今注目のニュース
『Hotline Miami Collection』がNintendo Switchで今秋発売決定。80年代カルチャーと暴力を描く名作アクション、シリーズ2作をセットに
実はいる? “整形願望があるから整形を批判する人” エッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」インタビュー(4)
オードリー若林、「結婚しないの?」と聞いてくるだけの人に不満「じゃあ相手を紹介しろよって思う」

青山敏弘単語

アオヤマトシヒロ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 青山敏弘とは、サンフレッチェ広島に所属するサッカー選手である。ポジションボランチ。

概要

 サッカーの強として知られる岡山県の作陽高校出身。2年生からスタメンでプレーし、3年生の7月にはサンフレッチェ広島から特別定選手として登録される。高校卒業と同時にサンフレッチェ広島に入団。
 デビュー後はしばらく出場機会が与えられずベンチを温めていたが、2006年監督に就任したミハイロ・ペトロヴィッチ(現浦和レッズ監督)にその才を見出され、として定着。度重なるケガや痛に悩まされつつも、公式戦の大半でスタメンとして出場を続けている。

 ペトロヴィッチ後のサンフレッチェ広島において「扇の要」となるボランチの位置を担い続け、今や広島心臓と言える選手である。試合の組み立てはもちろん、裏のスペース掛けての一撃必殺のロングパスという武器も持っており、チームエースである佐藤寿人に最も多くアシストを通しているのも彼である。対戦相手にとっては(ゴールから遠いボランチの選手でありながら)絶対にフリーで前を向かせてはならない危険な存在といえる。

 所属クラブにおいては2007年J2落ちを経験するも、翌年のリーグ戦序盤で森崎和幸とのドイスボランチを確立。それ以降の広島は連勝を続け、勝ち点100得点99という記録的な数字を土産J1に帰還した(なおこのときの広島の進撃については「」と呼称されている。興味のある人はググってみよう)。
 そして2012年33節セレッソ戦で青山が叩き込んだ2点目exit勝利したサンフレッチェ広島は、初のリーグ優勝を果たした。翌2013年は他クラブからマークを受けて苦しむも、33節湘南戦で決勝点を挙げexit34鹿島戦で2点目の起点となったexit彼の活躍もあり、広島は史上2クラブとなるリーグ連覇を成し遂げたのである
 翌2014年青山自身の不調もあり広島は8位で終わり、2015年である高萩と石原が同時に抜けたことで、広島は優勝補とはみなされていなかった。しかし新加入のドウグラスや昨年加入の柴崎シャドポジションへのフィット、そして青山の復調が重なり、広島5月以降快進撃を見せる。最終的には23勝6敗5分で勝ち点74、2015年リーグ最多得点73&最少失点30、かつ反則ポイントも最小(4年連続)と記録づくめの優勝を収め、青山自身もベストイレブン・年間MVP・最優秀ゴール三冠いた。

 上記のように所属クラブ素晴らしい活躍を見せながらも、アンダー含め日本代表とは長らく縁はなかった。2007年にようやく北京五輪メンバーに選ばれ予選突破に貢献するも、怪のため本戦に出場できず涙をむことに。しかしサンフレッチェ広島の連覇への貢献を認められ、2013年東アジアカップメンバーに選出。韓国戦で得意のロングパスを披露して1点目をアシストexit2014年ブラジルW杯メンバーにも選ばれ、ついに本戦への切符を掴む。
 本番直前のザンビア戦では後半ロスタイムに交代出場、フィールドに入った10秒後に決勝点をアシストするexitという神業を見せ、本戦での活躍を期待されるも、結局はコロンビア戦1試合の出場に留まった。

エピソード

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP