今注目のニュース
排水溝の中に取り残された子猫たちを救助! 5匹で身を寄せ合って警戒する姿が痛々しい
『FF7 リメイク』情報が上位を席巻する中、ついにPS5がベールを脱ぐ!【2019年4月~6月期PVランキングTOP50】
運転席にスマホ8台 ポケモンGOに興じていた男が逮捕されなかった理由は…

長谷部誠単語

ハセベマコト

掲示板をみる(50)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

長谷部誠1984年1月18日 - )とは、日本サッカー選手である。ルシオではない。ドイツブンデスリーガアイントラハトフランクフルト所属。メインポジションMF。時々DF、GKサッカー日本代表ではキャプテンを務める。

概要

静岡県出身。枝東高校高校サッカー選手権などに出場。
2002年浦和レッズプロとしてのキャリアスタート2003年からレギュラーに定着し2004年にはナビスコカップニューヒーロー賞を受賞。

2008年1月ドイツブンデスリーガヴォルフスブルクへ移籍。2008-09シーズンには負傷して離脱する期間もあったが20試合以上に出場。チームブンデスリーガ初優勝に貢献した。
長谷部欧州舞台に連れてきたフェリックス・マガト監督シーズン終了後に同リーグシャルケ04へ引き抜かれるが、UEFAチャンピオンズリーグに出場しアシストを記録するなど監督交代後もチームとして活躍。

だが2011年3月シャルケでのリーグ戦成績低迷を理由にマガト監督が解任され再びヴォルフスブルク監督に就任すると状況が一変。2011-12シーズンリーグ23試合に出場したが、そのどが後述のように本職外のポジションでの出場である。便利屋のように扱われ、ベンチ外を経験する事も多かった。前年の15位から8位へと向上したクラブとは対照的に長谷部個人としては不本意なシーズンとなった。
そしてシーズン終了後、長谷部は他クラブとの移籍交渉が許可され、事実上の戦力外通告を受けてしまう。古巣浦和への復帰も囁かれたが、本人は欧州トップリーグ舞台でのプレー希望。だが、2年の残り契約により発生する移籍や高額の年俸やクラブの財政状況(ヴォルフスブルクスポンサードイツ最大手の自動車メーカーフォルクスワーゲンであり、お金には全く困っていない。つまり移籍びた一文まける必要がない)がネックとなり、移籍市場閉幕を迎えても長谷部獲得に手を挙げるクラブは現れなかった。

地への移籍がう事なく迎えた2012-2013シーズン、堅物の「鬼軍曹」としても知られるマガト監督は当然のように長谷部を構想外に。合流した日本代表の試合でもミスを連発し試合勘不足を露呈するなど、クラブどころか代表での立場すら失いかねない状況に陥ってしまう。
しかし、10月末になって思わぬ転機が訪れる。開幕から低調な戦いぶりで8試合消化時点で勝ち点5でリーグ最下位に低迷する原因となったマガト監督が解任されたのだ。するとチームの再出発となった第9節デュッセルドルフ戦、前日に遠征メンバー入りしていた長谷部は4-2-3-1の右サイドハーフでいきなりのスタメン出場。元々タレントいだったチームはこれまでの憤をらすかのような圧巻のパフォーマンスを披露し、2部からの昇格チームを圧倒。ヴォルフスブルクの面々は得点の度に喜びを爆発させ、2-0で迎えた後半19分には長谷部アシストを記録するなど結果は4-1の快勝。長谷部誠の新シーズンは2か遅れの開幕を迎えた。

2013年8月31日、5シーズン半を過ごしたヴォルフスブルクに別れを告げ、清武弘嗣の所属する1.FCニュルンベルクへ移籍。加入1年でありながらもチームとして試合に出場したが思うように結果が残せず、チームも低迷。2014年1月には膝の負傷で戦線離脱を余儀なくされ、クラブツヴァイテリーガ(2部)への降格が決定した。

2014年6月アイントラハトフランクフルトへ移籍。

代表

2006年日本代表デビュー。これまで2010 FIFAワールドカップAFCアジアカップ2011に出場しており、2010 FIFAワールドカップからは(代表を引退していた)中澤佑二に代わり、キャプテンを務めている。

雑多なこと

プライベートで本田朋子との交際が報じられていることもあり、
本田朋子動画長谷部の名前が上がることがある(2010年10月に破局)。

また微妙二の独特なファッションセンスの持ちであるため、
空港での装や、インタビュー時の私がしばしばネタ話題になる。THE END OF LOVE

ブログテレビ番組などで、幼い姪っ子をこよなくする姿が最近見られるが、
顔が笑み崩れるほどの溺っぷりが気持ち悪微笑ましい。

ロックバンドMr.Childrenファン言しており、自身のBLOG上で
「ミスチルの曲について」ひたすら語ったりexitしている。また自身の著書「心を整える」にも、
ミスチルついての記述がいくつも登場する。

数あるMr.Childrenの楽曲の中で、一番好きな曲は「わりなき」。7分間ある曲の中で、
高ければ高いの方が 登った時 気持ち良いもんな
という歌詞に、深く感銘を受けたという。 

現在でもFIFAワールドカップや、国際Aマッチなど大舞台の試合に向かう際は、
必ず会場到着の7分前から「終わりなき」 を聴き始め、曲終了と共に会場入りするようにしている。 

ユーティリティープレイヤー

本来のポジションであるボランチの他、トップ下やサイドバックまでこなす器用な選手である。

2011年9月17日ドイツブンデスリーガ・ホッフェンハイム戦で右サイドバックとしてスタメン出場するが、後半35分にGKマルヴィン・ヒッツレッドカードで退場。このときヴォルフスブルクは交代をすべて使い切っていたため、急遽長谷部GKとしてプレーすることになった。正確なロングフィードからのチャンスメイクで周囲を驚かせたり、ハイボール難に処理したりとそこそこ活躍したものの、1対1の場面は流石に対処できずに1失点。チームも1-3で敗戦した。尚、これにより長谷部ブンデスリーガにおける日本人初のゴールキーパーとなり、更に欧州4大リーグにおいても日本人初のゴールキーパーとなった。あとはFWとCBだ。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/17(土) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/17(土) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP