ZUN曲単語

ズンキョク
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ZUN曲とは、東方Project制作者として知られるZUNによって作られた特徴的な音楽のことである。

東方原曲」や「上海アリス幻樂団の音楽一覧」も参考のこと。

概要

「ZUN曲」という単は、ZUN絵ZUN帽などのように、「ZUNの(作った)~」を表すと同時にZUNの特徴的な作を表現する言葉として用いられている。

「東方原曲」との違い

「ZUN曲」とは、その名の通りZUNの作った楽曲そのものであり、その曲が西方Projectトルテルマジックなど東方以外で用いられたものであってもZUN曲となる。

東方原曲」は、東方Project公式作品内で用いられた楽曲であり、ZUN以外により作られた曲(例:砕月天衣無縫)も東方原曲に含まれる。

東方で使われた曲 東方以外で使われた曲
ZUN作曲 ZUN曲・東方原曲 ZUN曲
ZUN以外作曲 東方原曲

特徴

ZUN曲の特徴は、なんといってもZUNペットと呼ばれる甲高いトランペットであるが、それ以外にもZUN曲独特の曲調や音色がある。

以下では、大まかに時期ごとのZUN曲の特徴についてまとめる。(時代区分については議論の余地あり)

旧作期(1996年~1998年)

ピコピコFM音源の柔らかい音色と和風とも洋とも言えるメロディにはどこか懐かしさを感じる。

西方期(1999年~2001年)

 西方と名の付く通り、曲調もどこか西洋ピアノチェンバロの音色とメロディが独特な雰囲気を醸し出す。稀翁玉ではWAVE形式による録音が行われ、それまでとべるとWin版と呼ばれる現在東方Projectの楽曲にかなり近い。次の時期に分類されている蓬莱人形も曲調で言えばこの時期の音楽に近い。

三部作期(2002年~2004年)

 この頃になると、に綺麗にピアノを中心にメロディを展開し、ZUNペットと呼ばれるトランペットメロディに強く出てくる。また、発狂ピアノなどと言われるように複雑かつスピードの速いピアノソロパートがあるのも特徴である。

射命丸期(2005年~2006年)

 この頃の音楽は、裏打ちのリズムが多く用いられ、特に軽快な印である。また、柔らかい音色のピアノオルガンを中心にメロディを構成しており、全体的に優しげな雰囲気である。

守矢期(2007年~2009年)

 東方の曲、といったらこのあたりの曲調を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。甲高いZUNペットが気持ちよく、全体的な曲調としてもかなり和風寄りである。また星蓮船ではサックスの音色が特に立ち、全体的な爽やかさの演出に一役買っている。

ダーク期(2010年~2013年)

 この時期は、これまでとは打って変わって、落ち着いた雰囲気の曲が増えてくる。しっとりとしたピアノや低音のベースなどが立ち、暴れん坊だったZUNペットもこの頃の曲ではどこか大人しげな印である。ジャズフュージョンのような雰囲気がさらに増したと言えようか。

天邪鬼期(2013年~2015年)

 しめのギターシンセの音色でノリノリに盛り上がる曲が多いのが特徴。また、ドラムスパターンもさらに特徴的になり独特のリズム感とスピード感が出ている。

異世界期(2015年~2019年)

 この時期の曲は、キャッチーで流れるようなメロディが多く、ピアノZUNペットサックスエレキギターシンセサイザーなどを中心に構成され、メインメロディとしてエレキギターが使われることも多い。

レアなZUN曲

ZUN曲の中には、色々な事情で聴くことが難しい”レア”な楽曲がいくつか存在する。

Frontal Attack

レア★★★

長らくの間、その存在すら疑われていた幻の曲。この曲は、西方Project第1弾プロトタイプ秋霜玉(仮」においてボス戦用BGMとして使用されていた曲である。この作品に使用されたZUN曲は他に2曲あるが、それらについてはZUN公式サイト上にある東方幻想的音楽において、「ZUN's Strange Works」として開されていたため、この曲のみが聴く手段のい曲となっていた。

2018年3月22日西方Project制作者の一人であったぽんち氏によって「秋霜玉(仮」のプレイ動画開され、Frontal Attackの存在と一部のフレーズが明かされたが、その動画は3日間で削除されてしまい、その後の曲の展開について未だ不明であり、ZUN本人や「秋霜玉(仮」の制作者、プレイしたことのある者だけが知る曲となっている。

風の神社

レア★★★

東方Project第1弾「東方靈異伝」の未使用曲東方靈異伝を持っていれば聴くことができるが、東方靈異伝そのものの入手難易度が高いためレアである。

他の旧作(第1弾~第5弾)の曲は、未使用曲も含め東方Project第5弾「東方怪綺談」に収録され、その後「幺樂団の歴史」という同人ショップでも入手できる音楽CDに収録されている。

AN ORDEAL FROM GOD

レア★★★

D.N.A.Softwares制作東方Project二次創作ゲーム神魔討綺伝」に提供されたZUN曲。のちに東方幻想麻雀にも再録された。

キュアリアス上海古牌

レア

D.N.A.Softwares制作東方Project二次創作ゲーム東方幻想麻雀」に提供されたZUN曲。知る人ぞ知る名曲であったが、実はD.N.A.SoftwaresによりSound Cloud上で無料開されている。また、2020年に発売されたNintendo Switchソフト東方幻想麻雀」にも再録されており、もが知る名曲へと変わろうとしている。(?)

未知の花 魅知の旅

レア

2011年制作された音楽CDZUN's Music Collection第5.5弾「未知の花 魅知の旅」に収録されたZUN曲。この音楽CD自体が、ショップ委託のかった作品であり、2014年コミックマーケット86にて再販されて以降、入手手段がく再販が待ち望まれていた。

現在東方同人音楽流通によってiTunesGoogle Play Music上で配信されているため、入手難易度としては低めだが、CDとして聞きたい場合は今でもなお難しいままである。

呑んべぇのレムリア

レア

ZUNも所属する酔っ払いサークル呑んべぇ会によって2007年制作された「黄昏酒場」というシューティングゲームラスボス曲として収録されているZUN曲。

黄昏酒場自体は、現在フリーソフトとしてWeb配布exitされており入手難易度としては低めだが、ゲーム内にMusic Roomいため普通に聴こうとするとラスボスまでLunatic級のゲームプレイする必要があるという意味では難易度が高いと言える。

Mysterious Shrine

レア

2017年に発売されたファミコンソフト8BIT MUSIC POWER FAINAL」に収録されたZUN曲。8ビットで作られたZUN曲という意味ではかなりレア、というよりたったこれのみである。現在CDも発売されているので、入手難易度としてはそこまで高くない。

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/zun%E6%9B%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ZUN曲

1 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 04:28:36 ID: FBhsLuwxKZ
ZUN曲という単をよく見かけるようになったので作りました。
東方原曲と別の記事にしたのは、記事に書いてある通りで、あきやまうに氏や東方公式作品に用いられている他のアレンジサークルの楽曲と区別するためです。

ZUN曲の分析や考察についてなど、いろいろと追記していただけるとありがたいです。

ZUN曲分類における時代区分やその時期名は適当なので、変更していただいても構いませんし、上記とは別の時代区分を作っていただいても構いません。
2 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 05:36:04 ID: L7Keoq7FwR
ズンドコ節のことではない
3 ななしのよっしん
2020/04/30(木) 20:44:03 ID: qMTVZ7Hpcz
あれ、以外と最近なのねこ
4 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 15:41:46 ID: MTVBJPa7Bt
実用性や編曲傾向などを考えるとさんのが璧だったので雰囲気メインでの案ものせておきます
蓬莱西方期に入れる
②萃を射命丸期に入れる(期?)
大空魔術以降を守矢期に入れる(前守矢期)
④地から弾までを後守矢期とする
(あまりに長すぎるので時期によらない数パターンに区分するという手もありますね
⑤深を異世界期に入れる
議論の足しにでもしていただければ幸いです
5 ななしのよっしん
2020/06/20(土) 02:52:54 ID: FBhsLuwxKZ
>>4
1については自分も同意です。この記事の初版ではとりあえず作品単位の区分の方を重視しましたが、個人的には音楽という側面で見ると蓬莱人形紅魔郷西方に近いと思っています。

萃夢想深秘録に関しては、自分の音楽考察では判断つきませんね。

大空魔術に関しては、風神録卯酉東海道界であるとは思いますが、個人的には卯酉東海道の雰囲気に近いかなと思いました。

地~弾については、少なくとも神霊廟以降は別かなと思っています。DSについては地霊殿などとまとめてしまっても良いかと思います。(DS妖精大戦争で1グループというのも)

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

カイリュー はかいこうせん 紺綬褒章 ようかいけむり