をしていたらしい。
その時の初稿では綺麗な白騎士イメージしたものだったが、セイバー・リリィと少し被っていたので修正をお願いしたところ、上がってきたのがこちらになりました。近衛さん良い仕事してますねぇ。

装はというと、胸元に獅子のエンブレムが施されたに、ファーの付いたマントを上から羽織っている。
小手やの一部、マントブーツく色取られており、白騎士としての名残りが感じられる。
ピンク髪を三編みにし、リボン飾りを付け、太股をちらりと見せるガーターベルトがフェミニンな雰囲気を醸し出す。もう女の子でいいんじゃないのか…?
口元からちらりと見える八重歯チャームポイント

伝説

多くの創作者にされ、豊富なエピソードを持つ騎士
ローランやオリヴィエなど他の十二勇士に劣るが、触ったものを転倒させる魔法、あらゆる魔法を打ち破る攻略法が記された攻略本、相手を吹き飛ばす、身体の前半身が鷲で後半身が幻獣ヒポグリフなどを手に入れ、これらの具を使った活躍を見せる。だが持ち前の気前の良さですべて最期の戦いの前に手放している。
『狂えるオルランド』では、失恋で失われたローランの理性を取り戻すため、にまで探索行に赴いている(には地上で失われたすべてのものがある)。ここで彼はローランの理性と自分の理性を取り戻して帰還。
だが時間が経つと、彼の理性はまた蒸発してしまった。 

ロンスヴァルの戦いにて戦死。

Fate/Apocrypha小説版

"サーヴァント"の一騎として登場。
クラスライダーで、中に何か液状のものが入っていたガラス瓶を触媒に召喚された。
マスターセレニケ・アイスコル・ユグドミレニア黒魔術を生業とする女性魔術師

好奇心旺盛な性格をしており、常に実体化することを好んでいる。
現界した後は、マスターの静止もそこそこに、着替えをして頻繁にへと遊びに出かけている。
なお実体化を許してくれているマスターには感謝の念は抱いているものの、彼女の倒錯的な情表現にはやや辟易している模様。

理性蒸発しているためなのか注意深く考えることはなく、基本的に即時即決。行動はい。
思慮分別に欠けているという点で右に出るものがいない、とは本人の弁。
そのためか仲間サーヴァント名をぽろっと言ってしまうなどのうっかり癖が多々見られる。
反面、助けをめるは見捨てずに手を差し伸べ、強大な敵にも堂々と立ち向かう英雄たる精の持ちでもある。
自身を大きく上回る巨体にも立ち向かい、理性蒸発したその勇気は「すら恐れない」と言われるほど。


聖杯戦争が本格化する直前に、奇跡的な確率で自覚めたユグドミレニアの魔供給用ホムンクルス少年が脱走する事件が起き、偶然それを見つけたアストルフォホムンクルスの『願い』を聞き届けてこれを保護。
ユグドミレニアから彼を助けることを決意し、匿いつつ彼とのを築いていく。

――この日、運命が動き出した。

ステータス

保有スキル

対魔:A

A以下の魔術はすべてキャンセル
事実上、現代の魔術師ではアストルフォに傷をつけられない。
宝具である「本」によってランクが大きく向上しており、通常はDランクである。

騎乗:A+

騎乗の才であるならば幻獣のものまで乗りこなせる。
ただし、種は該当しない。

理性蒸発:D

理性蒸発しており、あらゆる秘密を堪えることができない。
味方側の名や弱点をうっかり喋る、大切なものを忘れるなど
呪いの類。このスキルは「直感」も兼ねており、戦闘時は
自身にとって最適な展開をある程度感じ取ることが可

怪力:C-

を1ランクアップさせることが可
ただし、このスキルが発動している場合は1ターンごとにダメージを負う。

単独行動:B

マスターからの魔供給を断ってもしばらくは自立できる
ランクBならば、マスターを失っても二日間現界可


伝承においてもアストルフォ自身の強さはさほどでもないためか、パラメータは較的低め。
しかし持ち前の運の良さで数々の冒険をこなしてきたためか、幸運はA+と中々高い。

保有スキルは3巻にて判明。
歴代のライダーにならぶ「騎乗:A+」に、宝具により最高峰ランクの「対魔:A」などは中々優秀。
理性蒸発」や「怪力」にはデメリットが付いているが、使い方次第では十分有用といえるだろう。

どうでもいいのだが、小説版3巻にあるアストルフォステータス画面は混沌の一言。
落書き似顔絵を描きたい放題好き放題やっている。いいぞもっとやれあとなんで性別覧隠した。

宝具

恐慌呼起こせし魔笛(ラ・ブラックルナ
ランク:C / 種別:対軍宝具 / レンジ:1~50 / 最大捕捉:100
 哮やの嘶きにも似た魔音を発する
 レンジ内に存在するものに、爆音の衝撃を叩きつけ混乱させる。サーヴァント相手でも一の隙が生まれる。
 対HPダメージ以下だった場合、になって四散する。牙兵程度の雑魚なら一掃可
 善の魔女ロジェスティラがアストルフォに与え、ハルピュイアの大群を追い払うのに使用された。
 通常時はに下げられるサイズだが、使用時はアストルフォを囲うほどの大きさになる。
触れれば転倒!(トラップオブアルガリア)
ランク:D / 種別:対人宝具 / レンジ:2~4 / 最大捕捉:1人
 カタイ王子アルガリアから奪ったの穂先を持つ。殺傷こそ低いものの、傷をつけただけで相手の足を霊体化、または転倒させることが可。この転倒から復帰するためにはLUC判定が必要なため、失敗すればバットステータス「転倒」が残り続ける。ただし、1ターンごとにLUCの上方修正があるため、成功はしやすくなる。伝説ではブラダマンテに譲渡している。
魔術攻略書(ルナブレイクマニュアル
ランク:C / 種別:対人(自身)宝具 / レンジ:- / 最大捕捉:1人
 さる魔女から譲り受けた、全ての魔術を打ち破る手段が記載されている書物。
 所有しているだけで、自動的にAランク以下の魔術キャンセルすることが可固有結界か、それに極めて近い大魔術となるとその限りではないが、その場合も名を開放して、書を読み解くことで打破する可性をつかめる。
 ・・・が、アストルフォはその名を全に忘却している。
 魔術攻略書も適当につけた名前。落書きステータス欄を隠蔽できる。
破却宣言(キャッサー・デ・ロジェスティラ)
 アストルフォが思い出した魔術攻略書の名。おい文字っちゃいないじゃないか。
一時的に理性が戻る新の晩にのみ名を思い出し使用できる。

舞い散る片が使用者を包み込み、通常時をかにえる対魔術防御を与える。通常時はキャンセルできない固有結界かそれに極めて近い大魔術すら打破する可性を掴めるという。
ちなみに名に冠されているロジェスティラとはこの書を授けた魔女であるアストルフォの師の名。
この世ならざる幻ヒポグリフ
ランク:B+ / 種別:対軍宝具 / レンジ:2~50 / 最大捕捉:100
 上半身が鷲、下半身がという本来「有り得ない」存在の幻獣グリフォンが雌と番うことで生まれるレア幻獣代のであるグリフォンよりランクは劣るものの、その突進による粉砕攻撃はAランク物理攻撃に匹敵する。
その価は「あり得ない存在」ということを利用した次元跳躍による回避にある。異次元へ消滅→現実の存在である乗り手が現実世界へ引っり上げるを繰り返すことで回避しながら移動が可伝説では最期の戦いの前に野生に返している。

伝説においても、様々な宝を用いて大冒険を繰り広げたアストルフォだけはある品え。
単純な破壊に優れた『この世ならざる幻』を除くと、どれも相手サーヴァントには致命傷を与えるほどではない。

しかし雑魚散らしに最適な広範囲攻撃のに、サーヴァントの下半身を強制的に霊体化させてしまう魔術殺しの書物など、補助的役割としては優秀な宝具をいくつも持ちあわせている。

Fate/Apocrypha企画版

イラスト近衛嗣 / 設定制作近衛嗣・星空めておTYPE-MOON

コンマテ4に掲載された企画段階のアストルフォ。明かされている部分の設定については基本的に後の東出一郎作の小説版に踏襲されたが、開されていた宝具であるの効は変更されている。

Fate/Grand Order

2016年3月ホワイトデーピックアップ(カルデアボーイズコレクション)にて実装された恒常ライダー。その前の2015年クリスマスにてちらっと登場していた。

セイバーVer

設定やマンガで分かるFGOにて示唆されていたセイバークラスアストルフォ。十二勇士最弱の彼をセイバークラスで召喚する数寄者はあまりいないようだ。破却宣言が使える、つまり理性がある状態だが、理性があるが故に理性的に考えるのがメンドクサイため性格はほとんど変わっていない。

言うなればは君の!」である。

関連動画

関連静画


正義セーラー服ナイト(攻め担当)

セイバーVer

関連立体

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP