エースコンバット7 スカイズ・アンノウン単語

エースコンバットセブンスカイズアンノウン

エースコンバット7 スカイズ・アンノウンACE COMBAT 7 SKIES UNKNOWN)とは、バンダイナムコエンターテインメントが販売するフライトシューティングゲームである。

ナムコ時代より続く『エースコンバットシリーズ20周年記念作に位置付けられた最新作で、ナンバリングタイトルとしては11年ぶりとなる。

PlayStation4XboxOne版は2019年1月17日Steam版は同年2月1日にそれぞれ発売された。

概要

テーマとなるのは「革新」。
立体的に配置されたボリュームのあるによって、自機の移動量やスピードを体感。着氷や落、乱気流などを起こす特性のあるを配置して、戦略の鍵ともなる立体フィールドを実現している。太陽と大気が生み出す自然など、最新のグラフィック技術が生み出す現実感溢れるを、従来のシリーズ同様360°自由に飛行できる。

ゲームに登場する戦闘機は、レーザー兵器など近未来レベルの特殊兵装を実装戦闘機サイズから空中要塞サイズまで、様々な難敵との攻略性の高いバトルを実現した。
その一方、実在機はすべてライセンサーの許諾を得てコクピット内部の細部まで作りこみ、都市部は地理的条件や文化・歴史背景に合わせてリアリティーにこだわっている。
プレイできる機体は、A-10C Thunderbolt IIF/A-18F Super Hornet・Su-35S・Typhoonなど。

本作の脚本は、映画この世界の片隅に』で日本アカデミー賞監督賞を受賞した、片渕須直氏が担当する。
氏がシリーズに携わるのは『エースコンバット5』以来実に19年ぶりであり、『第二次大陸戦争』が勃発した2019年ユージ大陸舞台に、同作から約10年後の世界を描く。
また、SF要素が際立って多いためにファンからは『04』以降のシリーズとのつながりを疑問視されてきた『エースコンバット3 エレクトスフィア』が、今作で正史に組み込まれることになっており、同作へのつながりを意識させる描写も垣間見える。

PlayStaion4版ではPS VR対応の専用コンテンツ実装し、首を振り視点自由に動かすことで、より直感的な操作感覚で本物の戦闘機を操縦するような体験を味わうことができる。

ちなみに作品の初報は2015年、当初の発売予定は2017年だったが、2度の延期を経て、結局2019年にもつれ込むことになった。

ストーリー

小惑星ユリシーズの落下後、大陸戦争、環太平洋戦争を経てようやく融和に向かうかと思われた世界は、再び緊状態にあった。復の基盤としてオーシア連邦ユージア諸が共同で進めていた宇宙開発利権をめぐり、エルジア王とオーシアの関係が悪化していったのである。

2019年エルジアはとうとうオーシア内での無人機によるテロ、ならび宇宙太陽光発電のために建造された軌道エレベーター占拠に踏み切り、同宣戦布告。「第二次大陸戦争」が勃発する。

強大な軍事を持つオーシアに対しては不利かと思われたエルジアだったが、無人機を駆使して戦闘を有利に進め、オーシアの勢をまたたく間に大陸沿部まで追い詰める。また、エルジアが無人機による正確な攻撃で、民間人へ一切の被害を出さない「クリーン戦争」を展開する一方、オーシア誤爆を繰り返してしまい、内の世論さえエルジアへ傾いていく。有人機の落日と無人機の台頭が、明確になりつつあった。

そんな中、オーシア軍は、懲罰部隊を囮に用いた攻撃作戦の実施を決定する。
部隊の一員である主人公プレイヤーは、正規部隊の攻撃を成功させるための「捨て石」として、戦火へと身を投じることとなる。

登場人物

特典

コンシューマ機版の期購入特典のひとつとして、過去作品がまるごと配信される。次世代機でのリマスターはおろか、ゲームアーカイヴスなどのサービスでの過去作配信などもほとんど行われてこなかったエースコンバットシリーズにおいては異例のことである。
PlayStation4版は『エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー』(“移植”版であってリマスターはされてないとのこと)、XboxOne版は『エースコンバット6 解放への戦火』がそれぞれ付属する。

また、PlayStation版のみコレクターエディションが存在し、特製のコレクターBOXやトリガーのエムブレムを模したワッペンのほか、『04』『5』『ZERO』『6』『7』の設定資料やイラスト、特別ゲストによるコラムや対談、そして片渕監督による書下ろし小説などが収められた冊子「ACES at WAR a history 2019」が付属する。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%887%20%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

1485 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 21:44:49 ID: pWxG6hEcCT
3のジオペリアと同じく、ADF-11にも試験飛行用に有人が造られてるという設定。有人は操縦席とウイングユニットの分離機構や小エンジンがオミットされてるそうな

特殊兵装に応じてウイングユニットごと付け替えたりしてくれれば最高なんだが。カラーリングはオーシアエルジアネームAC5バリエーションがいい
1486 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 15:31:46 ID: u9CWMXLmsP
所々ルートを分岐させる事ができるところあるよね?
何でルート一本にしたんだろう?
1487 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 15:59:32 ID: Syv3L0Z33W
個人的に、”本来いくつもルート分岐があったはずなのに、時間や予算の不足から一つのルートめる方向性に強引にを切った”様な感じを覚えたなあ。ミハイロックオンできなかったり味方がやられる前に撃墜できなかったりするのは分岐点の名残かな、と。あと反乱起こした懲罰部隊とやらが実際には影も形もなかったりするのも。
それでもまあ、そういう憂きにあった他のゲームべれば完成度が高くはあったのかもしれないが。
1488 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 23:30:11 ID: 20z8n/szmT
まぁ過去に何度も言われてる事ではあるがな
そう言う予算やら何やらを感じるものにしてはまだ出来の良いものになったのは良いんだが延期までしてこれってのもな…
1489 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 00:37:31 ID: l5RjsQio3S
PS時代にべてそれぐらい作るのがクソ難しくなったんだろう。物価も上がったし権利やライセンス回りも過去バカやらかした者たちのお陰でガチガチになっているしこれからもっと難しくなるのだろうな。
いっぽうでフリーの技術も向上しているから新規参入しやすい環境もある。
ゲームに対する見方を変えなければいけない時代になったんだろうな。
1490 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 00:41:15 ID: l5RjsQio3S
個人的には"7"は"1.2"の概念と"3"のSF技術設定と"4.5"の世界観で構成してPS4流に昇させた"原点回帰リメイク"だと思う。
1491 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 15:59:40 ID: pWxG6hEcCT
ファキンゼィ護衛はどう考えても分岐点の名残。輸送機撃墜でポイント入るし、3のUPEO代表護衛とシチュエーションミッション内容がそっくりだし
同じく護衛対ポイントが設定されているミハイの孫と鬼畜メガネ輸送機も分岐する予定だったのかもしれない
1492 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 23:57:48 ID: RYVbASpfKc
なんだかんだ言ってシリーズの正当進化としてはこれ以上ないものをプレゼントしてくれた感はある
最初AHとか3Dみたいなワンボタンでマニューバできる機を入れようという案もあったけどやめたみたいな話聞くと心底そう思う
「腕次第でやろうと思えばこういう事もできる」といった感じにうまい事ストイックにめてくれた
1493 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 11:58:07 ID: CSOPhlvMy0
ソル隊のゼミ生感好き
1494 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 18:01:47 ID: IKCs0BzSgD
今頃気がついたけど、の上の標に対して機に弱体化の補正かかってるんだな
兵装とかも何に対して強いとか弱いとか補正に関する説明がないから不親切すぎる

急上昇ワード