今注目のニュース
幼い娘と新幹線に乗っていたら誘拐犯に間違われ… 原因と顛末に騒然
NHK、契約増加ねらい「現場スタッフ」に圧力強化へ…消費者トラブルの懸念も
持ち時間差は約2時間に 豊島将之王位 対 木村一基九段 2日目開始/将棋・王位戦七番勝負

柿谷曜一朗単語

カキタニヨウイチロウ

掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

柿谷曜一朗(Yoichiro Kakitani, 1990年1月3日 - )とは、日本サッカー選手である。Jリーグセレッソ大阪属。ポジションはFWまたはMF

概要

大阪府大阪市出身。4歳の頃からセレッソの下部組織に所属し、2006年クラブ史上最年少の16歳トップチームプロ契約を結び、同年11月26日J1第33節 大宮アルディージャ戦で公式戦初出場を果たす。
翌年2007年8月U-17ワールドカップ・ナイジェリア戦で、出場時間900分に達し、プロA契約を結ぶ。また同大会のフランス戦ではセンターサークル付近からのロングシュートを決めた。そのことを受けて、金子達仁が以下のポエムを残した。

その言葉を安易に使うことの虚しさも危うさも、十分にわかっているつもりではある。 いや、わかりすぎていたがゆえに最近では、使おうという思い自体が浮かばなくなってきていた。 それでも、彼のプレーを初めて見たときっ先に浮かんできたのはあの言葉だった。
中田英寿に対しても、 小野伸二に対しても、 中村俊輔に対しても浮かんでこなかったあの言葉だった。
ジニアス--天才
世界で「プレーする」日本人選手ではなく、 世界スーパースターとなる日本人選手が誕生したのではないか、と。 メッシにも、ボジャンにも負けない至高の才が現れたのではないか、と。
柿谷曜一朗。
いま、わたしを最も奮させる男の名前である。

現在もこのポエムは”前俊を諦めない”、”大迫半端ないって”等と同様に、ある種の決まり文句としてサッカーファンからされており、がジーニアスと呼ばれるきっかけともなった。

セレッソ入団当初は香川真司よりも評価が高く、森島寛晃2008年10月引退会見にて、について次のように述べている。

「曜一朗はセレッソというより、日本サッカー界が生んだ天才だと思っていますし、あいつが本当に化けてくれれば、セレッソは優勝できると思います」

今もセレッソアンバサダーとして活動している森島

「すぐチームにとけこんで活躍したも凄いですが、曜一朗は少し次元の違う才を持っていた」

と振り返る。

当時の指揮官レヴィー・クルピは香川について、2009年J2第3節・セレッソ大阪栃木SC戦の試合後の記者会見で次のように述べている。

シンジは本当にプロフェッショナルな選手で、常に前向きにベストを尽くす気持ちを持っている。その点がヨウイチロウと違うところ。ヨウイチロウはもっと責任感を持ってプレーしなければならない。ヨウイチロウは今年だけで練習に5回遅刻している。シンジとヨウイチロウは対照的で、シンジの場合はプロフェッ ショナルとして責任感が強いがゆえに、ミスを恐れてしまうところがある。逆にヨウイチロウ責任感がないがゆえに、時として非常に勇気あるプレーができ る。対照的な二人だが、そういったところを変えていけば、2人とも間違いなく将来日本を代表する選手になる」

監督からも才については高く評価されていたが、しかしながら天才には挫折が付き物である。
2008年マリノスから乾貴士移籍。香川とのポジション争いに割って入れずに出場機会が減したことに加え、2009年6月8日練習で6度の遅刻をしてしまう。このことが監督逆鱗に触れ、一週間後には流しが決定。徳島ヴォルティスレンタル移籍となり、2011年のクルピ監督退団までセレッソに戻ってくることはなかった。

当時の徳島監督だったポトフこと美濃部直の精的な幼さ、責任さの修正を行うべく、何度もり強く対話を繰り返した。徳島プレーした3年間を通して、は精的に大きく成長した。特に3年は副将を任され、昇格には一歩及ばなかったもののチーム躍進の原動となった。

2012年、遂にセレッソに復帰。シーズン開始直後こそ控えに回ることが多かったものの、2トップの一としてスタメンに定着。セルジオ・ソアレス解任後のクルピ体制ではトップ下でプレーシーズン成績はリーグ戦で11得点(チームトップ)、カップ戦で4得点と好成績を残した。

クルピ監督三度セレッソ復帰の際に、はクルピ監督に謝罪。クルピ監督は復帰初戦であるアルビレックス新潟戦で決勝点を決めたについて以下のように述べた。

ゴール間、思いがよぎった。彼がプロ2年のときに私が監督に就任した。かわいい息子だ。それがゆえに、過ちを犯したときには正しいに導いた。今日は一皮むけて成長したプレーをみせてくれた。技術だけでなく、戦術面も理解してピッチで表現してくれた。再び彼と同じチームで働くチャンスがきてうれしく思う」

2013年からはセレッソエースナンバー”8”を継承。フォーメーションの変更に伴い、FWとしてプレーすることが多くなった。シーズン成績は21得点でリーグ3位

そして同年7月東アジアカップを戦うメンバーとしてついにA代表初召集。
初陣となった中国戦で代表初出場、初ゴールを記録した。韓国戦では終始押し込まれながらも、数少ない決定機をモノにして先制点と後半アディショナルタイムでの勝ち越し弾をマーク。大会MVPこそチームメイト山口螢に譲ったものの、大会得点王として日本代表の本大会初制覇に大きく貢献してみせた。

2014年スイススーパーリーグFCバーゼルへ移籍するも、レギュラー争いに敗れて控えまたはベンチ外の日々が続き、約1年半の在籍でリーグ通算18試合出場4ゴールという期待外れの結果に終わり、2016年からはJ1復帰をす古巣セレッソ大阪への復帰が決定した。

プレースタイル

以前はずば抜けたボールコントロール技術と高い身体から繰り出される独創的なパスやドリブルが持ち味だったが、徳島レンタル移籍した際にそういったものは全て捨てて、シンプルプレーを心掛けるようになったという。とは言ってもドリブルの切れ味は今も鋭さを増しており、カウンターの際に見せる、トップスピードにおける正確なボールコントロールJリーグでもトップクラスと言ってもよい。

現在ではプレーの中でトラップを最も重視しており、変態トラップから裏抜けという得点パターンが多い。
ライン際での駆け引きの技術は佐藤寿人プレーを参考にしているとのこと。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP